多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

返回首頁

Home

中日對照:中華人民共和國國民經濟和社會發展第十四個五年規劃和2035年遠景目標綱要

2021-08-02多語種黨政文獻簡寫本及專家解讀文庫

中華人民共和國國民經濟和社會發展第十四個五年規劃和2035年遠景目標綱要

「中華人民共和國國民経済?社會発展第14次5ヵ年計畫と2035年までの長期目標」要綱

目 錄

第一篇 開啟全面建設社會主義現代化國家新征程

第一章 發展環境

第二章 指導方針

第三章 主要目標

第二篇 堅持創新驅動發展 全面塑造發展新優勢

第四章 強化國家戰略科技力量

第五章 提升企業技術創新能力

第六章 激發人才創新活力

第七章 完善科技創新體制機制

第三篇 加快發展現代產業體系 鞏固壯大實體經濟根基

第八章 深入實施制造強國戰略

第九章 發展壯大戰略性新興產業

第十章 促進服務業繁榮發展

第十一章 建設現代化基礎設施體系

第四篇 形成強大國內市場 構建新發展格局

第十二章 暢通國內大循環

第十三章 促進國內國際雙循環

第十四章 加快培育完整內需體系

第五篇 加快數字化發展 建設數字中國

第十五章 打造數字經濟新優勢

第十六章 加快數字社會建設步伐

第十七章 提高數字政府建設水平

第十八章 營造良好數字生態

第六篇 全面深化改革 構建高水平社會主義市場經濟體制

第十九章 激發各類市場主體活力

第二十章 建設高標準市場體系

第二十一章 建立現代財稅金融體制

第二十二章 提升政府經濟治理能力

第七篇 堅持農業農村優先發展 全面推進鄉村振興

第二十三章 提高農業質量效益和競爭力

第二十四章 實施鄉村建設行動

第二十五章 健全城鄉融合發展體制機制

第二十六章 實現鞏固拓展脫貧攻堅成果同鄉村振興有效銜接

第八篇 完善新型城鎮化戰略 提升城鎮化發展質量

第二十七章 加快農業轉移人口市民化

第二十八章 完善城鎮化空間布局

第二十九章 全面提升城市品質

第九篇 優化區域經濟布局 促進區域協調發展

第三十章 優化國土空間開發保護格局

第三十一章 深入實施區域重大戰略

第三十二章 深入實施區域協調發展戰略

第三十三章 積極拓展海洋經濟發展空間

第十篇 發展社會主義先進文化 提升國家文化軟實力

第三十四章 提高社會文明程度

第三十五章 提升公共文化服務水平

第三十六章 健全現代文化產業體系

第十一篇 推動綠色發展 促進人與自然和諧共生

第三十七章 提升生態系統質量和穩定性

第三十八章 持續改善環境質量

第三十九章 加快發展方式綠色轉型

第十二篇 實行高水平對外開放 開拓合作共贏新局面

第四十章 建設更高水平開放型經濟新體制

第四十一章 推動共建"一帶一路"高質量發展

第四十二章 積極參與全球治理體系改革和建設

第十三篇 提升國民素質 促進人的全面發展

第四十三章 建設高質量教育體系

第四十四章 全面推進健康中國建設

第四十五章 實施積極應對人口老齡化國家戰略

第十四篇 增進民生福祉 提升共建共治共享水平

第四十六章 健全國家公共服務制度體系

第四十七章 實施就業優先戰略

第四十八章 優化收入分配結構

第四十九章 健全多層次社會保障體系

第五十章 保障婦女未成年人和殘疾人基本權益

第五十一章 構建基層社會治理新格局

第十五篇 統籌發展和安全 建設更高水平的平安中國

第五十二章 加強國家安全體系和能力建設

第五十三章 強化國家經濟安全保障

第五十四章 全面提高公共安全保障能力

第五十五章 維護社會穩定和安全

第十六篇 加快國防和軍隊現代化 實現富國和強軍相統一

第五十六章 提高國防和軍隊現代化質量效益

第五十七章 促進國防實力和經濟實力同步提升

第十七篇 加強社會主義民主法治建設 健全黨和國家監督制度

第五十八章 發展社會主義民主

第五十九章 全面推進依法治國

第六十章 完善黨和國家監督體系

第十八篇 堅持"一國兩制" 推進祖國統一

第六十一章 保持香港、澳門長期繁榮穩定

第六十二章 推進兩岸關系和平發展和祖國統一

第十九篇 加強規劃實施保障

第六十三章 加強黨中央集中統一領導

第六十四章 健全統一規劃體系

第六十五章 完善規劃實施機制   

「中華人民共和國國民経済?社會発展第14次5ヵ年計畫と2035年までの長期目標」要綱

目次

第一篇 社會主義現代化國家の全面的建設の新たな征途につ   く

第一章 発展環境

第二章 指導方針

第三章 主要目標

第二篇 革新駆動型発展を堅持し、発展の新たな優位性を全

面的に築く

第四章 國の戦略的科學技術力を強化する

第五章 企業の技術革新能力を高める

第六章 人材のイノベーションの活力を引き出す

第七章 科學技術イノベーションの體制?仕組みを充実させる

第三篇 現代的産業體系の発展を加速させ、実體経済の土臺

を強化?増大する

第八章 製造強國戦略を踏み込んで実施する

第九章 戦略的新興産業を発展?成長させる

第十章 サービス業の繁栄?発展を促進する

第十一章 現代化インフラ體系を築く

第四篇 強大な國內市場を形成し、新たな発展の形を構築する

第十二章 國內大循環を円滑化する

第十三章 國內?國際雙循環を促進する

第十四章 欠落部分のない內需體系の育成を加速させる

第五篇 デジタル化の発展を加速させ、「デジタル中國」を建設する

第十五章 デジタル経済の新たな優位性を築く

第十六章 デジタル社會建設のペースを上げる

第十七章 デジタル政府建設のレベルを高める

第十八章 良好なデジタル環境を整える

第六篇 改革を全面的に深化させ、ハイレベルな社會主義市場経済體制を構築する

第十九章 各種の市場主體の活力を引き出す

第二十章 ハイスタンダードな市場體系を整備する

第二十一章 現代的財政?租稅?金融體制を確立する

第二十二章 政府の経済ガバナンス能力を高める

第七篇 農業?農村の優先発展を堅持し、農村振興を全面的に推し進める

第二十三章 農業の質?効率および競爭力を向上させる

第二十四章 農村建設行動を実施する

第二十五章 都市?農村融合発展の體制?仕組みを整える

第二十六章 貧困脫卻堅塁攻略の成果の定著?拡大と農村振興との効果的連攜を実現する

第八篇 新型都市化戦略を充実させ、都市化の発展の質を高める

第二十七章 農業からの移転人口の市民化を加速させる

第二十八章 都市化の空間配置を改善する

第二十九章 都市の質を全面的に高める

第九篇 地域間の経済の配置を最適化し、地域間調和発展を促進する

第三十章 國土空間の開発?保護のあり方を最適化する

第三十一章 地域間重大戦略を踏み込んで実施する

第三十二章 地域間調和発展戦略を踏み込んで実施する

第三十三章 海洋経済の発展の余地を積極的に広げる

第十篇 社會主義先進文化を発展させ、國の文化的ソフトパワーを高める

第三十四章 社會の文明度を向上させる

第三十五章 公共文化サービスのレベルを高める

第三十六章 現代的文化産業體系を整備する

第十一篇 グリーン発展を推進し、人と自然の調和的共生を促進する

第三十七章 生態系の質と安定性を向上させる

第三十八章 環境の質を持続的に改善する

第三十九章 発展パターンのグリーン化を急ぐ

第十二篇 ハイレベルの対外開放を実行し、協力?ウィンウィンの新局面を切り開く

第四十章 よりハイレベルの開放型経済の新體制を築く

第四十一章 「一帯一路」共同建設の質の高い発展を促す

第四十二章 グローバル?ガバナンス體系の改革と整備に積極的に參與する

第十三篇 國民の資質を向上させ、個々人の全面的な発展を促進する

第四十三章 質の高い教育體系を築く

第四十四章 「健康中國」建設を全面的に推し進める

第四十五章 人口の高齢化への積極的対応という國家戦略を実施する

第十四篇 民生福祉を増進し、共同建設?共同統治(ガバナンス)?共同享受のレベルを高める

第四十六章 國の公共サービスの制度體系を整える

第四十七章 雇用優先戦略を実施する

第四十八章 所得分配構造を改善する

第四十九章 多層的社會保障體系を整備する

第五十章 女性?未成年者および障害者の基本的権利?利益を保障する

第五十一章 末端社會統治(ソーシャルガバナンス)の新たな形を築く

第十五篇 発展と安全を統一的に考慮し、より高水準の「平安中國」を建設する

第五十二章 國家安全保障體系?能力の構築を強化する

第五十三章 國の経済安全保障を強化する

第五十四章 公共安全の保障能力を全面的に向上させる

第五十五章 社會の安定と安全を維持する

第十六篇 國防?軍隊の現代化を加速させ、富國と強軍の統一を実現する

第五十六章 國防?軍隊の現代化の質と効率を高める

第五十七章 國防力と経済力の同ペースの向上を促す

第十七篇 社會主義の民主?法治建設を強化し、黨と國家の監督制度を整える

第五十八章 社會主義の民主を発展させる

第五十九章 法に基づく國家統治を全面的に推進する

第六十章 黨と國家の監督體系を十全化する

第十八篇 「一國二制度」を堅持し、祖國統一を推し進める

第六十一章 香港?澳門(マカオ)の長期的な繁栄と安定を保つ

第六十二章 両岸関係の平和的発展と祖國統一を推し進める

第十九篇 計畫実施の保障を強化する

第六十三章 黨中央の集中的?統一的指導を強化する

第六十四章 統一的な計畫體系を整える

第六十五章 計畫実施の仕組みを整備する

中華人民共和國國民經濟和社會發展第十四個五年規劃和2035年遠景目標綱要

「中華人民共和國國民経済?社會発展第14次5ヵ年計畫と2035年までの長期目標」要綱

中華人民共和國國民經濟和社會發展第十四個五年(2021-2025年)規劃和2035年遠景目標綱要,根據《中共中央關于制定國民經濟和社會發展第十四個五年規劃和二〇三五年遠景目標的建議》編制,主要闡明國家戰略意圖,明確政府工作重點,引導規范市場主體行為,是我國開啟全面建設社會主義現代化國家新征程的宏偉藍圖,是全國各族人民共同的行動綱領。

「中華人民共和國國民経済?社會発展第14次5ヵ年(2021~2025年)計畫と2035年までの長期目標」要綱は、「國民経済?社會発展第14次5ヵ年計畫と2035年までの長期目標の策定に関する中共中央の建議」に基づいて編成されており、主として、國家戦略の狙いを説明し、政府活動の重點を明確化し、市場主體の行為を誘導?規範化している。これは、わが國が社會主義現代化國家の全面的建設の新たな征途につくための壯大な青寫真であり、全國各民族人民共通の行動綱領である。

第一篇 開啟全面建設社會主義現代化國家新征程

“十四五”時期是我國全面建成小康社會、實現第一個百年奮斗目標之后,乘勢而上開啟全面建設社會主義現代化國家新征程、向第二個百年奮斗目標進軍的第一個五年。

第一篇社會主義現代化國家の全面的建設の新たな征途につく

第14次5ヵ年計畫期は、わが國が、小康社會を全面的に完成させて一つ目の百周年の奮闘目標を達成した後に、勢いに乗って社會主義現代化國家の全面的建設の新たな征途につき二つ目の百周年の奮闘目標を目指して突き進む最初の五年である。

第一章 發展環境

我國進入新發展階段,發展基礎更加堅實,發展條件深刻變化,進一步發展面臨新的機遇和挑戰。

第一章発展環境

わが國は、新たな発展段階に入り、発展の基盤がいっそう強固になり、発展條件が大きく変化しており、さらなる発展をはかる上で新たなチャンスと課題に直面している。

第一節 決勝全面建成小康社會取得決定性成就

“十三五”時期是全面建成小康社會決勝階段。面對錯綜復雜的國際形勢、艱巨繁重的國內改革發展穩定任務特別是新冠肺炎疫情嚴重沖擊,以習近平同志為核心的黨中央不忘初心、牢記使命,團結帶領全黨全國各族人民砥礪前行、開拓創新,奮發有為推進黨和國家各項事業。全面深化改革取得重大突破,全面依法治國取得重大進展,全面從嚴治黨取得重大成果,國家治理體系和治理能力現代化加快推進,中國共產黨領導和我國社會主義制度優勢進一步彰顯。

經濟運行總體平穩,經濟結構持續優化,國內生產總值突破100萬億元。創新型國家建設成果豐碩,在載人航天、探月工程、深海工程、超級計算、量子信息、“復興號”高速列車、大飛機制造等領域取得一批重大科技成果。決戰脫貧攻堅取得全面勝利,5575萬農村貧困人口實現脫貧,困擾中華民族幾千年的絕對貧困問題得到歷史性解決,創造了人類減貧史上的奇跡。農業現代化穩步推進,糧食年產量連續穩定在1.3萬億斤以上。1億農業轉移人口和其他常住人口在城鎮落戶目標順利實現,區域重大戰略扎實推進。污染防治力度加大,主要污染物排放總量減少目標超額完成,資源利用效率顯著提升,生態環境明顯改善。金融風險處置取得重要階段性成果。對外開放持續擴大,共建“一帶一路”成果豐碩。人民生活水平顯著提高,教育公平和質量較大提升,高等教育進入普及化階段,城鎮新增就業超過6000萬人,建成世界上規模最大的社會保障體系,基本醫療保險覆蓋超過13億人,基本養老保險覆蓋近10億人,城鎮棚戶區住房改造開工超過2300萬套。新冠肺炎疫情防控取得重大戰略成果,應對突發事件能力和水平大幅提高。公共文化服務水平不斷提高,文化事業和文化產業繁榮發展。國防和軍隊建設水平大幅提升,軍隊組織形態實現重大變革。國家安全全面加強,社會保持和諧穩定。

“十三五”規劃目標任務勝利完成,我國經濟實力、科技實力、綜合國力和人民生活水平躍上新的大臺階,全面建成小康社會取得偉大歷史性成就,中華民族偉大復興向前邁出了新的一大步,社會主義中國以更加雄偉的身姿屹立于世界東方。

第一節小康社會の全面的完成の決勝段階で決定的な成果を収めた

第13次5ヵ年計畫期は、小康社會の全面的完成の決勝段階であった。錯綜する複雑な國際情勢、困難で重い國內の改革?発展?安定の任務、とくに新型コロナウイルス感染癥の深刻な影響を前にして、習近平同志を核心とする黨中央は、初心を忘れず、使命を胸に刻み、全黨?全國各民族人民を団結させ率いて練磨前進、開拓?革新し、黨と國家の各般の事業を意欲的に推し進めた。改革の全面的深化に大きな突破があり、全面的な法に基づく國家統治に大きな進展があり、全面的な厳しい黨內統治に大きな成果があり、國家統治體系?統治能力の現代化がどんどん進み、中國共産黨の指導とわが國の社會主義制度の優位性が一段と顕著になった。

経済の動きが全般的に安定し、経済構造が持続的に改善され、國內総生産(GDP)が100兆元を突破した。革新型國家の建設が多大な成果をあげ、有人宇宙飛行、月面探査プロジェクト、深海プロジェクト、スーパーコンピュータ、量子情報、高速列車「復興號」、大型航空機製造などの分野で大きな科學技術の成果がたくさんあった。貧困脫卻堅塁攻略の決戦において全面的勝利が収められ、5575萬の農村貧困人口が貧困から脫卻し、中華民族を數千年にわたって悩ませてきた絶対的貧困の問題が歴史的解決に至り、人類の貧困削減事業の歴史における奇跡が成し遂げられた。農業現代化が著実に進み、食糧の年間生産量が毎年6億5000萬トン以上をキープした。農業からの移転人口とその他の常住人口1億人を都市部へ移住?転籍させる目標が順調に達成され、地域間重大戦略がしっかりと進められた。汚染対策が強化され、主要汚染物質の総排出量の削減目標が超過達成され、資源の利用効率が著しく高まり、生態環境が目に見えて改善された。金融リスクへの対処において重要な段階的成果があった。対外開放が持続的に拡大し、「一帯一路」共同建設に多大な成果があった。人民の生活水準が著しく向上し、教育の公平性と質がだいぶ向上し、高等教育就學率が50%以上となり、都市部の新規就業者數が6000萬人を超え、世界最大規模の社會保障體系が整い、基本醫療保険が13億人以上に行き渡り、基本養老保険が10億人近くに行き渡り、都市部バラック區の住宅2300萬戸以上の改築が始まった。新型コロナウイルス感染癥対策が大きな戦略的成果を収め、突発的事態への対応能力?水準が大幅に向上した。公共文化サービスのレベルがどんどん高まり、文化事業と文化産業が繁栄?発展した。國防?軍隊建設の水準が大幅に向上し、軍隊の組織形態の大きな変革が実現した。國家の安全が全面的に強化され、社會の調和と安定が保たれた。

第13次5ヵ年計畫の目標?任務が成功裏に達成され、わが國は、経済力、科學技術力、総合國力および人民の生活水準が新たなステージへと大きく向上し、小康社會の全面的完成において偉大な歴史的成果を収め、中華民族の偉大な復興に向けて新たに大きく前進した。社會主義の中國は、いっそう勇壯な姿で世界の東方にそびえ立っている。

第二節 我國發展環境面臨深刻復雜變化

當前和今后一個時期,我國發展仍然處于重要戰略機遇期,但機遇和挑戰都有新的發展變化。當今世界正經歷百年未有之大變局,新一輪科技革命和產業變革深入發展,國際力量對比深刻調整,和平與發展仍然是時代主題,人類命運共同體理念深入人心。同時,國際環境日趨復雜,不穩定性不確定性明顯增加,新冠肺炎疫情影響廣泛深遠,世界經濟陷入低迷期,經濟全球化遭遇逆流,全球能源供需版圖深刻變革,國際經濟政治格局復雜多變,世界進入動蕩變革期,單邊主義、保護主義、霸權主義對世界和平與發展構成威脅。

我國已轉向高質量發展階段,制度優勢顯著,治理效能提升,經濟長期向好,物質基礎雄厚,人力資源豐富,市場空間廣闊,發展韌性強勁,社會大局穩定,繼續發展具有多方面優勢和條件。同時,我國發展不平衡不充分問題仍然突出,重點領域關鍵環節改革任務仍然艱巨,創新能力不適應高質量發展要求,農業基礎還不穩固,城鄉區域發展和收入分配差距較大,生態環保任重道遠,民生保障存在短板,社會治理還有弱項。

必須統籌中華民族偉大復興戰略全局和世界百年未有之大變局,深刻認識我國社會主要矛盾變化帶來的新特征新要求,深刻認識錯綜復雜的國際環境帶來的新矛盾新挑戰,增強機遇意識和風險意識,立足社會主義初級階段基本國情,保持戰略定力,辦好自己的事,認識和把握發展規律,發揚斗爭精神,增強斗爭本領,樹立底線思維,準確識變、科學應變、主動求變,善于在危機中育先機、于變局中開新局,抓住機遇,應對挑戰,趨利避害,奮勇前進。

第二節 わが國の発展環境は大きく複雑な変化に直面している

當面および今後一定期間、わが國の発展はなおも重要な戦略的チャンスの時期にあるが、チャンスと課題のどちらにも新たな発展?変化が見られる。今日の世界は、百年に一度の大きな変動を経験しており、新たな科學技術革命と産業変革が一段と進み、國際的な力関係が大きく調整され、平和と発展が依然として時代のテーマであり、人類運命共同體の理念が人々の心に深く浸透している。一方で、國際環境は日増しに複雑になっている。不安定性?不確実性が明らかに増し、新型コロナウイルス感染癥の影響が広範で根深く、世界経済が低迷期に陥り、経済のグローバル化に逆行する流れがあり、世界のエネルギー需給構造が大きく変わり、國際経済?政治の構図が複雑に目まぐるしく変化している。世界は動揺?変革期に入り、一國主義、保護主義、覇権主義が世界の平和と発展の脅威となっている。

わが國は、すでに質の高い発展を目指す段階へとシフトしており、制度的優位性が顕著で、ガバナンスの効果が高まり、経済が長期的に好調で、物的基盤が厚く、人的資源が豊かで、市場空間が広く、発展の強靭性が高く、社會の大局が安定しており、引き続き発展する上で多くの面において優位性や條件に恵まれている。わが國は一方で、発展の不均衡?不十分という問題が依然として際立ち、重點分野とカギとなる部分の改革の任務が依然として困難で、イノベーション能力が質の高い発展の要請に見合っておらず、農業基盤がまだ不安定で、都市?農村間、地域間の発展および所得分配の格差がかなり大きく、生態環境保護が任重くして道遠しで、民生保障に不十分な點があり、社會統治にまだウィークポイントが存在する。

中華民族の偉大な復興への戦略的全局と世界の百年に一度の大きな変動とを総合的に勘案し、わが國の社會の主要な矛盾の変化がもたらす新たな特徴と新たな要請を深く認識し、錯綜する複雑な國際環境がもたらす新たな矛盾と新たな課題を深く認識し、チャンスに対する意識とリスクに対する意識を高め、社會主義の初級段階という基本的國情に立腳し、戦略的不動心を保ち、自國のことにしっかりと取り組み、発展の法則を認識?把握し、闘爭の精神を発揚し、闘爭の能力を高め、最悪の事態を想定した思考を確立し、正確に変化を認識し、科學的に変化に適応し、能動的に変化を求め、うまく危機の中で好機を生み出し、変動の中で新局面を切り開き、チャンスをつかみ、課題に対応し、利を求め害を避け、勇往邁進しなければならない。

第二章指導方針

“十四五”時期經濟社會發展,必須牢牢把握以下指導思想、原則和戰略導向。

第二章 指導方針

第14次5ヵ年計畫期の経済?社會発展に當たっては、以下の指導思想、原則および戦略的方向性をしっかりと把握しなければならない。

第一節指導思想

高舉中國特色社會主義偉大旗幟,深入貫徹黨的十九大和十九屆二中、三中、四中、五中全會精神,堅持以馬克思列寧主義、毛澤東思想、鄧小平理論、“三個代表”重要思想、科學發展觀、習近平新時代中國特色社會主義思想為指導,全面貫徹黨的基本理論、基本路線、基本方略,統籌推進經濟建設、政治建設、文化建設、社會建設、生態文明建設的總體布局,協調推進全面建設社會主義現代化國家、全面深化改革、全面依法治國、全面從嚴治黨的戰略布局,堅定不移貫徹創新、協調、綠色、開放、共享的新發展理念,堅持穩中求進工作總基調,以推動高質量發展為主題,以深化供給側結構性改革為主線,以改革創新為根本動力,以滿足人民日益增長的美好生活需要為根本目的,統籌發展和安全,加快建設現代化經濟體系,加快構建以國內大循環為主體、國內國際雙循環相互促進的新發展格局,推進國家治理體系和治理能力現代化,實現經濟行穩致遠、社會安定和諧,為全面建設社會主義現代化國家開好局、起好步。

第一節指導思想

中國の特色ある社會主義の偉大な旗印を高く掲げ、中國共産黨第19回全國代表大會と中國共産黨第19期中央委員會第2回?第3回?第4回?第5回全體會議の精神を深く貫徹し、マルクス?レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、「三つの代表」重要思想、科學的発展観、習近平「新時代の中國の特色ある社會主義」思想を導きとして堅持し、黨の基本理論?基本路線?基本方針を全面的に貫徹し、経済建設?政治建設?文化建設?社會建設?生態文明建設の総體的配置を統一的に推進し、社會主義現代化國家の全面的建設、改革の全面的深化、全面的な法に基づく國家統治、全面的な厳しい黨內統治の戦略的配置をバランスよく推進し、革新?調和?グリーン?開放?共有という新たな発展理念を揺るぐことなく貫徹し、「安定を保ちつつ前進を求める」という活動全體の基調を堅持し、質の高い発展の推進を主題とし、供給側構造改革の深化を主軸とし、改革?革新を根本的原動力とし、人民の日増しに増大する素晴らしい生活への需要を満たすことを根本目的とし、発展と安全を統一的に考慮し、現代化経済體系の整備を加速させ、國內大循環を主體とし、國內?國際雙循環が相互に促進し合う新たな発展の形の構築を加速させ、國家統治體系?統治能力の現代化を推進し、経済の長期的安定成長と社會の安定?調和を実現し、社會主義現代化國家の全面的建設に向けてよいスタートを切る。

第二節必須遵循的原則

——堅持黨的全面領導。堅持和完善黨領導經濟社會發展的體制機制,堅持和完善中國特色社會主義制度,不斷提高貫徹新發展理念、構建新發展格局能力和水平,為實現高質量發展提供根本保證。

——堅持以人民為中心。堅持人民主體地位,堅持共同富裕方向,始終做到發展為了人民、發展依靠人民、發展成果由人民共享,維護人民根本利益,激發全體人民積極性、主動性、創造性,促進社會公平,增進民生福祉,不斷實現人民對美好生活的向往。

——堅持新發展理念。把新發展理念完整、準確、全面貫穿發展全過程和各領域,構建新發展格局,切實轉變發展方式,推動質量變革、效率變革、動力變革,實現更高質量、更有效率、更加公平、更可持續、更為安全的發展。

——堅持深化改革開放。堅定不移推進改革,堅定不移擴大開放,加強國家治理體系和治理能力現代化建設,破除制約高質量發展、高品質生活的體制機制障礙,強化有利于提高資源配置效率、有利于調動全社會積極性的重大改革開放舉措,持續增強發展動力和活力。

——堅持系統觀念。加強前瞻性思考、全局性謀劃、戰略性布局、整體性推進,統籌國內國際兩個大局,辦好發展安全兩件大事,堅持全國一盤棋,更好發揮中央、地方和各方面積極性,著力固根基、揚優勢、補短板、強弱項,注重防范化解重大風險挑戰,實現發展質量、結構、規模、速度、效益、安全相統一。

第二節必ず守るべき原則

――黨の全面的指導の堅持。黨による経済?社會発展の指導の體制?仕組みを堅持し充実させ、中國の特色ある社會主義制度を堅持し充実させ、新たな発展理念の貫徹、新たな発展の形の構築の能力とレベルを絶えず高め、質の高い発展の実現を根本から保証する。

――人民を中心とすることの堅持。人民の主體的地位を堅持し、共同富裕の方向を堅持し、人民のための発展、人民に依拠した発展、人民の間での発展の成果の共有を終始徹底し、人民の根本的利益を擁護し、全人民の積極性?主體性?創造性を引き出し、社會の公平を促進し、民生福祉を増進し、人民の素晴らしい生活への憧れをどんどん実現する。

――新たな発展理念の堅持。新たな発展理念をすべて正確かつ全面的に発展の全過程?各分野で貫き、新たな発展の形を構築し、発展パターンを確実に転換し、質?効率?原動力の変革を促し、より質が高く、より効率性があり、より公平で、より持続可能で、より安全な発展を実現する。

――改革開放の深化の堅持。揺るぐことなく改革を推進し、揺るぐことなく開放を拡大し、國家統治體系?統治能力の現代化建設にいっそう力を入れ、質の高い発展や質の高い生活の妨げとなっている體制?仕組み上の障害を取り除き、資源配分の効率の向上や社會全體の積極性の喚起に資する重要な改革開放の措置を強化し、発展の原動力と活力を持続的に増強する。

――系統的なものの見方の堅持。先見的思考、全局的構想、戦略的配置、全體的推進を強化し、國內と國際という二つの大局を統一的に考慮し、発展と安全という二つの大事にしっかりと取り組み、國全體を見渡した手配を堅持し、中央?地方?各方面の積極性をよりよく発揮させ、土臺の強化、優位性の向上、不足部分の補充、ウィークポイントの補強に努め、重大リスク?課題の防止?解消を重視し、発展の質?構造?規模?速度?効率?安全の統一あるつながりを実現する。

第三節 戰略導向

“十四五”時期推動高質量發展,必須立足新發展階段、貫徹新發展理念、構建新發展格局。把握新發展階段是貫徹新發展理念、構建新發展格局的現實依據,貫徹新發展理念為把握新發展階段、構建新發展格局提供了行動指南,構建新發展格局則是應對新發展階段機遇和挑戰、貫徹新發展理念的戰略選擇。必須堅持深化供給側結構性改革,以創新驅動、高質量供給引領和創造新需求,提升供給體系的韌性和對國內需求的適配性。必須建立擴大內需的有效制度,加快培育完整內需體系,加強需求側管理,建設強大國內市場。必須堅定不移推進改革,破除制約經濟循環的制度障礙,推動生產要素循環流轉和生產、分配、流通、消費各環節有機銜接。必須堅定不移擴大開放,持續深化要素流動型開放,穩步拓展制度型開放,依托國內經濟循環體系形成對全球要素資源的強大引力場。必須強化國內大循環的主導作用,以國際循環提升國內大循環效率和水平,實現國內國際雙循環互促共進。

