多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

返回首頁

Home

中日對照:“全過程民主”:運作形態與實現機制

2021-01-04多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

“全過程民主”:運作形態與實現機制

——《習近平談治國理政》第三卷學習思考

復旦大學國際關系與公共事務學院教授、博士生導師 唐亞林

「全過程の民主」──運営形態と実現メカニズム

——『習近平 國政運営を語る』第3巻の學習?思考

復旦大學國際関係?公共事務學院教授、博士課程大學院生指導教員 唐亜林

中共十九大把習近平新時代中國特色社會主義思想確立為中國共產黨必須長期堅持的指導思想并寫入黨章,十三屆全國人大一次會議把這一重要思想載入憲法,實現了黨和國家指導思想的與時俱進和重大創新。習近平新時代中國特色社會主義思想是新時代中國共產黨的思想旗幟,是國家政治生活和社會生活的根本指針,是當代中國馬克思主義、21世紀馬克思主義,為實現中華民族偉大復興提供了行動指南,為推動構建人類命運共同體貢獻了智慧方案?!读暯秸勚螄碚ǖ谌恚啡珪鴩@中國共產黨為什么能、馬克思主義為什么行、中國特色社會主義為什么好三大根本性問題,對新時代中國特色社會主義的發展格局、發展戰略與發展道路等進行了全面深入、系統完備、前瞻長遠的論述和部署。其中,以人民民主為發展形態的中國式民主,日益展現其“全過程民主”的實質。

中共十九大(中國共産黨第19回全國代表大會)では習近平による新時代の中國の特色ある社會主義思想を、中國共産黨が長期的に堅持しなければならないという指導思想として確立し、黨規約に書き込んだ。第13期全國人民代表大會第1回會議ではこの重要思想を憲法に明記し、黨と國の指導思想が時代と共に前進するという重大な革新を実現した。習近平による新時代の中國特色ある社會主義思想は新時代における中國共産黨の思想の旗、國家政治生活と社會生活の根本的な指針であり、現代のマルクス主義、21世紀のマルクス主義であり、中華民族の偉大なる復興の実現のために行動指針を提供し、人類運命共同體の構築の推進のためにスマートな案を貢獻した?!毫暯?國政運営を語る(第3巻)』全書では中國共産黨はなぜ能力があるのか、マルクシズムはなぜ行えるのか、中國の特色ある社會主義はなぜ良いのかという3つの根本的な問題をめぐって、新時代の中國の特色ある社會主義の発展構造、発展戦略、発展道路などについて全面的に掘り下げ、體系的に整っていて、先を見通した論述と配置を行った。なかでも、人民民主を発展の形態とする中國式民主は日ごとにその「全過程の民主」という実體を示してきている。

2019年11月2日下午,習近平到上海市長寧區虹橋街道古北市民中心考察調研。在聽取社區開通社情民意直通車、服務基層群眾參與立法工作等情況介紹,并同參加立法意見征詢的社區居民代表交流時,習近平強調,“我們走的是一條中國特色社會主義政治發展道路,人民民主是一種全過程的民主,所有的重大立法決策都是依照程序、經過民主醞釀,通過科學決策、民主決策產生的。希望你們再接再厲,為發展中國特色社會主義民主繼續作貢獻?!?nbsp;

2019年11月2日午後、習近平氏は上海市長寧區虹橋街道古北市民センターを視察した。コミュニティによる団地事情民意直通車の開通、末端大衆が立法作業へ參加することへのサービスなどの狀況に関する紹介を聞き、立法意見聴聞に參加したコミュニティ住民代表と交流した際には、「我々は中國の特色ある社會主義政治の発展道路を歩んでいる。人民民主は一種の全過程の民主で、すべての重大な立法上の決定は手続きに従って、民主的な準備を経て、科學的な意思決定を通じて、民主的な審議によって生まれたのである。今後も皆さんが引き続き中國の特色ある社會主義民主を発展させるために貢獻していくことを希望する?!工葟娬{した。

在堅持人民民主對公權力進行監督制約與有效行使的條件下,思考“全過程民主”對人民民主形式的豐富、人民民主績效的提升以及人民民主質量的展現等重大理論與實踐問題,進一步深化對人民民主的運作形態與實現機制的認識,探索人民民主的制度化與績效化路徑,是發展社會主義民主政治、走中國特色社會主義政治發展道路的題中之義。

人民民主が公的権力を監督?制限し、効果的に行使することを堅持する條件の下で、「全過程の民主」による人民民主の形態の充実、人民民主の実績の向上や人民民主の品質の展示など、重大な理論と実踐の問題を検討し、人民民主の運営形態と実現メカニズムに対する認識をさらに深め、人民民主の制度化と業績化のチャネルを模索することは、社會主義民主政治を発展させ、中國の特色ある社會主義政治の発展の道を歩むことにおける要所である。

當代中國的公權力監督制約與有效行使之路,一方面表現為中國共產黨堅持人民主體地位,通過科學決策與民主決策的方式,凝聚廣大人民意志,將最廣大人民的利益作為黨和國家最高政治原則,將人民美好幸福生活作為黨和國家中心任務的制定基點,充分展現主權在民、執政為民的宗旨;一方面表現為中國共產黨堅持和完善民主集中制,通過依法治國與依規治黨的方式,積極建立和完善公權力在現實政治運作中的三大表現形態——用人權、治事權與財政權——的監督制約制度與機制體系;再一方面,以人民需求為基點,以透明參與為動力,以理性共識為指引,以糾偏糾錯為方式,通過創建“全過程民主”的回應式民主、參與式民主、協商式民主與監督式民主的四大運作形態與精準識別機制、精致發展機制、精明推進機制、精敏發現機制四大實現機制,創造人民依法、主動、有效參與國家事務和社會事務管理的制度形態與機制體系,拓展民主實現方式,提升民主實踐績效,提升民主發展的質量,開創中國特色社會主義民主發展之路。

