多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

返回首頁

Home

中日對照:全面建成小康社會 開啟全面建設社會主義現代化國家新征程

2021-01-04多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

全面建成小康社會 開啟全面建設

社會主義現代化國家新征程

——《習近平談治國理政》第三卷

“脫貧攻堅篇”學習思考

小康社會の全面的完成 社會主義現代化國家の全面的建設の新たな征途を開く

——『習近平 國政運営を語る』第3巻

「貧困脫卻の難関攻略篇」の學習?思考

《習近平談治國理政》第三卷收入了習近平在2017年10月18日至2020年1月13日期間的報告、講話、談話、演講、批示、指示、賀信等92篇,分為19個專題。這部著作是中共十九大以來習近平領導中國人民攻堅克難、砥礪前行的最新成果,是中國共產黨不忘初心、牢記使命,團結帶領人民創造更加幸福美好生活的最新指南,是為世界謀大同、推動構建人類命運共同體的最新方案。本文聚焦《習近平談治國理政》第三卷的第五篇專題,即“決勝全面建成小康社會,決戰脫貧攻堅”,該專題選編了4篇重要論述,明確指出決戰脫貧攻堅對于決勝全面建成小康社會的重大意義,全面闡述了中國脫貧攻堅戰的主要做法和重大成就,系統總結了在脫貧攻堅偉大實踐中積累的寶貴經驗。自中共中央在改革開放之初提出小康社會的戰略構想以來,幾代人一以貫之、接續奮斗,奮斗目標一步步變為現實。中共十八大報告首次明確提出“全面建成小康社會”,中共十九大更是發出決勝全面建成小康社會的動員令,要求在“兩個一百年”奮斗目標的歷史交匯期,既全面建成小康社會、實現第一個百年奮斗目標,又乘勢而上開啟全面建設社會主義現代化國家新征程,向第二個百年奮斗目標進軍。

『習近平 國政運営を語る』第3巻は2017年10月18日から2020年1月13日までの習近平氏による報告、談話、演説、回訓、指示、祝賀メッセージなど92篇を19のテーマに分けて収録している。この著作は第19回中國共産黨大會以來の習近平氏を核心とする中國共産黨中央が中國人民を率いて、困難を克服し、自らを磨きながら前進してきた最新の成果で、中國共産黨が初心を忘れず、使命を心に刻み、人民を団結させて、より幸せで美しい生活を創造するための最新の指針であり、世界のために大同を築き、人類運命共同體の構築を推進する最新の案である。本文は『習近平 國政運営を語る』第3巻の第五部分の特集、すなわち「小康社會の全面的完成の決戦に勝利し、貧困脫卻の難関攻略と決戦する」に焦點をあてている。當該特集は4篇の重要な論述を選んで編集し、小康社會の全面的完成における貧困脫卻という難関攻略の決戦が持つ重要な意味を明確に示し、貧困脫卻の難関攻略の主要な方法と重大な成果を全面的に論述し、貧困脫卻の難関攻略の偉大な実踐で蓄積されてきた貴重な経験を體系的に要約した。中國共産黨中央委員會が改革?開放の初期に小康社會の戦略的構想を提起して以來、何世代もの人々の一貫した、たゆまぬ奮闘により、奮闘目標は一歩一歩現実になってきた。第18回中國共産黨全國大會の報告では「小康社會の全面的完成」を初めて明確に打ち出し、第19回中國共産黨全國大會は小康社會の全面的完成の決戦に勝利するための動員令を出し、「二つの百年」の奮闘目標の歴史的合流期に、小康社會を全面的に完成させて、最初の百年の奮闘目標を達成すると同時に、その勢いを利用して、社會主義現代化國家の全面的建設の國の新たな征途を開き、二つ目の百年の奮闘目標に向かって邁進しなければならないと述べている。

到2020年全面建成小康社會,是以習近平同志為核心的黨中央向人民、向歷史作出的莊嚴承諾。中國全面建成小康社會,不僅加快全球減貧進程,為全球減貧事業作出重大貢獻,也為其他發展中國家減貧樹立標桿,堅定了全世界消除貧困的信心。

2020年までに小康社會を全面的に完成させることは、習近平同志を中核とする黨中央が人民や、歴史に向けて表明した厳粛な約束である。中國の小康社會の全面的完成は、世界の貧困削減プロセスを加速させ、世界の貧困削減事業に大きく貢獻するだけではなく、他の発展途上國の貧困削減の模範になり、全世界の貧困撲滅に対する自信を固める。

