多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

中日對照:“十四五”時期中國將建設更美好世界

2021-01-04多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

“十四五”時期中國將建設更美好世界

——《習近平談治國理政》第三卷學習思考

(中國現代國際關系研究院世界政治所助理研究員 王磊) 

「第14次5カ年」期間に中國がより良い世界を作り上げる

——『習近平 國政運営を語る』第3巻の學習?思考

(中國現代國際関係研究院世界政治所研究補佐員 王磊)

《習近平談治國理政》第三卷生動記錄了中共十九大以來以習近平同志為核心的黨中央,團結帶領中國人民立足“兩個大局”、推進“兩個革命”、全面建成小康社會的偉大實踐,生動展示了馬克思主義中國化的最新成果。2020年是中國全面建成小康社會目標實現之年,是全面打贏脫貧攻堅戰收官之年。在這樣一個時間節點,召開中共十九屆五中全會,研究“十四五”規劃和2035年遠景目標的建議,有著特殊重要意義。

『習近平 國政運営を語る』第3巻は中共十九大(中國共産黨第19回全國代表大會)以降、習近平同志を中核とする黨中央が中國人民を団結させ、率いて、「2つの大局」に立腳し、「2つの革命」や、小康社會(ややゆとりのある社會)を全面的に建設する偉大な実踐を推進する様子が記され、マルクス主義中國化の最新の成果を生き生きと示している。2020年は中國の小康社會の全面的完成という目標を実現させる年であり、貧困脫卻の難関攻略戦に全面的に打ち勝つ最終段階の年でもある。このようなタイミングで中國共産黨第19期中央委員會第5回全體會議(五中全會)を開催し、「第14次五カ年」計畫と2035年までの長期目標の提案を検討することは、特別かつ重要な意義がある。

中共十九屆五中全會提出了到2035年基本實現社會主義現代化的遠景目標,提出了“十四五”時期經濟社會發展的主要目標,擘畫了全國努力奮斗的新藍圖?!笆奈濉睍r期,世界百年大變局加速演進,中華民族偉大復興穩步推進,中國對內以推進社會主義現代化為目標,對外以構建人類命運共同體為目標,國內與國際兩個大局互動更為緊密,中國的發展將為世界注入更多“光和亮”。

中國共産黨第19期中央委員會第5回全體會議(五中全會)では2035年までに社會主義現代化を基本的に実現するという長期目標を打ち出し、「第14次五カ年」の時期における経済社會発展の主要目標を打ち出し、國を挙げて努力し、奮闘する新しい青寫真を描き出した?!傅?4次五カ年」の時期に、世界の百年未曾有の大変局の変化が加速し、中華民族の偉大な復興が著実に推進され、中國は社會主義現代化の推進を対內の目標とし、人類運命共同體の構築を対外の目標とし、國內と國際の両大局のインタラクティブはさらに緊密になり、中國の発展はきっとより多くの「光と輝き」を世界に注入することだろう。

一、“十四五”規劃將在百年大變局中全面展開

中國制定實施“十四五”規劃,是立足百年大變局發展,立足國際秩序轉型重塑,統籌全局、著眼未來作出的重大戰略部署。百年大變局,既是世界之變,也有中國之變,二者相互疊加、相互影響、相互促進。隨著“十四五”規劃的全面展開,中國的未來發展必將對世界產生更大影響。

第一,“十四五”規劃立足百年大變局。當今世界,系統性危機激蕩起伏,國際權力格局東升西降,大國關系分化重組,構成了中國制定實施“十四五”規劃的主要國際背景,中共十九屆五中全會公報強調指出,“全黨要統籌中華民族偉大復興戰略全局和世界百年未有之大變局,深刻認識我國社會主要矛盾變化帶來的新特征新要求,深刻認識錯綜復雜的國際環境帶來的新矛盾新挑戰?!笔澜绱笞兙值母緞恿蛢仍谝幝?,源自各國經濟政治發展不平衡。正是經濟和技術的發展驅動世界變革,影響社會結構、政治制度、軍事力量與大國地位的變化?!笆奈濉睍r期,“一超多強”格局將進入多極化新階段,中國發展持續向好、國力持續上升的態勢為世界所共睹。