現代の中國における公的権力の監督?制約と効果的な行使の道は、一方では中國共産黨が人民主體としての地位を堅持し、科學的?民主的な意思決定を通じて、広範な人民の意志を集結させ、最も広範な人民の利益を黨と國の最高政治原則とし、人民が幸せな生活を送ることを黨と國の主な任務とする制定の基點として、主権在民、人民のための執政の主旨が示される。もう一方では中國共産黨が民主集中制を堅持?整備し、法に基づく國家統治と規定に基づく黨の統治という方式を通じて、人事権、行政権、財政権という現実の政治運営における公的権力の三大表現形態の監督?制約制度とメカニズムシステムを積極的に確立?整備することに示される。また、人民の需要を立腳點に、透明性を確保した參與を動力として、理性的な共同認識で先導し、偏向や誤りを是正する方式で、「全過程の民主」の応答式民主?參與式民主?協商式民主?監督式民主の四つの運営形態と、正確な識別メカニズム?精巧な発展メカニズム、優れたな推進メカニズム、機敏な発見メカニズムの四つの実現メカニズムの創立により、人民が法に基づき、國と社會の事務の管理に主動的、有効的に參與する制度形態と體制のシステムを確立し、民主の実現方式を拡張させ、民主の実踐の実績を積んでいき、民主発展の質を向上させ、中國の特色ある社會主義の民主発展の道を切り開いた。

一、回應式民主:以人民需求為基點,創建“全過程民主”的精準識別機制

不管居住在地球上的哪一個角落,人類追求美好幸福生活的初心是始終如一的,這是民生的內核所在,也是“最大的人權”。

民主與民生是天然地聯系在一起的。民主為民生的發展提供了一種表達多樣化需求與公正分配公共利益的制度框架,而民生為民主的發展奠定了一種可持續化推進的動力與人心基礎。因國家與社會發展的階段性特征、地區發展與行業發展的差距性特征、人群能力發展與階層地位的差異性特征等多重因素的相互疊加與彼此催化,導致社會、地區、人群、代際之間存在明顯的發展差距,甚至成為社會貧富分化的根源。

有鑒于此,以回應人民需求為基點,以精準識別機制為核心,通過建立表達機制、識別機制、整合機制、轉化機制等鏈式機制體系,形成回應式民主運作形態,是創建“全過程民主”的民生需求導向價值的基礎,也是將人民民主落到實處的關鍵。

人民需求既包括滿足人身需求的物質性需求,又包括滿足人心需求的精神性需求,還包括基于共同體而生的對家國和世界認知與認同的文化情懷。而且,在物質性需求與精神性需求在不斷得到滿足和提升的過程中,基于地域共同體而生的家國情懷也會與日俱增,成為一種打上獨特地域特色、共同體文化烙印的標識。

中共十九大報告從中國特色社會主義進入新時代,中國社會主要矛盾發生了新的轉化視角,提出了建立回應式民主運作形態的新要求,即“人民美好生活需求日益廣泛,不僅對物質文化生活提出了更高要求,而且在民主、法治、公平、正義、安全、環境等方面的要求日益增長”。同時,中共十九大報告還提出了建立回應性民主運作形態的民生需求基礎,即“必須多謀民生之利、多解民生之憂,在發展中補齊民生短板,促進社會公平正義,在幼有所育、學有所教、勞有所得、病有所醫、老有所養、住有所居、弱有所扶上不斷取得新進展,深入開展脫貧攻堅,保證全體人民在共建共享發展中有很多獲得感,不斷促進人的全面發展、全體人民共同富?!钡男乱笈c新目標。

為此,從回應性民主運作形態視角看“全過程民主”的創新機制,一是需要建立傾聽群眾呼聲、反映群眾愿望的渠道、平臺與載體,讓群眾的多元化需求得到暢通的表達。當前,各地各部門在出臺重大法律、重大規劃、重大政策、重大項目等之前,所召開的群眾意見聽取會、專家座談會和所實行的立法聯系點制度、網站意見征求征詢制度等,就是這種回應性民主運作形態的具體形式。二是需要建立集需求表達、需求識別、需求整合、需求轉化于一體的科學與民主決策機制,尤其是建立在社會轉型時期遭遇各種困難的弱勢群體的需求聽取與幫扶機制,將民眾的現階段需求目標與國家和社會的長遠發展目標有機地對接起來。其中,最為關鍵的是建立弱勢困難群體的生產與生活需求調查與評價制度,將底層群眾的實際需求納入公共政策制定的范疇。三是需要建立廣覆蓋、普惠型、高績效的,并與經濟社會發展水平保持同步提升的公共服務體系與公共服務制度框架,以動態性與體系性的獲得感、幸福感和安全感不斷滿足人民群眾日益增長的美好生活需要。

一、応答式民主: 人民の需要を立腳點にして、「全過程の民主」の正確な識別メカニズムを創設する

地球上のどこに住んでいようと、美しく幸せな生活を追求するという人類の初心は変わらない。これは民生の中核であり、「最大の人権」でもある。

民主と民生は自然に結びついている。民主は民生の発展のために多様なニーズを表現し、公共の利益を公正に分配する制度的枠組みを提供し、民生は民主の発展のために持続可能な推進の原動力と人心の基盤を確立した。國と社會の発展の段階的な特徴、地域の発展や産業発展のギャップがもたらす特徴、人々の能力向上や階級?地位の違いがもたらす特徴など、様々な要因のシナジーと相互促進により、社會、地域、群衆、世代間における発展の顕著なギャップにつながり、しいては社會の貧富の格差の根源にさえなっている。

これに鑑みて、人民のニーズに応えることを立腳點に、正確な認識システムを核心にして、表現メカニズム、識別メカニズム、統合メカニズム、転換メカニズムなどのチェーン式メカニズムの體系を構築することで、応答式民主の運営形態を形成することは、「全過程の民主」における民生需要志向の価値を作り出す基盤であり、人民民主を著実に行うカギでもある。

人民のニーズには體の欲求を満たす物質的な欲求と、人の心の欲求を満たす精神的な欲求、そして共同體に基づいて生きる家國や世界に対する認識と承認の文化的感情も含まれる。そして、物質的な欲求や精神的な欲求が絶えず満たされ、改善されていく中で、地域共同體によって生じた家や國への思いもますます強まり、獨特の地域性や共同體文化を示す標識になった。