一、以小見大:百合之鄉的脫貧之路

習近平在多種場合、多次強調“小康不小康,關鍵看老鄉”,他眼中的“小康”,不僅看經濟總量,還看老百姓的生活質量,不僅看平均數,而且看大多數,而中國脫貧的大多數,顯然是廣大的農業人口。

甘肅臨洮,黃土高原上的國家級貧困縣。這里常年干旱少雨,黃沙橫行,道路也蜿蜒曲折。受地形所限,人們無法使用機械作業,只能在山上開墾梯田,保留著“臉朝黃土背朝天”這一最傳統的農耕方式,許多農民一度在貧困線上苦苦掙扎。申韋娟就是其中之一,她是臨洮縣上營鄉包家山村一名普通農村婦女,丈夫前些年罹患嚴重肝病,雖然命保住了,但卻幾乎喪失了勞動力,除洗衣做飯等簡單家務外不能干任何重活,每年醫藥費即便醫保報銷后也需花費四五萬元,她上有70多歲的老父親體弱多病,下有讀職高的大女兒和上初中的小兒子,全家30畝地只能她一個人照顧,每天凌晨四點就要開始勞作,所有重擔都壓在她一個人身上。面對如此情勢,難免不令人感到絕望。

臨洮縣的百合一直是特色農產品,品相飽滿,生食甘甜,但卻苦于缺乏銷路,賣不上價錢。當地有很多像申韋娟一樣未脫貧或者剛脫貧的農戶種植百合,但沒有形成產業規模。為了幫助村民戰勝貧困,從省、市,到縣、鄉、村,大大小小各級干部都想辦法,在當地引入精準扶貧模式,協調銀行提供低成本貸款,幫助擴大種植面積,發動賦閑在家的貧困戶參與生產,預購種植訂單,由龍頭企業回購貧困戶種植百合,提前鎖定收購價,調動貧困戶生產積極性。同時,倡議干部群眾采購扶貧農產品,利用網絡直播,線上線下都加強推廣,讓扶貧農產品人人皆知;加大“扶智”力度,舉辦免費培訓班讓農戶學習新型種植技術、農產品品牌建設以及互聯網銷售模式;加強有針對性的幫扶,村里成立了百合種植合作社,對申韋娟這樣家庭更加困難的,提供更多無息貸款,提供一對一技術指導,給雙份的肥料。

在各方持續不斷的努力下,申韋娟的百合長勢喜人,全家都感覺更有干勁。但到了收獲的季節,一開始卻一直沒有收購商上門,如果天冷上凍,就無法采挖百合,一年的辛苦就會白費。在合作社理事長的不斷協調下,百合終于賣上了滿意的價錢,為申韋娟一家帶來七萬九千二百元收入,還欠債、孩子上學、丈夫治病、日常開銷,終于有了著落,申韋娟堅定了來年繼續種植百合的信心。不久,包家山村又建起了冷庫,百合保鮮存儲的后顧之憂也解決了,全村人都有了富起來的希望。

2020年3月,臨洮縣脫貧摘帽。

一、細部を通じて全體を見る:百合の郷の貧困脫卻の道

習近平氏は「小康であるかどうかの鍵は、その土地の人を見るのだ」と様々な場面で、何度も強調している。彼にとっての「小康」は、経済総量だけでなく、國民の生活の質も見る必要があり、これは平均値だけでなく、大多數を見なければならないことだが、中國の貧困脫卻の大多數を占めるのが、大勢の農業人口であることは明らかである。

甘粛省臨洮は黃土高原にある國家級の貧困県である。ここは一年を通して乾燥していて、雨が少なく、黃砂が舞い、道路も曲がりくねっている。地形の制約を受けて、ここでは機械作業ができず、山の上に棚田を開墾するしかなく、「腰をかがめて畑を耕す」という伝統的な農法が存続し、多くの農民はかつて貧困に苦しんでいた。申韋娟もその一人で、彼女は臨洮県上営郷包家山村に住む一般の農村女性だ。夫は數年前に重度の肝疾患を患い、命は救われたが、洗濯や料理などの簡単な家事以外の力仕事は何一つできず、労働力をほぼ失ってしまってしまった狀態で、醫療保険の払い戻しを受けた後でも年間の醫療費は4~5萬元に達する。彼女にはまた上には體が弱く病気がちな70歳の父親がいて、下には職業高校に通う長女と中學生の末っ子がいて、一人で30ムーの畑の手入れをしなければならず、毎朝4時から力仕事を始めなければならない狀態で、すべての重荷を彼女一人で背負っていた。このような狀況に直面すると、人は絶望的にならざるを得ない。