第三節戦略的方向性

第14次5ヵ年計畫期の質の高い発展に當たっては、新たな発展段階に立腳し、新たな発展理念を貫徹し、新たな発展の形を構築しなければならない。新たな発展段階を把握することは、新たな発展理念を貫徹し、新たな発展の形を構築する上での現実的な拠り所である。新たな発展理念を貫徹することは、新たな発展段階を把握し、新たな発展の形を構築する上での行動指針となっている。新たな発展の形を構築することは、新たな発展段階のチャンスと課題に対応し、新たな発展理念を貫徹する上での戦略的選択である。供給側構造改革の深化を堅持し、革新駆動と質の高い供給によって新たな需要を先導?創出し、供給體系の強靭性と國內需要に対する適合性を高めなければならない。內需拡大のための効果的な制度を確立し、欠落部分のない內需體系の育成を加速させ、需要側管理を強化し、強大な國內市場をつくらなければならない。揺るぐことなく改革を推進し、経済循環の妨げとなっている制度上の障害を取り除き、生産要素の循環?流れが生産?分配?流通?消費の各段階と有機的に結びつくようにしなければならない。揺るぐことなく開放を拡大し、要素流動型開放を持続的に深化させ、制度型開放を著実に広げ、國內の経済循環システムを拠り所として世界の要素?資源を力強く引き寄せなければならない。國內大循環の主導的役割を強化し、國際循環によって國內大循環の効率と水準を高め、國內?國際雙循環が相互に促進し合ってともに進むようにしなければならない。

第三章 主要目標

按照全面建設社會主義現代化國家的戰略安排,2035年遠景目標和“十四五”時期經濟社會發展主要目標如下。

第三章主要目標

社會主義現代化國家を全面的に建設するための戦略的段取りに基づき、2035年までの長期目標と第14次5ヵ年計畫期の経済?社會発展の主要目標は以下の通りとする。

第一節 2035年遠景目標

展望2035年,我國將基本實現社會主義現代化。經濟實力、科技實力、綜合國力將大幅躍升,經濟總量和城鄉居民人均收入將再邁上新的大臺階,關鍵核心技術實現重大突破,進入創新型國家前列?;緦崿F新型工業化、信息化、城鎮化、農業現代化,建成現代化經濟體系?;緦崿F國家治理體系和治理能力現代化,人民平等參與、平等發展權利得到充分保障,基本建成法治國家、法治政府、法治社會。建成文化強國、教育強國、人才強國、體育強國、健康中國,國民素質和社會文明程度達到新高度,國家文化軟實力顯著增強。廣泛形成綠色生產生活方式,碳排放達峰后穩中有降,生態環境根本好轉,美麗中國建設目標基本實現。形成對外開放新格局,參與國際經濟合作和競爭新優勢明顯增強。人均國內生產總值達到中等發達國家水平,中等收入群體顯著擴大,基本公共服務實現均等化,城鄉區域發展差距和居民生活水平差距顯著縮小。平安中國建設達到更高水平,基本實現國防和軍隊現代化。人民生活更加美好,人的全面發展、全體人民共同富裕取得更為明顯的實質性進展。

第一節2035年までの長期目標

2035年までの展望として、わが國は社會主義現代化を基本的に実現する。経済力、科學技術力、総合國力が大幅に向上し、経済規模と都市?農村住民一人當たり所得が再び新たな大臺に乗り、基幹核心技術に大きなブレークスルーがあり、革新型國家の上位に入る。新しいタイプの工業化?情報化?都市化?農業現代化を基本的に実現し、現代化経済體系を築き上げる。國家統治體系?統治能力の現代化を基本的に実現し、人民の平等參加?平等発展の権利が十分に保障されるようにし、法治國家、法治政府、法治社會を基本的に築き上げる。文化強國、教育強國、人材強國、スポーツ強國、「健康中國」を築き上げ、國民の資質と社會の文明度を新たな段階まで向上させ、國の文化的ソフトパワーが顕著に高まるようにする。グリーンな生産様式?生活様式を幅広く形成し、二酸化炭素の排出量がピークアウト後に安定して減少するようにし、生態環境を根本的に改善し、「美しい中國」建設の目標を基本的に達成する。対外開放の新たな形をつくり、國際経済協力?競爭への參加における新たな優位性が目に見えて高まるようにする。一人當たりGDPが中進國レベルに達し、中間所得層が顕著に拡大し、基本公共サービスの均等化が実現し、都市?農村間、地域間の発展の格差、住民の生活水準の格差が顕著に縮小する?!钙桨仓袊菇ㄔOがより高水準に達し、國防?軍隊の現代化が基本的に実現する。人民の生活がよりよくなり、個々人の全面的な発展と全人民の共同富裕によりはっきりとした具體的進展がある。

第二節 “十四五”時期經濟社會發展主要目標

——經濟發展取得新成效。發展是解決我國一切問題的基礎和關鍵,發展必須堅持新發展理念,在質量效益明顯提升的基礎上實現經濟持續健康發展,增長潛力充分發揮,國內生產總值年均增長保持在合理區間、各年度視情提出,全員勞動生產率增長高于國內生產總值增長,國內市場更加強大,經濟結構更加優化,創新能力顯著提升,全社會研發經費投入年均增長7%以上、力爭投入強度高于“十三五”時期實際,產業基礎高級化、產業鏈現代化水平明顯提高,農業基礎更加穩固,城鄉區域發展協調性明顯增強,常住人口城鎮化率提高到65%,現代化經濟體系建設取得重大進展。

——改革開放邁出新步伐。社會主義市場經濟體制更加完善,高標準市場體系基本建成,市場主體更加充滿活力,產權制度改革和要素市場化配置改革取得重大進展,公平競爭制度更加健全,更高水平開放型經濟新體制基本形成。

——社會文明程度得到新提高。社會主義核心價值觀深入人心,人民思想道德素質、科學文化素質和身心健康素質明顯提高,公共文化服務體系和文化產業體系更加健全,人民精神文化生活日益豐富,中華文化影響力進一步提升,中華民族凝聚力進一步增強。

——生態文明建設實現新進步。國土空間開發保護格局得到優化,生產生活方式綠色轉型成效顯著,能源資源配置更加合理、利用效率大幅提高,單位國內生產總值能源消耗和二氧化碳排放分別降低13.5%、18%,主要污染物排放總量持續減少,森林覆蓋率提高到24.1%,生態環境持續改善,生態安全屏障更加牢固,城鄉人居環境明顯改善。

——民生福祉達到新水平。實現更加充分更高質量就業,城鎮調查失業率控制在5.5%以內,居民人均可支配收入增長與國內生產總值增長基本同步,分配結構明顯改善,基本公共服務均等化水平明顯提高,全民受教育程度不斷提升,勞動年齡人口平均受教育年限提高到11.3年,多層次社會保障體系更加健全,基本養老保險參保率提高到95%,衛生健康體系更加完善,人均預期壽命提高1歲,脫貧攻堅成果鞏固拓展,鄉村振興戰略全面推進,全體人民共同富裕邁出堅實步伐。

——國家治理效能得到新提升。社會主義民主法治更加健全,社會公平正義進一步彰顯,國家行政體系更加完善,政府作用更好發揮,行政效率和公信力顯著提升,社會治理特別是基層治理水平明顯提高,防范化解重大風險體制機制不斷健全,突發公共事件應急處置能力顯著增強,自然災害防御水平明顯提升,發展安全保障更加有力,國防和軍隊現代化邁出重大步伐。

第二節第14次5ヵ年計畫期の経済?社會発展の主要目標

――経済発展が新たな成果を収める。発展はわが國のあらゆる問題を解決する上での基盤?カギである。発展においては新たな発展理念を堅持しなければならない。質と効率の顕著な向上を基礎に経済の持続的で健全な発展が実現され、成長の潛在力が十分に発揮され、GDPの年平均成長率が合理的な範囲內に保たれて年度ごとに狀況に応じて成長率の目標が示され、労働生産性の伸び率がGDP成長率を上回り、國內市場がいっそう強大になり、経済構造がいっそう改善され、イノベーション能力が著しく向上し、社會全體の研究開発費の投入が年平均7%以上増えてその対GDP比が努力により第13次5ヵ年計畫期の実際を上回り、産業基盤の高度化レベル、産業チェーンの現代化レベルが目に見えて高まり、農業基盤がいっそううち固められ、都市?農村間、地域間の発展のバランスが明らかに向上し、常住人口ベースの都市化率が65%まで上がり、現代化経済體系の整備が大きく進展する。

――改革開放が新たな一歩を踏み出す。社會主義市場経済體制がいっそう充実し、ハイスタンダードな市場體系が基本的に整い、市場主體がいっそう活力に満ち、財産権制度改革と要素市場化配分改革が大きく進展し、公平な競爭のための制度がいっそう整備され、よりハイレベルの開放型経済の新體制が基本的に形成される。

――社會の文明度が新たに向上する。社會主義の核心的価値観(富強?民主?文明?調和、自由?平等?公正?法治、愛國?勤勉?誠実?友好)が人々の心に深く浸透し、人民の思想?道徳的資質、科學?文化的資質、心身の健康面の資質が目に見えて向上し、公共文化サービス體系と文化産業體系がいっそう整備され、人民の精神文化生活がどんどん豊かになり、中華文化の影響力が一段と高まり、中華民族の結束力が一段と強まる。

――生態文明建設が新たな進歩を実現する。國土空間の開発?保護のあり方が改善され、生産様式?生活様式のグリーン化が顕著な効果をあげ、エネルギー?資源の配分の合理性が増して利用効率が大幅に向上し、GDP一単位當たりのエネルギー消費量と二酸化炭素排出量がそれぞれ13.5%、18%減り、主要汚染物質の総排出量が持続的に減少し、森林率が24.1%まで上昇し、生態環境が持続的に改善され、生態系安全保障壁がいっそう強固になり、都市?農村の居住環境が目に見えて改善される。

――民生福祉が新たな水準に達する。より十分でより質の高い雇用が実現され、都市部調査失業率が5.5%以內に抑えられ、住民一人當たり可処分所得の伸び率とGDP成長率が基本的に一致し、分配構造が目に見えて改善され、基本公共サービスの均等化レベルが目に見えて上がり、全國民の教育水準が不斷に向上し、生産年齢人口の平均就學年數が11.3年に伸び、多層的社會保障體系がいっそう整備され、基本養老保険の加入率が95%まで上がり、衛生?ヘルスケア體系がいっそう整い、平均壽命が一年伸び、貧困脫卻堅塁攻略の成果が定著して拡大し、農村振興戦略が全面的に進み、全人民の共同富裕が著実に歩を進める。

――國家統治の効果が新たに高まる。社會主義の民主?法治がいっそう充実し、社會の公平?正義が一段と顕著になり、國の行政體系がいっそう整い、政府の役割がよりよく発揮され、行政の効率と信頼性が著しく向上し、社會統治、とくに末端統治の水準が明らかに高まり、重大リスクの防止?解消の體制?仕組みが不斷に整備され、公共突発事態への緊急対応能力が著しく高まり、自然災害の防止水準が目に見えて向上し、発展にかかわる安全がいっそう力強く保障され、國防?軍隊の現代化が大きく前進する。

注:①〔〕內為5年累計數。②帶*的為2019年數據。③能源綜合生產能力指煤炭、石油、天然氣、非化石能源生產能力之和。④2020年地級及以上城市空氣質量優良天數比率和地表水達到或好于Ⅲ類水體比例指標值受新冠肺炎疫情等因素影響,明顯高于正常年份。⑤2020年全員勞動生產率增長2.5%為預計數。

注:①〔 〕內は5年の累計數。②*のついた數値は2019年のデータ。③エネルギーの総合生産能力とは、石炭、石油、天然ガス、非化石エネルギー生産能力の合計。④2020年の地級都市および地級より上の都市の空気のきれいな日の割合と地表水のうちⅢ類水かそれよりきれいな水の割合の指標は、新型コロナウイルス感染癥などの要因の影響を受け、例年より顕著に高い。⑤2020年の労働生産性の伸び率2.5%は、見込みの數値。 

第二篇 堅持創新驅動發展 全面塑造發展新優勢

堅持創新在我國現代化建設全局中的核心地位,把科技自立自強作為國家發展的戰略支撐,面向世界科技前沿、面向經濟主戰場、面向國家重大需求、面向人民生命健康,深入實施科教興國戰略、人才強國戰略、創新驅動發展戰略,完善國家創新體系,加快建設科技強國。

第二篇 革新駆動型発展を堅持し、発展の新たな優位性を全面的に築く

わが國の現代化建設の全局におけるイノベーションの核心的位置づけを堅持し、科學技術の自立自強を國の発展の戦略的支えとし、世界の科學技術の先端、経済の主戦場、國の大きな需要、人民の生命と健康を見據え、科學教育興國戦略、人材強國戦略、革新駆動型発展戦略を踏み込んで実施し、國家革新體系を整備し、科學技術強國の建設を加速させる。

第四章 強化國家戰略科技力量

制定科技強國行動綱要,健全社會主義市場經濟條件下新型舉國體制,打好關鍵核心技術攻堅戰,提高創新鏈整體效能。

第四章 國の戦略的科學技術力を強化する

科學技術強國行動要綱を策定し、社會主義市場経済の條件下での新型挙國體制を整え、基幹核心技術堅塁攻略戦に取り組み、イノベーションチェーン全體の効率を高める。

第一節 整合優化科技資源配置

以國家戰略性需求為導向推進創新體系優化組合,加快構建以國家實驗室為引領的戰略科技力量。聚焦量子信息、光子與微納電子、網絡通信、人工智能、生物醫藥、現代能源系統等重大創新領域組建一批國家實驗室,重組國家重點實驗室,形成結構合理、運行高效的實驗室體系。優化提升國家工程研究中心、國家技術創新中心等創新基地。推進科研院所、高等院校和企業科研力量優化配置和資源共享。支持發展新型研究型大學、新型研發機構等新型創新主體,推動投入主體多元化、管理制度現代化、運行機制市場化、用人機制靈活化。

第一節科學技術資源の配分を統合?最適化する

國の戦略的ニーズを方向性として革新體系の合理的再編を推進し、國家実験室を先導役とした戦略的科學技術力の構築を急ぐ。量子情報、光子とマイクロ?ナノ電子、ネットワーク通信、人工知能(AI)、バイオ醫薬品、現代的エネルギーシステムといった重大革新分野を中心に一群の國家実験室を設け、國家重點実験室を再編し、構造が合理的で運営が効率的な実験室體系を築く。國家工學研究センターや國家技術革新センターといったイノベーション拠點を改良?高度化する??茖W研究機関?高等教育機関?企業の科學研究力の合理的配置と資源共有を推進する。新型研究大學や新型研究開発機構など新しいタイプのイノベーション主體を支援して発展させ、投資主體の多元化、管理制度の現代化、運営メカニズムの市場化、人材採用メカニズムの柔軟化を促す。

第二節 加強原創性引領性科技攻關

在事關國家安全和發展全局的基礎核心領域,制定實施戰略性科學計劃和科學工程。瞄準人工智能、量子信息、集成電路、生命健康、腦科學、生物育種、空天科技、深地深海等前沿領域,實施一批具有前瞻性、戰略性的國家重大科技項目。從國家急迫需要和長遠需求出發,集中優勢資源攻關新發突發傳染病和生物安全風險防控、醫藥和醫療設備、關鍵元器件零部件和基礎材料、油氣勘探開發等領域關鍵核心技術。

第二節獨創的?先駆的な科學技術のブレークスルーにいっそう力を入れる

國の安全保障と発展の全局にかかわる基礎的?核心的分野で、戦略的科學計畫?科學プロジェクトを策定して実施する。AI、量子情報、集積回路、生命?健康、脳科學、バイオ育種、航空宇宙科學技術、地底?深海などの先端分野にねらいを定めて、先見性?戦略性のある一連の國家重大科學技術プロジェクトを実施する。差し迫ったニーズと將來的なニーズに立腳して、初めてあるいは突発的に発生する感染癥やバイオセーフティのリスクの防止?抑制、製薬?醫療設備、コア部品?パーツおよび基礎素材、石油?天然ガス探査?開発といった分野の基幹核心技術のブレークスルーに、優れたリソースを集中して取り組む。


第三節 持之以恒加強基礎研究

強化應用研究帶動,鼓勵自由探索,制定實施基礎研究十年行動方案,重點布局一批基礎學科研究中心。加大基礎研究財政投入力度、優化支出結構,對企業投入基礎研究實行稅收優惠,鼓勵社會以捐贈和建立基金等方式多渠道投入,形成持續穩定投入機制,基礎研究經費投入占研發經費投入比重提高到8%以上。建立健全符合科學規律的評價體系和激勵機制,對基礎研究探索實行長周期評價,創造有利于基礎研究的良好科研生態。

第三節基礎研究の強化を根気よく継続する

応用研究の牽引を強化し、自由な探求を奨勵し、基礎研究十年行動プランを策定して実施し、一群の基礎學科研究センターを重點的に配置する?;A研究への財政投入を拡大し、支出構造を合理化する。企業の基礎研究への投入に稅制優遇を行い、寄付や基金の設立などさまざまな方法による民間投資を奨勵し、持続的で安定した投資の仕組みをつくり、基礎研究費の投入が研究開発費の投入に占める割合を8%以上まで上げる??茖W的法則に合致した評価體系とインセンティブメカニズムを確立して充実させ、基礎研究の長期的評価を模索して実行し、基礎研究に資する良好な科學研究環境を整える。

第四節 建設重大科技創新平臺

支持北京、上海、粵港澳大灣區形成國際科技創新中心,建設北京懷柔、上海張江、大灣區、安徽合肥綜合性國家科學中心,支持有條件的地方建設區域科技創新中心。強化國家自主創新示范區、高新技術產業開發區、經濟技術開發區等創新功能。適度超前布局國家重大科技基礎設施,提高共享水平和使用效率。集約化建設自然科技資源庫、國家野外科學觀測研究站(網)和科學大數據中心。加強高端科研儀器設備研發制造。構建國家科研論文和科技信息高端交流平臺。

第四節 重大科學技術イノベーションプラットフォームをつくる

北京、上海、粵港澳(広東?香港?澳門)大灣區が國際科學技術イノベーションセンターをつくるのをサポートし、北京市懐柔、上海市張江、大灣區、安徽省合肥の総合的國家科學センターを建設し、條件を満たす地方が地域の科學技術イノベーションセンターをつくるのをサポートする。國家自主イノベーションモデル區、ハイテク産業開発區、経済技術開発區などのイノベーション機能を強化する。國家重大科學技術インフラを程よく前倒しで整備し、共有レベルと使用効率を高める??茖W技術リソースライブラリ、國家野外科學観測研究ステーション(ウェブサイト)、科學ビッグデータセンターを集約的につくる。ハイエンド科學研究機器?設備の研究開発?製造を強化する。國家科學研究論文?科學技術情報ハイレベル交流プラットフォームを構築する。


第五章 提升企業技術創新能力

完善技術創新市場導向機制,強化企業創新主體地位,促進各類創新要素向企業集聚,形成以企業為主體、市場為導向、產學研用深度融合的技術創新體系。

第五章 企業の技術革新能力を高める

技術革新が市場によって促される仕組みを充実させ、イノベーションの主體としての企業の地位を強め、さまざまなイノベーションの要素が企業に集まるようにし、企業主體、市場志向、産?學?研高度融合の技術革新體系を築く。

第一節 激勵企業加大研發投入

實施更大力度的研發費用加計扣除、高新技術企業稅收優惠等普惠性政策。拓展優化首臺(套)重大技術裝備保險補償和激勵政策,發揮重大工程牽引示范作用,運用政府采購政策支持創新產品和服務。通過完善標準、質量和競爭規制等措施,增強企業創新動力。健全鼓勵國有企業研發的考核制度,設立獨立核算、免于增值保值考核、容錯糾錯的研發準備金制度,確保中央國有工業企業研發支出年增長率明顯超過全國平均水平。完善激勵科技型中小企業創新的稅收優惠政策。

第一節 企業の研究開発投資の拡大を奨勵する

さらなる研究開発費加算控除、ハイテク企業への稅制優遇など全體支援型政策を実施する。國産初の重要プラントの導入の保険?補償および奨勵政策を拡充し、重大プロジェクトの牽引的?模範的役割を発揮させ、政府調達政策によって革新的な製品?サービスを後押しする?;鶞?質および競爭に関する規定の整備などの措置を通じて、企業のイノベーションの原動力を増強する。國有企業の研究開発を奨勵する評価制度を整え、獨立採算で、企業価値の維持?増大の評価が免除され、失敗が許され改められる研究開発準備金制度を設立し、中央國有工業企業の研究開発支出の年間の伸び率が全國の平均レベルをはっきりと上回るようにする??茖W技術型中小企業のイノベーションを奨勵する稅制優遇政策を充実させる。

第二節 支持產業共性基礎技術研發

集中力量整合提升一批關鍵共性技術平臺,支持行業龍頭企業聯合高等院校、科研院所和行業上下游企業共建國家產業創新中心,承擔國家重大科技項目。支持有條件企業聯合轉制科研院所組建行業研究院,提供公益性共性技術服務。打造新型共性技術平臺,解決跨行業跨領域關鍵共性技術問題。發揮大企業引領支撐作用,支持創新型中小微企業成長為創新重要發源地,推動產業鏈上中下游、大中小企業融通創新。鼓勵有條件地方依托產業集群創辦混合所有制產業技術研究院,服務區域關鍵共性技術研發。

第二節 産業の汎用基盤技術の研究開発を支援する

力を集中して一群の重要汎用技術プラットフォームを統合?改善し、リーディングカンパニーが高等教育機関、科學研究機関、川上?川下企業と合同で國家産業革新センターをつくって國家重大科學技術プロジェクトを擔うのをサポートする。條件を満たす企業が企業化した科學研究機関と合同で産業研究所をつくって公益的な汎用技術サービスを提供するのをサポートする。新しいタイプの汎用技術のプラットフォームをつくり、業界?分野の垣根を越えた重要汎用技術の問題を解決する。大企業の先導的?支柱的役割を発揮させ、革新型中小零細企業がイノベーションの重要な発生地に成長するようサポートし、産業チェーンの川上?川中?川下、大?中?小企業の連攜したイノベーションを促す。條件を満たす地方が産業クラスターを拠り所として混合所有制産業技術研究所を創設して地域の重要汎用技術の研究開発に貢獻することを奨勵する。

第三節 完善企業創新服務體系

推動國家科研平臺、科技報告、科研數據進一步向企業開放,創新科技成果轉化機制,鼓勵將符合條件的由財政資金支持形成的科技成果許可給中小企業使用。推進創新創業機構改革,建設專業化市場化技術轉移機構和技術經理人隊伍。完善金融支持創新體系,鼓勵金融機構發展知識產權質押融資、科技保險等科技金融產品,開展科技成果轉化貸款風險補償試點。暢通科技型企業國內上市融資渠道,增強科創板“硬科技”特色,提升創業板服務成長型創新創業企業功能,鼓勵發展天使投資、創業投資,更好發揮創業投資引導基金和私募股權基金作用。

第三節 企業のイノベーションを支援する體系を整える

國の科學研究プラットフォーム、科學技術レポート、科學研究データをいっそう企業に開放し、科學技術の成果の実用化の仕組みを革新し、財政資金の支援によって生まれた科學技術の成果のうち條件に合致するものの中小企業への使用の許可を奨勵する。イノベーション?スタートアップ関連機関の改革を推進し、専門的で市場化された技術移転関連機関および多くの技術経営士が生まれるようにする。金融によるイノベーション支援體系を整え、金融機関が知的財産権擔保融資や科學技術保険といった科學技術関連の金融商品を発展させることを奨勵し、科學技術の成果の実用化への融資リスク補償の試行を進める??茖W技術型企業の國內での上場による資金調達ルートを円滑化し、科創板の「優れた科學技術」を持つ企業が多いという特色を伸ばし、創業板の成長型イノベーション?スタートアップ企業を支える機能を高め、エンジェル投資やベンチャー投資を奨勵して発展させ、ベンチャー投資誘導基金とプライベート?エクイティ?ファンドの役割をよりよく発揮させる。

第六章 激發人才創新活力

貫徹尊重勞動、尊重知識、尊重人才、尊重創造方針,深化人才發展體制機制改革,全方位培養、引進、用好人才,充分發揮人才第一資源的作用。

第六章 人材のイノベーションの活力を引き出す

労働?知識?人材?創造の尊重という方針を貫徹し、人材開発の體制?仕組みの改革を深化させ、全方位で人材を育成?招致?活用し、第一の資源としての人材の役割を十分に発揮させる。

第一節 培養造就高水平人才隊伍

遵循人才成長規律和科研活動規律,培養造就更多國際一流的戰略科技人才、科技領軍人才和創新團隊,培養具有國際競爭力的青年科技人才后備軍,注重依托重大科技任務和重大創新基地培養發現人才,支持設立博士后創新崗位。加強創新型、應用型、技能型人才培養,實施知識更新工程、技能提升行動,壯大高水平工程師和高技能人才隊伍。加強基礎學科拔尖學生培養,建設數理化生等基礎學科基地和前沿科學中心。實行更加開放的人才政策,構筑集聚國內外優秀人才的科研創新高地。完善外籍高端人才和專業人才來華工作、科研、交流的停居留政策,完善外國人在華永久居留制度,探索建立技術移民制度。健全薪酬福利、子女教育、社會保障、稅收優惠等制度,為海外科學家在華工作提供具有國際競爭力和吸引力的環境。

第一節ハイレベル人材陣を育成する

人材の成長の法則と科學研究活動の法則に則って、世界一流の戦略的科學技術人材、科學技術リーダー人材、イノベーションチームをさらに多く養成し、國際競爭力を備えた若手科學技術人材プールを育成し、重大科學技術任務と重大イノベーション拠點に立腳した人材の育成?発掘を重視し、ポストドクターのためのイノベーション専門職の設置を支援する。革新型?応用型?技能型人材の育成を強化し、知識更新プロジェクト、技能向上行動を実施し、ハイレベルエンジニア?高技能人材陣を増強する?;A學科に抜きん出た學生の育成を強化し、數學?物理?化學?生物などの基礎學科の拠點と先端科學センターをつくる。より開放的な人材政策を実行し、國內外の優れた人材が集まる科學研究イノベーション拠點を築く。外國籍のハイレベル人材?専門人材が中國に來て仕事や科學研究、交流をする際の滯在?居留に関する政策を充実させ、外國人が中國で永住するための制度を充実させ、技術移民制度の設立を模索する。報酬?福利厚生、子女の教育、社會保障、稅制優遇などの制度を整え、中國で働く外國の科學者に國際競爭力と魅力を備えた環境を提供する。

第二節 激勵人才更好發揮作用

完善人才評價和激勵機制,健全以創新能力、質量、實效、貢獻為導向的科技人才評價體系,構建充分體現知識、技術等創新要素價值的收益分配機制。選好用好領軍人才和拔尖人才,賦予更大技術路線決定權和經費使用權。全方位為科研人員松綁,拓展科研管理“綠色通道”。實行以增加知識價值為導向的分配政策,完善科研人員職務發明成果權益分享機制,探索賦予科研人員職務科技成果所有權或長期使用權,提高科研人員收益分享比例。深化院士制度改革。

第二節人材がよりよく役割を発揮することを奨勵する

人材評価?インセンティブメカニズムを充実させ、イノベーションの能力?質?実効性?貢獻志向の科學技術人材の評価體系を整え、知識や技術などイノベーションの要素の価値が十分に反映される収益分配の仕組みを築く。リーダー人材?卓越人材の選抜?登用を適切に行い、より大きなテクノロジーロードマップ決定権と経費使用権を與える??茖W研究者への規制を全方位で緩和し、科學研究管理の円滑化をはかる。知識価値の増大を方向性とする分配政策を実施し、科學研究者の職務発明の成果の権利?利益割當メカニズムを整え、科學研究者への職務上得られた科學技術の成果の所有権もしくは長期使用権の付與を模索し、科學研究者への収益分配率を上げる。院士制度の改革を深化させる。