中共十九大(中國共産黨第19回全國代表大會)報告では中國の特色ある社會主義が新時代に入り、中國の主な社會的矛盾に起きた新たな変化という視點から、「素晴らしい生活への人民の需要は日増しに広範囲にわたるようになり、物質や文化生活へのより高い要求だけでなく、民主、法治、公正、正義、安全、環境などへの要求も日々増している」という応答式民主の運営形態の確立における新たな要求を取り上げた。同時に、中共十九大(中國共産黨第19回全國代表大會)報告では応答式民主の運営形態の民主需要の基盤も確立することを打ち出した。それはすなわち「民生のために利益をより多く追求し、民生に関する懸念をより多く解決し、発展しながら民生における短所を補い、社會の公正と正義を促進し、幼児教育、學校事業、所得、醫療、養老、住宅、弱者への支援などにおいて絶えず新たな進展を遂げ、貧困脫卻の難関攻略を掘り下げて展開し、発展の共同建設?共有の過程においてすべての人民がより多くの満足感を得られることを保証し、人の全面的発展、全體人民の共同裕福を絶えず促進する」という新たな要求及び目標である。

このために、応答式民主の運営形態の視點から「全過程の民主」の革新メカニズムを見てみると、次のことが求められている。第一に、大衆の聲に耳を傾け、彼らの願望を反映するチャネル、プラットフォーム、キャリアを立ち上げ、大衆の多元化するニーズがスムーズに伝わるようにしなければならない?,F在、重大な法律、重大な計畫、重大な政策、重大なプロジェクトなどを実行に移す前に、各地域の各部門は大衆意見聴取會、専門家座談會を開催したり、立法連絡拠點制度、ウェブサイト意見聴取制度などを実施したりしているが、これらがまさに応答式民主の運営形態の具體的な形態である。第二に、需要の表現、需要の識別、需要の統合、需要の変換を一體化させた科學的かつ民主的な意思決定メカニズム、特に社會変革の時期にさまざまな困難に直面した弱者グループの需要の聞き取りと支援のメカニズムを確立し、現段階における民衆の需要の目標と國や社會の長期的な発展の目標を有機的につながなければならない。その中で最も重要なことは、困難を抱えた弱者グループの生産と生活ニーズに対する調査?評価制度を確立し、最下層の大衆の実際的なニーズを公共政策の制定範囲に組み込むことである。第三に、カバー範囲が広く、あまねく恩恵があり、実績が高く、かつ経済?社會の発展レベルと足並みをそろえて向上していける公共サービスシステムと公共サービス制度の枠組みを確立し、動的かつ體系的な満足感、幸福感、安全感によって、人民大衆の日増しに強まる素晴らしい生活に対するニーズを絶えず満足させていかなければならない。

二、參與式民主:以透明參與為動力,創建“全過程民主”的精致發展機制

現代生活中,公民參與國家政治和社會生活的方式有多種多樣,但展現的實質都是一樣的,即既體現民主的價值,又體現民主的權利,還體現民主的性質。

“民主是國家形式,是國家形態的一種。因此,它同任何國家一樣,也是有組織有系統地對人們使用暴力,這是一方面?!痹谶@里,列寧揭示了民主的階級屬性問題,提出了人類社會民主制度的多樣性發展問題,指出了存在著與資產階級民主相對立并最終將其超越的無產階級民主的發展問題。作為國家層面的民主,既需要與公民的個體平等權利緊密相連,將其轉化為一種體現在民眾日常生活實踐中可以看得見、行使得著的民主權利,又需要通過民主權利在日常生活實踐中的全過程與全方位展開,將民主的形式、民主的績效、民主的質量與民主的價值四者有機地統一起來,進而全方位展示民主的性質、深度、廣度與可持續度。因此,列寧在強調了民主作為國家形式的一面的同時,還進一步強調了民主作為公民權利的另一面,“但另一方面,民主意味著在形式上承認公民一律平等,承認大家都有決定國家制度和管理國家的平等權利?!?nbsp;

在現代西方資本主義國家,通過制度設計來體現參與式民主的權利,主要有兩條路徑:一是競爭性選舉下的公開投票,以及國家重大法律與政策的全民公投,二是不同社區形態里關于共同體生活的公共參與問題,且通常由各種各樣的非政府組織進行操盤和運作。前者表現為國家層面的民主形態,后者表現為社會層面的民主形態。除此之外,就缺少真正以公共利益為導向的更為廣泛與更為精致的公民參與公共政策的制度與機制設計。

更為關鍵的是,這種國家層面的選舉民主或者公投式參與,基本展現了黨派與資本利益的結合,或者政客為了特定利益而操縱民意的民粹主義式投票狂歡,其結果不僅綁架和偏離了公共利益,而且給國家和社會的統一與共榮發展遺埋下了無窮的沖突與震蕩隱患。前者鮮明地體現在黨派利益超越國家利益的美國總統大選之中,后者鮮明地體現在英國的政客操縱政局、“甩鍋”民眾的“脫歐公投”之上。

中國的參與式民主同樣表現為國家層面與社會層面兩大民主形態,但其運行機理卻迥然不同:一是不以多黨競爭的公開選舉為皈依,而是以人民代表大會制度和中國共產黨領導的多黨合作和政治協商制度兩大制度形態為依托,以中國共產黨沒有自己的私利而以中國人民和中華民族利益為最高價值,通過民主選舉、民主協商、民主決策、民主管理、民主監督五大民主運作形式,體現依法有序、多層次多領域多渠道對話協商、決策執行監督一體化、多方合力推進的特點。

二是不以形式參與共同體生活為追求,而是以透明參與為動力,以真正體現公民的知情權、參與權、表達權、監督權四大權利為核心,通過以村民自治與居民自治為核心的城鄉社區基層群眾自治制度,以職工代表大會為基本形式的企事業民主管理制度,以各類重大法律、重大規劃、重大決策、重大項目為主的立法聯系點制度、(網絡)意見征求征詢會、專家座談會、聽證會、懇談會、評議會、議事會等會議制度三大基層直接民主形態,廣泛實行群眾自我管理、自我服務、自我教育、自我監督,創建“全過程民主”的精致發展機制,進而把國家層面的民主形態和社會層面的民主形態有機結合,將民主轉化為一種日常生活方式,產生看得見、摸得著,常參與、見實效,廣覆蓋、機制化的治理績效。

當然,我們也要看到,雖然中國以透明參與為動力,在國家層面和社會層面均建立了在中國共產黨全面領導制度這一根本制度下,以兩大制度形態、三大基層直接民主形態、四大權利、五大民主運行形式為核心的推進“全過程民主”的精致發展機制,但廣大人民對于民主作為意見表達的參與權利、作為精神生活的可欲價值、作為生命質量的生活方式、作為展現人的自由發展程度的管理形態這四者的有機統一和全面落實,仍有巨大的期盼和很大的改進空間。