臨洮県の百合は以前からある特徴的な農産物で、保存狀態が良く、生で食べても甘いのだが、販売ルートの乏しさに苦しみ、高い値段で売れなかった。申韋娟のように、まだ貧困から脫していないか、貧困から脫したばかりの農家が百合を栽培しているが、まだまだ産業規模を形成するには至っていない。村民の貧困脫卻を支援するために、省?市から、県や郷、村に至るまでの各レベルの幹部はそれぞれ工夫した?,F地に的確な貧困救済のモデルを導入し、銀行に相談して低費用ローンを提供するようにして、栽培面積の拡大を支援し、仕事がないため自宅で暇な時間を過ごしている貧困所帯が生産に參加するようにし、栽培した百合の予約購入の注文を行い、大手企業が貧困世帯の栽培したゆりを買い戻し、事前に購入価格を固定し、貧困世帯の生産意欲を高めた。同時に、幹部と民衆に貧困支援のための農産物の購入を提唱し、ネットライブ配信を利用して、オンラインとオフライン雙方のプロモーションを強化し、貧困支援の農産物が世間に周知されるようにした?!钢闹г工驈娀?、農家が新しい栽培技術、農産物のブランドの立上げや、ネット販売モデルを學べるように無料の講習會を開催した。ターゲットを絞った支援を強化し、村に百合栽培合作社(協同組合)を設立して、申韋娟の家庭のような、より大きな困難に直面する家庭に、より多くの無利息ローンを提供し、一対一の技術指導を行い、2倍の肥料を提供した。

各方面が努力を続ける中、申韋娟の百合は順調に成長し、家族全員の意欲が更に高まった。しかし、収穫期を迎えた頃、當初は買い付け業者がやって來なかった。寒くなると百合は収穫できなくなり、一年間の苦労が無駄になってしまう。合作社理事長が調整を続けたおかげで、百合はついに納得のいく値段で売ることができ、申韋娟一家は79200元の収入を得ることができ、借金返済、子供の學費、夫の治療費、日常的な出費も、ようやく目処が立ち、申韋娟は來年も百合を栽培することに対する確固たる自信を持つことができた。やがて、包家山村には冷蔵倉庫が建てられ、百合の保管の課題も解決し、村全員が豊かになるという希望を持った。

2020年3月、臨洮県は貧困県という汚名を返上した。

二、設定明確目標:消除絕對貧困

2019年,中國各省份貧困發生率普遍下降至2.2%及以下,但貧困發生率在1%-2.2%的省份還有7個,包括廣西、貴州、云南、西藏、甘肅、青海、新疆;貧困發生率在0.5%-1%的省份也有7個,包括山西、吉林、河南、湖南、四川、陜西、寧夏。這些地區,都是脫貧攻堅的重點、難點。

中國深度貧困地區的脫貧任務依然艱巨。習近平2019年4月在解決“兩不愁三保障”突出問題座談會上的講話中指出,“三區三州”仍有172萬建檔立卡貧困人口,占全國現有貧困人口的12.5%,貧困發生率8.2%。全國還有98個縣貧困發生率在10%以上,建檔立卡貧困人口359.6萬人,占全國的26%,貧困發生率比全國高出13.3個百分點。所謂“三區三州”,“三區”是指西藏自治區和青海、四川、甘肅、云南四省藏區及南疆的和田地區、阿克蘇地區、喀什地區、克孜勒蘇柯爾克孜自治州四地區;“三州”是指四川涼山州、云南怒江州、甘肅臨夏州。這些地區,是脫貧攻堅的難中之難、堅中之堅。

習近平2018年2月12日在打好精準脫貧攻堅戰座談會上的講話中指出,脫貧攻堅的目標就是要做到“兩個確?!保捍_?,F行標準下的農村貧困人口全部脫貧,消除絕對貧困;確保貧困縣全部摘帽,解決區域性整體貧困。何為扶貧標準?就是穩定實現貧困人口“兩不愁三保障”,即不愁吃、不愁穿,義務教育、基本醫療、住房安全有保障;以及穩定實現貧困地區基本公共服務領域主要指標接近全國平均水平。

臨洮縣只是中國千千萬萬個實現脫貧致富的縣城之一,像申韋娟一樣的脫貧故事正在中國大地處處上演。按照現行貧困標準衡量,中國貧困人口從2012年年底的9899萬人減少到2019年年底的551萬人,連續7年減貧1000萬人以上,貧困發生率由10.2%降至0.6%,區域性整體貧困基本得到解決,貧困地區基本生產生活條件也明顯改善。