第三節 優化創新創業創造生態

大力弘揚新時代科學家精神,強化科研誠信建設,健全科技倫理體系。依法保護企業家的財產權和創新收益,發揮企業家在把握創新方向、凝聚人才、籌措資金等方面重要作用。推進創新創業創造向縱深發展,優化雙創示范基地建設布局。倡導敬業、精益、專注、寬容失敗的創新創業文化,完善試錯容錯糾錯機制。弘揚科學精神和工匠精神,廣泛開展科學普及活動,加強青少年科學興趣引導和培養,形成熱愛科學、崇尚創新的社會氛圍,提高全民科學素質。

第三節革新?起業?創造の環境を改善する

新時代の科學者精神を大いに発揚し、科學研究における信義則の遵守をいっそう徹底させ、科學技術倫理體系を整える。企業家の財産権とイノベーション収益を法に基づいて保護し、イノベーションの方向を定めたり、人材を集めたり、資金を調達したりする上での企業家の役割を発揮させる。革新?起業?創造のさらなる発展を推し進め、革新?起業モデル拠點建設の配置を最適化する。勤勉で、無駄がなく、ひたむきで、失敗に寛容な革新?起業文化を唱導し、失敗が恐れられず、許され、改められる仕組みを整える??茖W的精神と匠の精神を発揚し、科學普及の取り組みを幅広く展開し、青少年の科學への興味を引き出しかつ養い、科學が愛され、イノベーションが尊ばれる社會的雰囲気を醸成し、全國民の科學的素養を高める。

第七章 完善科技創新體制機制

深入推進科技體制改革,完善國家科技治理體系,優化國家科技計劃體系和運行機制,推動重點領域項目、基地、人才、資金一體化配置。

第七章 科學技術イノベーションの體制?仕組みを充実させる

科學技術體制改革をいっそう推し進め、國の科學技術ガバナンス體系を充実させ、國の科學技術の計畫體系と運用メカニズムを合理化し、重點分野のプロジェクト?拠點?人材?資金の一體的配置を促進する。

第一節 深化科技管理體制改革

加快科技管理職能轉變,強化規劃政策引導和創新環境營造,減少分錢分物定項目等直接干預。整合財政科研投入體制,重點投向戰略性關鍵性領域,改變部門分割、小而散的狀態。改革重大科技項目立項和組織管理方式,給予科研單位和科研人員更多自主權,推行技術總師負責制,實行“揭榜掛帥”、“賽馬”等制度,健全獎補結合的資金支持機制。健全科技評價機制,完善自由探索型和任務導向型科技項目分類評價制度,建立非共識科技項目的評價機制,優化科技獎勵項目。建立健全科研機構現代院所制度,支持科研事業單位試行更靈活的編制、崗位、薪酬等管理制度。建立健全高等院校、科研機構、企業間創新資源自由有序流動機制。深入推進全面創新改革試驗。

第一節科學技術管理體制改革を深化させる

科學技術管理の職能転換を急ぎ、計畫?政策による誘導とイノベーション環境の整備を強化し、資金、物資の配分やプロジェクト決定などの直接介入を減らす??茖W研究への財政投入の體制を統合し、戦略性?重要性のある分野に重點的に投入し、資金が部門ごとに細かく分散している狀態を改める。重大科學技術プロジェクトの設置?統括管理方式を改革し、科學研究機関?科學研究者にさらなる自主権を與え、技術総責任者制を押し広め、「イノベーション牽引者の公募」、「コンペティション」などの制度を実施し、奨勵金と補助金が組み合わさった資金支援の仕組みを整える??茖W技術評価メカニズムを充実させ、自由探求型とミッション志向型の科學技術プロジェクトの分類別評価制度を整え、型破りな科學技術プロジェクトのための評価メカニズムを確立し、科學技術奨勵プロジェクトを改善する??茖W研究機関の現代的インスティテュート制度を確立して充実させ、科學研究事業體がより柔軟な定員?ポスト?報酬等の管理制度を施行するのをサポートする。高等教育機関、科學研究機関、企業の間でのイノベーション資源の秩序ある自由な移動のための仕組みを確立して充実させる。全面的なイノベーションに向けた改革の試行をいっそう推し進める。

第二節 健全知識產權保護運用體制

實施知識產權強國戰略,實行嚴格的知識產權保護制度,完善知識產權相關法律法規,加快新領域新業態知識產權立法。加強知識產權司法保護和行政執法,健全仲裁、調解、公證和維權援助體系,健全知識產權侵權懲罰性賠償制度,加大損害賠償力度。優化專利資助獎勵政策和考核評價機制,更好保護和激勵高價值專利,培育專利密集型產業。改革國有知識產權歸屬和權益分配機制,擴大科研機構和高等院校知識產權處置自主權。完善無形資產評估制度,形成激勵與監管相協調的管理機制。構建知識產權保護運用公共服務平臺。

第二節知的財産権の保護?運用體制を整える。

知的財産権強國戦略を実施し、厳格な知的財産権保護制度を実施し、知的財産権関連の法律?法規を整備し、新分野?新業態の知的財産権に関する立法を急ぐ。知的財産権の司法保護?行政法執行を強化し、仲裁?調停?公証および権利擁護サポート體系を整え、知的財産権の侵害に対する懲罰的賠償制度を整え、損害賠償を強化する。特許の助成?奨勵政策および審査?評価メカニズムをよりよいものにし、価値の高い特許をよりよく保護?奨勵し、特許集約型産業を育てる。國有の知的財産権の帰屬および権利?利益割當メカニズムを改革し、科學研究機関と高等教育機関の知的財産権処分の自主権を拡大する。無形資産評価制度を改善し、インセンティブと監督管理がかみ合う管理の仕組みをつくる。知的財産権の保護?運用のための公共サービスプラットフォームを構築する。

第三節 積極促進科技開放合作

實施更加開放包容、互惠共享的國際科技合作戰略,更加主動融入全球創新網絡。務實推進全球疫情防控和公共衛生等領域國際科技合作,聚焦氣候變化、人類健康等問題加強同各國科研人員聯合研發。主動設計和牽頭發起國際大科學計劃和大科學工程,發揮科學基金獨特作用。加大國家科技計劃對外開放力度,啟動一批重大科技合作項目,研究設立面向全球的科學研究基金,實施科學家交流計劃。支持在我國境內設立國際科技組織、外籍科學家在我國科技學術組織任職。

第三節科學技術の開放?協力を積極的に促進する

いっそう開放的?包摂的、互恵的?共有的な國際科學技術協力戦略を実施し、いっそう主體的にグローバル?イノベーション?ネットワークに溶け込む。グローバルなコロナ対策や公衆衛生といった分野の國際科學技術協力を著実に推し進め、気候変動や人類の健康といった問題にフォーカスして各國の科學研究者との共同研究開発を強化する。國際的なビッグサイエンス計畫、ビッグサイエンスプロジェクトを主導的に立案して音頭を取り、科學基金の獨特な役割を発揮させる。國の科學技術計畫の対外開放を拡大し、一連の重大科學技術協力プロジェクトをスタートさせ、グローバル志向の科學研究基金の設立を検討し、科學者交流計畫を実施する。わが國における國際科學技術機関の設立、外國籍の科學者のわが國の科學技術學術機関への赴任をサポートする。

第三篇 加快發展現代產業體系 鞏固壯大實體經濟根基

堅持把發展經濟著力點放在實體經濟上,加快推進制造強國、質量強國建設,促進先進制造業和現代服務業深度融合,強化基礎設施支撐引領作用,構建實體經濟、科技創新、現代金融、人力資源協同發展的現代產業體系。

第三篇現代的産業體系の発展を加速させ、実體経済の土臺を強化?増大する

経済発展の重點を実體経済に置くことを堅持し、製造強國?品質強國建設をどんどん推し進め、先進的製造業と現代サービス業との高度な融合を促し、インフラの支柱的?先導的役割を強化し、実體経済、科學技術イノベーション、現代金融、人的資源がバランスよく発展する現代的産業體系を構築する。

第八章 深入實施制造強國戰略

堅持自主可控、安全高效,推進產業基礎高級化、產業鏈現代化,保持制造業比重基本穩定,增強制造業競爭優勢,推動制造業高質量發展。

第八章 製造強國戦略を踏み込んで実施する

自主?制御可能、安全?高効率を堅持し、産業基盤の高度化、産業チェーンの現代化を推し進め、製造業の割合の基本的安定を保ち、製造業の競爭優位を増強し、製造業の質の高い発展を促す。

第一節 加強產業基礎能力建設

實施產業基礎再造工程,加快補齊基礎零部件及元器件、基礎軟件、基礎材料、基礎工藝和產業技術基礎等瓶頸短板。依托行業龍頭企業,加大重要產品和關鍵核心技術攻關力度,加快工程化產業化突破。實施重大技術裝備攻關工程,完善激勵和風險補償機制,推動首臺(套)裝備、首批次材料、首版次軟件示范應用。健全產業基礎支撐體系,在重點領域布局一批國家制造業創新中心,完善國家質量基礎設施,建設生產應用示范平臺和標準計量、認證認可、檢驗檢測、試驗驗證等產業技術基礎公共服務平臺,完善技術、工藝等工業基礎數據庫。

第一節産業基盤能力の構築を強化する

産業基盤再建プロジェクトを実施し、基礎パーツ?部品、基本ソフトウェア、基礎素材、基礎技能および産業技術基盤などのボトルネックとなっている不足部分の補充を急ぐ。リーディングカンパニーに依拠して、重要製品と基幹核心技術のブレークスルーにいっそう力を入れ、工程化?産業化の打開的進展を急ぐ。重大技術が使われている設備の難関攻略プロジェクトを実施し、インセンティブメカニズムとリスク補償メカニズムを整え、最新の設備?素材?ソフトウェアの模範的応用を推し進める。産業基盤サポート體系を整え、重點分野において一群の國家製造業イノベーションセンターを配置し、國家品質インフラ(NQI)を整備し、生産?応用モデルプラットフォームと規格?計量、認証?認可、検査?測定、試験?検証などの産業技術基盤公共サービスプラットフォームを築き、技術?技能などの産業基盤データベースを充実させる。

第二節 提升產業鏈供應鏈現代化水平

堅持經濟性和安全性相結合,補齊短板、鍛造長板,分行業做好供應鏈戰略設計和精準施策,形成具有更強創新力、更高附加值、更安全可靠的產業鏈供應鏈。推進制造業補鏈強鏈,強化資源、技術、裝備支撐,加強國際產業安全合作,推動產業鏈供應鏈多元化。立足產業規模優勢、配套優勢和部分領域先發優勢,鞏固提升高鐵、電力裝備、新能源、船舶等領域全產業鏈競爭力,從符合未來產業變革方向的整機產品入手打造戰略性全局性產業鏈。優化區域產業鏈布局,引導產業鏈關鍵環節留在國內,強化中西部和東北地區承接產業轉移能力建設。實施應急產品生產能力儲備工程,建設區域性應急物資生產保障基地。實施領航企業培育工程,培育一批具有生態主導力和核心競爭力的龍頭企業。推動中小企業提升專業化優勢,培育專精特新“小巨人”企業和制造業單項冠軍企業。加強技術經濟安全評估,實施產業競爭力調查和評價工程。

第二節産業チェーン、サプライチェーンの現代化レベルを向上させる

経済性と安全性の融合を堅持し、不足部分の補充とアドバンテージの創出をはかり、業種ごとにサプライチェーンを戦略的に設計して的確に策を講じ、より高い革新力、付加価値、安全性?信頼性を備えた産業チェーン、サプライチェーンをつくる。製造業の両チェーンの補充?強化を推進し、資源?技術?設備の支えを強め、國際的な産業安全協力にいっそう力を入れ、産業チェーン、サプライチェーンの多元化を促す。産業の規模の優位性、取りそろえの優位性、一部の分野での先発優位に立腳し、高速鉄道、電力設備、新エネルギー、船舶といった分野の産業チェーン全體の競爭力を固めて高め、未來の産業変革の向かう方向に合致する最終製品から著手して戦略的?全局的産業チェーンを築く。地域の産業チェーンの配置を合理化し、産業チェーンのカギとなる部分が國內に殘るよう導き、中?西部地區と東北地區の産業移転能力の構築を強化する。非常時に必要な製品のための生産能力確保プロジェクトを実施し、地域的緊急物資生産保障拠點を築く。先導企業育成プロジェクトを実施し、エコシステム主導力とコアコンピタンスを備えた一群のリーディングカンパニーを育てる。中小企業が専門性の強みを伸ばすよう促し、専?精?特?新の「スモール?ジャイアンツ(小さくても偉大な會社)」および製造業の製品別トップ企業を育てる。技術面の経済安全保障の評価を強化し、産業競爭力調査?評価プロジェクトを実施する。

第三節 推動制造業優化升級

深入實施智能制造和綠色制造工程,發展服務型制造新模式,推動制造業高端化智能化綠色化。培育先進制造業集群,推動集成電路、航空航天、船舶與海洋工程裝備、機器人、先進軌道交通裝備、先進電力裝備、工程機械、高端數控機床、醫藥及醫療設備等產業創新發展。改造提升傳統產業,推動石化、鋼鐵、有色、建材等原材料產業布局優化和結構調整,擴大輕工、紡織等優質產品供給,加快化工、造紙等重點行業企業改造升級,完善綠色制造體系。深入實施增強制造業核心競爭力和技術改造專項,鼓勵企業應用先進適用技術、加強設備更新和新產品規?;瘧?。建設智能制造示范工廠,完善智能制造標準體系。深入實施質量提升行動,推動制造業產品“增品種、提品質、創品牌”。

第三節製造業の最適化?高度化を促す。

スマート製造?グリーン製造プロジェクトを踏み込んで実施し、サービス型製造の新たなモデルを発展させ、製造業のハイエンド化?スマート化?グリーン化を促す。先進的製造業クラスターを育て、集積回路、航空宇宙、船舶?海洋プロジェクト設備、ロボット、先進軌道系交通設備、先進電力設備、建設機械、高性能CNC工作機械、製薬?醫療設備といった産業の革新発展を促す。在來産業を改造?高度化し、石油化學、鉄鋼、非鉄金屬、建材といった素材産業の配置適正化と構造調整を促し、軽工業や紡績などの良質の製品の供給を拡大し、化學工業や製紙といった重點業種の企業の改造?高度化を急ぎ、グリーン製造體系を整える。製造業のコアコンピタンスと技術改良を強化する特別プロジェクトを踏み込んで実施し、企業が先進的な適正技術を応用したり設備更新や新製品の大規模応用を強化したりすることを奨勵する。スマート製造のモデル工場をつくり、スマート製造の基準體系を整える。品質向上キャンペーンを踏み込んで実施し、製造業の製品の「多様化、品質向上、ブランドづくり」を促す。

第四節 實施制造業降本減負行動


第九章 發展壯大戰略性新興產業

著眼于搶占未來產業發展先機,培育先導性和支柱性產業,推動戰略性新興產業融合化、集群化、生態化發展,戰略性新興產業增加值占GDP比重超過17%。

第九章 戦略的新興産業を発展?成長させる

未來の産業発展の主導権の確保を見據えて、先導的産業?支柱産業を育成し、戦略的新興産業の融合化?集積化?エコ化発展を促し、GDPに占める戦略的新興産業の付加価値の割合が17%以上になるようにする。

第一節 構筑產業體系新支柱

聚焦新一代信息技術、生物技術、新能源、新材料、高端裝備、新能源汽車、綠色環保以及航空航天、海洋裝備等戰略性新興產業,加快關鍵核心技術創新應用,增強要素保障能力,培育壯大產業發展新動能。推動生物技術和信息技術融合創新,加快發展生物醫藥、生物育種、生物材料、生物能源等產業,做大做強生物經濟。深化北斗系統推廣應用,推動北斗產業高質量發展。深入推進國家戰略性新興產業集群發展工程,健全產業集群組織管理和專業化推進機制,建設創新和公共服務綜合體,構建一批各具特色、優勢互補、結構合理的戰略性新興產業增長引擎。鼓勵技術創新和企業兼并重組,防止低水平重復建設。發揮產業投資基金引導作用,加大融資擔保和風險補償力度。

第一節産業體系の新たな支柱を築く

次世代情報技術(IT)、バイオテクノロジー、新エネルギー、新素材、ハイエンド設備、新エネルギー車、グリーン?環境保護、それに航空宇宙、海洋設備といった戦略的新興産業を中心に、基幹核心技術の革新的応用を急ぎ、要素の保障能力を高め、産業発展の新たな原動力を発展?成長させる。バイオテクノロジーとITの融合によるイノベ―ションを促し、バイオ醫薬品、バイオ育種、バイオ素材、バイオエネルギーといった産業をどんどん発展させ、バイオエコノミーを増大?増強する。北斗衛星測位システムの普及?応用をいっそう進め、北斗産業の質の高い発展を促す。國の戦略的新興産業クラスターの発展プロジェクトを踏み込んで推進し、産業クラスターの統括管理?専業化推進メカニズムを整え、イノベーション支援と公共サービスの複合施設をつくり、それぞれ獨自の特色を有し、互いの優位性によって補完し合う、構造が合理的な一群の戦略的新興産業からなる成長エンジンを構築する。技術革新および企業の合併?再編を奨勵し、低水準の重複建設を防止する。産業投資基金の先導効果を発揮させ、融資保証(信用保証)とリスク補償を強化する。

第二節 前瞻謀劃未來產業

在類腦智能、量子信息、基因技術、未來網絡、深??仗扉_發、氫能與儲能等前沿科技和產業變革領域,組織實施未來產業孵化與加速計劃,謀劃布局一批未來產業。在科教資源優勢突出、產業基礎雄厚的地區,布局一批國家未來產業技術研究院,加強前沿技術多路徑探索、交叉融合和顛覆性技術供給。實施產業跨界融合示范工程,打造未來技術應用場景,加速形成若干未來產業。

第二節先見性をもって未來産業を企畫する

脳型知能、量子情報、遺伝子操作技術、次世代インターネット、深海?宇宙開発、水素エネルギーおよびエネルギー貯蔵といった先端科學技術と産業変革の分野で、未來産業のインキュベーション?加速計畫を立てて実施し、一群の未來産業の配置を練る??茖W?教育資源に恵まれ、産業基盤の厚い地區に一群の國家未來産業技術研究所を配置し、先端技術の多様な探求や交差融合、破壊的技術の供給を強化する。産業の垣根を越えた融合モデルプロジェクトを実施し、未來の技術の応用の場を生み出し、いくつかの未來産業の形成を急ぐ。

第十章 促進服務業繁榮發展

聚焦產業轉型升級和居民消費升級需要,擴大服務業有效供給,提高服務效率和服務品質,構建優質高效、結構優化、競爭力強的服務產業新體系。

第十章 サービス業の繁栄?発展を促進する

産業構造の高度化と個人消費の高度化の必要性にフォーカスして、サービス業の有効供給を拡大し、サービスの効率とサービスの質を高め、質?効率が高く、構造が合理的で、競爭力があるサービス産業の新體系を築く。

第一節 推動生產性服務業融合化發展

以服務制造業高質量發展為導向,推動生產性服務業向專業化和價值鏈高端延伸。聚焦提高產業創新力,加快發展研發設計、工業設計、商務咨詢、檢驗檢測認證等服務。聚焦提高要素配置效率,推動供應鏈金融、信息數據、人力資源等服務創新發展。聚焦增強全產業鏈優勢,提高現代物流、采購分銷、生產控制、運營管理、售后服務等發展水平。推動現代服務業與先進制造業、現代農業深度融合,深化業務關聯、鏈條延伸、技術滲透,支持智能制造系統解決方案、流程再造等新型專業化服務機構發展。培育具有國際競爭力的服務企業。

第一節 生産者向けサービス業の融合化発展を促す

製造業の質の高い発展に資するよう、生産者向けサービス業が専門化、バリューチェーンのハイエンドに向かうようにする。産業の革新力の向上にフォーカスして、研究開発設計、インダストリアルデザイン、ビジネスコンサルティング、検査?測定?認証などのサービスをどんどん発展させる。要素配分の効率を高め、サプライチェーンファイナンス、情報?データ、人的資源などのサービスの革新発展を促す。産業チェーン全體の優位性の増強にフォーカスして、現代物流、買付?販売、生産管理、運営管理、アフターサービスなどの発展レベルを上げる?,F代サービス業と先進的製造業?現代農業との高度な融合を促し、業務の連結、チェーンの拡張、技術の浸透をいっそうはかり、スマート製造のシステム?ソリューション、プロセス?リエンジニアリングといった新しいタイプの専門的サービスに攜わる機関の発展を支援する。國際競爭力を備えたサービス企業を育てる。

第二節 加快生活性服務業品質化發展

以提升便利度和改善服務體驗為導向,推動生活性服務業向高品質和多樣化升級。加快發展健康、養老、托育、文化、旅游、體育、物業等服務業,加強公益性、基礎性服務業供給,擴大覆蓋全生命期的各類服務供給。持續推動家政服務業提質擴容,與智慧社區、養老托育等融合發展。鼓勵商貿流通業態與模式創新,推進數字化智能化改造和跨界融合,線上線下全渠道滿足消費需求。加快完善養老、家政等服務標準,健全生活性服務業認證認可制度,推動生活性服務業誠信化職業化發展。

第二節 消費者向けサービス業の質志向の発展を加速させる

利便性の向上とサービス體験の改善を目標に、消費者向けサービス業が高品質?多様化を目指してレベルアップするようにする。健康、養老、託児、文化、観光、スポーツ、不動産管理といったサービス業をどんどん発展させ、公益的?基礎的サービス業の供給を強化し、人々の全ライフサイクルに必要な各種サービスの供給を拡大する。家事代行サービス業の質?內容の拡充、インテリジェント?コミュニティや養老?託児などとの融合発展を持続的に推し進める。商品流通サービスの業態?モデルの革新を奨勵し、デジタル化?スマート化および産業の垣根を越えた融合を推進し、オンライン?オフラインのあらゆるルートで消費需要を満たす。養老サービスや家事代行サービスなどの基準の整備を急ぎ、消費者向けサービス業の認証?認可制度を整え、消費者向けサービス業の信頼志向?プロフェッショナル志向の発展を促す。

第三節 深化服務領域改革開放

擴大服務業對內對外開放,進一步放寬市場準入,全面清理不合理的限制條件,鼓勵社會力量擴大多元化多層次服務供給。完善支持服務業發展的政策體系,創新適應服務新業態新模式和產業融合發展需要的土地、財稅、金融、價格等政策。健全服務質量標準體系,強化標準貫徹執行和推廣。加快制定重點服務領域監管目錄、流程和標準,構建高效協同的服務業監管體系。完善服務領域人才職稱評定制度,鼓勵從業人員參加職業技能培訓和鑒定。深入推進服務業綜合改革試點和擴大開放。

第三節 サービス分野の改革開放を深化させる

サービス業の対內?対外開放を拡大し、市場參入條件を一段と緩和し、不合理な制約條件を全面的に整理し、社會の力が多元的?多層的なサービスの供給を拡大することを奨勵する。サービス業の発展を支援する政策體系を整え、サービスの新業態?新モデルおよび産業の融合発展のニーズに合った土地、財政?租稅、金融、価格などの政策を革新する。サービスの品質基準體系を整え、基準の貫徹?実行および普及を強化する。重點サービス分野の監督管理の目録?プロセス?基準の策定を急ぎ、高効率かつ調和的なサービス業監督管理體系を構築する。サービス分野の人材の職階?資格評定制度を整え、サービス業に攜わる人たちが職業技能訓練?検定を受けることを奨勵する。サービス業の総合改革の試行をいっそう推し進めて開放を拡大する。

第十一章 建設現代化基礎設施體系

統籌推進傳統基礎設施和新型基礎設施建設,打造系統完備、高效實用、智能綠色、安全可靠的現代化基礎設施體系。

第十一章 現代化インフラ體系を築く

従來型インフラと新型インフラの整備を統一的に推進し、系統的で整った、高効率で実用的な、スマート化?グリーン化された、安全性?信頼性のある現代化インフラ體系を築く。

第一節 加快建設新型基礎設施

圍繞強化數字轉型、智能升級、融合創新支撐,布局建設信息基礎設施、融合基礎設施、創新基礎設施等新型基礎設施。建設高速泛在、天地一體、集成互聯、安全高效的信息基礎設施,增強數據感知、傳輸、存儲和運算能力。加快5G網絡規?;渴?用戶普及率提高到56%,推廣升級千兆光纖網絡。前瞻布局6G網絡技術儲備。擴容骨干網互聯節點,新設一批國際通信出入口,全面推進互聯網協議第六版(IPv6)商用部署。實施中西部地區中小城市基礎網絡完善工程。推動物聯網全面發展,打造支持固移融合、寬窄結合的物聯接入能力。加快構建全國一體化大數據中心體系,強化算力統籌智能調度,建設若干國家樞紐節點和大數據中心集群,建設E級和10E級超級計算中心。積極穩妥發展工業互聯網和車聯網。打造全球覆蓋、高效運行的通信、導航、遙感空間基礎設施體系,建設商業航天發射場。加快交通、能源、市政等傳統基礎設施數字化改造,加強泛在感知、終端聯網、智能調度體系建設。發揮市場主導作用,打通多元化投資渠道,構建新型基礎設施標準體系。

第一節新型インフラの建設を加速させる

デジタル化、スマート化、統合イノベーションの支えの強化を中心に據えて、情報インフラ、コンバージドインフラ、イノベーションインフラといった新型インフラを配置?建設する。高速?遍在、天地一體、統合?連結、安全?高効率型の情報インフラを建設し、データの認識?転送?保存?演算能力を高める。第五世代移動通信(5G)の大規模な整備を急ぎ、人口普及率が56%まで伸びるようにし、ギガ光回線ネットワークへの切り替えを押し広める。先見性をもって6Gに向けた技術の蓄積をはかる?;鶐芝庭氓去铹`クノードの容量を増やし、一群の國際通信ゲートウェイを新たに整備し、インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)の商用配置を全面的に推し進める。中?西部地區の中小都市の通信インフラ整備プロジェクトを実施する。モノのインターネット(IoT)の全面的発展を推し進め、固定網と移動網、ブロードバンドとナローバンドがうまく組み合わされたIoT接続能力を構築する。全國統一のビッグデータセンター體系の構築を急ぎ、計算能力の統合のインテリジェントスケジューリングを強化し、國家中樞拠點?ビッグデータセンター群をいくつか建設し、エクサFLOPS級と10エクサFLOPS級のスーパーコンピュータセンターを建設する。インダストリアル?インターネットと車両インターネット(IoV)を積極的かつ著実に発展させる。地球全體をカバーする、高効率運用の通信?ナビゲーション?リモートセンシングインフラ體系を築き、商用打ち上げに使う発射場を建設する。交通?エネルギー?都市施設などの従來型インフラのデジタル化を急ぎ、ユビキタスセンシング、端末接続、インテリジェントスケジューリング體系の整備を強化する。市場の主導的役割を発揮させ、多元的な投資の道を拓き、新型インフラの基準體系を構築する。

第二節 加快建設交通強國

建設現代化綜合交通運輸體系,推進各種運輸方式一體化融合發展,提高網絡效應和運營效率。完善綜合運輸大通道,加強出疆入藏、中西部地區、沿江沿海沿邊戰略骨干通道建設,有序推進能力緊張通道升級擴容,加強與周邊國家互聯互通。構建快速網,基本貫通“八縱八橫”高速鐵路,提升國家高速公路網絡質量,加快建設世界級港口群和機場群。完善干線網,加快普速鐵路建設和既有鐵路電氣化改造,優化鐵路客貨布局,推進普通國省道瓶頸路段貫通升級,推動內河高等級航道擴能升級,穩步建設支線機場、通用機場和貨運機場,積極發展通用航空。加強郵政設施建設,實施快遞“進村進廠出?!惫こ?。推進城市群都市圈交通一體化,加快城際鐵路、市域(郊)鐵路建設,構建高速公路環線系統,有序推進城市軌道交通發展。提高交通通達深度,推動區域性鐵路建設,加快沿邊抵邊公路建設,繼續推進“四好農村路”建設,完善道路安全設施。構建多層級、一體化綜合交通樞紐體系,優化樞紐場站布局、促進集約綜合開發,完善集疏運系統,發展旅客聯程運輸和貨物多式聯運,推廣全程“一站式”、“一單制”服務。推進中歐班列集結中心建設。深入推進鐵路企業改革,全面深化空管體制改革,推動公路收費制度和養護體制改革。