二、參與式民主:透明性のある參與を原動力として、「全過程の民主」の精巧な発展メカニズムを創設する

現代の生活の中で、國民が國家の政治や社會生活に參與する方法は多種多様であるが、その本質はすべて同じで、民主の価値を具現化すると同時に、民主の権利や、民衆の性質も具現化する。

「民主というのは國家形式であり、國家形態の一種である。したがって、それは全ての國と同じように、組織的かつ體系的に人々に暴力を行使するという側面がある?!工长长钎飑`ニンは民主の階級的性質を明らかにし、人類社會における民主主義制度の多様な発展の問題を提起し、ブルジョア民主主義との対立が存在し、最終的にはそれを越えるプロレタリア民主主義の発展問題につながると指摘した。國家レベルの民主として、公民の個人としての平等な権利と密接に関係し、それを民衆の日常生活の中で見られる、行使できる一種の民主的権利に具現化しなければならない。また同時に、日常生活の実踐における民主的権利の全過程及び全方位の展開により、民主の形式、民主の実績、民主の質と民主の価値という四つの側面を有機的に統合し、ひいては民主の性質、深さ、広さと持続可能性を全方位的に示さなければならない。したがって、レーニンは國家の形式としての民主主義の側面を強調すると同時に、更に「しかしもう一方で、民主主義とは形式的には公民が一律に平等であることを認め、すべての人が國家制度を決定し、國を管理するという平等な権利を有することを認めることである」という公民権としての民主主義の別の側面も強調した。

現代の西洋資本主義國では、制度設計により參與式民主の権利を具現化しており、それには主に二つの経路がある。一つは競爭的な選挙の下での公開投票選挙、および國の重大な法律と政策への全公民の投票であり、もう1つは様々なコミュニティの形態における共同體生活への公共的な參與の事で、通常は様々な非政府組織によって管理および運営される。前者は國家レベルでの民主の形態として表れ、後者は社會レベルでの民主の形態として表れる。その他には確かな公共利益志向の、市民が公共政策に參與できるような、より広範かつ精巧な制度とメカニズムはない。

さらに重要なことは、この國家レベルでの選挙民主、あるいは公開投票式の參與というのは一般的には黨派と資本の利益の結合を表す、もしくは政治家が特定の利益のために世論を操るポピュリズム式の投票のカーニバルであるということである。その結果、公共の利益を奪い、逸脫させただけでなく、國と社會の統一と共同繁栄?発展に無數の衝突と震動をもたらした。前者は黨の利益が國の利益を上回る米國大統領選挙で明確になり、後者はイギリスの政治家が政治を操り、責任を國民に擦り付けた「EU離脫をめぐる國民投票」に鮮明に表れている。

中國の參與式民主は同様に國家レベルと社會レベルの二大民主形態として表れるが、その運用メカニズムは全く異なる。第一に、多黨競爭の公開選挙ではなく、人民代表大會制度、及び中國共産黨が指導する多黨協力と政治協商制度という二つの主要な制度形態をよりどころにしている。中國共産黨は獨自の私的利益を持たず、中國人民と中華民族の利益を最高の価値ととらえ、民主的な選挙、民主的な協議、民主的な意思決定、民主的な管理、民主的な監督の五つの主要な民主運営形式により、法に基づいた秩序、多層?多分野?多チャネルの対話と協議、意思決定?執行?監督の一體化、多國間協力の推進という特徴を具現化している。

第二に、形式での共同體生活への參與を追求せず、透明性のある參與を原動力として、確かに知る権利、參與する権利、表現する権利、監督する権利の公民の四つの主要な権利を核とする。村民自治と住民自治を核心とする都市と農村のコミュニティ末端群衆自治制度、社員代表大會を基本形式とする企業?機構民主管理制度、重大な法律、重大な計畫、重大な意思決定、重大なプロジェクトをめぐる立法連絡拠點制度、(ネットワーク)意見聴取會、専門家座談會、聴聞會、懇談會、評議會、議事會などの會議制度という三つの主要な末端直接民主形態により、大衆の自己管理、自己サービス、自己教育、自己監督を広く実施し、「全過程の民主」の精巧な発展メカニズムを創設し、さらには國家レベルの民主形態と社會レベルの民主形態を有機的に組み合わせ、民主を一種の日常生活様式に転換させ、目に見え、身近にあり、頻繁に參與でき、実績が実り、広くカバーでき、構造化したガバナンスによる成果を生み出す。

もちろん、中國は透明性のある參與を原動力とし、國家レベルと社會レベルの両方で、中國共産黨の全面的な指導制度という根本的な制度の下での二つの主要な制度形態、三つの主要な末端直接民主形態、 四つの主要な権利、五つの主要な民主運営形態を核心とする「全過程の民主」を推進する精巧な発展メカニズムを確立したが、意見表明に參與する権利、精神生活で欲することができる価値、生命の質を保った生活スタイル、人の自由発展程度を示す管理形態としての民主の四つの側面を有機的に統合して、全面的に実施することに対し、広範な人民はまだ大きな期待を抱いており、大いに改善の余地がある。

三、協商式民主:以理性共識為指引,創建“全過程民主”的精明推進機制

現實政治過程是一個既充分容忍多元分歧,又充分整合多方意志的意見表達與共識生成過程,而意見表達與共識生成過程,往往是通過體系化的公共政策來加以體現的。體系化的公共政策的達成,主要通過代議制的方式予以實現,即由人民選舉自己的代表組成代議機關,代議機關通過談判、協商、妥協、交換等方式,將不同地區、不同黨派、不同階層、不同群體的利益整合進體系化的公共政策“大盤子”之中,然后通過行政機關的有效執行,將其轉化為滿足人民需求的各類公共產品和公共服務。

當代中國的現實政治過程,總體上受到中國共產黨全面領導制度框架下統一規劃、決策、執行、監督與評估的規約,并在實際運作過程中通過以政黨協商為主導形式的協商式民主運作形態,可以最大程度地實現以理性共識為指引,廣泛凝聚各政黨、各團體、各群體、各階層的意志,找到最大公約數,畫出最大同心圓,進而形成“全過程民主”的精明推進機制之目標。