二、明確な目標の設定:絶対的な貧困の撲滅

2019年、中國の省別の貧困発生率は全般の傾向として2.2%以下に低下したが、広西、貴州、雲南、チベット、甘粛、青海、新疆という7省の貧困発生率はまだ1% ~ 2.2%、山西、吉林、河南、湖南、四川、陝西、寧夏という7省の貧困発生率は0.5% ~1%であった。これらの地域はいずれも貧困脫卻の難関攻略における重點と難點であった。

中國の極貧地域における貧困脫卻は依然として厳しい任務である。習近平主席は2019年4月の「二つの困らない、三つの保障(衣と食に困らず、義務教育と基本醫療、住居安全を保障する)」の突出した問題を解決する座談會での演説で、「3區3州」には依然として貧困救済システムに登録された172萬人の貧困人口が存在し、全國の現在の貧困人口の12.5%を占め、貧困発生率は8.2%に達すると指摘した。全國的に見るとまだ98の県で貧困発生率が10%以上に達しており、貧困救済システムに登録された貧困人口は359萬6000人で、全國の26%を占め、貧困発生率は全國より13.3ポイント高い。いわゆる「3區3州」というのは、「3區」はチベット自治區、青海?四川?甘粛?雲南4省のチベット族居住區と、南疆のホータン地區?アクス地區?カシュガル地區?クズルスキルギス自治州の4地區を指す?!?州」とは四川省の涼山州、雲南省の怒江州、甘粛省の臨夏州を指す。これらは貧困脫卻の難関攻略がとりわけ難しい地域である。

習近平主席は2018年2月12日、貧困脫卻の正確な取り組みに関する座談會での演説で、貧困脫卻の難関攻略の目標は、現行基準での農村貧困人口の全員の貧困脫卻を確保し、絶対的な貧困を排除すること、すべての貧困県の汚名を返上することを確保し、地域的な貧困の集中を解決することという、「2つの確?!工驅g現することだと指摘した。貧困扶助の基準とは何だろう?貧困人口の「二つの困らない、三つの保障」を安定的に実現すること、すなわち食べ物の愁いがなく、著る物の愁いがなく、義務教育、基本醫療、住居安全が保障されること、及び全國平均レベルに近い貧困地域の基本的な公共サービス分野の主要指標を安定的に実現することである。

臨洮県は中國で貧困脫卻を実現して豊かになった多くの県の一つで、申韋娟のような貧困脫卻の出來事は中國の至る所で起きている?,F行の貧困標準によると、中國の貧困人口は2012年末の9899萬人から2019年末には551萬人に減少し、7年連続で1000萬人以上の貧困削減となり、貧困発生率は10.2%から0.6%に低下し、地域的な貧困の集中が基本的に解決され、貧困地域の基本的な生産と生活條件も明らかな改善が見られた。

三、決勝脫貧攻堅:掌握科學方法

習近平在打好精準脫貧攻堅戰座談會上的講話中指出,在脫貧攻堅的偉大實踐中,我們積累了許多寶貴經驗,主要包括:一是堅持中國共產黨的領導,強化組織保證;二是堅持精準方略,提高脫貧實效;三是堅持加大投入,強化資金支持;四是堅持社會動員,凝聚各方力量;五是堅持從嚴要求,促進真抓實干;六是堅持群眾主體,激發內生動力。這些是脫貧攻堅的寶貴經驗,必須長期堅持并不斷完善和發展。

習近平2015年11月在中央扶貧開發工作會議上明確提出,脫貧攻堅要重點解決“扶持誰”、“誰來扶”、“怎么扶”、“如何退”4個問題。

“扶持誰”——幫助真正有需要的人。確保把真正的貧困人口弄清楚,把貧困人口、貧困程度、致貧原因等搞清楚,對每個貧困戶建檔立卡。

“誰來扶”——黨員干部帶頭示范。越是進行脫貧攻堅戰,越是要加強和改善黨的領導。全國累計選派300多萬縣級以上機關、國有企事業單位干部參加駐村幫扶,目前在崗的村第一書記有20多萬人、駐村干部70萬人,還有近200萬鄉鎮扶貧干部和數百萬村干部。

“怎么扶”——脫貧攻堅要見成效。按照貧困地區和貧困人口的具體情況,實施“五個一批”工程,即發展生產脫貧一批、易地搬遷脫貧一批、生態補償脫貧一批、發展教育脫貧一批、社會保障兜底一批。中國貧困人口總基數大,不同地區有不同特點,要缺什么就補什么,能干什么就干什么,扶到點上扶到根上。