第二,“十四五”規劃立足國際秩序深刻轉型重塑。二戰結束以來,所謂“自由主義”秩序經受住冷戰并在冷戰后擴及全球,如今遭受9·11事件、國際金融危機、新冠疫情等多次重大沖擊,已瀕于崩潰。一是國際政治秩序面臨大變革,當前以聯合國為核心的國際體系被某些大國邊緣化、政治化、工具化,其權威下降、效力不足,世衛組織、聯合國人權理事會等機構各方對立嚴重,功能失調。二是國際經濟秩序面臨大調整,世界生產、貿易、投資體系面臨重塑,產業鏈、供應鏈因疫情加速調整,貿易規則及WTO改革愈加迫切,資本流動新壁壘增多增高,區域經濟合作異軍突起,主要依靠本國、雙邊和區域合作等“自力更生”的新局面不斷涌現。三是世界政治思潮轉向,所謂“華盛頓共識”已經解體,西方的自由民主模式吸引力下降,多種思潮并起,強政府理念廣受歡迎。美外交政策專家羅伯特·卡普蘭稱,在后疫情世界,更將出現一種強化政府角色的新趨勢。

一、「第14次五カ年」計畫は百年未曾有の大変局の中で全面的に展開される

中國の「第14次五カ年」計畫の策定?実施は、百年未曾有の大変局の発展、國際秩序のモデル転換と再構築に立腳し、全局を統合し、未來に著眼して策定した重大な戦略的配置である。百年未曾有の大変局というのは世界的な変化であり、また中國の変化もあり、両者は互いに重なり合い、影響し合い、促進し合っている?!傅?4次五カ年」計畫の全面的な展開に伴い、中國のこれからの発展はきっと世界により大きな影響を與えることになるだろう。

第一に、「第14次5カ年」計畫は百年未曾有の大変局に基づいている?,F在の世界では、體系的な危機の激動?波瀾、國際的な権力構造における東洋の上昇と西洋の下降、主要な大國間の関係の分割?再編成があり、これらが中國の「第14次5カ年」計畫を策定?実施する主要な國際的背景を構成した。中國共産黨第19期五中全會コミュニケでは「全黨は中華民族の偉大な復興戦略の全局と世界の百年未曾有の大変局を統合し、わが國の社會における主要な矛盾の変化がもたらす新しい特徴やニーズ、複雑な國際環境がもたらす新しい矛盾や挑戦を深く認識しなければならない」と強調し、指摘した。世界未曾有の大変局の根本的な原動力と內在法則は各國の経済?政治の発展の不均衡に由來している。経済と技術の発展こそが世界の変革を駆動し、社會構造、政治制度、軍事力と主要國の地位の変化に影響を與えるものである?!傅?4次5カ年」期間に、「一超多強(1つの超大國、複數の強國)」の構造は多極化の新たな段階に入り、中國の持続的発展と、國力の持続的向上は、世界中の注目を集めている。

第二に、「第14次5カ年」計畫は國際秩序の深刻なモデル転換と再構築に基づいている。第二次世界大戦の終結以降、いわゆる「自由主義」秩序は冷戦を耐え抜き、冷戦後には世界中に広まったが、今では9?11事件、國際金融危機、新型コロナウィルス感染癥など何度も重大な衝撃に見舞われ、すでに崩壊の危機に瀕している。まず、國際政治秩序は大きな変革に直面している?,F在、國連を中核とする國際システムは一部の大國によって周縁化、政治化、道具化が起こり、その権威や効果は低下している。WHO、國連人権理事會などの機構は各方面の対立が深刻で、機能が失われている。次に、國際経済秩序は大調整に直面している。世界の生産、貿易、投資システムは再構築に直面し、産業チェーンとサプライチェーンは感染癥の影響で調整を加速させ、貿易ルール及びWTO改革はより切実になり、資本の流れに対する新たな障壁が増えて高く立ちはだかり、地域間の経済協力が突然現れ、主に自國、二國間、地域協力に依存する「自力更生」の新たな局面が絶えず出現している。そして、世界政治の思潮が変化している。いわゆる「ワシントンコンセンサス」はすでに解體され、西洋の自由民主的なモデルの魅力が低下し、多様な思潮が浮かび上がり、強力な政府の理念が広く歓迎されている。米國の外交政策専門家のロバート?カプラン氏はポストコロナの世界では、政府の役割を強化する新たな傾向が生じるだろうと述べた。