第二節交通強國の建設を加速させる

現代化総合交通運輸體系を建設し、各種輸送方式の一體化融合発展を推進し、ネットワーク効果と運営効率を高める。総合輸送大動脈を整備し、新疆?チベット、中?西部地區、沿江(大河川沿い)?沿海?沿辺(國境沿い)の戦略的基幹ルートの建設を強化し、能力不足のルートの更新?拡張を段階的に進め、周辺諸國との相互連結を強化する??焖倬Wを構築し、「八縦八橫」高速鉄道を基本的に開通させ、國の高速道路網の質を高め、世界レベルの港灣群?空港群の建設を加速させる。幹線網を整備し、普通鉄道の建設と在來鉄道の電化を急ぎ、鉄道による旅客輸送と貨物輸送の配分を最適化し、一般道路の國道?省道の隘路區間の拡幅?更新を推し進め、內陸河川航路のハイレベル化のための能力拡張?改修に努め、ローカル空港、ゼネラル?アビエーション空港、貨物空港を著実に整備し、ゼネラル?アビエーションを積極的に発展させる。郵便インフラの整備を強化し、宅配業の「農村への普及、製造業との融合、海外展開」プロジェクトを実施する。都市群?都市圏交通の一體化を推し進め、都市間鉄道、市域(郊外)列車の整備を急ぎ、高速道路環狀線系統を構築し、都市の軌道系交通の発展を秩序立てて推し進める。交通アクセスを向上させ、地域鉄道の整備を促し、沿辺?至辺道路の整備を急ぎ、「四良農村道路(整備?管理?維持?運営が良好な農村道路)」建設を引き続き推進し、道路安全施設を充実させる。多層的で一體的な総合交通結節點體系を構築し、ハブやターミナルなどの配置を合理化して集約的な総合開発を促進し、集散輸送システムを整え、旅客連絡運輸と貨物の複合一貫輸送を発展させ、全行程の「ワンストップ式」、「ワンチケット制」サービスを押し広める。中歐班列(中國?歐州間の國際定期貨物列車)の集結センターの建設を推進する。鉄道企業の改革をいっそう推し進め、航空交通管制體制の改革を全面的に深化させ、道路の通行料金制度と維持體制の改革を促す。

強化要素保障和高效服務,鞏固拓展減稅降費成果,降低企業生產經營成本,提升制造業根植性和競爭力。推動工業用地提容增效,推廣新型產業用地模式。擴大制造業中長期貸款、信用貸款規模,增加技改貸款,推動股權投資、債券融資等向制造業傾斜。允許制造業企業全部參與電力市場化交易,規范和降低港口航運、公路鐵路運輸等物流收費,全面清理規范涉企收費。建立制造業重大項目全周期服務機制和企業家參與涉企政策制定制度,支持建設中小企業信息、技術、進出口和數字化轉型綜合性服務平臺。

第四節製造業のコスト低減?負擔軽減キャンペーンを実施する。

要素の保障と効率的なサービスを強化し、減稅?料金引き下げの成果を定著させて拡大し、企業の生産?経営コストを低減し、製造業のエンベデッドネス(根づいたつながり)と競爭力を高める。工業用地の拡充?効率化を促し、産業用地の新しいあり方を押し広める。製造業への中長期融資や信用貸付の規模を拡大し、技術改良資金の融資を増やし、株式投資や債券投資などを製造業に傾斜させる。すべての製造業企業が市場化された電力取引に參加することを許可し、港灣の水上運輸や道路?鉄道運輸などの物流料金を規範化?低減し、企業からの各種料金の徴収を全面的に整理?規範化する。製造業重大プロジェクトの全ライフサイクルサービスの仕組みと企業家が企業関連政策の策定に參加する制度を確立し、中小企業の情報?技術?輸出入?デジタル化のための総合的サービスプラットフォームの整備をサポートする。


第三節 構建現代能源體系

推進能源革命,建設清潔低碳、安全高效的能源體系,提高能源供給保障能力。加快發展非化石能源,堅持集中式和分布式并舉,大力提升風電、光伏發電規模,加快發展東中部分布式能源,有序發展海上風電,加快西南水電基地建設,安全穩妥推動沿海核電建設,建設一批多能互補的清潔能源基地,非化石能源占能源消費總量比重提高到20%左右。推動煤炭生產向資源富集地區集中,合理控制煤電建設規模和發展節奏,推進以電代煤。有序放開油氣勘探開發市場準入,加快深海、深層和非常規油氣資源利用,推動油氣增儲上產。因地制宜開發利用地熱能。提高特高壓輸電通道利用率。加快電網基礎設施智能化改造和智能微電網建設,提高電力系統互補互濟和智能調節能力,加強源網荷儲銜接,提升清潔能源消納和存儲能力,提升向邊遠地區輸配電能力,推進煤電靈活性改造,加快抽水蓄能電站建設和新型儲能技術規?;瘧?。完善煤炭跨區域運輸通道和集疏運體系,加快建設天然氣主干管道,完善油氣互聯互通網絡。

第三節現代的エネルギー體系を築く

エネルギー革命を推進し、クリーンで低炭素、安全で高効率なエネルギー體系を築き、エネルギー供給の保障能力を高める。非化石エネルギーをどんどん発展させ、集中型と分散型の併用を堅持し、風力発電?太陽光発電の規模の拡大に力を入れ、東部?中部地區の分散型エネルギーをどんどん発展させ、洋上風力発電を秩序立てて発展させ、西南水力発電基地の建設を急ぎ、沿海部の原子力発電の整備を安全かつ著実に推し進め、各種エネルギーが補完し合う一群のクリーンエネルギー基地をつくり、エネルギー総消費量に占めるクリーンエネルギーの割合が20%前後まで高まるようにする。石炭の生産が資源の豊かな地區に集中するようにし、石炭火力発電の建設規模と発展ペースを合理的に抑制し、石炭から電気への暖房方式の切り替えを推し進める。石油?天然ガス探査?開発の市場參入條件を段階的に緩和し、深海?地底および非伝統的石油?天然ガス資源の利用を急ぎ、石油?天然ガスの備蓄と生産を増やす?,F地の実情に即して地熱エネルギーを開発?利用する。超高圧(UHV)送電ルートの利用率を上げる。送電インフラのスマート化とスマートミクログリッドの整備を急ぎ、電力システムの相互補完?自動調節能力を高め、電源?送電?負荷?貯蔵のつながりを強化し、クリーンエネルギーの利用?貯蔵能力を高め、僻地への送配電能力を高め、石炭火力発電の柔軟な改造を推し進め、揚水発電所の建設と新たなエネルギー貯蔵技術の大規模応用を加速させる。石炭の地域間輸送ルートと集散輸送體系を整え、天然ガスの幹線パイプラインをどんどん整備し、石油?天然ガスの相互連結ネットワークを整える。


圖1.“十四五”大型清潔能源基地布局示意圖

図1 「十四五(第14次5ヵ年計畫)」大型クリーンエネルギー基地配置見取図

新疆クリーンエネルギー基地

黃河上流クリーンエネルギー基地

河西回廊クリーンエネルギー基地

黃河幾字灣クリーンエネルギー基地

冀北クリーンエネルギー基地

松遼クリーンエネルギー基地

金沙江上流クリーンエネルギー基地

雅礱江流域クリーンエネルギー基地

金沙江下流クリーンエネルギー基地

凡例

「十三五」計畫盛り込み、「十四五」完工?運営開始の送電ルート

「十四五」著工、「十四五」完工?運営開始の送電ルート

「十四五」完工?運営開始の原子力発電所

完工済み主要送電ルート

水力発電 洋上風力発電 火力発電

陸上風力発電 太陽光発電

クリーンエネルギー基地

第四節 加強水利基礎設施建設

立足流域整體和水資源空間均衡配置,加強跨行政區河流水系治理保護和骨干工程建設,強化大中小微水利設施協調配套,提升水資源優化配置和水旱災害防御能力。堅持節水優先,完善水資源配置體系,建設水資源配置骨干項目,加強重點水源和城市應急備用水源工程建設。實施防洪提升工程,解決防汛薄弱環節,加快防洪控制性樞紐工程建設和中小河流治理、病險水庫除險加固,全面推進堤防和蓄滯洪區建設。加強水源涵養區保護修復,加大重點河湖保護和綜合治理力度,恢復水清岸綠的水生態體系。

第四節水利施設の整備を強化する

流域全體と水資源の空間的均衡配分に立腳して、行政區橫斷の河川?水系治水保全?基幹工事の取り組みを強化し、大型?中型?小型?超小型水利施設のバランスのよい組み合わせを強化し、水資源の合理的配分と水害?干害に対する防災能力を高める。節水優先を堅持し、水資源配分體系を整え、水資源配分基幹プロジェクトを進め、重點水源?都市緊急時予備水源の整備の取り組みを強化する。水防強化プロジェクトを実施し、水害対策の脆弱部分をなくし、水防コントロールセンターの建設工事と中小河川の治水、危険なダムの補修?補強を急ぎ、堤防?遊水地の建設を全面的に推し進める。水源涵養地の保護?復元を強化し、重點河川?湖沼の保護と総合対策にいっそう力を入れ、水がきれいで岸辺の緑が豊かな淡水生態系を取り戻す。


第四篇 形成強大國內市場 構建新發展格局

堅持擴大內需這個戰略基點,加快培育完整內需體系,把實施擴大內需戰略同深化供給側結構性改革有機結合起來,以創新驅動、高質量供給引領和創造新需求,加快構建以國內大循環為主體、國內國際雙循環相互促進的新發展格局。

第四篇強大な國內市場を形成し、新たな発展の形を構築する

內需拡大という戦略的基點を堅持し、欠落部分のない內需體系の育成を加速させ、內需拡大戦略の実施を供給側構造改革の深化と有機的に結びつけ、革新駆動と質の高い供給によって新たな需要を先導?創出し、國內大循環を主體とし、國內?國際雙循環が相互に促進し合う新たな発展の形の構築を加速させる。

第十二章 暢通國內大循環

依托強大國內市場,貫通生產、分配、流通、消費各環節,形成需求牽引供給、供給創造需求的更高水平動態平衡,促進國民經濟良性循環。

第十二章 國內大循環を円滑化する

強大な國內市場を拠り所とし、生産?分配?流通?消費の各段階を疎通させ、需要が供給を牽引し、供給が需要を創出するより高いレベルの動的平衡をもたらし、國民経済の好循環を促進する。

第一節 提升供給體系適配性

深化供給側結構性改革,提高供給適應引領創造新需求能力。適應個性化、差異化、品質化消費需求,推動生產模式和產業組織方式創新,持續擴大優質消費品、中高端產品供給和教育、醫療、養老等服務供給,提升產品服務質量和客戶滿意度,推動供需協調匹配。優化提升供給結構,促進農業、制造業、服務業、能源資源等產業協調發展。完善產業配套體系,加快自然壟斷行業競爭性環節市場化,實現上下游、產供銷有效銜接。健全市場化法治化化解過剩產能長效機制,完善企業兼并重組法律法規和配套政策。建立健全質量分級制度,加快標準升級迭代和國際標準轉化應用。開展中國品牌創建行動,保護發展中華老字號,提升自主品牌影響力和競爭力,率先在化妝品、服裝、家紡、電子產品等消費品領域培育一批高端品牌。

第一節 供給體系の適合性を高める

供給側構造改革を深化させ、供給が新たな需要に適応し新たな需要を先導し新たな需要を創出する能力を高める。カスタマイズ、差別化、質志向という消費需要に適応し、生産様式と産業組織形態の革新を促し、良質な消費財とミドル?ハイエンド製品の供給、それに教育?醫療?養老などのサービスの供給を持続的に拡大し、製品?サービスの質と顧客満足度を高め、需給がバランスよくつり合うようにする。供給構造を合理化?高度化し、農業、製造業、サービス業、エネルギー?資源といった産業の調和のとれた発展を促進する。産業集積體系を充実させ、自然獨占産業の競爭性のある分野の市場化を加速させ、川上?川下、生産?供給?販売の効果的連攜を実現する。市場化?法治化による過剰生産能力の解消のための長期有効メカニズムを整え、企業の合併?再編に関する法律?法規と政策を充実させる。品質等級區分制度を確立して充実させ、基準の更新と國際基準の適用を急ぐ。中國ブランド創出行動を展開し、中華老字號を保護?発展させ、自主ブランドの影響力と競爭力を高め、化粧品、衣料、インテリア繊維製品、電子製品といった消費財の分野で一群のハイエンドブランドを育成する。

第二節 促進資源要素順暢流動

破除制約要素合理流動的堵點,矯正資源要素失衡錯配,從源頭上暢通國民經濟循環。提高金融服務實體經濟能力,健全實體經濟中長期資金供給制度安排,創新直達實體經濟的金融產品和服務,增強多層次資本市場融資功能。實施房地產市場平穩健康發展長效機制,促進房地產與實體經濟均衡發展。有效提升勞動者技能,提高就業質量和收入水平,形成人力資本提升和產業轉型升級良性循環。健全城鄉要素自由流動機制,構建區域產業梯度轉移格局,促進城鄉區域良性互動。

第二節 資源?要素の円滑な流動を促進する

要素の合理的な流動の妨げとなっている詰まりを解消し、資源?要素のバランスの悪い配分を正し、國民経済の循環を根本から円滑化する。実體経済への金融の貢獻能力を高め、実體経済への中長期的資金供給の制度的取り決めを整え、実體経済にじかに屆く金融商品?金融サービスを新たに生み出し、多層的な資本市場の融資機能を増強する。不動産市場の安定した健全な発展のための長期有効メカニズムを実施し、不動産と実體経済の均衡ある発展を促進する。労働者の技能を効果的に高め、雇用の質と所得水準を向上させ、人的資本の高度化と産業構造の高度化の好循環を生み出す。都市?農村間の要素の自由な移動の仕組みを整え、地域間の産業の漸進的移転の形をつくり、都市?農村間、地域間のプラスの相互作用を促進する。

第三節 強化流通體系支撐作用

深化流通體制改革,暢通商品服務流通渠道,提升流通效率,降低全社會交易成本。加快構建國內統一大市場,對標國際先進規則和最佳實踐優化市場環境,促進不同地區和行業標準、規則、政策協調統一,有效破除地方保護、行業壟斷和市場分割。建設現代物流體系,加快發展冷鏈物流,統籌物流樞紐設施、骨干線路、區域分撥中心和末端配送節點建設,完善國家物流樞紐、骨干冷鏈物流基地設施條件,健全縣鄉村三級物流配送體系,發展高鐵快運等鐵路快捷貨運產品,加強國際航空貨運能力建設,提升國際海運競爭力。優化國際物流通道,加快形成內外聯通、安全高效的物流網絡。完善現代商貿流通體系,培育一批具有全球競爭力的現代流通企業,支持便利店、農貿市場等商貿流通設施改造升級,發展無接觸交易服務,加強商貿流通標準化建設和綠色發展。加快建立儲備充足、反應迅速、抗沖擊能力強的應急物流體系。

第三節 流通體系の支柱的役割を強化する

流通體制の改革を深化させ、商品?サービスの流通ルートを円滑化し、流通の効率を高め、社會全體の取引コストを低下させる。國內統一大市場の構築を急ぎ、 先進的國際ルール?ベストプラクティスをベンチマークにして市場環境を改善し、異なる地區?業界の基準?ルール?政策の協調?統一を促進し、地方保護主義、業界の獨占、市場分割を効果的に解消する?,F代的物流體系を築き、コールドチェーンをどんどん発展させ、物流のハブ施設、基幹ルート、地域配送センター、末端配送拠點の整備を統一的にはかり、國家物流ハブ、國家基幹コールドチェーン基地の設備環境を充実させ、県?郷?村三級物流配送體系を整え、高速鉄道物流など鉄道による高速貨物輸送サービスを発展させ、國際航空貨物輸送能力の構築を強化し、海運業の國際競爭力を高める。國際物流ルートを最適化し、內外が相互連結した、安全で高効率な物流ネットワークの形成を急ぐ?,F代的商品流通體系を整備し、グローバルな競爭力を備えた一群の現代的流通企業を育て、コンビニエンスストアや自由市場といった商品流通施設の変革?高度化をサポートし、非対面取引サービスを発展させ、商品流通の標準化の取り組みとグリーン発展を強化する。備蓄が十分で、反応が迅速で、衝撃抵抗能力が強い緊急時物流體系の確立を急ぐ。

第四節 完善促進國內大循環的政策體系

保持合理的財政支出力度和赤字率水平,完善減稅降費政策,構建有利于企業擴大投資、增加研發投入、調節收入分配、減輕消費者負擔的稅收制度。保持流動性合理充裕,保持貨幣供應量和社會融資規模增速同名義經濟增速基本匹配,創新結構性政策工具,引導金融機構加大對重點領域和薄弱環節支持力度,規范發展消費信貸。推動產業政策向普惠化和功能性轉型,強化競爭政策基礎性地位,支持技術創新和結構升級。健全與經濟發展水平相適應的收入分配、社會保障和公共服務制度。

第四節 國內大循環を促進する政策體系を整える

合理的な財政支出の度合いと財政赤字の対GDP比水準を保ち、減稅?料金引き下げ政策を充実させ、企業が投資を拡大し、研究開発投資を増やし、所得分配を調節し、消費者の負擔を減らすのに資する稅制を構築する。流動性の合理的なゆとりを保ち、マネーサプライ?社會融資総量の伸び率と名目の経済成長率との基本的一致を保ち、構造政策手段を革新し、金融機関による重點分野と脆弱部分への支援の拡大をリードし、消費者信用を規範的に発展させる。産業政策を包摂的で機能的なものに転換し、競爭政策の基礎的位置づけを強化し、技術革新と構造の高度化を後押しする。経済発展レベルに見合った所得分配?社會保障?公共サービス制度を整える。

第十三章 促進國內國際雙循環

立足國內大循環,協同推進強大國內市場和貿易強國建設,形成全球資源要素強大引力場,促進內需和外需、進口和出口、引進外資和對外投資協調發展,加快培育參與國際合作和競爭新優勢。

第十三章 國內?國際雙循環を促進する

國內大循環に軸足を置いて、強大な國內市場の整備と貿易強國の建設を調和させながら推進し、世界の資源?要素をひき寄せる強力な重力場を形成し、內需と外需、輸入と輸出、外資導入と対外投資の調和のとれた発展を促し、國際協力?競爭への參加における新たな優位性の育成を急ぐ。

第一節 推動進出口協同發展

完善內外貿一體化調控體系,促進內外貿法律法規、監管體制、經營資質、質量標準、檢驗檢疫、認證認可等相銜接,推進同線同標同質。降低進口關稅和制度性成本,擴大優質消費品、先進技術、重要設備、能源資源等進口,促進進口來源多元化。完善出口政策,優化出口商品質量和結構,穩步提高出口附加值。優化國際市場布局,引導企業深耕傳統出口市場、拓展新興市場,擴大與周邊國家貿易規模,穩定國際市場份額。推動加工貿易轉型升級,深化外貿轉型升級基地、海關特殊監管區域、貿易促進平臺、國際營銷服務網絡建設,加快發展跨境電商、市場采購貿易等新模式,鼓勵建設海外倉,保障外貿產業鏈供應鏈暢通運轉。創新發展服務貿易,推進服務貿易創新發展試點開放平臺建設,提升貿易數字化水平。實施貿易投資融合工程。辦好中國國際進口博覽會、中國進出口商品交易會、中國國際服務貿易交易會等展會。

第一節輸出入のバランスのよい発展を促す

國內取引?対外貿易の一體的調整體系を整え、國內取引?対外貿易の法律?法規、監督管理體制、経営諸資格、品質基準、検査?検疫、認証?認可などが互いにかみ合うようにし、「同一ライン?同一基準?同一品質」を推進する。輸入関稅と手続きのコストを引き下げ、良質な消費財、先端技術、重要設備、エネルギー?資源などの輸入を拡大し、輸入元の多元化を促進する。輸出政策を充実させ、輸出品の質と輸出品目の構成を改善し、輸出の付加価値を著実に高める。國際市場の配置を改善し、企業が従來の輸出市場を十分に活用しつつ新興市場を開拓するよう導き、周辺諸國との貿易規模を拡大し、國際市場シェアを安定させる。加工貿易のパターン転換?高度化を促し、対外貿易パターン転換?高度化拠點、稅関特別監督管理區域、貿易促進プラットフォーム、國際販売?サービス網の整備をいっそう進め、越境Eコマースや市場仕入貿易(認定された卸売り市場で業者が商品を仕入れて市場から直接輸出する方式の貿易)など新たなモデルをどんどん発展させ、海外倉庫の設置を奨勵し、対外貿易の産業チェーン、サプライチェーンの円滑な流れを保障する。サービス貿易の革新発展をはかり、サービス貿易革新発展試行開放プラットフォームの整備を推し進め、貿易のデジタル化レベルを高める。貿易?投資融合プロジェクトを実施する。中國國際輸入博覧會、中國輸出入商品交易會、中國國際サービス貿易交易會といった展示會をしっかりと開催する。

第二節 提高國際雙向投資水平

堅持引進來和走出去并重,以高水平雙向投資高效利用全球資源要素和市場空間,完善產業鏈供應鏈保障機制,推動產業競爭力提升。更大力度吸引和利用外資,有序推進電信、互聯網、教育、文化、醫療等領域相關業務開放。全面優化外商投資服務,加強外商投資促進和保護,發揮重大外資項目示范效應,支持外資加大中高端制造、高新技術、傳統制造轉型升級、現代服務等領域和中西部地區投資,支持外資企業設立研發中心和參與承擔國家科技計劃項目。鼓勵外資企業利潤再投資。堅持企業主體,創新境外投資方式,優化境外投資結構和布局,提升風險防范能力和收益水平。完善境外生產服務網絡和流通體系,加快金融、咨詢、會計、法律等生產性服務業國際化發展,推動中國產品、服務、技術、品牌、標準走出去。支持企業融入全球產業鏈供應鏈,提高跨國經營能力和水平。引導企業加強合規管理,防范化解境外政治、經濟、安全等各類風險。推進多雙邊投資合作機制建設,健全促進和保障境外投資政策和服務體系,推動境外投資立法。

第二節各國との雙方向投資の水準を高める

「引進來(海外からの引き入れ)」と「走出去(海外展開)」の両方の重視を堅持し、ハイレベルの雙方向投資によって世界の資源?要素と市場空間を活かし、産業チェーン、サプライチェーンの保障の仕組みを整え、産業競爭力の向上を促す。外資の誘致?利用にいっそう力を入れ、電気通信、インターネット、教育、文化、醫療といった分野の関連業務の開放を秩序立てて推し進める。外商投資へのサービスを全面的に改善し、外商投資の促進と保護にいっそう力を入れ、重大外資プロジェクトに模範としての効果を発揮させ、外資がミドル?ハイエンド製造、ハイテク、従來型製造業モデル転換?高度化、現代サービス業といった分野と中?西部地區への投資を拡大するのをサポートし、外資企業が研究開発センターを設立したり、わが國の科學技術計畫プロジェクトに參加して一翼を擔ったりするのをサポートする。外資企業が利潤を再投資することを奨勵する。企業主體を堅持し、境外投資の方式を革新し、境外投資の構造と配分を最適化し、リスク防止能力と収益水準を高める。境外生産のサービス網と流通體系を整備し、金融、コンサルティング、會計、法律など生産者向けサービス業の國際化をどんどん進展させ、中國の製品、サービス、技術、ブランド、規格の「走出去」を促す。企業がグローバルな産業チェーンやサプライチェーンに溶け込み、グローバル経営能力?レベルを高めるのをサポートする。企業がルールに基づく管理を強化し、境外での政治?経済?安全などのさまざまなリスクを防止?解消するよう導く。多國間?二國間の投資協力メカニズムの整備を推進し、境外投資の促進?保障のための政策?サービス體系を整え、境外投資に関する立法を推し進める。

第十四章 加快培育完整內需體系

深入實施擴大內需戰略,增強消費對經濟發展的基礎性作用和投資對優化供給結構的關鍵性作用,建設消費和投資需求旺盛的強大國內市場。

第十四章 欠落部分のない內需體系の育成を加速させる

內需拡大戦略を踏み込んで実施し、経済発展に対する消費の基礎的役割と供給構造の最適化に対する投資の決定的な役割を強化し、消費需要?投資需要があふれる強大な國內市場を築く。

第一節 全面促進消費

順應居民消費升級趨勢,把擴大消費同改善人民生活品質結合起來,促進消費向綠色、健康、安全發展,穩步提高居民消費水平。提升傳統消費,加快推動汽車等消費品由購買管理向使用管理轉變,健全強制報廢制度和廢舊家電、消費電子等耐用消費品回收處理體系,促進住房消費健康發展。培育新型消費,發展信息消費、數字消費、綠色消費,鼓勵定制、體驗、智能、時尚消費等新模式新業態發展。發展服務消費,放寬服務消費領域市場準入,推動教育培訓、醫療健康、養老托育、文旅體育等消費提質擴容,加快線上線下融合發展。適當增加公共消費,提高公共服務支出效率。擴大節假日消費,完善節假日制度,全面落實帶薪休假制度。培育建設國際消費中心城市,打造一批區域消費中心。完善城鄉融合消費網絡,擴大電子商務進農村覆蓋面,改善縣城消費環境,推動農村消費梯次升級。完善市內免稅店政策,規劃建設一批中國特色市內免稅店。采取增加居民收入與減負并舉等措施,不斷擴大中等收入群體,持續釋放消費潛力。強化消費者權益保護,完善質量標準和后評價體系,健全缺陷產品召回、產品傷害監測、產品質量擔保等制度,完善多元化消費維權機制和糾紛解決機制。

第一節消費を全面的に促進する

個人消費の高度化の趨勢に順応し、消費の拡大を人民のクオリティ?オブ?ライフの改善と結びつけ、グリーン?健康?安全志向の消費の発展を促進し、個人消費の水準を著実に高める。従來型消費をレベルアップさせ、自動車などの消費財の販売管理から使用管理への転換をどんどん促し、強制廃棄処分制度およびいらなくなった家電や消費者用電子機器など耐久消費財の回収?処理體系を整え、住宅消費の健全な発展を促進する。新型消費を育て、情報消費、デジタル消費、グリーン消費を発展させ、カスタマイズ、コト消費、スマート消費、流行消費など新モデル?新スタイルの発展を奨勵する。サービス消費を発展させ、サービス消費分野の市場參入條件を緩和し、教育?研修、醫療?ヘルスケア、養老?託児、文化観光?スポーツなどの消費の質?內容の拡充を促し、オンラインとオフラインの融合発展を加速させる。公共消費を適宜増やし、公共サービス支出の効率を上げる。祝日?休日の消費を拡大し、祝日?休日制度を改善し、有給休暇制度を全面的に徹底する。國際消費中心都市を育成?整備し、一群の地域消費センターを築く。都市?農村融合消費ネットワークを整え、Eコマースの農村への普及エリアを広げ、県域の消費環境を改善し、農村消費を段階的にレベルアップさせる。市中免稅店政策を整え、一群の中國の特色ある市中免稅店を計畫?整備する。住民の所得増と負擔減の二本立てなどの措置を講じ、中間所得層を絶えず拡大し、消費の潛在力を持続的に引き出す。消費者の権利?利益の保護を強化し、品質基準?事後評価體系を整え、欠陥製品のリコール、製品事故のモニタリング、製品の品質保証などの制度を整え、消費者のための多元的な権利保護と紛爭解決の仕組みを整える。

第二節 拓展投資空間

優化投資結構,提高投資效率,保持投資合理增長。加快補齊基礎設施、市政工程、農業農村、公共安全、生態環保、公共衛生、物資儲備、防災減災、民生保障等領域短板,推動企業設備更新和技術改造,擴大戰略性新興產業投資。推進既促消費惠民生又調結構增后勁的新型基礎設施、新型城鎮化、交通水利等重大工程建設。面向服務國家重大戰略,實施川藏鐵路、西部陸海新通道、國家水網、雅魯藏布江下游水電開發、星際探測、北斗產業化等重大工程,推進重大科研設施、重大生態系統保護修復、公共衛生應急保障、重大引調水、防洪減災、送電輸氣、沿邊沿江沿海交通等一批強基礎、增功能、利長遠的重大項目建設。深化投融資體制改革,發揮政府投資撬動作用,激發民間投資活力,形成市場主導的投資內生增長機制。健全項目謀劃、儲備、推進機制,加大資金、用地等要素保障力度,加快投資項目落地見效。規范有序推進政府和社會資本合作(PPP),推動基礎設施領域不動產投資信托基金(REITs)健康發展,有效盤活存量資產,形成存量資產和新增投資的良性循環。