“如何退”——嚴格按照程序摘帽。設定時間表、留出緩沖期、實行嚴格評估、實行逐戶銷號,明確貧困縣、貧困村、貧困人口退出標準和程序,指導各地科學合理制定脫貧滾動規劃和年度計劃,對擬退出的貧困縣組織第三方進行嚴格評估。同樣要防止返貧和繼續攻堅,已經摘帽的繼續鞏固,摘帽后不摘責任、不摘政策、不摘幫扶、不摘監管,建立健全穩定脫貧長效機制,增強“造血”功能,防止返貧。

決勝脫貧攻堅,關鍵是精準。扶貧對象精準、項目安排精準、資金使用精準、措施到戶精準、因村派人精準、脫貧成效精準。堅持因人因地施策,因貧困原因施策,因貧困類型施策,區別不同情況,做到對癥下藥、精準滴灌、靶向治療,不搞大水漫灌、走馬觀花、大而化之。

三、貧困脫卻の難関攻略の決勝:科學的方法の習得

習近平氏は貧困脫卻の正確な取り組みに関する座談會での演説で、貧困脫出の難関攻略の偉大な実踐の中で、我々は多くの貴重な経験を積んできたと指摘した。それには主に、一、中國共産黨の指導を堅持し、組織の保証を強化すること、二、ターゲットを絞った戦略を堅持し、貧困脫卻の実効性を高めること、三、投資を増やし、資金支援を強化すること、四、社會的動員を継続し、各方面の力を集めること、五、厳格な要求を堅持し、確実な実行を促進すること、六、大衆を主體とすることを堅持し、內生的な動力を引き出すことを含んでいる。これらは貧困脫出の難関攻略における貴重な経験であり、長期的に堅持し、たえず改善し、発展させなければならない。

習近平主席は2015年11月の中央貧困救済?開発會議で、貧困脫卻の難関攻略は「誰を支援するか」、「誰が支援するか」、「どのように支援するか」、「どのように退くか」の4つの問題を重點的に解決しなければならないと明確に提起した?!?/p>

「誰を支援するか」——本當に助けを必要としている人を支援する。真の貧困人口の情報を把握し、貧困の人口、貧困のレベル、貧困の原因などをはっきりさせ、貧困世帯ごとに貧困救済システムに登録する。

「誰が支援するか」——共産黨員と幹部が率先して模範を示す。貧困脫卻の難関攻略戦を行えば行うほど、黨の指導を強化し、改善しなければならない。村に駐在して扶助するために、全國では県以上の政府、國有企業から累計300萬人余りの幹部を選抜して派遣した?,F在勤務している村の第一書記は20萬人余り、村に駐在する幹部は70萬人で、他に200萬人近くの郷?鎮の貧困扶助幹部と數百萬人の村の幹部がいる。

「どのように支援するか」——貧困脫卻の難関攻略は効果的でなければならない。貧困地域と貧困人口の具體的な狀況に応じて、生産の発展による貧困脫卻グループ、他地域への移転による貧困脫卻グループ、生態環境への補償による貧困脫卻グループ、教育の発展による貧困脫卻グループ、社會保障による貧困脫卻グループという「五個一批(5つのグループ)」プロジェクトを実施する。中國の貧困人口は総數が多く、地域によって特徴が異なり、足ないものを補い、できることを行い、扶助を必要とする點に対して扶助を行うべきである。

「どのように退くか」——手順に厳格に従って貧困の汚名を返上する。タイムテーブルを設定し、猶予期間を設け、厳格な評価を実施し、世帯ごとに登録を取り消し、貧困県、貧困村、貧困人口の脫卻の基準と手続きを明確にし、各地が貧困脫卻ローリングプランと年間計畫を科學的かつ合理的に策定するように指導し、脫卻の予定の貧困県に対して第三者による厳格な評価を行う。また、貧困の再発防止と、難関攻略を続ける必要があり、既に汚名を返上した後でも継続して強化を行い、汚名返上後も責任を取り続け、政策を実施し続け、支援し続け、監督管理し続け、安定した貧困脫卻のため長期的に有効なメカニズムを確立して整備し、「造血」機能を強化し、貧困の再発を防止しなければならない。

貧困脫卻の難関攻略勝負においてのカギは正確さである。貧困救済の対象を正確に選び、プロジェクトの手配を正確に行い、資金の使途が的確で、世帯別への措置が的確で、村の事情に応じて適切な人材を派遣し、的確な貧困脫卻の効果を得る。人や地域による施策、貧困の原因による施策、貧困のタイプによる施策を堅持し、それぞれの狀況を區別して、癥狀に応じて投薬し(方法を取り)、的確な點滴灌漑を行い(支援を行い)、分子標的治療(ターゲットを絞った救済)を行い、大量の水を使った粗放的な灌漑はせず、表面的にさっと見るだけで終わるのではなく、大雑把にはしない。