對于協商式民主的地位、范疇及其內涵、制度安排、組織形式、運作方式等,中共十九大報告做了全新的戰略定位: “協商民主是實現黨的領導的重要方式,是我國社會主義民主政治的特有形式和獨特優勢。要推動協商民主廣泛、多層、制度化發展,統籌推進政黨協商、人大協商、政府協商、政協協商、人民團體協商、基層協商以及社會組織協商。加強協商民主制度建設,形成完整的制度程序和參與實踐,保證人民在日常生活中有廣泛持續深入參與的權利?!?“人民政協是具有中國特色的制度安排,是社會主義協商民主的重要渠道和專門協商機構。人民政協工作要聚焦黨和國家中心任務,圍繞團結和民主兩大主題,把協商民主貫穿政治協商、民主監督、參政議政全過程,完善協商議政內容和形式,著力增進共識、促進團結?!比嗣裾f作為當代中國新型政黨制度的制度化安排與協商民主的組織化機構,其所發揮的作用已經成為充分展現“全過程民主”精明推進機制成效的典范。

首先,充分發揮了作為政治組織的吸納、溝通與整合作用。人民政協作為政治生活中的重要組織,不僅可以最大程度地吸納來自不同黨派、不同階層、不同地區、不同專業領域、不同界別、不同族群的優秀人士參與到參政議政的全過程之中,而且可以通過他們的訴求表達、交流探討和磋商會談等方式,在各個關心的重大議題之上暢所欲言、包容分歧、達成共識,最后找到最大公約數。也就是說,更多更好的吸納是為了更好的團結,更多更好的團結是為了更好的共識,而團結和共識是為了更好的政策出臺以及有效的執行隨后,進而形成一種強大的協商式民主文化心理基礎。

其次,充分發揮了作為正式組織參與公共生活的莊重、友好與合力作用。之所以“政治生活中的組織因素才是至關重要的”,是因為“正式組織成為現代經濟體系與政治體系活動中的主要角色,法律制度和官僚制度在當代生活中也占據了主導地位”這一基本現實。以政黨協商、政協協商、人民團體協商為核心的正式組織協商活動,可以最大程度地讓參與組織之人,通過嚴密的程序、莊重的儀式和友好的商談等方式,充分感受到作為國家主人的神圣感和使命感,將個體的非理性情緒因素與非公共利益訴求摒棄一旁,以公共利益和國家利益為最高價值,全過程參與民主發展進程,并形成“上下齊心、同心同德、合作發展”的協商式民主發展新格局。

最后,充分提供了作為正式組織有效運作所需的資源保障條件。正式組織的有效運作,不僅需要有明確的組織目標、合理的人員機構職能設置,而且需要有充足的場所、陣地和資源。對于一些事關國計民生的重大議題,還需要深入到第一線,做充分的調查研究,才能形成符合事物性質和作出有前瞻指導意義的重大戰略與決策。通過正式組織間協商,尤其是有重大議題可以協商,有正式陣地和嚴密程序可以協商,有尊嚴有良好保障條件可以協商的情況下,無論是正式組織還是參與組織之人,既可以將分散的意志與需求充分表達和整合,又可通過深入長時期的調研,提出具有重大價值的戰略與策略,由此獲得一種對協商式民主的高度認同與由衷運用。

此外,當代中國的協商式民主運作形態是多種多樣的,除了找到最大公約數、畫出最大同心圓的政黨協商、政協協商、人民團體協商等外,還有諸如國家和地方層面以法律和政策為核心的人大協商、政府協商等形式,以及地方和社會層面的基層協商、社會組織協商、社區協商等形式,其共通之處都在于通過理性共識的引領,達到整合各方面意志、形成發展合力之目的。

三、協商式民主:理性的な共通認識を指針として、「全過程の民主」の優れた推進メカニズムを創設する

現実の政治過程は多元的な意見の相違を十分に容認しつつ、多くの人々の意志を十分に統合した意見表明と共通認識形成の過程であり、その意見表明と共通認識形成の過程は、往々にして體系化された公共政策によって具現化される。體系化の公共政策の達成は、主に代議制通じて実現される。即ち、人民は自分の代表者を投票によって選出して代議機関を構成し、代議機関は協議、交渉、妥協、交換などの方法を通じて、異なる地域、異なる黨派、異なる階層、異なる集団の利益を體系化された公共政策という「大きな皿」の中に統合させてから、行政機関の効果的な執行により、人民の需要を満たす各種の公共製品と公共サービスに変換させる。

現代中國における現実の政治過程は、全體的には中國共産黨の全面的な指導の制度の枠組みの下で、統一された計畫、意思決定、執行、監督、評価の規約によって管理される。また、実際の運営過程においては政黨の協商を主導とする協商式民主の運営形態によって、理性的な共通認識を指針にすることを最大限に実現し、さまざまな政黨、さまざまなグループ、さまざまな集団、さまざまな階層の意志を広く集結させ、最大公約數を求めて、最大の同心円を描き出すことを実現することができ、さらに「全過程の民主」の優れた推進メカニズムの目標を形成する。

協商民主の地位、カテゴリーとその內包、制度設置、組織形態、運営方式などについて、中共十九大(中國共産黨第19回全國代表大會)報告は新たな戦略的位置づけを行った?!竻f商式民主は黨の指導を実現する重要な方式であり、わが國の社會主義民主政治における特有の形式と獨特の優位性である。協議式民主の広範囲にわたり、多層的で、制度化された発展を推進し、政黨の協商、人民代表大會の協商、政府の協商、政治協商會議の協商、人民団體の協商、末端の協商及び社會組織の協商を統合して推進しなければならない。協商式民主制度の建設を強化し、完璧な制度的プロセスと実踐への參與を形成し、人民の日常生活の中で広範囲にわたり、持続的で、かつ深く參與する権利を保障する?!埂溉嗣裾螀f商會議は中國の特色ある制度的配置であり、社會主義協商民主の重要なチャンネルと専門的な協議機構である。人民政治協商會議の業務は黨と國の中心的な任務に焦點を當て、団結と民主という二つの主要なテーマをめぐって、政治協商、民主監督、政治に參加し政治を議論するという全過程で協商民主を貫き、協商?政治に関する議論の內容と形式を充実させ、共通認識の醸成と団結の促進に力を入れることである?!宫F代中國における新しい政黨制度の制度化された配置と協商民主の組織化の機構としての人民政治協商會議が発揮した役割は、すでに「全過程の民主」の優れた推進メカニズムの効果を十分に示している。