第二節投資の余地を広げる

投資構造を最適化し、投資効率を高め、投資の合理的な伸びを保つ。インフラ、都市部公共事業、農業?農村、公共安全、生態環境保護、公衆衛生、物資備蓄、防災減災、民生保障などの分野の不足部分の補充を急ぎ、企業の設備更新と技術改良を促し、戦略的新興産業への投資を拡大する。消費促進?民生改善だけでなく構造調整?持続力強化にもなる新型インフラ、新型都市化、交通?水利などの重大プロジェクトの建設を推し進める。國の重大戦略への貢獻を目標に、川蔵線、西部陸海新ルート、國家水網、雅魯蔵布江下流水力発電開発、宇宙探査、北斗衛星測位システム産業化などの重大プロジェクトを実施し、重大科學研究施設、重大生態系保護?復元、公衆衛生緊急対応保障、重大導水?送水、水防?減災、送電?天然ガス輸送、沿辺?沿江?沿海交通など基盤の強化、機能の増強、將來の利益を見據えた一連の重大プロジェクトの建設を推し進める。投融資體制の改革を深化させ、政府による投資の呼び水効果を発揮させ、民間投資の活力を引き出し、市場主導の內生的投資拡大メカニズムを形成する。プロジェクトの構想?準備?推進の仕組みを整え、資金や土地といった要素の保障にいっそう力を入れ、投資プロジェクトのしっかりとした効果がどんどん現れるようにする。政府?民間資本連攜(PPP)を規範的に秩序正しく推し進め、インフラ分野の不動産投資信託(REIT)ファンドの健全な発展を促し、保有資産を効果的に活用し、保有資産と新規投資の好循環を生み出す。

第五篇 加快數字化發展 建設數字中國

迎接數字時代,激活數據要素潛能,推進網絡強國建設,加快建設數字經濟、數字社會、數字政府,以數字化轉型整體驅動生產方式、生活方式和治理方式變革。

第五篇デジタル化の発展を加速させ、「デジタル中國」を建設する

デジタル時代を迎え、生産要素としてのデータの潛在力を引き出し、インターネット強國の建設を推し進め、デジタル経済、デジタル社會、デジタル政府をどんどん整備し、デジタル化によって生産様式、生活様式、ガバナンス方式を一體的に駆動する。

第十五章 打造數字經濟新優勢

充分發揮海量數據和豐富應用場景優勢,促進數字技術與實體經濟深度融合,賦能傳統產業轉型升級,催生新產業新業態新模式,壯大經濟發展新引擎。

第十五章 デジタル経済の新たな優位性を築く

大量のデータと豊富な応用の場がある優位性を十分に活かし、デジタル技術と実體経済の高度な融合を促進し、在來産業の業態転換?高度化を勢いづけ、新産業?新業態?新モデルの創出を急ぎ、経済発展の新たなエンジンを大きく育てる。

第一節 加強關鍵數字技術創新應用

聚焦高端芯片、操作系統、人工智能關鍵算法、傳感器等關鍵領域,加快推進基礎理論、基礎算法、裝備材料等研發突破與迭代應用。加強通用處理器、云計算系統和軟件核心技術一體化研發。加快布局量子計算、量子通信、神經芯片、DNA存儲等前沿技術,加強信息科學與生命科學、材料等基礎學科的交叉創新,支持數字技術開源社區等創新聯合體發展,完善開源知識產權和法律體系,鼓勵企業開放軟件源代碼、硬件設計和應用服務。

第一節カギとなるデジタル技術の革新?応用を強化する

ハイエンドチップ、オペレーティングシステム(OS)、AIの基幹アルゴリズム、センサーなどカギとなる分野にフォーカスして、基礎理論、基本アルゴリズム、設備?材料などの研究開発の打開的進展と新たな応用をどんどん推し進める。汎用プロセッサ、クラウドコンピューティングシステム、ソフトウェアの核心技術の一體的な研究開発を強化する。量子コンピュータ、量子通信、ニューロチップ、DNAストレージといった先端技術についていち早く手を打ち、情報科學と生命科學?素材など基礎學科との複合的イノベーションを強化し、デジタル技術のオープンソースコミュニティなどイノベーション連合體の発展をサポートし、オープンソースをめぐる知的財産権?法體系を整備し、企業がソフトウェアのソースコード、ハードウェアの設計?応用サービスを開放することを奨勵する。

第二節 加快推動數字產業化

培育壯大人工智能、大數據、區塊鏈、云計算、網絡安全等新興數字產業,提升通信設備、核心電子元器件、關鍵軟件等產業水平。構建基于5G的應用場景和產業生態,在智能交通、智慧物流、智慧能源、智慧醫療等重點領域開展試點示范。鼓勵企業開放搜索、電商、社交等數據,發展第三方大數據服務產業。促進共享經濟、平臺經濟健康發展。

第二節デジタル産業化をどんどん促す

AI、ビッグデータ、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング、サイバーセキュリティといった新興デジタル産業を大きく育て、通信設備、基幹電子部品?パーツ、重要ソフトウェアといった産業のレベルを高める。5Gに基づく応用の場と産業環境を築き、スマート交通、スマート物流、スマートエネルギー、スマート醫療など重點分野でモデル事業を展開する。企業が検索、Eコマース、ソーシャルメディアなどのデータを開放することを奨勵し、第三者へのビッグデータ提供のサービス産業を発展させる。シェアリングエコノミー、プラットフォームエコノミーの健全な発展を促す。

第三節 推進產業數字化轉型

實施“上云用數賦智”行動,推動數據賦能全產業鏈協同轉型。在重點行業和區域建設若干國際水準的工業互聯網平臺和數字化轉型促進中心,深化研發設計、生產制造、經營管理、市場服務等環節的數字化應用,培育發展個性定制、柔性制造等新模式,加快產業園區數字化改造。深入推進服務業數字化轉型,培育眾包設計、智慧物流、新零售等新增長點。加快發展智慧農業,推進農業生產經營和管理服務數字化改造。

第三節産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する

「クラウドサービスの普及、ビッグデータの活用、スマート化の支援」行動を実施し、データを原動力に産業チェーン全體の調和のとれたモデル転換を促す。重點業種?地域で世界レベルのインダストリアル?インターネットプラットフォームとDX促進センターをいくつか建設し、研究開発?設計、生産?製造、経営管理、市場サービスなどの段階へのデジタル化の応用をいっそう進め、カスタマイズやフレキシブル生産といった新たなモデルを育て発展させ、産業パークのデジタル化を急ぐ。サービス業のDXを踏み込んで推進し、クラウドソーシング型デザイン、スマート物流、ニューリテールなど新たな成長分野を育てる。スマート農業をどんどん発展させ、農業の生産?経営と管理?サービスのデジタル化を推し進める。


第十六章 加快數字社會建設步伐

適應數字技術全面融入社會交往和日常生活新趨勢,促進公共服務和社會運行方式創新,構筑全民暢享的數字生活。

第十六章 デジタル社會建設のペースを上げる

デジタル技術が社會的営みや日常生活のあらゆる面に浸透している新たな趨勢に適応して、公共サービスと社會運営の方式の革新を促し、全國民が満喫できるデジタルライフを構築する。

第一節 提供智慧便捷的公共服務

聚焦教育、醫療、養老、撫幼、就業、文體、助殘等重點領域,推動數字化服務普惠應用,持續提升群眾獲得感。推進學校、醫院、養老院等公共服務機構資源數字化,加大開放共享和應用力度。推進線上線下公共服務共同發展、深度融合,積極發展在線課堂、互聯網醫院、智慧圖書館等,支持高水平公共服務機構對接基層、邊遠和欠發達地區,擴大優質公共服務資源輻射覆蓋范圍。加強智慧法院建設。鼓勵社會力量參與“互聯網+公共服務”,創新提供服務模式和產品。

第一節スマート化された便利な公共サービスを提供する

教育、醫療、養老、育児、雇用、文化?スポーツ、障害者支援といった重點分野にフォーカスして、デジタル化されたサービスの幅広い応用を促し、大衆の獲得感を持続的に向上させる。學校?病院?養老院といった公共サービス機関の資源のデジタル化を推進し、開放?共有?応用にいっそう力を入れる。オンラインとオフラインの公共サービスの共同発展、高度な融合を推し進め、オンライン授業、インターネット病院、スマート図書館などを積極的に発展させ、高水準の公共サービス機関が末端?辺境?未発達地區とつながるようサポートし、優れた公共サービス資源の波及?カバー範囲を広げる。スマート裁判所の整備を強化する。社會の力が「インターネット+公共サービス」に參入し、サービス提供の方式や提供するサービス財を革新することを奨勵する。

第二節 建設智慧城市和數字鄉村

以數字化助推城鄉發展和治理模式創新,全面提高運行效率和宜居度。分級分類推進新型智慧城市建設,將物聯網感知設施、通信系統等納入公共基礎設施統一規劃建設,推進市政公用設施、建筑等物聯網應用和智能化改造。完善城市信息模型平臺和運行管理服務平臺,構建城市數據資源體系,推進城市數據大腦建設。探索建設數字孿生城市。加快推進數字鄉村建設,構建面向農業農村的綜合信息服務體系,建立涉農信息普惠服務機制,推動鄉村管理服務數字化。

第二節スマートシティとデジタル農村を建設する

デジタル化によって都市?農村の発展とガバナンスモデルの革新を促し、運営効率と住みやすさを全面的に向上させる。新型スマートシティの建設を級別?類別に推進し、IoTの認識機器や通信システムなどを公共インフラの統一的計畫?整備に組み入れ、都市公共施設?建築物などのIoT応用とスマート化を推し進める。都市のインフォメーションモデリングのプラットフォームと運営?管理?サービスのプラットフォームを整え、都市のデータ資源體系を築き、都市のデータブレーンの整備を推し進める。デジタルツインシティの建設を模索する。デジタル農村の建設をどんどん推し進め、農業?農村向けの総合情報サービス體系を構築し、農業関連情報周知サービスの仕組みを確立し、農村の管理?サービスのデジタル化を促す。

第三節 構筑美好數字生活新圖景

推動購物消費、居家生活、旅游休閑、交通出行等各類場景數字化,打造智慧共享、和睦共治的新型數字生活。推進智慧社區建設,依托社區數字化平臺和線下社區服務機構,建設便民惠民智慧服務圈,提供線上線下融合的社區生活服務、社區治理及公共服務、智能小區等服務。豐富數字生活體驗,發展數字家庭。加強全民數字技能教育和培訓,普及提升公民數字素養。加快信息無障礙建設,幫助老年人、殘疾人等共享數字生活。

第三節素晴らしいデジタルライフの新たな姿を創造する

ショッピング消費、在宅ライフ、観光レジャー、交通移動など各場面のデジタル化を促し、情報が共有され、融和的に共治される新型デジタルライフを創造する。インテリジェント?コミュニティの建設を推し進め、コミュニティのデジタル化されたプラットフォームとオフラインのコミュニティサービス機関を利用して、便利で快適なスマートサービス圏を整備し、オンラインとオフラインが融合したコミュニティ生活サービス、コミュニティガバナンス?公共サービス、スマートコミュニティといったサービスを提供する。デジタルライフの內容を充実させ、デジタルホームを発展させる。全國民へのデジタル技能教育?研修を強化し、公民のデジタルリテラシーを普及?向上させる。情報バリアフリーの構築を急ぎ、高齢者や障害者などがデジタルライフを共有できるよう支援する。 

第十七章 提高數字政府建設水平

將數字技術廣泛應用于政府管理服務,推動政府治理流程再造和模式優化,不斷提高決策科學性和服務效率。

第十七章 デジタル政府建設のレベルを高める

デジタル技術を政府による管理?サービスに幅広く応用し、政府によるガバナンスの流れの再構築とモデルの最適化を推し進め、政策決定の科學性とサービスの効率をどんどん高める。

第一節 加強公共數據開放共享

建立健全國家公共數據資源體系,確保公共數據安全,推進數據跨部門、跨層級、跨地區匯聚融合和深度利用。健全數據資源目錄和責任清單制度,提升國家數據共享交換平臺功能,深化國家人口、法人、空間地理等基礎信息資源共享利用。擴大基礎公共信息數據安全有序開放,探索將公共數據服務納入公共服務體系,構建統一的國家公共數據開放平臺和開發利用端口,優先推動企業登記監管、衛生、交通、氣象等高價值數據集向社會開放。開展政府數據授權運營試點,鼓勵第三方深化對公共數據的挖掘利用。

第一節公共データの開放?共有を強化する

國の公共データ資源體系を確立して充実させ、公共データのセキュリティを確保し、部門や階層や地區の枠を越えたデータの集約?融合および高度利用を推進する。データ資源目録?責任リスト制度を整え、國のデータ共有交換プラットフォームの機能を高め、國の人口?法人?空間地理など基礎的情報資源の共有?利用を進展させる?;A的公共情報?データの安全で段階的な開放を拡大し、公共サービス體系への公共データサービスの組み入れを模索し、國の公共データの統一的な開放プラットフォームと開発利用ポートを構築し、會社登記監督管理、衛生、交通、気象などの価値の高いデータの社會への開放を優先的に推し進める。授権して政府のデータを運営させる試みを展開し、第三者が公共データの発掘?利用を強化することを奨勵する。

第二節 推動政務信息化共建共用

加大政務信息化建設統籌力度,健全政務信息化項目清單,持續深化政務信息系統整合,布局建設執政能力、依法治國、經濟治理、市場監管、公共安全、生態環境等重大信息系統,提升跨部門協同治理能力。完善國家電子政務網絡,集約建設政務云平臺和數據中心體系,推進政務信息系統云遷移。加強政務信息化建設快速迭代,增強政務信息系統快速部署能力和彈性擴展能力。

第二節政務情報化の共創?共用を推し進める

政務情報化建設の統一的計畫にいっそう力を入れ、政務情報化プロジェクトリストを整備し、政務情報システムの統合を持続的に深化させ、執政能力、法に基づく國家統治、経済ガバナンス、市場監督管理、公共安全、生態環境などの重大情報システムを配置?建設し、部門の枠を越えた協同ガバナンスの能力を向上させる。國の電子政府ネットワークを整備し、政務クラウドプラットフォーム?データセンター體系を集約的に建設し、政務情報システムのクラウド化を推進する。政務情報化建設の迅速な反復改善を強化し、政務情報システムの迅速な展開能力と柔軟な適応能力を増強する。

第三節 提高數字化政務服務效能

全面推進政府運行方式、業務流程和服務模式數字化智能化。深化“互聯網+政務服務”,提升全流程一體化在線服務平臺功能。加快構建數字技術輔助政府決策機制,提高基于高頻大數據精準動態監測預測預警水平。強化數字技術在公共衛生、自然災害、事故災難、社會安全等突發公共事件應對中的運用,全面提升預警和應急處置能力。

第三節デジタル化された行政サービスの効果を高める

政府の運営方式、業務プロセス、サービス形式のデジタル化?スマート化を全面的に推進する?!弗ぅ螗咯`ネット+行政サービス」を深化させ、すべての手続きが一元化されたオンラインサービスプラットフォームの機能を向上させる。政府の政策決定をデジタル技術で補助する仕組みをどんどん整備し、高頻度ビッグデータに基づく正確な動的モニタリング?予測?早期警報の水準を高める。公衆衛生、自然災害、事故災禍、社會安全などの公共突発事態への対応におけるデジタル技術の活用を強化し、早期警報?緊急対応能力を全面的に向上させる。

第十八章 營造良好數字生態

堅持放管并重,促進發展與規范管理相統一,構建數字規則體系,營造開放、健康、安全的數字生態。

第十八章 良好なデジタル環境を整える

緩和と管理の両方の重視を堅持し、発展と規範化?管理との両立を促進し、デジタルルール體系を構築し、開放的で健全で安全なデジタル環境を整える。

第一節 建立健全數據要素市場規則

統籌數據開發利用、隱私保護和公共安全,加快建立數據資源產權、交易流通、跨境傳輸和安全保護等基礎制度和標準規范。建立健全數據產權交易和行業自律機制,培育規范的數據交易平臺和市場主體,發展數據資產評估、登記結算、交易撮合、爭議仲裁等市場運營體系。加強涉及國家利益、商業秘密、個人隱私的數據保護,加快推進數據安全、個人信息保護等領域基礎性立法,強化數據資源全生命周期安全保護。完善適用于大數據環境下的數據分類分級保護制度。加強數據安全評估,推動數據跨境安全有序流動。

第一節生産要素としてのデータの取引市場のルールを確立する

データの開発利用、プライバシーの保護、公共安全を総合的に勘案し、データ資源の所有権、流通取引、越境伝送、安全保護などの基礎制度と標準ルールの確立を急ぐ。データの所有権取引と業界自主規制の仕組みを確立して充実させ、規範のあるデータ取引プラットフォームと市場主體を育成し、データの資産評価?登記決済?取引仲介?爭議仲裁などのための市場運営體系を発展させる。國家利益、営業秘密、プライバシーにかかわるデータの保護を強化し、データセキュリティや個人情報保護などの分野の基礎的立法をどんどん推し進め、データ資源の全ライフサイクルの安全保護を強化する。ビッグデータ環境に適したデータの類別?レベル別保護制度を整える。データセキュリティの評価を強化し、データの安全で秩序ある越境流通を促す。

第二節 營造規范有序的政策環境

構建與數字經濟發展相適應的政策法規體系。健全共享經濟、平臺經濟和新個體經濟管理規范,清理不合理的行政許可、資質資格事項,支持平臺企業創新發展、增強國際競爭力。依法依規加強互聯網平臺經濟監管,明確平臺企業定位和監管規則,完善壟斷認定法律規范,打擊壟斷和不正當競爭行為。探索建立無人駕駛、在線醫療、金融科技、智能配送等監管框架,完善相關法律法規和倫理審查規則。健全數字經濟統計監測體系。

第二節規範と秩序のある政策環境を整える

デジタル経済の発展に見合った政策法規體系を築く。シェアリングエコノミー、プラットフォームエコノミー、新個人経営経済の管理規範を整え、不合理な行政許可?資格認定事項を整理し、プラットフォーム企業の革新発展と國際競爭力の向上を後押しする。インターネットプラットフォームエコノミーの監督管理を法律?法規に基づいて強化し、プラットフォーム企業の位置づけと監督管理規則を明確にし、獨占認定の法律規範を整備し、獨占と不正競爭行為を取り締まる。自動運転、オンライン診療、フィンテック、スマート配送などの監督管理の枠組みの確立を模索し、関連する法律?法規と倫理審査規則を整備する。デジタル経済の統計?モニタリング體系を整える。

第三節 加強網絡安全保護

健全國家網絡安全法律法規和制度標準,加強重要領域數據資源、重要網絡和信息系統安全保障。建立健全關鍵信息基礎設施保護體系,提升安全防護和維護政治安全能力。加強網絡安全風險評估和審查。加強網絡安全基礎設施建設,強化跨領域網絡安全信息共享和工作協同,提升網絡安全威脅發現、監測預警、應急指揮、攻擊溯源能力。加強網絡安全關鍵技術研發,加快人工智能安全技術創新,提升網絡安全產業綜合競爭力。加強網絡安全宣傳教育和人才培養。

第三節サイバーセキュリティの保護を強化する

國のサイバーセキュリティの法律?法規と制度?基準を整え、重要分野のデータ資源と重要ネットワークシステム?情報システムの安全保障を強化する。重要情報インフラ防護(CIIP)體系を確立して充実させ、セキュリティ防護能力と政治的安全の維持能力を高める。サイバーセキュリティのリスク評価?審査にいっそう力を入れる。サイバーセキュリティのインフラ整備にいっそう力を入れ、分野橫斷的なサイバーセキュリティの情報共有と業務連攜を強化し、サイバーセキュリティ関連の脅威の発見、モニタリング?早期警報、緊急時の指揮、攻撃元の究明の能力を向上させる。サイバーセキュリティの基幹技術の研究開発にいっそう力を入れ、AIに基づくセキュリティ技術の革新を加速させ、サイバーセキュリティ産業の総合競爭力を高める。サイバーセキュリティの宣伝?教育と人材育成にいっそう力を入れる。

第四節 推動構建網絡空間命運共同體

推進網絡空間國際交流與合作,推動以聯合國為主渠道、以聯合國憲章為基本原則制定數字和網絡空間國際規則。推動建立多邊、民主、透明的全球互聯網治理體系,建立更加公平合理的網絡基礎設施和資源治理機制。積極參與數據安全、數字貨幣、數字稅等國際規則和數字技術標準制定。推動全球網絡安全保障合作機制建設,構建保護數據要素、處置網絡安全事件、打擊網絡犯罪的國際協調合作機制。向欠發達國家提供技術、設備、服務等數字援助,使各國共享數字時代紅利。積極推進網絡文化交流互鑒。

第四節サイバースペース運命共同體の構築を推し進める

サイバースペースに関する國際交流?協力を推進し、國際連合(國連)を中心的パイプとし、國連憲章を基本原則としてデジタルとサイバースペースの國際ルールが制定されるよう盡力する。多國間による民主的で透明性のあるグローバル?インターネットガバナンス體系の確立、より公平で合理的なネットワークインフラ?資源ガバナンスの仕組みの確立を促す。データセキュリティ、デジタル通貨、デジタル稅などの國際ルールとデジタル技術規格の制定に積極的に參與する。グローバルなサイバー安全保障における協力體制の整備を促し、データ要素の保護、サイバーセキュリティ事件の処理、サイバー犯罪の取締りのための國際協調?協力メカニズムを構築する。発展途上國の技術?設備?サービスなどをデジタル面から援助し、各國がデジタル時代の恩恵にあずかれるようにする。インターネット文化の交流?學び合いを積極的に推進する。




第六篇 全面深化改革 構建高水平社會主義市場經濟體制

堅持和完善社會主義基本經濟制度,充分發揮市場在資源配置中的決定性作用,更好發揮政府作用,推動有效市場和有為政府更好結合。

第六篇改革を全面的に深化させ、ハイレベルな社會主義市場経済體制を構築する

社會主義の基本的経済制度を堅持し充実させ、資源配分において市場に決定的な役割を十分に果たさせ、政府の役割をよりよく発揮させ、効果的な市場と機能的な政府のよりよい連攜を促す。

第十九章 激發各類市場主體活力

毫不動搖鞏固和發展公有制經濟,毫不動搖鼓勵、支持、引導非公有制經濟發展,培育更有活力、創造力和競爭力的市場主體。

第十九章 各種の市場主體の活力を引き出す

いささかも揺るぐことなく公有制経済をうち固めて発展させ、いささかも揺るぐことなく非公有制経済の発展を奨勵?支援?リードし、より活力?創造力?競爭力のある市場主體を育てる。

第一節 加快國有經濟布局優化和結構調整

圍繞服務國家戰略,堅持有進有退、有所為有所不為,加快國有經濟布局優化、結構調整和戰略性重組,增強國有經濟競爭力、創新力、控制力、影響力、抗風險能力,做強做優做大國有資本和國有企業。發揮國有經濟戰略支撐作用,推動國有經濟進一步聚焦戰略安全、產業引領、國計民生、公共服務等功能,調整盤活存量資產,優化增量資本配置,向關系國家安全、國民經濟命脈的重要行業集中,向提供公共服務、應急能力建設和公益性等關系國計民生的重要行業集中,向前瞻性戰略性新興產業集中。對充分競爭領域的國有經濟,強化資本收益目標和財務硬約束,增強流動性,完善國有資本優化配置機制。建立布局結構調整長效機制,動態發布國有經濟布局優化和結構調整指引。

第一節國有経済の配置適正化と構造調整を加速させる

國家戦略への貢獻を目標に、進出?撤退、やる?やらないの適切な取捨選択を堅持し、國有経済の配置適正化、構造調整、戦略的再編を急ぎ、國有経済の競爭力、革新力、コントロール力、影響力、リスク抵抗力を高め、國有資本?國有企業を強く、よく、大きくする。戦略的支えとしての國有経済の役割を発揮させ、國有経済が戦略的安全保障、産業のリード、経済?民生、公共サービスなどの機能にいっそう注力するようにし、保有資産を調整?活用し、増資の配分を最適化し、それらを國家安全保障と國民経済の根幹にかかわる重要業種に集中させ、公共サービス提供?緊急対応能力および公益性など経済?民生にかかわる重要業種に集中させ、先見性?戦略性のある新興産業に集中させる。十分な競爭が行われている分野の國有経済については、キャピタルゲインの目標と厳格な財務制限を強化し、流動性を高め、國有資本の合理的配置の仕組みを整える。配置?構造の調整のための長期有効メカニズムを確立し、國有経済の配置適正化と構造調整の指針を動的に公布する。

第二節 推動國有企業完善中國特色現代企業制度

堅持黨對國有企業的全面領導,促進加強黨的領導和完善公司治理相統一,加快建立權責法定、權責透明、協調運轉、有效制衡的公司治理機制。加強董事會建設,落實董事會職權,使董事會成為企業經營決策主體。按照完善治理、強化激勵、突出主業、提高效率的要求,深化國有企業混合所有制改革,深度轉換經營機制,對混合所有制企業探索實行有別于國有獨資、全資公司的治理機制和監管制度。推行經理層成員任期制和契約化管理,完善市場化薪酬分配機制,靈活開展多種形式的中長期激勵。

第二節國有企業が中國の特色ある現代的企業制度を整えるよう促す

國有企業に対する黨の全面的指導を堅持し、黨の指導の強化と企業統治(コーポレートガバナンス)の改善の融合を促進し、権限と責任が法で定められ、権限と責任に透明性があり、協調的に運営され、チェックアンドバランス機能が有効に働く企業統治の仕組みの確立を急ぐ。取締役會の整備にいっそう力を入れ、取締役會の職権をきちんと機能させ、取締役會が企業経営の意思決定の主體となるようにする。ガバナンスの改善、インセンティブの強化、中心業務の明確化、効率の向上の必要性に照らして、國有企業の混合所有制改革を深化させ、経営の仕組みを根本から転換し、混合所有制企業に対して國有獨資?全資會社とは異なるガバナンスの仕組みと監督管理制度の適用を模索する。経営陣の任期制と契約に基づく管理を押し広め、市場化された報酬分配メカニズムを整え、多様な形式の中長期インセンティブを柔軟に展開する。

第三節 健全管資本為主的國有資產監管體制

堅持授權與監管相結合、放活與管好相統一,大力推進國資監管理念、重點、方式等多方位轉變。優化管資本方式,全面實行清單管理,深入開展分類授權放權,注重通過法人治理結構履職,加強事中事后監管。深化國有資本投資、運營公司改革,科學合理界定政府及國資監管機構,國有資本投資、運營公司和所持股企業的權利邊界。健全協同高效的監督機制,嚴格責任追究,切實防止國有資產流失。加快推進經營性國有資產集中統一監管。

第三節資本管理を中心とする國有資産の監督管理體制を整備する

授権と監督管理の併用、緩和と管理の両立を堅持し、國有資産の監督管理を理念?重點?方式など多くの面で強力に転換する。資本管理方式を改善し、リスト方式管理を全面的に実行し、類別に基づく権限付與?委譲を踏み込んで展開し、企業統治構造を通じた職責の履行を重視し、事中?事後の監督管理にいっそう力を入れる。國有資本投資會社?運営會社改革を深化させ、政府?國有資産監督管理機関、國有資本投資會社?運営會社、株式保有企業の権限の境界を科學的?合理的に畫定する。調和的?効率的な監督の仕組みを整え、責任追及を厳格化し、國有資産の流失を確実に防ぐ。経営性國有資産の集中的?統一的監督管理をどんどん推し進める。

第四節 優化民營企業發展環境

健全支持民營企業發展的法治環境、政策環境和市場環境,依法平等保護民營企業產權和企業家權益。保障民營企業依法平等使用資源要素、公開公平公正參與競爭、同等受到法律保護。進一步放寬民營企業市場準入,破除招投標等領域各種壁壘。創新金融支持民營企業政策工具,健全融資增信支持體系,對民營企業信用評級、發債一視同仁,降低綜合融資成本。完善促進中小微企業和個體工商戶發展的政策體系,加大稅費優惠和信貸支持力度。構建親清政商關系,建立規范化政企溝通渠道。健全防范和化解拖欠中小企業賬款長效機制。

第四節民営企業の発展環境を改善する

民営企業の発展を支える法治環境?政策環境?市場環境を整え、民営企業の財産権と企業家の権利?利益を法に基づいて平等に保護する。民営企業が法に基づいて資源?要素を平等に使用すること、オープン?公平?公正に競爭に參加すること、法律による保護を同等に受けることを保障する。民営企業の市場參入條件をいっそう緩和し、競爭入札などの面のさまざまな障壁を取り除く。金融によって民営企業を支える政策手段を革新し、資金調達の際の信用保証サポート體系を整え、民営企業の信用格付けや債券発行に分け隔てをせず、総合的な資金調達コストを引き下げる。中小零細企業と自営業者の発展促進のための政策體系を整え、租稅?料金面の優遇と融資面の支援を拡大する。親身で清廉な政商関係(政府と民営企業との関係)を構築し、政府と民間企業の意思疎通のための規範あるチャンネルを確立する。中小企業への支払い滯納の防止?解消のための長期有効メカニズムを整える。