二、中國在世界中的新定位

“十四五”時期,中國身處百年大變局,走近世界舞臺中央,大國地位、責任、角色更重。中國將更好發揮“世界和平的建設者、全球發展的動力源、國際秩序的穩定器”作用,形成中國與世界關系的新框架。

第一,做世界和平的建設者。中國深刻認識到,經濟和科技是決定當代大國發展進步的勝負手,國家興旺發達的關鍵在于“辦好自己的事”。這一認識既有中國歷史上一直重視“修內政”的文化基因表達,也是中國深刻總結世界近現代國家發展規律得出的基本結論。一方面,中國矢志不渝堅持和平發展,中國的發展已經用事實證明,通過和平手段可以實現發展崛起。另一方面,中國崛起也能更好維護世界和平,建設性介入全球熱點沖突地區和問題,為世界和平與發展貢獻更多中國智慧、中國力量和中國方案。

第二,做全球發展的動力源。其一,中國的發展是世界的機遇,中國已多年擔當世界經濟增長的主要引擎,2013-2018年平均貢獻率超過28%?!笆奈濉睍r期,中國仍有望保持世界經濟增長的主要動力源地位,一個增長質量更好的中國,對世界經濟發展是長期利好。麥肯錫全球研究院的報告認為,到2040年,中國和世界經濟融合有望創造22萬億至37萬億美元的經濟價值。其二,中國全方位擴大開放,將為各國分享“中國紅利”創造更多機會。中國堅持奉行互利共贏的開放戰略,實現更大力度、更高水平的對外開放,不斷改善營商環境,將成為世界工廠、全球市場以及國際的主要資本來源之一。其三,中國發展為其他發展中國家提供經驗和借鑒。中國開辟了一條現代化新路徑,但中國堅持不干涉他國內政,不輸出模式,將通過深化中外治國理政經驗交流,共享發展經驗。

第三,做國際秩序的穩定器。國際力量的對比變化決定了舊有國際秩序的轉型重塑不可避免,中國既要堅持捍衛其合理部分,又要積極支持引導革新其不合理部分??傮w上,中國仍要做國際秩序的穩定之錨,降低其轉型過程中的不確定性、不穩定性給世界帶來的沖擊。一方面,中國堅持多邊主義,堅決捍衛聯合國的應有權威,維護世貿組織、世衛組織等既有多邊框架。另一方面,中國也攜手國際社會,推動現有多邊治理體系改革完善,并搭建和運作政治、經濟、安全、人文等領域多邊對話和合作的新平臺新機制。

二、世界における中國の新たな位置づけ

「第14次五カ年」期間に、中國は百年未曾有の大変局を経験し、世界の舞臺の中央に近づき、大國としての地位、責任、役割がより重要になった。中國は「世界平和の建設者、グローバル発展の動力源、國際秩序の安定裝置」の役割をよりよく発揮し、中國と世界との関係の新たな枠組みを形成するだろう。

第一に、世界平和の建設者としての役割を果たす。中國は、現代の大國の発展と進歩において経済と技術が勝負の決め手になり、國の繁栄と発達のカギは「自分の事をうまくやる」にあることを強く認識している。この認識は歴史上における「內政の改善」を常に重視してきた文化的遺伝子を表しているだけでなく、近現代の世界各國の発展法則を掘り下げて要約し、引き出した基本的な結論でもある。一方では、中國は平和的発展を揺るぎなく堅持している。中國の発展は平和的手段を通じて発展と臺頭を実現できるということを事実によって証明している。もう一方で、中國の臺頭は世界の平和をより良く維持することもできる。中國は世界的な注目を集める対立地域や問題に対して建設的に介入し、世界の平和と発展のためにより多くの中國の知恵、中國の力、中國の案を使って貢獻してきた。