まず、政治組織としての吸収、意思疎通、統合の役割を十分に果たした。人民政治協商會議は政治生活においての重要な組織として、さまざまな黨派、階層、地域、専門分野、民族グループの優秀な人々が政治に參加し政治を議論する全過程に參與するよう最大限に受け入れることができるだけではなく、彼らによる訴求表明や、交流と議論、協議と會議の方法を通じて、それぞれの重大な関心事項に対し、思う存分に言いたいことを言い、意見の相違を許容し、共通認識を得て、最後には最大公約數を見つけることができる。つまり、より多くの、より良い吸収はより良い団結のためであり、より多くの、より良い団結はより良い共通認識のためであり、そして団結と共通認識はより良い政策の公布と効果的な実施とフローアップのためであり、さらには強力な協商式民主文化の心理的基盤を形成することである。

次に、正式な組織として公的生活に參加する上で厳粛さがあり、友好的で、力を合わせるという役割を十分に果たした?!刚紊瞍摔堡虢M織的な要因こそ重要である」のは、「正式な組織が現代の経済システムと政治システムの活動の主要な役柄となり、法律制度と官僚制度も現代生活においても支配的な地位を占める」という基本的な現実のためである。政黨の協商、政治協商會議の協商、人民団體の協商を核心とする正式な組織により協商活動を行うことは、最大限に努力して組織に參加した人が厳格な手続き、厳粛な儀式と、友好的な協議などの方法を通じて、國の主人としての神聖さと使命感を十分に覚えるようにして、個人の非理性的な感情的要因と非公共利益的な訴求は排除して、公共の利益と國の利益を最高の価値ととらえ、民主の発展プロセスの全過程に參與し、「上下の人々の心を一つにして、一心同體となり、協力して発展する」協商式民主発展の新たな構造を形成する。

最後に、正式な組織として効果的に機能するために必要なリソースを十分に提供する。正式な組織が効果的に機能するためには、明確な組織目標、合理的な人員および機構における機能的配置が必要になるだけでなく、十分な場所、陣地、資源も必要とする。一部の國家経済と人民生活にかかわる重大な議題については、第一線まで掘り下げて、十分な調査研究をしてこそ、物事の性質に合った、前向きな指導を行う意義のある重大な戦略と意思決定を形成できる。正式な組織間の協商を通じて、特に重大な議題について交渉でき、正式な陣地を有して厳密な手順で交渉でき、尊厳があり良好な保障條件を有した交渉ができる狀況で、正式な組織であろうと、組織に參加する人であろうと、分散した意志やニーズを十分に表現して統合することができ、綿密で長期的なリサーチを通じて、重大な価値のある戦略や策略を提案することもでき、それによって協商式民主を高く評価し、誠実に利用することになる。

さらに、現代の中國における協商式民主の運営形態は多種多様で、最大公約數を見つけ、最大の同心円を描きだす政黨の協商、政治協商會議の協商、人民団體の協商などの形式以外にも、國と地域レベルでの法律と政策を核心とする人民代表大會の協商、政府の協商などの形式、及び地方や社會レベルの末端の協商、社會組織の協商、コミュニティの協商などの形式があるが、理性的な共通認識の指導により、各方面の意志を統合し、発展のため力を合わせるという目標を形成することにおいては共通している。

四、監督式民主:以糾錯糾偏為方式,創建“全過程民主”的精敏發現機制

現代民主制度之所以被廣泛推崇,最主要的原因在于通過對公權力的有效制約監督,可以最大限度地防止公權力的自身腐敗和對人身自由的傷害,并通過公權力的積極有效行使,可以最大程度地促進國家和社會的繁榮與發展,其內在運行機理就在于現代民主制度內蘊著一種系統化的糾錯糾偏機制。

在西式民主框架下,所謂公權力的糾錯糾偏機制,主要靠議會制度、三權分立與制衡制度、司法獨立制度、政黨輪替制度、公開選舉制度以及主要官員財產申報與公開制度、新聞媒體監督制度等核心制度設計來體現,并將每四年或五年一次的全國性選舉作為民意監督議會和政府(總統)的輪換“風向標”。

雖然這套針對公權力的糾錯糾偏機制看上去很系統也很嚴密,但其能否真正發揮對“深層國家(Deep State)”或“影子政府(Shadow Government)”的監督作用,是大可疑義的,其根本原因在于經過長期隱蔽的資助捐助、教育培養和游說交換等方式方法,能夠成為各級公權力掌控者的精英群體幾乎被各類資本與利益集團(財團)綁架與操縱,并通過競爭性政黨的意識形態化政策體系,獲得特定群體的選舉基本盤支持,進而建構起了非想象中的公權力糾錯糾偏機制,而是利益分贓與對抗均衡機制,其結果是事關公共利益和國家利益的整體性長遠性持續性國家戰略天然闕失,任何上臺的政黨或政府只是在碎片化政策領域內打轉。所謂公權力的糾錯糾偏機制,不僅要在不得不忍受四年或五年的選舉周期后才能啟動,而且即使啟動了,也只不過是在局部領域內進行改良,恰恰看不到公意、人民與公共利益的位置與作用,更看不到一個有使命感和責任心的政黨與執政集團真正以人民利益為皈依的橫空出世。

中國共產黨作為馬克思主義使命型政黨,一是沒有自己的私利,只是將其致力于實現人類最終解放的長遠目標貫穿于中國實現獨立自主、富強繁榮的社會主義現代化建設目標的全過程,即將政黨的發展目標與國家和社會的發展目標有機地統一起來;二是作為中國工人階級的先鋒隊、中國人民和中華民族的先鋒隊,始終保持馬克思主義政黨的先進性純潔性,通過先進組織的引領和先進黨員的帶動,為國家和社會的發展樹立“主心骨”;三是遵循人類社會對公權力制約監督的內在要求,通過自我反省、比較借鑒和累積性創造,逐步建構起了與中國共產黨長期執政相適應的監督式民主運作形態,其基本內容包括制度化安排、內省化提升、動態化調整與最高層救濟力四大方面。