第五節 促進民營企業高質量發展

鼓勵民營企業改革創新,提升經營能力和管理水平。引導有條件的民營企業建立現代企業制度。支持民營企業開展基礎研究和科技創新、參與關鍵核心技術研發和國家重大科技項目攻關。完善民營企業參與國家重大戰略實施機制。推動民營企業守法合規經營,鼓勵民營企業積極履行社會責任、參與社會公益和慈善事業。弘揚企業家精神,實施年輕一代民營企業家健康成長促進計劃。

第五節民営企業の質の高い発展を促進する

民営企業の改革?革新を奨勵し、経営能力と管理水準を高める。條件を満たす民営企業が現代的企業制度を確立するよう導く。民営企業が基礎研究と科學技術イノベーションを展開し、基幹核心技術の研究開発と國家重大科學技術プロジェクトの難関攻略に參加するのをサポートする。國の重大戦略の実施に民営企業が參加するための仕組みを整備する。民営企業が法律?法規を守って経営するよう促し、民営企業が社會的責任を積極的に果たし、社會的公益?慈善事業に參加することを奨勵する。企業家精神を発揚し、若い世代の民営企業家の健全な成長の促進計畫を実施する。

第二十章 建設高標準市場體系

實施高標準市場體系建設行動,健全市場體系基礎制度,堅持平等準入、公正監管、開放有序、誠信守法,形成高效規范、公平競爭的國內統一市場。

第二十章 ハイスタンダードな市場體系を整備する

ハイスタンダードな市場體系の整備キャンペーンを実施し、市場體系の基礎制度を整え、平等な參入條件、公正な監督管理、開放性?秩序性、信義誠実?遵法を堅持し、高効率で規範があり、公平な競爭のある國內統一市場を形成する。

第一節 全面完善產權制度

健全歸屬清晰、權責明確、保護嚴格、流轉順暢的現代產權制度。實施民法典,制修訂物權、債權、股權等產權法律法規,明晰產權歸屬、完善產權權能。健全以公平為原則的產權保護制度,依法平等保護國有、民營、外資等各種所有制企業產權。健全產權執法司法保護制度,完善涉企產權案件申訴、復核、重審等保護機制,推動涉企冤錯案件依法甄別糾正常態化機制化,暢通涉政府產權糾紛反映和處理渠道。加強數據、知識、環境等領域產權制度建設,健全自然資源資產產權制度和法律法規。

第一節財産権制度を全面的に整備する

帰屬が明らかで、権利?責任が明確で、保護が厳格で、流通が円滑な現代的財産権制度を整える。民法典を実施し、物権?債権?株主権といった財産権の法律?法規を制定または改正し、財産権の帰屬が明確に、財産権の內容が十全になるようにする。公平性を原則とする財産権保護制度を整え、國有?民営?外資など各種所有制企業の財産権を法に基づいて平等に保護する。財産権法執行?司法保護制度を整備し、企業関連の財産権案件の上告、再審査、再審などの保護の仕組みを整え、企業関連の冤罪案件の法に基づく審査?是正の恒?;?仕組み化を推し進め、政府関連の財産権紛爭の通報?処理のチャンネルを円滑化する。データ?知識?環境などの分野の財産権制度の整備にいっそう力を入れ、自然資源資産の財産権制度と法律?法規を整える。

第二節 推進要素市場化配置改革

建立健全城鄉統一的建設用地市場,統籌推進農村土地征收、集體經營性建設用地入市、宅基地制度改革。改革土地計劃管理方式,賦予省級政府更大用地自主權,探索建立全國性的建設用地、補充耕地指標跨區域交易機制。建立不同產業用地類型合理轉換機制,增加混合產業用地供給。健全統一規范的人力資源市場體系,破除勞動力和人才在城鄉、區域和不同所有制單位間的流動障礙,減少人事檔案管理中的不合理限制。發展技術和數據要素市場。健全要素市場運行機制,完善交易規則和服務體系。深化公共資源交易平臺整合共享。

第二節要素市場化配分改革を推進する

都市?農村統一の建設用地市場を確立して充実させ、農村の土地収用、集団経営性建設用地の市場化、宅基地(農村の居住用の土地)の制度の改革を統一的に推進する。土地の計畫管理方式を改革し、省級政府により大きな用地自主権を與え、全國的な建設用地指標?補充耕地指標の地域間取引の仕組みの確立を模索する。産業用地の各類型の合理的切り替えの仕組みを確立し、混合産業用地の供給を増やす。統一的で規範化された人的資源市場體系を整え、都市?農村間、地域間、各種所有制機関間の労働力や人材の流動の障害を取り除き、人事ファイル管理の不合理な制限を減らす。技術?データ要素市場を発展させる。要素市場の運営メカニズムを整備し、取引ルール?サービス體系を整える。公共資源取引プラットフォームの統合?共有をいっそう進める。

第三節 強化競爭政策基礎地位

堅持鼓勵競爭、反對壟斷,完善競爭政策框架,構建覆蓋事前、事中、事后全環節的競爭政策實施機制。統籌做好增量審查與存量清理,強化公平競爭審查制度的剛性約束,完善公平競爭審查細則,持續清理廢除妨礙全國統一市場和公平競爭的規定及做法。完善市場競爭狀況評估制度,建立投訴舉報和處理回應機制。加大反壟斷和反不正當競爭執法司法力度,防止資本無序擴張。推進能源、鐵路、電信、公用事業等行業競爭性環節市場化改革,放開競爭性業務準入,進一步引入市場競爭機制,加強對自然壟斷業務的監管。

第三節競爭政策の基礎的位置づけを強化する。

あくまでも競爭を奨勵して獨占に反対し、競爭政策の枠組みを整え、事前?事中?事後の全段階にわたる競爭政策の実施の仕組みを構築する。新たな政策の吟味と既存の政策の見直しを統一的にしっかりと行い、公平競爭審査制度による厳格な規制を強化し、公平競爭審査の細則を整え、全國統一市場と公平な競爭の妨げとなっている規定や慣行を継続的に整理?廃止する。市場競爭狀況評価制度を整え、告発?通報と処理?対応の仕組みを確立する。反獨占?反不正競爭の法執行?司法を強化し、資本の無秩序な拡張を防ぐ。エネルギー、鉄道、電気通信、公共事業といった業界の競爭性のある分野の市場化改革を推進し、競爭性のある業務への參入を開放し、市場競爭メカニズムをさらに取り入れ、自然獨占業務に対する監督管理を強化する。

第四節 健全社會信用體系

建立健全信用法律法規和標準體系,制定公共信用信息目錄和失信懲戒措施清單,完善失信主體信用修復機制。推廣信用承諾制度。加強信用信息歸集、共享、公開和應用,推廣惠民便企信用產品與服務。建立公共信用信息和金融信息的共享整合機制。培育具有國際競爭力的企業征信機構和信用評級機構,加強征信監管,推動信用服務市場健康發展。加強信用信息安全管理,保障信用主體合法權益。建立健全政府失信責任追究制度。

第四節社會信用體系を十全化する

信用に関する法律?法規と基準體系を確立して充実させ、公共信用情報目録と契約違反懲罰措置リストを策定し、契約違反者の信用回復の仕組みを整える。信用誓約制度を押し広める。信用情報の収集?共有?公開?応用を強化し、個人や企業の役に立つクレジット商品?信用サービスを押し広める。公共信用情報と金融情報を共有?統合する仕組みを確立する。國際競爭力を備えた企業信用調査機関?信用格付け機関を育て、信用調査の監督管理を強化し、信用サービス市場の健全な発展を促す。信用情報のセキュリティ管理を強化し、當事者の合法的権利?利益を保障する。政府による契約違反の責任追及制度を確立して充実させる。

第二十一章 建立現代財稅金融體制

更好發揮財政在國家治理中的基礎和重要支柱作用,增強金融服務實體經濟能力,健全符合高質量發展要求的財稅金融制度。

第二十一章 現代的財政?租稅?金融體制を確立する

國家統治の基礎、重要な支柱としての財政の役割をよりよく発揮させ、実體経済への金融の貢獻能力を高め、質の高い発展の要請に見合った財政?租稅?金融制度を整える。

第一節 加快建立現代財政制度

深化預算管理制度改革,強化對預算編制的宏觀指導和審查監督。加強財政資源統籌,推進財政支出標準化,強化預算約束和績效管理。完善跨年度預算平衡機制,加強中期財政規劃管理,增強國家重大戰略任務財力保障。建立權責清晰、財力協調、區域均衡的中央和地方財政關系,適當加強中央在知識產權保護、養老保險、跨區域生態環境保護等方面事權,減少并規范中央和地方共同事權。健全省以下財政體制,增強基層公共服務保障能力。完善財政轉移支付制度,優化轉移支付結構,規范轉移支付項目。完善權責發生制政府綜合財務報告制度。建立健全規范的政府舉債融資機制。

第一節現代的財政制度の確立を急ぐ

予算管理制度改革を深化させ、予算編成への巨視的指導と審査?監督を強化する。財政資源の統一的運用にいっそう力を入れ、財政支出の標準化を推進し、予算制約と業績管理を強化する。複數年度で予算を均衡させる仕組みを整え、中期財政計畫管理を強化し、國の重大な戦略的任務の財源保障を増強する。権限と責任が明確で、財力の配分が適切で、地域間の均衡がとれた中央と地方の財政関係を確立し、知的財産権保護、養老保険、広域生態環境保護といった面の中央の権限を適切に強化し、中央と地方の共有権限を減らして規範化する。省級以下の財政體制を整え、末端の公共サービスの保障能力を高める。財政移転支出制度を充実させ、移転支出構造を最適化し、移転支出項目を規範化する。発生主義に基づく政府総合財務報告制度を整える。政府の規範化された起債型資金調達の仕組みを確立して充実させる。

第二節 完善現代稅收制度

優化稅制結構,健全直接稅體系,適當提高直接稅比重。完善個人所得稅制度,推進擴大綜合征收范圍,優化稅率結構。聚焦支持穩定制造業、鞏固產業鏈供應鏈,進一步優化增值稅制度。調整優化消費稅征收范圍和稅率,推進征收環節后移并穩步下劃地方。規范完善稅收優惠。推進房地產稅立法,健全地方稅體系,逐步擴大地方稅政管理權。深化稅收征管制度改革,建設智慧稅務,推動稅收征管現代化。

第二節現代的稅制を整える

稅制構造を合理化し、直接稅體系を整備し、直接稅の割合を適度に引き上げる。個人所得稅制度を整え、総合課稅の範囲の拡大を推し進め、稅率構造を最適化する。製造業の安定化、産業チェーン、サプライチェーンの強化の支援を目標に、増値稅制度をいっそう改善する。消費稅の課稅範囲と稅率を調整?合理化し、課稅段階の繰り下げを推進して徐々に地方稅に切り替える。稅制優遇を規範化?整備する。不動産稅の立法を推し進め、地方稅體系を十全化し、地方の稅政上の管理権を徐々に拡大する。租稅徴収管理制度改革を深化させ、スマート稅務に取り組み、租稅徴収管理の現代化を促す。

第三節 深化金融供給側結構性改革

健全具有高度適應性、競爭力、普惠性的現代金融體系,構建金融有效支持實體經濟的體制機制。建設現代中央銀行制度,完善貨幣供應調控機制。穩妥推進數字貨幣研發。健全市場化利率形成和傳導機制,完善央行政策利率體系,更好發揮貸款市場報價利率基準作用。優化金融體系結構,深化國有商業銀行改革,加快完善中小銀行和農村信用社治理結構,規范發展非銀行金融機構,增強金融普惠性。改革優化政策性金融,強化服務國家戰略和規劃能力。深化保險公司改革,提高商業保險保障能力。健全金融機構公司治理,強化股東股權和關聯交易監管。完善資本市場基礎制度,健全多層次資本市場體系,大力發展機構投資者,提高直接融資特別是股權融資比重。全面實行股票發行注冊制,建立常態化退市機制,提高上市公司質量。深化新三板改革。完善市場化債券發行機制,穩步擴大債券市場規模,豐富債券品種,發行長期國債和基礎設施長期債券。完善投資者保護制度和存款保險制度。完善現代金融監管體系,補齊監管制度短板,在審慎監管前提下有序推進金融創新,健全風險全覆蓋監管框架,提高金融監管透明度和法治化水平。穩妥發展金融科技,加快金融機構數字化轉型。強化監管科技運用和金融創新風險評估,探索建立創新產品糾偏和暫停機制。

第三節金融の供給側構造改革を深化させる

高度の適応性?競爭力?包摂性を備えた現代金融システムを整え、金融が実體経済を効果的にサポートする體制?仕組みを構築する?,F代的中央銀行制度を築き、マネーサプライ調節メカニズムを改善する。デジタル通貨の研究開発を著実に推し進める。市場ベースの金利形成?伝達メカニズムを整え、中央銀行の政策金利體系を改善し、貸出市場報告金利(LPR)の基準としての役割をよりよく発揮させる。金融システムの構造を最適化し、國有商業銀行の改革を深化させ、中小銀行と農村信用社のガバナンス構造の改善を急ぎ、ノンバンク金融機関を規範的に発展させ、金融の包摂性を高める。政策金融を改革?合理化し、國の戦略?計畫への貢獻能力を強化する。保険會社の改革を深化させ、商業保険の保障能力を高める。金融機関の企業統治を十全化し、株主持分と関連取引の監督管理を強化する。資本市場の基礎制度を整備し、多層的な資本市場體系を整え、機関投資家の発展に力を入れ、直接金融、とくにエクイティファイナンスの割合を高める。株式発行登録制を全面的に実施し、恒常的な上場廃止メカニズムを確立し、上場企業の質を向上させる。新三板(店頭市場)の改革を深化させる。市場化された債券発行の仕組みを整え、債券市場の規模を徐々に拡大し、債券の種類を豊富にし、長期國債とインフラ長期債を発行する。投資家保護制度と預金保険制度をよりよいものにする?,F代的金融監督管理體系を整え、監督管理制度の不足部分を補充し、慎重な監督管理を前提に金融イノベーションを秩序正しく推進し、リスクの全面的監督管理の枠組みを整備し、金融監督管理の透明性と法治化水準を高める。フィンテックを著実に発展させ、金融機関のDXを加速させる。レグテックの活用と金融イノベーションのリスク評価を強化し、行き過ぎた革新的商品の是正?一時停止の仕組みの確立を模索する。

第二十二章 提升政府經濟治理能力

加快轉變政府職能,建設職責明確、依法行政的政府治理體系,創新和完善宏觀調控,提高政府治理效能。

第二十二章 政府の経済ガバナンス能力を高める

政府の職能の転換を加速させ、職責が明確で、行政が法に基づく、政府によるガバナンスの體系を築き、マクロコントロールを革新して充実させ、政府によるガバナンスの効果を高める。

第一節 完善宏觀經濟治理

健全以國家發展規劃為戰略導向,以財政政策和貨幣政策為主要手段,就業、產業、投資、消費、環保、區域等政策緊密配合,目標優化、分工合理、高效協同的宏觀經濟治理體系。增強國家發展規劃對公共預算、國土開發、資源配置等政策的宏觀引導、統籌協調功能,健全宏觀政策制定和執行機制,重視預期管理和引導,合理把握經濟增長、就業、價格、國際收支等調控目標,在區間調控基礎上加強定向調控、相機調控和精準調控。完善宏觀調控政策體系,搞好跨周期政策設計,提高逆周期調節能力,促進經濟總量平衡、結構優化、內外均衡。加強宏觀經濟治理數據庫等建設,提升大數據等現代技術手段輔助治理能力,推進統計現代化改革。健全宏觀經濟政策評估評價制度和重大風險識別預警機制,暢通政策制定參與渠道,提高決策科學化、民主化、法治化水平。

第一節マクロ経済ガバナンスを充実させる

國の発展計畫を戦略的道標とし、財政政策と金融政策を主要手段とし、雇用政策?産業政策?投資政策?消費政策?環境保護政策?地域政策などが緊密に連攜する、目標が最適で、役割分擔が合理的で、高効率かつ調和的なマクロ経済ガバナンス體系を整備する。公共予算、國土開発、資源配分などの政策を巨視的に導いて統一的に調整する國の発展計畫の機能を強化し、マクロ政策の策定?執行の仕組みを整え、所期管理?誘導を重視し、経済成長、雇用、価格、國際収支などのコントロール目標を合理的に把握し、區間コントロールを基礎にターゲット?コントロール、臨機応変なコントロール、的確なコントロールを強化する。マクロコントロール政策體系を充実させ、先々の景気循環を見據えた政策設計をしっかりと行い、反循環的調節能力を高め、経済の需給均衡、構造最適化、內外均衡を促進する。マクロ経済ガバナンスのデータベースなどの整備を強化し、ビッグデータなど現代技術を用いたガバナンス補助能力を高め、統計の現代化改革を推進する。マクロ経済政策の審査?評価制度と重大リスクの識別?早期警報メカニズムを整え、政策の策定への參加のルートを円滑にし、政策決定の科學化?民主化?法治化水準を高める。

第二節 構建一流營商環境

深化簡政放權、放管結合、優化服務改革,全面實行政府權責清單制度,持續優化市場化法治化國際化營商環境。實施全國統一的市場準入負面清單制度,破除清單之外隱性準入壁壘,以服務業為重點進一步放寬準入限制。精簡行政許可事項,減少歸并資質資格許可,取消不必要的備案登記和年檢認定,規范涉企檢查。全面推行“證照分離”、“照后減證”改革,全面開展工程建設項目審批制度改革。改革生產許可制度,簡化工業產品審批程序,實施涉企經營許可事項清單管理。建立便利、高效、有序的市場主體退出制度,簡化普通注銷程序,建立健全企業破產和自然人破產制度。創新政務服務方式,推進審批服務便民化。深化國際貿易“單一窗口”建設。完善營商環境評價體系。

第二節一流のビジネス環境を整える

「行政簡素化と権限委譲」、「緩和と管理の結合」、「サービスの最適化」改革を深化させ、政府の権限?責任リスト制度を全面的に実施し、市場化?法治化?國際化されたビジネス環境を持続的に整備する。全國統一の市場參入ネガティブリスト制度を全面的に実施し、リスト外の隠れた參入障壁を取り除き、サービス業を重點として參入制限をいっそう緩和する。行政許可事項を削減し、資格認定許可を削減?統合し、不必要な屆出登録と年度検査認定を廃止し、企業関連の検査を規範化する?!冈^」と「照」の分離(経営許可証取得[審査?認可]が先で営業執照取得[商業登記]が後という強制的順序をなくし、後者さえ済めばとりあえず開業できるようにすること)改革と「照」後の「証」減らし改革を全面的に押し広め、建設工事プロジェクトの審査?認可制度の改革を全面的に展開する。生産許可制度を改革し、工業製品の審査?認可の手続きを簡素化し、企業関連経営許可事項のリスト方式管理を実施する。円滑で高効率で秩序立った市場主體退出制度を確立し、普通抹消登記の手続きを簡素化し、企業破産?自然人破産制度を確立して充実させる。行政サービスの方式を革新し、審査?認可サービスの利便化を推進する。國際貿易のシングルウィンドウ化をいっそう進める。ビジネス環境の評価體系を整える。

第三節 推進監管能力現代化

健全以“雙隨機、一公開”監管和“互聯網+監管”為基本手段、以重點監管為補充、以信用監管為基礎的新型監管機制,推進線上線下一體化監管。嚴格市場監管、質量監管、安全監管,加強對食品藥品、特種設備和網絡交易、旅游、廣告、中介、物業等的監管,強化要素市場交易監管,對新產業新業態實施包容審慎監管。深化市場監管綜合行政執法改革,完善跨領域跨部門聯動執法、協同監管機制。深化行業協會、商會和中介機構改革。加強社會公眾、新聞媒體監督。

第三節監督管理能力の現代化を推進する

「雙無作為、一公開(検査対象を無作為抽出し、法執行?検査員を無作為選任して派遣し、検査および処置の結果を速やかに公開する)」式監督管理と、「インターネット+監督管理」を基本的な手段とし、重點監督管理を補足とし、信用監督管理を基礎とする新型監督管理の仕組みを整え、オンライン?オフライン一體の監督管理を推し進める。市場監督管理、品質監督管理、安全監督管理を厳格化し、食品?醫薬品や特種設備、それにインターネット取引、観光、広告、仲介、不動産管理などに対する監督管理にいっそう力を入れ、要素市場取引の監督管理を強化し、新産業?新業態に対して包摂的で慎重な監督管理を行う。市場監督管理総合行政法執行の改革を深化させ、分野や部門の枠を越えた連動型法執行?協同監督管理の仕組みを整備する。産業協會?商工會議所?仲介機関の改革を深化させる。一般大衆やマスメディアによる監督を強化する。

第七篇 堅持農業農村優先發展 全面推進鄉村振興

走中國特色社會主義鄉村振興道路,全面實施鄉村振興戰略,強化以工補農、以城帶鄉,推動形成工農互促、城鄉互補、協調發展、共同繁榮的新型工農城鄉關系,加快農業農村現代化。

第七篇 農業?農村の優先発展を堅持し、農村振興を全面的に推し進める

中國の特色ある社會主義農村振興の道を歩み、農村振興戦略を全面的に実施し、工業の収益による農業のサポート、都市の発展による農村の発展の牽引を強化し、工業と農業が促進し合い、都市と農村が補完し合い、バランスよく発展し、ともに繁栄する新しいタイプの工業と農業、都市と農村の関係の形成を促し、農業?農村の現代化を加速させる。

第二十三章 提高農業質量效益和競爭力

持續強化農業基礎地位,深化農業供給側結構性改革,強化質量導向,推動鄉村產業振興。

第二十三章 農業の質?効率および競爭力を向上させる

農業の基礎的位置づけを持続的に強化し、農業の供給側構造改革を深化させ、質志向を強化し、農村の産業振興を促す。

第一節 增強農業綜合生產能力

夯實糧食生產能力基礎,保障糧、棉、油、糖、肉、奶等重要農產品供給安全。堅持最嚴格的耕地保護制度,強化耕地數量保護和質量提升,嚴守18億畝耕地紅線,遏制耕地“非農化”、防止“非糧化”,規范耕地占補平衡,嚴禁占優補劣、占水田補旱地。以糧食生產功能區和重要農產品生產保護區為重點,建設國家糧食安全產業帶,實施高標準農田建設工程,建成10.75億畝集中連片高標準農田。實施黑土地保護工程,加強東北黑土地保護和地力恢復。推進大中型灌區節水改造和精細化管理,建設節水灌溉骨干工程,同步推進水價綜合改革。加強大中型、智能化、復合型農業機械研發應用,農作物耕種收綜合機械化率提高到75%。加強種質資源保護利用和種子庫建設,確保種源安全。加強農業良種技術攻關,有序推進生物育種產業化應用,培育具有國際競爭力的種業龍頭企業。完善農業科技創新體系,創新農技推廣服務方式,建設智慧農業。加強動物防疫和農作物病蟲害防治,強化農業氣象服務。

第一節農業総合生産能力を増強する

食糧生産能力の基礎をうち固め、食糧?綿花?食用油?砂糖?食肉?牛乳など重要農産物の安定供給を保障する。最も厳格な耕地保護制度を堅持し、耕地の數量の保護と質の向上を強化し、18億畝(ムー)(約1億2000萬ヘクタール)の耕地レッドラインを厳守し、耕地の「非農業化」を抑制し、「非食糧化」を防止し、耕地の占用?補充均衡(農業以外の目的での使用分に合わせて造成等によって補充する取組み)を規範化し、もとの農地より質の劣る農地を補充したり、水田の代わりに畑を補充したりすることを厳禁する。食糧生産機能區と重要農産物生産保護區を重點として、國家食糧安全保障産業ベルトを建設し、高基準農地の造成プロジェクトを実施し、10億7500萬畝(約6719萬ヘクタール)の集中して連なる高基準農地を造成する。黒土保護プロジェクトを実施し、東北地區の黒土の保護?地力回復にいっそう力を入れる。大?中型灌漑區の節水改良ときめ細かい管理を推進し、節水灌漑基幹プロジェクトに取り組み、並行して農業用水価格の総合改革を推進する。大?中型で、スマート化された、複合型の農業機械の研究開発?応用にいっそう力を入れ、農作物耕耘?作付?収穫総合機械化率を75%に高める。遺伝資源の保護?活用とシードバンクの整備にいっそう力を入れ、種子の安全を確保する。優良品種関連技術のブレークスルーにいっそう力を入れ、バイオ育種の産業化応用を秩序立てて推進し、國際競爭力を備えた種子事業のリーディングカンパニーを育てる。アグリテックのイノベーション體系を整え、アグリテックの普及サービス方式を革新し、スマート農業を発展させる。動物防疫?農作物病蟲害対策にいっそう力を入れ、農業気象サービスを強化する。

圖2. 糧食生產功能區和重要農產品生產保護區布局示意圖

図2 食糧生産機能區?重要農産物生産保護區配置見取図

凡例

食糧生産機能區(稲、小麥、トウモロコシ)

重要農産物生産保護區(大豆、綿花、菜種、サトウキビ、天然ゴム)

多毛作區

第二節 深化農業結構調整

優化農業生產布局,建設優勢農產品產業帶和特色農產品優勢區。推進糧經飼統籌、農林牧漁協調,優化種植業結構,大力發展現代畜牧業,促進水產生態健康養殖。積極發展設施農業,因地制宜發展林果業。深入推進優質糧食工程。推進農業綠色轉型,加強產地環境保護治理,發展節水農業和旱作農業,深入實施農藥化肥減量行動,治理農膜污染,提升農膜回收利用率,推進秸稈綜合利用和畜禽糞污資源化利用。完善綠色農業標準體系,加強綠色食品、有機農產品和地理標志農產品認證管理。強化全過程農產品質量安全監管,健全追溯體系。建設現代農業產業園區和農業現代化示范區。

第二節農業の構造調整を深化させる

農業生産の配置を合理化し、優位農産物産業ベルトと特色農産物優勢區を整備する。食糧作物?商品作物?飼料作物の統一的計畫、農林畜水産業の協調を推進し、栽培業の構造を最適化し、現代的畜産業の発展に力を入れ、エコを基盤にした健全な水産養殖を促進する。施設園蕓農業を積極的に発展させ、林業?果樹栽培業を現地の実情に即して発展させる。良質食糧プロジェクトを踏み込んで推し進める。農業のグリーン化を推進し、生産地の環境保護?対策にいっそう力を入れ、節水農業と乾燥農業を発展させ、農薬?化學肥料使用量削減キャンペーンを踏み込んで実施し、農業用フィルムによる汚染の解消をはかり、農業用フィルムのリサイクル率を向上させ、ワラの総合利用と家畜?家禽排泄物の資源化利用を推進する。グリーン農業の基準體系を整え、グリーン食品、有機農産物、地理的表示産品の認証管理にいっそう力を入れる。全過程での農産物の品質?安全の監督管理を強化し、トレーサビリティ體系を整備する?,F代農業産業パークと農業現代化モデル區を建設する。

第三節 豐富鄉村經濟業態

發展縣城經濟,推進農村一二三產業融合發展,延長農業產業鏈條,發展各具特色的現代鄉村富民產業。推動種養加結合和產業鏈再造,提高農產品加工業和農業生產性服務業發展水平,壯大休閑農業、鄉村旅游、民宿經濟等特色產業。加強農產品倉儲保鮮和冷鏈物流設施建設,健全農村產權交易、商貿流通、檢驗檢測認證等平臺和智能標準廠房等設施,引導農村二三產業集聚發展。完善利益聯結機制,通過“資源變資產、資金變股金、農民變股東”,讓農民更多分享產業增值收益。

第三節農村の経済形態を豊かにする

県域経済を発展させ、農村における第一次?二次?三次産業の融合発展を推進し、農業の産業チェーンを伸ばし、それぞれに特色のある現代農村富民産業を発展させる。栽培業、畜産?養殖業、加工業の結合と産業チェーンの再構築を促し、農産物加工業と農業生産者向けサービス業の発展レベルを高め、レジャー農業、農村観光、民宿経済など特色ある産業を大きく成長させる。農産物の貯蔵?鮮度保持施設とコールドチェーン施設の整備にいっそう力を入れ、農村の財産権取引、商品流通、検査?測定?認証などのプラットフォームとスマート化された貸工場などの施設を整え、農村における第二次?三次産業の集積型発展を導く。利益連結の仕組みを充実させ、「資源が資産に、資金が株金に、農民が株主に」という具合に、農民が産業の付加価値収益をより多く分かち合えるようにする。