四、建成小康社會:“全面”是關鍵

全面建成小康社會是一個實實在在的目標。習近平指出,“小康”這個概念出自《禮記·禮運》,是中華民族自古以來追求的理想社會狀態,使用“小康”這個概念來確立中國的發展目標,既符合中國發展實際,也容易得到最廣大人民的理解和支持。

小康社會,更重要的也是更難做到的是“全面”。在中共十八屆五中全會第二次全體會議上,習近平強調,“小康”講的是發展水平,“全面”講的是發展的平衡性、協調性、可持續性,如果到2020年我們在總量和速度上完成了目標,但發展不平衡、不協調、不可持續問題更加嚴重,短板更加突出,就算不上真正實現了目標,即使最后宣布實現了,也無法得到人民群眾和國際社會認可。

“全面小康”,覆蓋的領域要全面,是五位一體全面進步。經濟要更加發展、民主要更加健全、科教要更加進步、文化要更加繁榮、社會要更加和諧、人民生活要更加殷實。堅持以經濟建設為中心的同時,全面推進經濟、政治、文化、社會、生態文明建設,促進現代化建設各個環節、各個方面協調發展。

“全面小康”,覆蓋的人口要全面,是惠及全體人民的小康。全面建成小康社會突出短板主要在民生領域,要堅守底線、突出重點、完善制度、引導預期,注重機會公平,保障基本民生。脫貧最突出短板在農村,農村貧困人口脫貧,是全面建成小康社會的基本標志。另外針對特定人群的特定困難,要幫他們解決實際問題,比如,對城鎮低保人口要保障基本生活,對老年人要增強養老、醫療,對農民工要提供基本公共服務,對大學畢業生要讓他們有地方住,對城鎮登記失業人員要讓他們有一技之長,等等。

“全面小康”,覆蓋的區域要全面,是城鄉區域共同的小康??s小城鄉區域發展差距是全面建成小康社會的重要任務,不僅是縮小國內生產總值總量和增長速度差距,更需要縮小居民收入水平、基礎設施通達水平、基本公共服務均等化水平、人民生活水平等方面的差距??s小差距不能脫離區域實際,必須全面考量,因為不同區域承擔主體功能不同,比如青海和西藏,是重點生態功能區,扶貧就不能盲目搞開發。中共中央提出了京津冀協同發展、粵港澳大灣區建設、長三角一體化發展,實施鄉村振興戰略等,正是著眼全面小康要全國一盤棋。

四、小康社會の完成:「全面的」がカギ

小康社會の全面的完成は実質的な目標である。習近平氏は「小康」という概念は『禮記?禮運』に由來したもので、中華民族が古くから追求してきた理想的な社會狀態であり、「小康」という概念を用いて中國の発展目標を確立することは、中國の発展の実情に合うだけでなく、最も多數を占めるの人民の理解と支持を容易に得ることができると指摘した。

小康社會において、より重要で、かつ困難なのは「全面的」の実現である。中國共産黨第十八期5中全會第2回全體會議で、習近平氏は「小康」が重んじるのは発展のレベルで、「全面的」が重んじるのは発展の平衡性、調和性、持続可能性で、例え2020年に我々の総量とスピードが目標を達成したとしても、発展のバランスがとれておらず、調和しておらず、持続不可能な課題がさらに深刻化し、短所がより際立つなら、真の意味で目標を達成できたとはいえず、最終的に完成したと宣言しても、人民大衆や國際社會に認めてもらえないと指摘した。

「全面的な小康」とは、カバーする分野が全面的でなければならず、五位一體の全面的な進歩である。経済はより一層発展し、民主はより健全であり、科學や教育はより進歩し、文化はより繁栄し、社會はより調和し、人民の生活はより豊かでなければならない。経済建設を中核とすると同時に、経済、政治、文化、社會、生態文明建設を全面的に推進し、現代化建設の各段階、各方面の調和的な発展を促進する。

「全面的な小康」とは、カバーする人口が全面的でなければならず、すべての人民に恩恵を與える小康である。小康社會の全面的完成で際立つ短所は主に民生分野で見られ、ボーダーラインを守り、要點を強調し、制度を改善し、期待を導き、機會の公正を重視し、基本的民生を保障しなければならない。貧困脫卻で最も際立つ短所は農村地域で見られ、農村の貧困人口の貧困脫卻は、小康社會の全面的完成の基本的な指標である。また、特定の人々の特殊な困難については、現実的な課題の解決を支援すべきである。例えば、都市部の低保(最低生活保障制度)人口には基本的な生活を保障し、高齢者には養老と醫療サービスを強化し、農民工(出稼ぎ労働者)には基本的公共サービスを提供し、大卒者は住む場所を確保できるようにして、都市部の失業登録者にはスキルを身に付けられるようにする、等々がある。