所謂制度化安排,是指中國共產黨通過構建黨統一領導、全面覆蓋、權威高效,體現黨紀和國法相統一的黨和國家監督體系,強化對公權力運行的制約監督,形成中國式民主框架下對公權力的糾錯糾偏機制。所謂內省化提升,是指中國共產黨通過思想道德和黨紀國法教育,全面加強紀律建設,用嚴明的紀律管全黨治全黨,并用自我革命的精神,要求全黨“堅持理想信念,加強黨性修養,從嚴管黨治黨,嚴肅黨內政治生活,堅持經常性教育和集中教育相結合,勇于開展批評和自我批評,加強黨內監督,接受人民監督,不斷純潔黨的思想、純潔黨的組織、純潔黨的作風、純潔黨的肌體”,讓黨員、干部知敬畏、存戒懼、守底線,習慣在受監督和約束的環境下工作生活。所謂動態化調整,是指中國共產黨根據公權力在現實生活中的運行特點、黨和國家在一段時期內的中心工作以及人民群眾反映強烈的問題等實際情況,綜合運用標本兼治、高壓反腐與防微杜漸相結合、政治巡視與專項巡視相呼應、巡視巡察與監督監察相聯動、自我監督和群眾監督相配合等方式,形成把權力關進制度的籠子的精敏發現與有效運行機制體系。所謂最高層救濟力,是指以黨中央為堅強領導集體的中國共產黨,擁有一支具有高度職業性、高度革命性、高度組織性、高度自覺性、高度紀律性、高度純潔性、高度責任性、高度權威性、高度團結性、高度穩定性的馬克思主義政治家集團這一領導力量,在復雜的國際國內斗爭中,始終堅持集體領導與分工負責制和民主集中制,不僅具備駕馭各種復雜局勢、做出重大前瞻戰略、引領改革治理發展、保持大局穩定的高超能力,而且始終能夠審時度勢,不斷強化自我學習、自我對標、自我凈化、自我革命的能力,充分運用“自上而下的組織監督和政治巡視”這種基于中國共產黨長期執政實踐而生的戰略性制度形式和自我更新動力機制,發揮黨中央對全黨全國全社會中心工作的領導作用,發揮黨中央這個“中樞”對可能出現的問題、已經發生的問題進行預判指導、糾正救濟、處置完善等作用,形成全體人民高度信任和擁護中國共產黨、中國共產黨高度信任和依賴全體人民,集硬實力、軟實力與信心力于一體的人心政治新形態。

四、監督式民主: 偏向や誤りを是正する方式で、「全過程の民主」の機敏な発見メカニズムを創設する

現代の民主制度が広く推奨される最も主な理由は公的権力を効果的に制約し、監督することを通じて、公的権力自體の腐敗や人の自由への危害を最大限に防止し、また、公的権力の積極的かつ効果的な行使を通じて、國と社會の繁栄と発展を最大限に促進することができ、その內部の運行メカニズムは現代の民主制度には一つの體系的な偏向や誤りを是正するメカニズムが內包されたからである。

西洋式の民主主義の枠組みの下で、いわゆる公的権力の是正メカニズムは主に議會制度、三権分立制度、司法の獨立制度、政権交代制度、公開選挙制度、および主要官僚の財産申告と開示制度、マスコミの監視制度などの核心的な制度の設計から具現化され、4年または5年ごとに行われる全國選挙を、議會と政府(大統領)の交代を監督する民意の「吹き流し」とする。

この公的権力の是正メカニズムはいかにもシステム的で厳密に見えるが、それが「闇の政府(ディープステート)」または「影の政府(シャドーガバメント)」の監督の役割を果たすことができるかどうかは疑問である。その根本的な理由は、長期的に隠蔽された金銭的支援や獻金、教育?育成、遊説?交換などの方式や方法を通じて、各ランクの公的権力者になることができたエリートグループのほとんどはすでにさまざまな資本および利益グループ(コンソーシアム)に連れ去られ、操られているからだ。彼らは競爭型政黨のイデオロギー化政策システムを通じて、特定の集団の選挙に対する基本的な支持を得てから、さらに進んで、想像の中の公的権力の偏向や誤りを是正するメカニズムではなく、利益の分配と対抗の均衡メカニズムを構築する。その結果、公共の利益と國の利益に関わる全體的、長期的かつ持続的な國家戦略はおのずと過ちを犯しており、政権を獲得した全ての政黨や政府は斷片化された政策の範囲內で回転しているだけである。いわゆる公的権力の是正メカニズムは、4年か5年の選挙サイクルを耐え忍んでからようやく始動させることができる。しかも、始動後もただ局部の範囲內での改善を行うだけで、民衆の意思、人民及び公共の利益の位置と役割は一切見えておらず、人民の利益を確かなよりどころとする使命感と責任感のある政黨や執政グループは更に見えていない。

マルクス主義の使命志向の政黨としての中國共産黨は、一つ目に獨自の利益を持たず、ただ人類の最終的な解放を実現する長期的な目標を中國の獨立自主、繁栄富強の社會主義現代化を建設するという目標を実現する全過程に貫いただけであり、即ち、政黨の発展目標と國家と社會の発展目標を有機的に統合したのである。二つ目に、中國労働者階級の前衛隊、中國人民と中華民族の前衛隊として、マルクス主義政黨の先進的で純粋な性質を維持し、先進的な組織の指導と先進的な黨員の引率を通じて、國と社會の発展のために「屋臺骨」を背負うことである。三つ目は公的権力を制限?監督するという人類社會の內在的な要求に従い、自己反省、比較參照と累積的な創造を通じて、中國共産黨の長期的な執政に適応する監督式民主の運営形態を徐々に構築していった。その基本的內容には制度化の配置、內省的な昇進、動的な調整と最高レベルの救済という四つの側面を含む。