第二に、グローバル発展の動力源としての役割を果たす。まず、中國の発展は世界的なチャンスである。中國は長年にわたり世界経済成長の主要な原動力になっており、2013~2018年の平均貢獻率は28%を超えている?!傅?4次五カ年」の時期に、中國は依然として世界経済成長の主要な動力源としての地位を維持することが期待され、より高品質な成長を遂げる中國は、世界経済の発展に長期的な利益をもたらすことになる。マッキンゼー?グローバルインスティチュートのレポートによると、2040年までに、中國と世界経済の統合により22兆~37兆米ドルの経済的価値が生み出されると予測されている。次に、中國の全面的な開放拡大は各國が「中國ボーナス」を分け合うために、より多くのチャンスを創出する。中國は互恵?ウィンウィンの開放戦略を堅持し、より強力で高いレベルの対外開放を実現し、ビジネス環境を改善し続け、世界の工場、グローバル市場、および國際資本の主要な供給源の1つとなる。そして、中國の発展は他の発展途上國へ経験を提供し手本を示す。中國は近代化への新たな道を切り開いたが、他國の內政には干渉せず、モデルを輸出しないことを堅持し、國內外の國政運営の経験交流の強化を通じて、発展の経験を共有する。

第三に、國際秩序の安定裝置としての役割を果たす。國際勢力図の変化は既存の國際秩序のモデル転換と再形成は避けられないことを決定づけており、中國はその合理的な部分を守ることを堅持すると同時に、不合理な部分を革新へと導くことを積極的に支持しなければならない。全體的に、中國は依然として國際秩序を安定させるアンカーの役割を務め、そのモデル転換過程における不確実性、不安定性による世界への衝撃を弱めなければならない。一方では、中國は多國間主義を堅持し、國連の正當な権限をしっかりと擁護し、WTOと世界保健機関等の既存の多國間の枠組みを保護する。もう一方では、中國は國際社會とも協力して、既存の多國間ガバナンスシステムの改革と改善を促進し、政治、経済、安全保障、文化などの分野における多國間対話と協力の新しいプラットフォームとメカニズムを構築?運営する。

三、中國建設美好世界的愿景

中共十九屆五中全會強調,實現“十四五”規劃和2035年遠景目標,“要高舉和平、發展、合作、共贏旗幟,積極營造良好外部環境,推動構建新型國際關系和人類命運共同體?!睒嫿ㄈ祟惷\共同體,其核心內涵是“建設持久和平、普遍安全、共同繁榮、開放包容、清潔美麗的世界”。未來一段時期,中國將在人類命運共同體的思想指引下,建設更加美好的世界。

首先,中國主張建設“和而不同,和平共存”的世界。中國反復申明不同社會制度、不同意識形態、不同歷史文明、不同發展水平的國家,應當在國際活動中目標一致、利益共生、權利共享、責任共擔。拓展全球伙伴關系是處理中國與世界關系的重要方向,中國努力構建總體穩定、均衡發展的大國關系框架,深化同周邊國家關系,穩定周邊、建設周邊,團結廣大發展中國家,深化中非命運共同體建設,擴大中拉、中阿等地區合作。

其次,中國主張建設自身發展與共同發展辯證統一的世界。百年大變局中,萬變不離其宗。中國一是穩步提升經濟與科技水平,不斷增強綜合國力,“堅持創新在現代化建設全局中的核心地位,把科技自立自強作為國家發展的戰略支撐”。二是全面實現國家治理體系和治理能力現代化,“基本建成法治國家、法治政府、法治社會”。在這兩方面工作的基礎上,中國堅持與各國加強互利合作,促進交流互鑒,彌合發展鴻溝,走出一條公平、開放、全面、創新的共同發展之路。

再次,中國主張建設自身貢獻與共同責任辯證統一的世界?!笆奈濉睍r期,隨著國力進一步增強,中國的國際貢獻也將進一步增大。中國將繼續增加對國際組織和國際安全的投入和參與,提供更多全球性和地區性公共產品,特別是“一帶一路”建設將更加行穩致遠。同時,中國倡導其他國家也遵守國際義務,承擔應有的國際責任,為國際社會的和平與發展作出貢獻。

最后,中國主張建設國際秩序更加公正合理的世界。中國提出總結歷史經驗與教訓,加強協調,完善治理,推動開放、包容、普惠、平衡、共贏的新型經濟全球化。中國堅定維護以聯合國為核心的國際秩序,維護國際法和國際關系基本準則,同時也主張有序革新使之適應國際力量變化的新現實,推動符合廣大發展中國家利益訴求的國際體系改革。中國秉持“共商共建共享”原則,積極推動全球治理體系朝著更加公正合理方向發展,推動G20、金磚國家合作機制等為完善全球治理發揮更大作用。