「全面的な小康」とは、カバーする區域が全面的でなければならず、都市部と農村部に共通する小康である。都市と農村の発展の格差を縮小することは小康社會の全面的完成における重要な任務であり、國內総生産と成長率の格差を縮小するだけでなく、さらに住民の所得レベル、インフラのカバー率、基本的な公共サービスの均等化レベル、人民の生活レベルなどの面における格差も縮小しなければならない。格差の縮小は地域の実情からかけ離れてはならず、全面的に考慮しなければならない。各地域の擔う主體機能はそれぞれ異なり、例えば青海とチベットは、主要な生態機能區であるため、貧困救済時には盲目的に開発を行ってはいけない。中國共産黨中央委員會は北京?天津?河北の協同発展、広東?香港?マカオ大灣區の建設、長江デルタの一體化発展、農村部の振興戦略の実施などを提案しているが、まさに全面的な小康に著目して全國を総體として捉えている。

五、講好扶貧故事:中國智慧和中國方案

2020年,中國的目標是全面建成小康社會,完成現行標準下農村貧困人口實現脫貧、貧困縣全部摘帽、解決區域性整體貧困的任務,這將是人類歷史上首次徹底消除絕對貧困,將是人類減貧史上的一大奇跡。中國脫貧攻堅具有獨特性,走的是與一條與以往一切發達國家完全不同的道路;中國脫貧攻堅又具有世界性意義,中國是全球最早實現聯合國千年發展目標中減貧目標的發展中國家,對全球減貧的貢獻率超過70%。在脫貧攻堅的決勝收官之年,必須下大力氣講好在以習近平同志為核心的黨中央帶領下中國擺脫貧困的故事,消除質疑、建立認同,培育正向、健康,為世界人民讀得懂、能接受、可借鑒的扶貧話語體系。

構建中國扶貧話語體系,一要梳理好中國扶貧事業的理論、實踐和制度成果,從中國減貧事業中提煉扶貧話語的精神內核,闡明中國貧困治理的經驗和內生動力;二要用好對外傳播的平臺和方法,探索國際社會認可的表述形式,用國際社會易理解、易認同、易傳播的話語表述中國扶貧故事,引導國際社會正向理解;三要善于運用國內視角,講述真實、生動、具有鄉土氣息的扶貧故事,提升扶貧話語“講出去”的自信,培育更多扶貧故事講述者;四要積極拓展國外視角,加大對國際流行話語體系的研究力度,捕捉和跟隨其趨勢,打破中國扶貧故事的認知和傳播壁壘,矯正國際傳播中的片面認知?! ?/p>

在當前復雜的國際形勢下,全球同時面臨疫情防控和本國發展的雙重考驗。在全面建成小康社會、打贏精準脫貧攻堅戰、實現“十三五”規劃的關鍵之年,堅持以習近平新時代中國特色社會主義思想為指導,在國際輿論舞臺上講好中國扶貧故事,傳播中國聲音,運用話語的力量奪取國際發展的主動權至關重要。講好中國扶貧故事,既有助于傳播中國智慧、展示中國方案,更是對中國特色社會主義道路和制度合理性的有力證明。全面建成小康社會,要在說中做、做中說,推動減貧事業與構建扶貧話語體系齊頭并進共同發力,讓說與做、言與行都統一在每一個中國扶貧故事中,自信滿滿、聲音洪亮地向世界發出中國聲音。

五、貧困救済の物語をうまく伝える:中國の知恵や解決策

2020年、中國の目標は小康社會の全面的完成で、現行基準での農村貧困人口が貧困脫卻を実現し、すべての貧困県が汚名を返上し、地域的な貧困の集中を解決する任務を完了することであり、これは人類史上初めて絶対的貧困を完全に撲滅することであり、人類の貧困削減史上の奇跡となる。中國の貧困脫卻の難関攻略は獨特で、これまでのすべての先進國とは全く異なる道をたどっている。中國の貧困脫卻の難関攻略はまた世界的な意義を持っている。中國は國連ミレニアム開発目標(MDGs)における貧困削減目標を実現した世界初の発展途上國であり、世界の貧困削減への貢獻率は70%を超えている。貧困脫卻の堅城攻略に打ち勝つ最終段階の年に、習近平同志を中核とする黨中央の指導の下で、中國が貧困から脫卻する物語をうまく伝え、疑いを払拭し、アイデンティティを確立し、前向き、健康的で、かつ世界中の人々に理解され、受け入れられ、彼らの手本になるような貧困救済の話語システムを建設することに全力取り組まなければならない。