いわゆる制度化の配置とは、中國共産黨が黨の統一的な指導を行い、全面的にカバーし、権威があり、効率的で、黨の規律と國の法律の統一を具現化した黨と國家の監督システムを構築することにより、公的権力の運営に対する制約と監督を強化し、中國式民主の枠組みの下での公的権力に対する是正メカニズムを形成することを指す。いわゆる內省的な昇進とは、中國共産黨が思想道徳と黨の規律や國の法律教育を通じて、規律の建設を全面的に強化し、厳格な規律で全黨の管理、黨內統治を行い、自己革命の精神を用いて、黨全體に「理想と信念を堅持し、黨精神の教養を強化し、厳格に黨の管理と黨內統治を行い、黨內政治生活を厳粛化し、日常的な教育と集中的な教育を結合させることを堅持し、果敢に批判と自己批判を行い、黨內監督を強化し、人民からの監督を受け入れ、黨の思想、黨の組織、黨の作風、黨の組織を絶えず浄化する」ことを求め、黨員、幹部が畏敬の念を持ち、警戒し、ベースラインを守り、監督と制約のある環境で働き、生活することに慣れることを指す。いわゆる動的な調整とは、中國共産黨が現実生活における公的権力の運営特徴、一定期間における黨と國の主要な業務及び人民群衆が特に不満を抱いている問題などの実際狀況に基づいて、個別対策と抜本的対策を兼ね備えること、高圧的に腐敗撲滅に取り組むことと、災いは二葉のうちに摘み取ることの相互結合、政治的巡視と特別巡視の相互呼応、巡視?巡察と監督?監査の相互連動、自己監督と大衆監督の相互協力などの方式を総合的に運用し、権力を制度のオリに閉じ込めるという鋭い発見と効果的な運行メカニズム體系を形成することを指す。いわゆる最高レベルの救済とは、黨中央委員會を強力な指導グループとする中國共産黨が高度な専門性、高度な革命性、高度な組織性、高度な自覚性、高度な規律性、高度な純粋性、高度な責任性、高度な権威性、高度な団結性、高度な安定性を有するマルクス主義政治家のグループという指導的な力を有しており、複雑な國際および國內闘爭において、集団による指導、分業して責任を取る制度、及び民主集中制を始終堅持し、各種の複雑な情勢を制し、重大な前向きの戦略を立て、改革を引率して発展を管理し、大局の安定を維持する優れた能力を有するだけでなく、しかも常に時局を理解し狀況を判斷し、自己學習、自己のベンチマーク、自己浄化、自己革命の能力を絶えず強化することができ、中國共産黨の長期的な執政の実踐に基づいた「トップダウンの組織監督と政治的巡視」という戦略的制度形態と自己更新の動力メカニズムを十分に利用して、全黨、全國、全社會の主要活動における黨中央委員會の指導的役割を十分に発揮し、発生する可能性のある問題や、すでに発生した問題に対して予測して指導し、是正して救済し、処理して完備させることにおける黨中央委員會の「中樞」の役割を十分に発揮し、全國人民が中國共産黨を強く信頼?支持し、中國共産黨は全國人民を強く信頼?依頼し、ハードパワー、ソフトパワーと信じる力を一體にした人心に向けた政治の新たな形態を形成することを指す。

結語:用全過程民主來保障和提升人民民主的性質與質量

中國式民主的本質,就是中國共產黨領導的人民民主發展形態,其基本內涵可以用“一二三四五”來加以提煉:一是指中國共產黨全面領導制度;二是指國家層面人民代表大會制度和中國共產黨領導的多黨合作和政治協商制度兩大制度形態;三是指以村民自治與居民自治為核心的城鄉社區基層群眾自治制度,以職工代表大會為基本形式的企事業民主管理制度,以重大法律、重大規劃、重大決策、重大項目為主的征求聽證、議事評議、等會議制度三大基層直接民主形態;四是指公民所擁有的知情權、參與權、表達權、監督權四大權利;五是指民主選舉、民主協商、民主決策、民主管理、民主監督五大民主運作形式。

人民民主發展形態的基本內涵,既包括人民民主的制度框架,又包括人民民主的運行機制,其核心是中國共產黨的領導。為充分展現中國式民主的運行質量和發展性質,在人民民主“一二三四五”制度框架與運行機制的基礎上,還需要緊扣著公權力的監督制約與有效行使這根主線,進一步通過創建“全過程民主”的運作形態與實現機制,首先是深化對人民民主的制度框架與運行機制的認識,形成多層次寬領域全過程的發展樣態與實踐模式;其次是豐富人民民主的實現方式,體現人民民主的參與感獲得感,全面提升人民民主的運行質量;最后是創造出比西式民主更為多樣更為有效更為靈敏的人民民主新型發展之路,確保人民民主的性質始終是建立在中國共產黨的領導和引領之上,始終是建立在人民本位觀的基礎和價值之上,始終是建立在實現人類偉大解放的目標和任務之上。

まとめ:全過程の民主で人民民主の性質と品質を保障し、向上させる

中國式民主の本質は、中國共産黨の指導の下での人民民主の発展形態であり、その基本的內容は「一二三四五」でより良いものにすることができる。一、中國共産黨の全面的な指導制度を指す。二、國家レベルの人民代表大會制度と中國共産黨の指導する多黨協力と政治協商制度の二つの主要な制度形態を指す。三、村民自治と住民自治を核心とする都市と農村のコミュニティ末端群衆自治制度、社員代表大會を基本形式とする企業?機構民主管理制度、重大な法律、重大な計畫、重大な意思決定、重大なプロジェクトをめぐる意見聴取會、議事評議會などの會議制度という三つの主要な末端直接民主形態を指す。四、公民が有する知る権利、參與する権利、表現する権利、監督する権利の公民の四つの主要な権利を指す。五、民主的な選挙、民主的な協議、民主的な意思決定、民主的な管理、民主的な監督の五つの主要な民主運営の形態を指す。

人民民主の発展形態の基本內容は、人民民主の制度的な枠組みだけでなく、人民民主の運営メカニズムも含まれており、その中核は中國共産黨の指導である。中國式民主の運営の質と発展の性質を十分に示すためには、人民民主の「一二三四五」制度の枠組みと運行メカニズムを基礎とする以外に、また公的権力の監督制約と効果的な行使という主線に注意を向け、さらに「全過程の民主」の運営形態と実現メカニズムを創設することを通じて、次のことを行わなければならない。まず、人民民主の制度的枠組みと運用メカニズムに対する認識を深め、多層的で幅広い分野における全過程の発展パターンと実踐モードを形成すること、次に、人民民主の実現の方式を充実させ、人民民主の參加意識や満足感を具現化し、人民民主の運営の質を全面的に向上させること、最後は、西洋式の民主主義よりも多様で、効果的で、鋭敏な人民民主の新たな発展の道を作り出し、人民民主の性質が常に中國共産黨の指導と引率に基づき、人民本位の観點の基礎と価値に基づき、人類の偉大な解放を実現する目標と任務に基づいて構築されることを保証することである。

免费黄色A级片