第二十四章 實施鄉村建設行動

把鄉村建設擺在社會主義現代化建設的重要位置,優化生產生活生態空間,持續改善村容村貌和人居環境,建設美麗宜居鄉村。

第二十四章 農村建設行動を実施する

農村建設を社會主義現代化建設の重要な位置に據え、生産空間?生活空間?生態空間を最適化し、農村の景観と居住環境を持続的に改善し、美しく住みやすい農村をつくる。

第一節 強化鄉村建設的規劃引領

統籌縣城城鎮和村莊規劃建設,通盤考慮土地利用、產業發展、居民點建設、人居環境整治、生態保護、防災減災和歷史文化傳承??茖W編制縣城村莊布局規劃,因地制宜、分類推進村莊建設,規范開展全域土地綜合整治,保護傳統村落、民族村寨和鄉村風貌,嚴禁隨意撤并村莊搞大社區、違背農民意愿大拆大建。優化布局鄉村生活空間,嚴格保護農業生產空間和鄉村生態空間,科學劃定養殖業適養、限養、禁養區域。鼓勵有條件地區編制實用性村莊規劃。

第一節計畫による農村建設のリードを強化する

県域の都市部と農村部の計畫?整備を統一的に進め、土地の利用、産業の発展、集落の整備、居住環境の改善、生態保護、防災減災、歴史?文化の伝承を総合的に考慮する。県域農村部配置計畫を科學的に編成し、農村部の整備を現地の実情に応じて分類して推し進め、全域土地総合対策を規範的に展開し、伝統集落、民族村、農村景観を保護し、勝手に村を統廃合して大団地をつくったり農民の意に反して大規模な再開発を行ったりすることを厳禁する。農村の生活空間の配置を合理化し、農業の生産空間と農村の生態空間を厳格に保護し、畜産?養殖業の適合區域?制限區域?禁止區域を科學的に畫定する。條件を満たす地區が実用的な村整備計畫を立てることを奨勵する。

第二節 提升鄉村基礎設施和公共服務水平

以縣城為基本單元推進城鄉融合發展,強化縣城綜合服務能力和鄉鎮服務農民功能。健全城鄉基礎設施統一規劃、統一建設、統一管護機制,推動市政公用設施向郊區鄉村和規模較大中心鎮延伸,完善鄉村水、電、路、氣、郵政通信、廣播電視、物流等基礎設施,提升農房建設質量。推進城鄉基本公共服務標準統一、制度并軌,增加農村教育、醫療、養老、文化等服務供給,推進縣城內教師醫生交流輪崗,鼓勵社會力量興辦農村公益事業。提高農民科技文化素質,推動鄉村人才振興。

第二節農村のインフラと公共サービスのレベルを高める

県域を基本単位として都市?農村融合発展を推し進め、県城(県政府所在地)の総合サービス能力と郷鎮の農民へのサービス機能を強化する。都市?農村インフラの統一的計畫、統一的建設、統一的維持管理の仕組みを整え、都市公共施設が郊外の農村や比較的規模の大きい中心鎮まで拡張するようにし、農村の水道、電気、道路、ガス、郵便?通信、ラジオ?テレビ、物流などのインフラを整備し、農村家屋の建設の質を高める。都市?農村の基本公共サービスの基準の統一と制度の一本化を推し進め、農村の教育?醫療?養老?文化などのサービスの供給を増やし、県域內で都市部の教師?醫師が定期的に農村部の學校?醫療施設に出向あるいは赴任するようにし、農村の公益事業への民間の參入を奨勵する。農民の科學技術リテラシーや文化的素養を高め、農村の人材づくりを推し進める。

第三節 改善農村人居環境

開展農村人居環境整治提升行動,穩步解決“垃圾圍村”和鄉村黑臭水體等突出環境問題。推進農村生活垃圾就地分類和資源化利用,以鄉鎮政府駐地和中心村為重點梯次推進農村生活污水治理。支持因地制宜推進農村廁所革命。推進農村水系綜合整治。深入開展村莊清潔和綠化行動,實現村莊公共空間及庭院房屋、村莊周邊干凈整潔。

第三節農村の居住環境を改善する

農村居住環境改善行動を展開し、「ゴミに囲まれた村」や農村の「黒臭水(黒くにごり、悪臭を放つ水)」など際立った環境問題を著実に解決する。農村の生活ゴミの現地での分別?資源化利用を推進し、郷鎮政府所在地と中心村を重點として農村の生活排水対策を段階的に推し進める?,F地の実情に即した農村の「トイレ革命」の推進をサポートする。農村水系総合対策を推し進める。農村クリーン?緑化キャンペーンを踏み込んで展開し、村の公共空間と庭?家屋、村の周辺をきれいで清潔にする。


第二十五章 健全城鄉融合發展體制機制

建立健全城鄉要素平等交換、雙向流動政策體系,促進要素更多向鄉村流動,增強農業農村發展活力。

第二十五章 都市?農村融合発展の體制?仕組みを整える

都市?農村間の要素の平等交換?雙方向流動のための政策體系を確立して充実させ、要素がもっと農村に向かうようにし、農業?農村の発展の活力を増強する。

第一節 深化農業農村改革

鞏固完善農村基本經營制度,落實第二輪土地承包到期后再延長30年政策,完善農村承包地所有權、承包權、經營權分置制度,進一步放活經營權。發展多種形式適度規模經營,加快培育家庭農場、農民合作社等新型農業經營主體,健全農業專業化社會化服務體系,實現小農戶和現代農業有機銜接。深化農村宅基地制度改革試點,加快房地一體的宅基地確權頒證,探索宅基地所有權、資格權、使用權分置實現形式。積極探索實施農村集體經營性建設用地入市制度。允許農村集體在農民自愿前提下,依法把有償收回的閑置宅基地、廢棄的集體公益性建設用地轉變為集體經營性建設用地入市。建立土地征收公共利益認定機制,縮小土地征收范圍。深化農村集體產權制度改革,完善產權權能,將經營性資產量化到集體經濟組織成員,發展壯大新型農村集體經濟。切實減輕村級組織負擔。發揮國家城鄉融合發展試驗區、農村改革試驗區示范帶動作用。

第一節農業?農村改革を深化させる

農村基本経営制度を強固にしつつ充実させ、第2期土地請負を期間終了後さらに30年延長する政策を徹底し、農村請負地の所有権?請負権?経営権の分離制度を整え、経営権の規制をいっそう緩和する。多様な形態の適正規模経営を発展させ、家庭農場や農民合作社など新しいタイプの農業経営主體の育成を急ぎ、農業専作化?社會化サービス體系を整備し、小規模農家と現代農業の有機的な結びつきを実現する。農村の宅基地制度改革の試行を深化させ、住宅所有権者と土地使用権者が同一である宅基地不動産権利証の発行を急ぎ、宅基地の所有権?資格権?使用権の分離の実現形式を模索する。農村集団経営性建設用地市場化制度を積極的に検討し実施する。農村集団が、農民の自由意志を前提に、有償で回収した遊休の宅基地?廃止された集団公益性建設用地を法に基づいて集団経営性建設用地に変更して市場に出すことを許可する。土地収用における公益認定の仕組みを確立し、土地収用の範囲を縮小する。農村集団財産権制度の改革を深化させ、財産権の內容を充実させ、経営性資産を集団経済組織の構成員に株にして分け、新型農村集団経済を発展?成長せる。村級組織の負擔を確実に軽減する。國家都市?農村融合発展試験區、農村改革試験區の模範的?先導的役割を発揮させる。

第二節 加強農業農村發展要素保障

健全農業農村投入保障制度,加大中央財政轉移支付、土地出讓收入、地方政府債券支持農業農村力度。健全農業支持保護制度,完善糧食主產區利益補償機制,構建新型農業補貼政策體系,完善糧食最低收購價政策。深化供銷合作社改革。完善農村用地保障機制,保障設施農業和鄉村產業發展合理用地需求。健全農村金融服務體系,完善金融支農激勵機制,擴大農村資產抵押擔保融資范圍,發展農業保險。允許入鄉就業創業人員在原籍地或就業創業地落戶并享受相關權益,建立科研人員入鄉兼職兼薪和離崗創業制度。

第二節農業?農村の発展への要素の保障を強化する

農業?農村への投入保障制度を整え、中央財政移転支出、公有地使用権譲渡収入、地方債による農業?農村支援を拡大する。農業支援保護制度を整備し、食糧主産地の利益補償の仕組みを整え、新型農業補助金政策體系を構築し、食糧最低買付価格政策を改善する。供銷合作社(農村で農業生産財?消費財の販売と農産物?副業産物の買い上げを行う協同組合)の改革を深化させる。農村への用地の保障の仕組みを整備し、施設農業や農村産業の合理的な用地需要の発展を保障する。農村の金融サービス體系を整備し、金融による農業?農村支援のインセンティブメカニズムを整え、農村資産を抵當?擔保とした融資の範囲を拡大し、農業保険を発展させる。農村に赴いて就業?起業する人が原籍地や就業?起業地に転籍して関連する権利?利益を享受することを許可し、科學研究者が農村に赴いて副業をして副収入を得たり一定期間所屬先の仕事を離れて起業したりするための制度を確立する。

第二十六章 實現鞏固拓展脫貧攻堅成果同鄉村振興有效銜接

建立完善農村低收入人口和欠發達地區幫扶機制,保持主要幫扶政策和財政投入力度總體穩定,接續推進脫貧地區發展。

第二十六章 貧困脫卻堅塁攻略の成果の定著?拡大と農村振興との効果的連攜を実現す              る

農村の低所得層と未発達地區のサポートの仕組みを確立して充実させ、主要支援策?財政投入水準の全般的安定を保ち、貧困から脫卻した地區の発展を引き続き推進する。

第一節 鞏固提升脫貧攻堅成果

嚴格落實“摘帽不摘責任、摘帽不摘政策、摘帽不摘幫扶、摘帽不摘監管”要求,建立健全鞏固拓展脫貧攻堅成果長效機制。健全防止返貧動態監測和精準幫扶機制,對易返貧致貧人口實施常態化監測,建立健全快速發現和響應機制,分層分類及時納入幫扶政策范圍。完善農村社會保障和救助制度,健全農村低收入人口常態化幫扶機制。對脫貧地區繼續實施城鄉建設用地增減掛鉤節余指標省內交易政策、調整完善跨省域交易政策。加強扶貧項目資金資產管理和監督,推動特色產業可持續發展。推廣以工代賑方式,帶動低收入人口就地就近就業。做好易地扶貧搬遷后續幫扶,加強大型搬遷安置區新型城鎮化建設。

第一節貧困脫卻堅塁攻略の成果を定著?向上させる

「貧困がゼロになっても責任?政策?支援?監督管理はゼロにしない」という要求を厳格に守り、貧困脫卻堅塁攻略の成果の定著?拡大のための長期有効メカニズムを確立して充実させる。再貧困化防止のための動的モニタリングと的確なサポートの仕組みを整備し、再貧困化?貧困化の可能性が高い層を恒常的にモニタリングし、早期発見?対応メカニズムを確立して充実させ、レベル分け?類別して直ちに支援策の対象範囲に入れる。農村の社會保障?社會救済制度を整備し、農村の低所得層への恒常的サポートの仕組みを整える。貧困から脫卻した地區については、都市?農村の建設用地の増減連動(建設用地に転用された農地の分だけ新たに農地を増やす取組み)の余剰指數(超過達成分)の省內取引政策を引き続き実施し、省間取引政策を調整?改善する。貧困救済プロジェクトの資金?資産の管理?監督を強化し、特色ある産業の持続可能な発展を促進する。公共事業による雇用創出という形の支援を押し広め、低所得層の地元または周辺地域での就業を促す。移住?転居による貧困救済後の継続的サポートにしっかりと取り組み、大型の移住?転居先エリアの新型都市化建設にいっそう力を入れる。

第二節 提升脫貧地區整體發展水平

實施脫貧地區特色種養業提升行動,廣泛開展農產品產銷對接活動,深化拓展消費幫扶。在西部地區脫貧縣中集中支持一批鄉村振興重點幫扶縣,從財政、金融、土地、人才、基礎設施、公共服務等方面給予集中支持,增強其鞏固脫貧成果及內生發展能力。堅持和完善東西部協作和對口支援、中央單位定點幫扶、社會力量參與幫扶等機制,調整優化東西部協作結對幫扶關系和幫扶方式,強化產業合作和勞務協作。

第二節貧困から脫卻した地區全體の発展レベルを高める

貧困から脫卻した地區の特色ある栽培業や畜産?養殖業の振興キャンペーンを実施し、農産物産直活動を幅広く展開し、消費面からのサポートをいっそう拡大する。西部地區の貧困から脫卻した県のうち一群の農村振興重點サポート県を集中的に支援し、財政、金融、土地、人材、インフラ、公共サービスなどの面から集中的に支援し、それらの県が貧困脫卻の成果を定著させて內生的に発展する能力を高める。東部?西部地區間の連攜や対口支援、中央諸部門による地域指定型サポート、社會の力のサポート參加などの仕組みを堅持し充実させ、東部?西部地區間の連攜によるペアリング支援の関係?方式を調整?改善し、産業協力と労務協力を強化する。

第八篇 完善新型城鎮化戰略 提升城鎮化發展質量

堅持走中國特色新型城鎮化道路,深入推進以人為核心的新型城鎮化戰略,以城市群、都市圈為依托促進大中小城市和小城鎮協調聯動、特色化發展,使更多人民群眾享有更高品質的城市生活。

第八篇 新型都市化戦略を充実させ、都市化の発展の質を高める

中國の特色ある新型都市化の道を堅持し、人間を核心とする新型都市化戦略を踏み込んで推進し、都市群?都市圏を拠り所として大中小都市と小城鎮(町)の協調?連動、特色化発展を促進し、より多くの人民大衆がより質の高い都市生活を享受できるようにする。

第二十七章 加快農業轉移人口市民化

堅持存量優先、帶動增量,統籌推進戶籍制度改革和城鎮基本公共服務常住人口全覆蓋,健全農業轉移人口市民化配套政策體系,加快推動農業轉移人口全面融入城市。

第二十七章 農業からの移転人口の市民化を加速させる

すでに都市で長期間生活している移転人口を優先的に市民化させて新たな移転人口の市民化を促すことを堅持し、戸籍制度改革と都市部基本公共サービス全常住人口カバーを統一的に推進し、農業からの移転人口の市民化の関連政策體系を整え、農業からの移転人口が一日も早く全面的に市民になれるようにする。

第一節 深化戶籍制度改革

放開放寬除個別超大城市外的落戶限制,試行以經常居住地登記戶口制度。全面取消城區常住人口300萬以下的城市落戶限制,確保外地與本地農業轉移人口進城落戶標準一視同仁。全面放寬城區常住人口300萬至500萬的I型大城市落戶條件。完善城區常住人口500萬以上的超大特大城市積分落戶政策,精簡積分項目,確保社會保險繳納年限和居住年限分數占主要比例,鼓勵取消年度落戶名額限制。健全以居住證為載體、與居住年限等條件相掛鉤的基本公共服務提供機制,鼓勵地方政府提供更多基本公共服務和辦事便利,提高居住證持有人城鎮義務教育、住房保障等服務的實際享有水平。

第一節戸籍制度改革を深化させる

一部の超巨大都市以外の転入?転籍規制を緩和?廃止し、経常的居住地を基準にした戸籍登記制度を試行する。市街地の常住人口が300萬人以下の都市の転入?転籍規制を全面的に廃止し、農業からの移転人口の都市部転籍?定住の基準において地元出身者とそうでない者が平等に扱われるようにする。市街地の常住人口が300萬人から500萬人のⅠ型大都市の転入?転籍條件を全面的に緩和する。市街地の常住人口が500萬人以上の超巨大都市?特大都市のポイント制に基づく転入?転籍政策を整え、ポイントとする項目を絞り、社會保険料納付済期間と居住年數のポイントが大きな割合を占めるようにし、年度ごとの転入?転籍人數制限の撤廃を奨勵する。居住証を基に居住年數などの條件に応じた基本公共サービスを提供する仕組みを整え、地方政府が基本公共サービスと便利な手続きをいっそう提供することを奨勵し、居住証所有者が実際に受けられる都市部の義務教育や住宅保障などのサービスを増やす。

第二節 健全農業轉移人口市民化機制

完善財政轉移支付與農業轉移人口市民化掛鉤相關政策,提高均衡性轉移支付分配中常住人口折算比例,中央財政市民化獎勵資金分配主要依據跨省落戶人口數量確定。建立財政性建設資金對吸納落戶較多城市的基礎設施投資補助機制,加大中央預算內投資支持力度。調整城鎮建設用地年度指標分配依據,建立同吸納農業轉移人口落戶數量和提供保障性住房規模掛鉤機制。根據人口流動實際調整人口流入流出地區教師、醫生等編制定額和基本公共服務設施布局。依法保障進城落戶農民農村土地承包權、宅基地使用權、集體收益分配權,建立農村產權流轉市場體系,健全農戶“三權”市場化退出機制和配套政策。

第二節農業からの移転人口の市民化の仕組みを整える

財政移転支出を農業からの移転人口の市民化とかみ合わせる政策を充実させ、地方財政力均衡化のための移転支出の配分における常住人口の換算比率を高め、中央財政からの市民化奨勵資金の配分を他省からの転入?転籍人數に基づいて決める。転入?転籍者を比較的多く受け入れている都市に対する中央財政の建設資金からのインフラ投資補助の仕組みを確立し、中央予算枠內の投資による支援を拡大する。都市部の建設用地の年度目標値の割り當て基準を調整し、それが農業からの移転人口の転入?転籍受け入れ數および保障タイプ住宅の供給量とつり合う仕組みを確立する。人口流動の実態に基づいて人口流入?流出地區の教師?醫師などの定員?定數と基本公共サービス施設の配置を調整する。都市部転籍?定住農民の土地請負権?宅基地使用権?集団収益分配権(「三権」)を法に基づいて保障し、農村財産権流通市場體系を確立し、農家が「三権」を市場で手放せる仕組みとその関連政策を整える。

第二十八章 完善城鎮化空間布局

發展壯大城市群和都市圈,分類引導大中小城市發展方向和建設重點,形成疏密有致、分工協作、功能完善的城鎮化空間格局。

第二十八章 都市化の空間配置を改善する

都市群?都市圏を発展?成長させ、大中小都市の発展方向と整備重點を類別に導き、メリハリのきいた、分業?連攜のある、機能の十全な都市化の空間構造を形成する。

第一節 推動城市群一體化發展

以促進城市群發展為抓手,全面形成“兩橫三縱”城鎮化戰略格局。優化提升京津冀、長三角、珠三角、成渝、長江中游等城市群,發展壯大山東半島、粵閩浙沿海、中原、關中平原、北部灣等城市群,培育發展哈長、遼中南、山西中部、黔中、滇中、呼包鄂榆、蘭州-西寧、寧夏沿黃、天山北坡等城市群。建立健全城市群一體化協調發展機制和成本共擔、利益共享機制,統籌推進基礎設施協調布局、產業分工協作、公共服務共享、生態共建環境共治。優化城市群內部空間結構,構筑生態和安全屏障,形成多中心、多層級、多節點的網絡型城市群。

第一節都市群一體化発展を促す

都市群の発展の促進を基點として、「二橫三縦」都市化戦略の形を全面的に構築する。京津冀、長江デルタ、珠江デルタ、成渝(成都?重慶)、長江中流などの都市群を最適化?高度化し、山東半島、粵閩浙(広東?福建?浙江)沿海、中原、関中平原、北部灣などの都市群を発展?成長させ、哈長(ハルビン?長春)、遼中南(遼寧省中南部)、山西中部、黔中(貴州省中部)、滇中(雲南省中部)、呼包鄂楡(フフホト?包頭?オルドス?楡林)、蘭州?西寧、寧夏沿黃(寧夏回族自治區黃河沿岸)、天山北坡などの都市群を育てて発展させる。都市群一體化のバランスのとれた発展の仕組みとコスト共同負擔?利益共有の仕組みを確立して充実させ、インフラのバランスのとれた配置、産業の分業?連攜、公共サービスの共有、共同の生態保全?環境対策を統一的に推進する。都市群內部の空間構造を最適化し、生態保障壁?安全保障壁を構築し、多中心?多層?多接點のネットワーク型都市群を形づくる。

第二節 建設現代化都市圈

依托輻射帶動能力較強的中心城市,提高1小時通勤圈協同發展水平,培育發展一批同城化程度高的現代化都市圈。以城際鐵路和市域(郊)鐵路等軌道交通為骨干,打通各類“斷頭路”、“瓶頸路”,推動市內市外交通有效銜接和軌道交通“四網融合”,提高都市圈基礎設施連接性貫通性。鼓勵都市圈社保和落戶積分互認、教育和醫療資源共享,推動科技創新券通兌通用、產業園區和科研平臺合作共建。鼓勵有條件的都市圈建立統一的規劃委員會,實現規劃統一編制、統一實施,探索推進土地、人口等統一管理。

第二節現代化都市圏を築く

波及?先導能力が比較的高い中心都市を拠り所として、1時間圏內の通勤圏の協同発展レベルを向上させ、一體化の度合いが大きい一群の現代化都市圏を育てて発展させる。都市間鉄道や市域(郊外)列車など軌道系交通に依拠して、つながっていない區間やせまくなっている區間などのアクセスを改善し、市內と市外の交通の効果的な連結と軌道系交通の「四網融合(①高速鉄道、②都市間鉄道、③市域(郊外)列車、④地下鉄?モノレール等のネットワークの融合)」を推し進め、都市圏インフラの連結性?つながりを改善する。都市圏內での社會保障?転籍條件ポイントのポータビリティ、教育?醫療資源の共有、科學技術イノベーション券(企業がイノベーションのために大學や公共の研究機関などの支援やサービスを無料で利用できる券)の通用、産業パークと科學研究プラットフォームの協力?共同建設を奨勵する。條件を満たす都市圏が統一の計畫委員會を設立し、計畫の統一的な編成?実施を実現し、土地や住民などの統一的管理の推進を模索することを奨勵する。

第三節 優化提升超大特大城市中心城區功能

統籌兼顧經濟、生活、生態、安全等多元需要,轉變超大特大城市開發建設方式,加強超大特大城市治理中的風險防控,促進高質量、可持續發展。有序疏解中心城區一般性制造業、區域性物流基地、專業市場等功能和設施,以及過度集中的醫療和高等教育等公共服務資源,合理降低開發強度和人口密度。增強全球資源配置、科技創新策源、高端產業引領功能,率先形成以現代服務業為主體、先進制造業為支撐的產業結構,提升綜合能級與國際競爭力。堅持產城融合,完善郊區新城功能,實現多中心、組團式發展。

第三節超巨大都市?特大都市の中心市街地の機能を充実?向上させる

経済?生活?生態?安全などの多元的な需要を総合的に勘案し、超巨大都市?特大都市の開発?建設方式を転換し、超巨大都市?特大都市のガバナンスにおけるリスクの防止?抑制を強化し、質の高い持続可能な発展を促進する。中心市街地の一般製造業、地域物流拠點、専門市場などの機能と施設、それに過度に集中した醫療や高等教育などの公共サービス資源を秩序立てて分散させ、開発の度合いと人口密度を合理的に引き下げる。グローバル資源の配分機能、科學技術イノベーションの創出機能、ハイエンド産業の牽引機能を増強し、現代サービス業を主體とし、先進的製造業を支柱とする産業構造を率先して築き、総合能力と國際競爭力を高める。産業と都市の融合を堅持し、郊外ニュータウンの機能を充実させ、多中心?分散型の発展を実現する。

第四節 完善大中城市宜居宜業功能

充分利用綜合成本相對較低的優勢,主動承接超大特大城市產業轉移和功能疏解,夯實實體經濟發展基礎。立足特色資源和產業基礎,確立制造業差異化定位,推動制造業規?;夯l展,因地制宜建設先進制造業基地、商貿物流中心和區域專業服務中心。優化市政公用設施布局和功能,支持三級醫院和高等院校在大中城市布局,增加文化體育資源供給,營造現代時尚的消費場景,提升城市生活品質。

第四節大中都市の生活と生産に適した場所としての機能を充実させる

総合コストが相対的に低いという優位性を十分に活かし、超巨大都市?特大都市からの産業の移転と機能の分散をすすんで受け入れ、実體経済の発展の基盤をうち固める。特色ある資源と産業基盤に立腳して、製造業の差別化された地位を確立し、製造業の大規?;?集積化発展を促し、現地の実情に即して先進的製造業拠點、商業?貿易?物流センター、地域専門サービスセンターを建設する。都市公共施設の配置と機能を改善し、三級病院?高等教育機関の大中都市への配置をサポートし、文化?スポーツ資源の供給を増やし、現代的で洗練された消費の姿を生み出し、都市のクオリティ?オブ?ライフを向上させる。

第五節 推進以縣城為重要載體的城鎮化建設

加快縣城補短板強弱項,推進公共服務、環境衛生、市政公用、產業配套等設施提級擴能,增強綜合承載能力和治理能力。支持東部地區基礎較好的縣城建設,重點支持中西部和東北城鎮化地區縣城建設,合理支持農產品主產區、重點生態功能區縣城建設。健全縣城建設投融資機制,更好發揮財政性資金作用,引導金融資本和社會資本加大投入力度。穩步有序推動符合條件的縣和鎮區常住人口20萬以上的特大鎮設市。按照區位條件、資源稟賦和發展基礎,因地制宜發展小城鎮,促進特色小鎮規范健康發展。

第五節県城を重要な舞臺とする都市化建設を推進する

県城の不足部分の補充やウィークポイントの補強を急ぎ、公共サービス施設、環境衛生施設、都市公共施設、産業集積施設などの水準?能力を高め、総合的な収容力とガバナンス能力を増強する。東部地區の比較的基盤がしっかりとしている県城の整備をサポートし、中?西部地區と東北地區の都市化した地區の県城の整備を重點的にサポートし、農産物主産地と重點生態機能區の県城の整備を合理的にサポートする。県城の整備への投融資の仕組みを整え、財政資金の役割をよりよく発揮させ、金融資本と民間資本が投入を拡大するよう導く。條件に合致する県?鎮區のうち常住人口が20萬人以上の特大鎮の市への昇格を著実に秩序立てて推し進める。立地條件、要素賦存、発展の基盤に照らし、小城鎮を現地の実情に即して発展させ、特色ある小鎮の規範的で健全な発展を促進する。

圖3 城鎮化空間布局示意圖

図3 都市化空間構造見取図

天山北坡都市群

蘭州?西寧都市群

寧夏沿黃都市群

関中平原都市群

呼包鄂楡都市群

山西中部都市群

哈長都市群

遼中南都市群

京津冀都市群

山東半島都市群

中原都市群

長江デルタ都市群

長江中流都市群

粵閩浙沿海都市群

珠江デルタ都市群

北部灣都市群

滇中都市群

黔中都市群

成渝都市群

京津冀協同発展

長江デルタ一體化発展

粵港澳大灣區建設

海南改革開放全面的深化

長江経済ベルト発展

黃河流域の生態保護と質の高い発展

凡例

京津冀協同発展

長江デルタ一體化発展

粵港澳大灣區建設

長江経済ベルト発展

黃河流域の生態保護と質の高い発展

海南改革開放全面的深化

都市群

「二橫三縦」都市化戦略の形

第二十九章 全面提升城市品質

加快轉變城市發展方式,統籌城市規劃建設管理,實施城市更新行動,推動城市空間結構優化和品質提升。

第二十九章 都市の質を全面的に高める

都市の発展方式を転換し、都市計畫?都市整備?都市管理に統一的に取り組み、都市更新行動を実施し、都市の空間構造の最適化と質の向上を促す。

第一節 轉變城市發展方式

按照資源環境承載能力合理確定城市規模和空間結構,統籌安排城市建設、產業發展、生態涵養、基礎設施和公共服務。推行功能復合、立體開發、公交導向的集約緊湊型發展模式,統籌地上地下空間利用,增加綠化節點和公共開敞空間,新建住宅推廣街區制。推行城市設計和風貌管控,落實適用、經濟、綠色、美觀的新時期建筑方針,加強新建高層建筑管控。加快推進城市更新,改造提升老舊小區、老舊廠區、老舊街區和城中村等存量片區功能,推進老舊樓宇改造,積極擴建新建停車場、充電樁。