中國の貧困救済言語システムを構築するには、まず、中國の貧困救助事業の理論的、実踐的、制度的成果を整理し、中國の貧困削減事業から貧困救助の言葉の精神的內核を抽出し、中國の貧困管理の経験と內生的な原動力を明らかにしなければならない。第二に、対外伝播のプラットフォームと方法をうまく利用し、國際社會が理解しやすい、認めやすい、伝播しやすい言葉で中國の貧困救済における物語を表現し、國際社會が前向きに理解するよう導かなければならない。第三に、國內の視點を上手に活用し、偽りがなく、生き生きとした、そして郷土の雰囲気を漂わせた貧困救済の物語を語り、貧困救済の言語を「海外へ伝える」自信を深め、より多くの貧困救済の物語の語り手を育成しなければならない。第四に、海外的な視點を積極的に開拓し、國際的に流行している話語システムに対する研究を強化し、そのトレンドをキャッチして追隨し、中國の貧困救済の物語への認識と伝播の障壁を打ち破り、國際伝播における一方的な認知を修正しなければならない。

現在の復雑な國際情勢で、世界各國は同時に感染癥防止?抑制と自國の発展という二重の試練に直面している。小康社會を全面的に完成し、貧困脫卻の難関攻略戦に的確に打ち勝ち、「第13次5カ年」計畫を実現する要となる年に、習近平の新時代における中國の特色ある社會主義思想の指導を堅持し、國際世論の舞臺で中國の貧困救済の物語をしっかりと伝え、中國の聲を伝播し、言論の力を利用して國際発展の主導権を勝ち取ることは極めて重要である。中國の貧困救済の物語をしっかり伝えることは、中國の知恵を広め、中國の解決策を示すことに役立つだけでなく、中國の特色ある社會主義の道と制度の合理性に対する有力な証明でもある。小康社會の全面的完成には、話しながら事業を推進させ、事業を推進させながら話さなければならず、貧困削減事業の推進と貧困救済の言語システムの構築を同時進行させ、共に力を発揮するよう推進し、話すことと行うこと、言語と行動を中國の貧困救済の物語の中ですべて統一し、世界に向け自信に満ちた聲で朗々と中國の聲を発信しなければならない。

小結

通過學習《習近平談治國理政》第三卷第五篇專題,我們不難發現,習近平對脫貧目標、如何脫貧、脫貧標準、脫貧要求、講好扶貧故事等都做了高度凝練和精準概括,僅這一個專題就如此內涵豐富、思想深邃。

《習近平談治國理政》第三卷邏輯嚴密、結構科學、系統完整,兼具原創性、時代性、指導性,是全面系統反映習近平新時代中國特色社會主義思想最新發展成果的權威著作。我們要認真學習這部著作,注重引申學、系統學、全面學,在學習中深化思考,在認識中拓展知識,在行動中用科學理論指導實踐,深刻領會《習近平談治國理政》第三卷體現的習近平作為大黨大國領袖特有的強大真理力量和人格力量,彰顯的習近平高尚的為民情懷和寬廣的世界胸懷。

まとめ

『習近平 國政管理を語る』第3巻第5部分の特集を學ぶことによって、習近平主席は貧困脫卻の目標、貧困脫卻の方法、貧困脫卻の基準、貧困脫卻の要求、貧困救済の物語の伝え方などを非常に簡潔かつ的確に要約したことが分かる。この1つの特集だけでも、內容が豊富で、思想が奧深い。

『習近平 國政運営を語る』第3巻は論理が厳密で、構造が科學的で、システムが整っていて、獨創性、時代性、指導性を兼ね備えており、習近平の新時代の中國特色ある社會主義思想の最新の発展成果を全面的、體系的に反映した権威ある著作である。我々はこの著作をしっかり研究し、派生的、體系的、包括的に學ぶ事を重視し、研究しながら思考を深め、理解しながら知識を広げ、科學理論を使用して実踐を指導し、『習近平 國政運営を語る』第3巻により體現された習近平氏の大黨?大國のリーダーならではの獨特で強大な真実の力と人格の力、顕著に示された習近平氏の國民のための思いと世界に対する心の広さを掘り下げて理解しなければならない。

免费黄色A级片