總之,隨著“十四五”規劃的全面展開,不斷崛起的中國將進一步“為人民謀幸福,為民族謀復興,為世界謀和平”,中國的發展與世界的發展也將更加“各美其美、美美與共”,“美好中國”與“美好世界”同樣會愈發相得益彰、相互成就。

三、美しい世界を建設する中國のビジョン

中國共産黨第19期五中全會では「第14次5カ年」計畫と2035年の長期目標を達成するために、「平和?発展?協力?ウィンウィンの旗を高く掲げ、良好な外部環境を積極的に創出し、新型の國際関係と人類運命共同體の構築を推進しなければならない」と強調した。人類運命共同體の構築の核心的內包は「恒久平和、普遍的安全、共同繁栄、開放?包容、清潔で美しい世界の構築」である。これからしばらくの間、中國は人類運命共同體の思想の指導下で、より良い世界を築いていく。

まず、中國は「和して同ぜず、平和共存」の世界の構築を主張する。 中國は、社會制度、イデオロギー、歴史文明や、発展レベルの異なる國々が國際活動において同じ目標に向かい、共に利益を生み出し、権利を共有し、責任を共に擔わなければならないと繰り返し表明している。グローバルパートナーシップの拡大は世界との関係を処理する重要な方向性で、中國は全體的に安定し、バランスの取れた大國関係の枠組みを構築し、近隣諸國との関係を強化し、近隣諸國を安定させ、建設し、多くの開発途上國を団結させ、中國?アフリカ運命共同體の建設を強化し、中國―ラテンアメリカ、中國―アラブなどの地域協力を拡大する。

次に、中國は自己発展と共同発展の弁証法的統一の世界の建設を主張する。百年未曾有の大変局において、いかに変化しようともその根本?本質は一つである。第一に、中國は経済と科學技術レベルを著実に向上させ、総合的な國力を絶えず向上させ、「全體的な近代化の推進における革新の中核的な地位を堅持し、科學技術の自立?自彊を國家発展の戦略的な柱とする」。第二に、國家ガバナンスのシステムと能力の現代化を全面的に実現し、「法治國家、法治政府、法治社會を基本的に完成させる」。この二つの側面を基礎にして、中國は各國との互恵協力を強化し、交流と相互學習を促進し、発展の溝を埋め、公平、開放、全面、革新の共同発展の道を歩み出すことを堅持する。

また、中國は自己貢獻と共同責任の弁証法的統一の世界の建設を主張する?!傅?4次5カ年」計畫期間中、國力のさらなる向上に伴い、中國の國際貢獻度もさらに高まることになる。中國は國際組織や國際安全への取り組みや関わりを引き続き広げていき、より多くの世界的?地域的公共財を提供し、特に「一帯一路」建設はより安定した狀態で遠い道を行くことだろう。同時に、中國は他國も國際的な義務を遵守し、しかるべき國際的な責任を負い、國際社會の平和と発展のために貢獻するよう提唱する。

最後に、中國はより公正で合理的な國際秩序を備えた世界の建設を主張する。中國は歴史的な経験と教訓を要約し、調整を強化し、ガバナンスを改善し、開放的、包摂的で、あまねく恩恵があり、均衡のとれた、ウィンウィンの新型の経済グローバル化を推進することを提案した。中國は國連を中核とする國際秩序、國際法と國際関係の基本的規則を斷固として擁護し、同時に國際勢力の変化という新たな現実に適応するための秩序ある改革を提唱し、多くの発展途上國の利益に見合った國際システムの改革を推進する。中國は「共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う」原則を堅持し、より公正で合理的な方向へのグローバルガバナンスシステムの発展を積極的に推進し、G20やBRICS協力メカニズム等がグローバルガバナンスの改善のために、より大きな役割を果たすよう推進する。

要するに、「第14次5カ年」計畫の本格化に伴い、臺頭し続ける中國はさらなる「國民の幸福、民族の復興、世界の平和を追求」し、中國の発展と世界の発展もより一層「自分の美を美とし、自他の美も共に美とする」ことになり、「美しい中國」と「美しい世界」も同様に、ますます相互補完が進み、雙方にとって良い結果を得られることになる。

最新權威發布

Latest Release
免费黄色A级片