第一節都市の発展方式を転換する

資源?環境の受容能力に応じて都市の規模と空間構造を合理的に決め、都市整備、産業発展、生態保全、インフラ、公共サービスを統一的に手配する。機能の複合性、立體的な開発、公共交通の充実を目指す集約?統合型発展モデルを押し広め、地上空間と地下空間の統一的な利用をはかり、グリーンスポットと公共オープンスペースを増やし、新築の住宅については街區制を押し広める。都市の設計と景観の管理?規制を推し進め、「実用的で、経済的で、グリーンで、美しい」という新時期の建設方針を貫徹し、新築の高層建築物の管理?規制を強化する。都市の更新をどんどん推し進め、老朽住宅地、老朽工場エリア、老朽街區、「城中村(都市の中の村落)」といった既存の區域の機能をリニューアル?改善し、老朽ビルの改築を推し進め、駐車場や充電スタンドを積極的に増築?新築する。

第二節 推進新型城市建設

順應城市發展新理念新趨勢,開展城市現代化試點示范,建設宜居、創新、智慧、綠色、人文、韌性城市。提升城市智慧化水平,推行城市樓宇、公共空間、地下管網等“一張圖”數字化管理和城市運行一網統管??茖W規劃布局城市綠環綠廊綠楔綠道,推進生態修復和功能完善工程,優先發展城市公共交通,建設自行車道、步行道等慢行網絡,發展智能建造,推廣綠色建材、裝配式建筑和鋼結構住宅,建設低碳城市。保護和延續城市文脈,杜絕大拆大建,讓城市留下記憶、讓居民記住鄉愁。建設源頭減排、蓄排結合、排澇除險、超標應急的城市防洪排澇體系,推動城市內澇治理取得明顯成效。增強公共設施應對風暴、干旱和地質災害的能力,完善公共設施和建筑應急避難功能。加強無障礙環境建設。拓展城市建設資金來源渠道,建立期限匹配、渠道多元、財務可持續的融資機制。

第二節新型都市の整備を推進する

都市発展の新たな理念と新たな趨勢に順応し、都市現代化のモデル事業を展開し、住みやすく、イノベーティブで、スマート化され、グリーンで、歴史的?文化的で、強靭な都市を建設する。都市のスマート化レベルを高め、都市のビル、公共空間、共同溝などの統一的デジタル化管理と都市運営の一元的統括を押し広める。都市のグリーンベルト、グリーン回廊、楔型緑地、グリーンロードを科學的に計畫して配置し、生態系修復?機能改善プロジェクトを推進し、都市の公共交通を優先的に発展させ、自転車道や歩道など低速移動用のネットワークを整備し、スマート建築を発展させ、グリーン建材?プレハブ工法?鉄骨構造の住宅を普及させ、低炭素都市を建設する。都市の歴史的?文化的系譜を保護して存続させ、大規模な再開発を厳禁し、都市の記憶を殘して住民に忘れられないようにする。排水量が根源で削減でき、貯水と排水のバランスがとれ、排水によりリスクが解消でき、基準超過時に緊急対応がとれる都市の水防?排水體系を築き、都市型水害への対策が著しい成果をあげるようにする。公共施設の暴風?干害?地質災害対応能力を増強し、公共施設?建築物の緊急避難所としての機能を整える。バリアフリー環境の整備を強化する。都市建設資金調達ルートを開拓し、期限がマッチし、ルートが多元的で、財務が持続可能な資金調達の仕組みを確立する。

第三節 提高城市治理水平

堅持黨建引領、重心下移、科技賦能,不斷提升城市治理科學化精細化智能化水平,推進市域社會治理現代化。改革完善城市管理體制。推廣“街鄉吹哨、部門報到、接訴即辦”等基層管理機制經驗,推動資源、管理、服務向街道社區下沉,加快建設現代社區。運用數字技術推動城市管理手段、管理模式、管理理念創新,精準高效滿足群眾需求。加強物業服務監管,提高物業服務覆蓋率、服務質量和標準化水平。

第三節都市のガバナンスの水準を向上させる

黨建設によるリード、末端への重心シフト、科學技術によるパワーアップを堅持し、都市のガバナンスの科學化?精緻化?スマート化レベルを不斷に向上させ、市域社會統治の現代化を推進する。都市管理體制を改革?改善する?!附值坤蔷姢蝤Qらすと、部門が飛んできて、直ちに訴えを受理する」といった末端管理の仕組みの経験を押し広め、資源?管理?サービスの街道?社區への下方シフトを促し、現代的社區の建設を加速させる。デジタル技能を活用して都市管理手段?管理方式?管理理念の革新を推し進め、大衆のニーズに的確かつ効率的に応える。不動産管理サービスの監督管理を強化し、不動産管理サービスのカバー率、サービスの質、標準化レベルを高める。

第四節 完善住房市場體系和住房保障體系

堅持房子是用來住的、不是用來炒的定位,加快建立多主體供給、多渠道保障、租購并舉的住房制度,讓全體人民住有所居、職住平衡。堅持因地制宜、多策并舉,夯實城市政府主體責任,穩定地價、房價和預期。建立住房和土地聯動機制,加強房地產金融調控,發揮住房稅收調節作用,支持合理自住需求,遏制投資投機性需求。加快培育和發展住房租賃市場,有效盤活存量住房資源,有力有序擴大城市租賃住房供給,完善長租房政策,逐步使租購住房在享受公共服務上具有同等權利。加快住房租賃法規建設,加強租賃市場監管,保障承租人和出租人合法權益。有效增加保障性住房供給,完善住房保障基礎性制度和支持政策。以人口流入多、房價高的城市為重點,擴大保障性租賃住房供給,著力解決困難群體和新市民住房問題。單列租賃住房用地計劃,探索利用集體建設用地和企事業單位自有閑置土地建設租賃住房,支持將非住宅房屋改建為保障性租賃住房。完善土地出讓收入分配機制,加大財稅、金融支持力度。因地制宜發展共有產權住房。處理好基本保障和非基本保障的關系,完善住房保障方式,健全保障對象、準入門檻、退出管理等政策。改革完善住房公積金制度,健全繳存、使用、管理和運行機制。

第四節 住宅市場體系と住宅保障體系を十全化する

「住宅は住むためのものであり、投機のためのものではない」という見地を堅持し、多くの主體による供給、多くの方途による保障、賃貸と購入の両方の奨勵に基づく住宅制度の確立を急ぎ、全人民の住宅需要に過不足なくしっかりと応える?,F地の実情に即した対応、多様な措置の併用を堅持し、都市政府の主體責任を強化し、地価?住宅価格?市場期待を安定させる。住宅?土地連動メカニズムを確立し、不動産金融のコントロールにいっそう力を入れ、住宅稅の調整機能を発揮させ、合理的な住むための需要を後押しし、投資や投機のための需要を抑制する。賃貸住宅市場の育成?発展を急ぎ、既存住宅資源を効果的に活用し、都市の賃貸住宅の供給を力強く段階的に拡大し、長期賃貸マンション政策を充実させ、賃貸住宅でも公共サービスの享受の面で徐々に同等の権利が認められるようにする。住宅の賃貸に関する法規の整備を急ぎ、賃貸市場の監督管理にいっそう力を入れ、賃借人と賃貸人の合法的権利?利益を保障する。保障タイプ住宅の供給を効果的に増やし、住宅保障の基礎的制度と支援政策を充実させる。人口流入が多く住宅価格が高い都市を重點に、保障タイプ賃貸住宅の供給を拡大し、困窮層と新市民の住宅問題の解決に努める。賃貸住宅用地を獨立した項目として計畫に組み入れ、集団建設用地と企業?事業體所有の遊休土地を利用した賃貸住宅の建設を模索し、非住宅建築物の保障タイプ賃貸住宅へのリフォームを後押しする。公有地使用権譲渡収入の再分配の仕組みを整え、財政?租稅?金融による支援を拡大する。財産権共有住宅(住宅の財産権を政府と分け合う形にして価格を下げた住宅)を現地の実情に即して発展させる?;颈U悉确腔颈U悉伍v係を適切に処理し、住宅保障方式を充実させ、保障対象、參入條件、退出管理などに関する政策を整える。住宅積立金制度を改革?改善し、積立?使用?管理?運営の仕組みを整える。


第九篇 優化區域經濟布局 促進區域協調發展

深入實施區域重大戰略、區域協調發展戰略、主體功能區戰略,健全區域協調發展體制機制,構建高質量發展的區域經濟布局和國土空間支撐體系。

第七篇地域間の経済の配置を最適化し、地域間調和発展を促進する

地域間重大戦略、地域間調和発展戦略、主體機能區戦略を踏み込んで実施し、地域間調和発展の體制?仕組みを整備し、質の高い発展に向けた地域間の経済の配置と國土空間の基盤體系を構築する。

第三十章 優化國土空間開發保護格局

立足資源環境承載能力,發揮各地區比較優勢,促進各類要素合理流動和高效集聚,推動形成主體功能明顯、優勢互補、高質量發展的國土空間開發保護新格局。

第三十章 國土空間の開発?保護のあり方を最適化する

資源?環境の受容能力に立腳し、各地區の比較優位を発揮させ、各種要素の合理的な流動と効率的な集積を促進し、明確な主體機能、優位性の相互補完、質の高い発展のある國土空間の開発?保護の新たな形の構築を促す。

第一節 完善和落實主體功能區制度

順應空間結構變化趨勢,優化重大基礎設施、重大生產力和公共資源布局,分類提高城市化地區發展水平,推動農業生產向糧食生產功能區、重要農產品生產保護區和特色農產品優勢區集聚,優化生態安全屏障體系,逐步形成城市化地區、農產品主產區、生態功能區三大空間格局。細化主體功能區劃分,按照主體功能定位劃分政策單元,對重點開發地區、生態脆弱地區、能源資源富集地區等制定差異化政策,分類精準施策。加強空間發展統籌協調,保障國家重大發展戰略落地實施。

第一節主體機能區制度を改善して徹底する

空間構造の変化の趨勢に順応し、重大インフラ、重大生産力、公共資源の配置を合理化し、都市的地域の発展レベルを類別に向上させ、農業生産が食糧生産機能區、重要農産物生産保護區、特色農産物優勢區に集積するようにし、生態系安全保障壁體系を最適化し、都市的地域、農産物主産地、生態機能區の三大空間構造を徐々に形成する。主體機能區の區分を細かくし、主體機能の種別に基づいて政策ユニットを區分し、重點開発地區、生態脆弱地區、エネルギー?資源潤沢地區などに差別化された政策を策定し、類別に的確に策を講じる??臻g発展の統一的調整を強化し、國の重大発展戦略の確実な実施を保障する。

第二節 開拓高質量發展的重要動力源

以中心城市和城市群等經濟發展優勢區域為重點,增強經濟和人口承載能力,帶動全國經濟效率整體提升。以京津冀、長三角、粵港澳大灣區為重點,提升創新策源能力和全球資源配置能力,加快打造引領高質量發展的第一梯隊。在中西部有條件的地區,以中心城市為引領,提升城市群功能,加快工業化城鎮化進程,形成高質量發展的重要區域。破除資源流動障礙,優化行政區劃設置,提高中心城市綜合承載能力和資源優化配置能力,強化對區域發展的輻射帶動作用。

第二節質の高い発展の重要な原動力を開拓する

中心都市や都市群など経済発展の優位性のある地域を重點に、経済?人口の受容能力を増強し、全國の経済効率全體の向上を促す。京津冀、長江デルタ、粵港澳大灣區を重點に、科學技術イノベーションの創出能力とグローバル資源の配分能力を高め、質の高い発展の先導部隊の構築を急ぐ。中?西部地區の條件を満たす地區で、中心都市を先導役に、都市群の機能を高め、工業化?都市化のプロセスを加速させ、質の高い発展の重要地域を形成する。資源の流動の障害を取り除き、行政區分の配置を合理化し、中心都市の総合的受容能力と資源の合理的配分能力を高め、地域の発展に対する波及?促進効果を強化する。

第三節 提升重要功能性區域的保障能力

以農產品主產區、重點生態功能區、能源資源富集地區和邊境地區等承擔戰略功能的區域為支撐,切實維護國家糧食安全、生態安全、能源安全和邊疆安全,與動力源地區共同打造高質量發展的動力系統。支持農產品主產區增強農業生產能力,支持生態功能區把發展重點放到保護生態環境、提供生態產品上,支持生態功能區人口逐步有序向城市化地區轉移并定居落戶。優化能源開發布局和運輸格局,加強能源資源綜合開發利用基地建設,提升國內能源供給保障水平。增強邊疆地區發展能力,強化人口和經濟支撐,促進民族團結和邊疆穩定。健全公共資源配置機制,對重點生態功能區、農產品主產區、邊境地區等提供有效轉移支付。

第三節重要な機能を有する地域の保障能力を高める

農産物主産地、重點生態機能區、エネルギー?資源潤沢地區、辺境地區など戦略的機能を擔う地域を支柱として、國の食糧の安全、生態系の安全、エネルギーの安全、辺境の安全を確保し、原動力地區と共同で質の高い発展の原動力システムを構築する。農産物主産地が農業生産能力を増強するのをサポートし、生態機能區が発展の重點を生態環境の保護や「生態製品(きれいな水?空気?土壌といった自然の恵み)」の供給に置くのをサポートし、生態機能區の人々が段階的に秩序立てて都市的地域に移住して定住?転籍するのをサポートする。エネルギーの開発の配置と輸送のあり方を改善し、エネルギー?資源総合開発利用拠點の建設を強化し、國內のエネルギー供給の保障水準を向上させる。辺境地區の発展能力を増強し、人口的?経済的基盤を強化し、民族の団結と辺境の安定を促進する。公共資源の配分の仕組みを整え、重點生態機能區、農産物主産地、辺境地區などに効果的に移転支出をする。

第三十一章 深入實施區域重大戰略

聚焦實現戰略目標和提升引領帶動能力,推動區域重大戰略取得新的突破性進展,促進區域間融合互動、融通補充。

第三十一章 地域間重大戦略を踏み込んで実施する

戦略目標の達成と牽引?先導能力の向上にフォーカスして、地域間重大戦略に新たな打開的進展をもたらし、地域間の融合?相互作用、連攜?相互補完を促進する。

第一節 加快推動京津冀協同發展

緊抓疏解北京非首都功能“牛鼻子”,構建功能疏解政策體系,實施一批標志性疏解項目。高標準高質量建設雄安新區,加快啟動區和起步區建設,推動管理體制創新。高質量建設北京城市副中心,促進與河北省三河、香河、大廠三縣市一體化發展。推動天津濱海新區高質量發展,支持張家口首都水源涵養功能區和生態環境支撐區建設。提高北京科技創新中心基礎研究和原始創新能力,發揮中關村國家自主創新示范區先行先試作用,推動京津冀產業鏈與創新鏈深度融合?;窘ǔ绍壍郎系木┙蚣?提高機場群港口群協同水平。深化大氣污染聯防聯控聯治,強化華北地下水超采及地面沉降綜合治理。

第一節京津冀協同発展をどんどん促す

北京の首都機能以外の諸機能の分散を要諦に、諸機能分散政策體系を構築し、一連の代表的な分散プロジェクトを実施する。雄安新區のハイスタンダードでハイクオリティな建設を進め、始動區?発走區の建設を加速させ、管理體制の革新を促す。北京副都心のハイクオリティな建設を進め、河北省三河?香河?大廠三県市一體化発展を促進する。天津浜海新區の質の高い発展を促し、張家口の首都水源涵養機能區?生態環境基盤區の建設をサポートする。北京の科學技術イノベーションセンターの基礎研究?獨創的イノベーションの能力を高め、中関村國家自主イノベーションモデル區の先行的試行の役割を発揮させ、京津冀の産業チェーンとイノベーションチェーンの高度な融合を促す。京津冀の都市間の軌道系交通を基本的に完成させ、空港群?港灣群の連結性を高める。大気汚染共同対策を深化させ、華北地區の地下水超過採取?地盤沈下総合対策を強化する。

圖4 京津冀地區軌道交通規劃圖

図4 京津冀地區軌道系交通計畫図

凡例

直轄市

省都/副省級都市

地級都市

區?県

在來鉄道

建設中の鉄道

「十四五」期に建設が計畫されている鉄道

第二節 全面推動長江經濟帶發展

堅持生態優先、綠色發展和共抓大保護、不搞大開發,協同推動生態環境保護和經濟發展,打造人與自然和諧共生的美麗中國樣板。持續推進生態環境突出問題整改,推動長江全流域按單元精細化分區管控,實施城鎮污水垃圾處理、工業污染治理、農業面源污染治理、船舶污染治理、尾礦庫污染治理等工程。深入開展綠色發展示范,推進赤水河流域生態環境保護。實施長江十年禁漁。圍繞建設長江大動脈,整體設計綜合交通運輸體系,疏解三峽樞紐瓶頸制約,加快沿江高鐵和貨運鐵路建設。發揮產業協同聯動整體優勢,構建綠色產業體系。保護好長江文物和文化遺產。

第二節長江経済ベルト発展を全面的に推し進める

生態優先?グリーン発展、大規模保護共同推進?大規模開発禁止を堅持し、生態環境保護と経済発展を統合的に推し進め、人と自然が調和的に共生する「美しい中國」のモデルを構築する。生態環境面での際立った問題の是正を持続的に推し進め、長江全流域の地域ごとに細分化された管理?規制をはかり、都市部の汚水?ゴミ処理、工業汚染対策、農業ノンポイント汚染対策、船舶汚染対策、鉱滓ダム汚染対策といったプロジェクトを実施する。グリーン発展のモデル事業を踏み込んで展開し、赤水河流域の生態環境保護を推進する。長江での10年間の禁漁を実施する。長江大動脈の建設を目標に、総合交通運輸體系を全面的に設計し、三峽水利センターのボトルネックを緩和し、長江流域沿いの高速鉄道と貨物鉄道の整備を加速させる。産業の共同?連動の全體的優位性を発揮させ、グリーン産業體系を構築する。長江の文化財と文化遺産をしっかりと保護する。

第三節 積極穩妥推進粵港澳大灣區建設

加強粵港澳產學研協同發展,完善廣深港、廣珠澳科技創新走廊和深港河套、粵澳橫琴科技創新極點“兩廊兩點”架構體系,推進綜合性國家科學中心建設,便利創新要素跨境流動。加快城際鐵路建設,統籌港口和機場功能布局,優化航運和航空資源配置。深化通關模式改革,促進人員、貨物、車輛便捷高效流動。擴大內地與港澳專業資格互認范圍,深入推進重點領域規則銜接、機制對接。便利港澳青年到大灣區內地城市就學就業創業,打造粵港澳青少年交流精品品牌。

第三節粵港澳大灣區建設を積極的かつ著実に推し進める。

粵港澳の産?學?研協同発展にいっそう力を入れ、広深港(広州?深圳?香港)?広珠澳(広州?珠海?澳門)科學技術イノベーション回廊と深港河套?粵澳橫琴科學技術イノベーション拠點の「二廊二點」の枠組み體系を整備し、総合的國家科學センターの建設を推し進め、イノベーションの要素の越境流動を円滑にする。都市間鉄道の建設を加速させ、港灣?空港機能の配置を統一的に計畫し、水運?航空資源の配分を最適化する。通関方式の改革を深化させ、人員?貨物?車両の便利で高効率な移動を促進する。大陸部と香港?澳門の間での専門資格の相互承認範囲を拡大し、重點分野の規則のすり合わせ、仕組みの統一をしっかりと推進する。香港?澳門の若者が大灣區の大陸部の都市で就學?就業?起業しやすくし、粵港澳青少年交流の優れた活動を生み出す。

圖5 粵港澳大灣軌道交通規劃圖

図5 粵港澳大灣區軌道系交通計畫図

凡例

特別行政區/省都/計畫単列市

地級都市

區?県

鉄道駅

空港

在來鉄道

建設中の鉄道

「十四五」期に建設が計畫されている鉄道

第四節 提升長三角一體化發展水平

瞄準國際先進科創能力和產業體系,加快建設長三角G60科創走廊和沿滬寧產業創新帶,提高長三角地區配置全球資源能力和輻射帶動全國發展能力。加快基礎設施互聯互通,實現長三角地級及以上城市高鐵全覆蓋,推進港口群一體化治理。打造虹橋國際開放樞紐,強化上海自貿試驗區臨港新片區開放型經濟集聚功能,深化滬蘇浙皖自貿試驗區聯動發展。加快公共服務便利共享,優化優質教育和醫療衛生資源布局。推進生態環境共保聯治,高水平建設長三角生態綠色一體化發展示范區。

第四節長江デルタ一體化発展のレベルを高める

世界の先端科學技術イノベーション能力?産業體系にねらいを定めて、長江デルタG60科學技術イノベーション回廊と滬寧(上海?南京)産業イノベーションベルトの建設を加速させ、長江デルタ地區のグローバル資源の配分能力と全國の発展に対する波及?先導能力を高める。インフラの相互連結を加速させ、長江デルタの地級都市および地級より上の都市への高速鉄道の普及を実現し、港灣群の一體的管理を推し進める。虹橋國際開放センターをつくり、上海自由貿易試験區臨港新エリアの開放型経済集積機能を強化し、上海?江蘇?浙江?安徽自由貿易試験區の連動発展を深化させる。公共サービスの利便化?共有化を急ぎ、良質な教育?醫療衛生資源の配置を最適化する。生態環境の共同保護?共同対策を推進し、ハイレベルな長江デルタ生態?グリーン一體化発展モデル區を建設する。

圖6 長三角地區軌道交通規劃圖

図6 長江デルタ地區軌道系交通計畫図

凡例

直轄市

省都/計畫単列市

地級都市

區?県

在來鉄道

建設中の鉄道

「十四五」期に建設が計畫されている鉄道

第五節 扎實推進黃河流域生態保護和高質量發展

加大上游重點生態系統保護和修復力度,筑牢三江源“中華水塔”,提升甘南、若爾蓋等區域水源涵養能力。創新中游黃土高原水土流失治理模式,積極開展小流域綜合治理、旱作梯田和淤地壩建設。推動下游二級懸河治理和灘區綜合治理,加強黃河三角洲濕地保護和修復。開展汾渭平原、河套灌區等農業面源污染治理,清理整頓黃河岸線內工業企業,加強沿黃河城鎮污水處理設施及配套管網建設。實施深度節水控水行動,降低水資源開發利用強度。合理控制煤炭開發強度,推進能源資源一體化開發利用,加強礦山生態修復。優化中心城市和城市群發展格局,統籌沿黃河縣城和鄉村建設。實施黃河文化遺產系統保護工程,打造具有國際影響力的黃河文化旅游帶。建設黃河流域生態保護和高質量發展先行區。

第五節黃河流域の生態保護と質の高い発展を著実に推進する

上流の重點生態系保護?復元にいっそう力を入れ、三江源(長江?黃河?瀾滄江の水源地帯)「中華給水塔」をうち固め、甘南や若爾蓋といった地域の水源涵養能力を高める。中流の黃土高原の水土流出対策の方式を革新し、小流域の総合対策、乾地農法の棚田や砂防ダムの整備を積極的に展開する。下流の二級天井川の対策と灘區(泥砂が積み重なって洪水の起きやすい地域)の総合対策を推し進め、黃河デルタの濕地の保護?復元にいっそう力を入れる。汾渭平原や河套灌漑區などの農業ノンポイント汚染対策を展開し、黃河に面したエリアにある工業企業を健全化し、黃河沿岸の都市部の汚水処理施設と下水道網の整備を強化する。踏み込んだ節水制水キャンペーンを実施し、水資源の開発利用の度合いを引き下げる。石炭の開発の度合いを合理的に抑制し、エネルギー?資源の一體的開発利用を推し進め、鉱山の生態系修復にいっそう力を入れる。中心都市と都市群の発展のあり方を改善し、黃河沿岸の県城?農村建設を統一的に進める。黃河文化遺産の系統的保護プロジェクトを実施し、國際的影響力を備えた黃河文化観光ベルトを築く。黃河流域の生態保護と質の高い発展の先行區を建設する。

第三十二章 深入實施區域協調發展戰略

深入推進西部大開發、東北全面振興、中部地區崛起、東部率先發展,支持特殊類型地區加快發展,在發展中促進相對平衡。

第三十二章 地域間調和発展戦略を踏み込んで実施する

西部大開発、東北の全面的振興、中部地區の興隆、東部地區の先行発展を踏み込んで推し進め、特殊類型地區の加速度的発展を支援し、発展の中で相対的均衡を促進する。 

第一節 推進西部大開發形成新格局

強化舉措推進西部大開發,切實提高政策精準性和有效性。深入實施一批重大生態工程,開展重點區域綜合治理。積極融入“一帶一路”建設,強化開放大通道建設,構建內陸多層次開放平臺。加大西部地區基礎設施投入,支持發展特色優勢產業,集中力量鞏固脫貧攻堅成果,補齊教育、醫療衛生等民生領域短板。推進成渝地區雙城經濟圈建設,打造具有全國影響力的重要經濟中心、科技創新中心、改革開放新高地、高品質生活宜居地,提升關中平原城市群建設水平,促進西北地區與西南地區合作互動。支持新疆建設國家“三基地一通道”,支持西藏打造面向南亞開放的重要通道。促進400毫米降水線西側區域保護發展。

第一節西部大開発の新たな形の構築を推進する

措置を強化して西部大開発を推し進め、政策の的確性と有効性を確実に高める。一連の重大生態プロジェクトを踏み込んで実施し、重點地域の総合対策を展開する。積極的に「一帯一路」建設と融合させ、開放大動脈の建設を強化し、內陸の多層的開放プラットフォームを構築する。西部地區のインフラへの投入を拡大し、特色ある優位産業の発展をサポートし、力を集中して貧困脫卻堅塁攻略の成果を定著させ、教育?醫療衛生など民生分野の不足部分を補充する。成渝地區二都市経済圏建設を推進し、全國的影響力を備えた重要経済センター、科學技術イノベーションセンター、改革開放の新拠點、質の高い生活に適したエリアを築き、関中平原都市群の建設レベルを向上させ、西北地區と西南地區の協力?相互作用を促進する。新疆ウイグル自治區が國の「三拠點一動脈(大型石油?天然ガス加工?貯蔵拠點、大型石炭?石炭火力発電?石炭化學工業拠點、大型風力発電拠點、エネルギー?資源陸上大動脈)」を建設するのをサポートし、チベット自治區が南アジアに向けて開放された重要ルートを整備するのをサポートする。年間降水量400ミリの等雨量線(大興安嶺―張家口―蘭州―ラサ―ヒマラヤ山脈の東南端を結ぶ線)西側地域の保護?発展を促進する。

第二節 推動東北振興取得新突破

從維護國家國防、糧食、生態、能源、產業安全的戰略高度,加強政策統籌,實現重點突破。加快轉變政府職能,深化國有企業改革攻堅,著力優化營商環境,大力發展民營經濟。打造遼寧沿海經濟帶,建設長吉圖開發開放先導區,提升哈爾濱對俄合作開放能級。加快發展現代農業,打造保障國家糧食安全的“壓艙石”。加大生態資源保護力度,筑牢祖國北疆生態安全屏障。改造提升裝備制造等傳統優勢產業,培育發展新興產業,大力發展寒地冰雪、生態旅游等特色產業,打造具有國際影響力的冰雪旅游帶,形成新的均衡發展產業結構和競爭優勢。實施更具吸引力的人才集聚措施。深化與東部地區對口合作。

第二節東北振興の新たな突破の実現を促す

國の國防?食糧?生態系?エネルギー?産業安全保障の戦略的見地から、政策の統一的策定を強化し、重點突破を実現する。政府の職能の転換を加速させ、國有企業改革の難関攻略をいっそう進め、ビジネス環境の改善に努め、民営経済を大いに発展させる。遼寧沿海経済ベルトを築き、長吉図(長春市?吉林市?図們江)開発開放先導區を建設し、ハルビンの対ロシア協力?開放を拡大する?,F代農業の発展を加速させ、國の食糧安全保障の「バラスト」を固める。生態資源の保護にいっそう力を入れ、祖國の北部辺境の生態系安全保障壁を築く。設備製造など在來優位産業を改造?高度化し、新興産業を育てて発展させ、寒冷地特有の氷雪産業(ウィンタースポーツ等)やエコツーリズムなどを大いに発展させ、國際的影響力を備えた氷雪観光ベルトを築き、新たなバランスのとれた発展の産業構造と競爭優位を形成する。いっそう魅力的な人材集積措置を実施する。東部地區との一対一協力を深化させる。

第三節 開創中部地區崛起新局面

著力打造重要先進制造業基地、提高關鍵領域自主創新能力、建設內陸地區開放高地、鞏固生態綠色發展格局,推動中部地區加快崛起。做大做強先進制造業,在長江、京廣、隴海、京九等沿線建設一批中高端產業集群,積極承接新興產業布局和轉移。推動長江中游城市群協同發展,加快武漢、長株潭都市圈建設,打造全國重要增長極。夯實糧食生產基礎,不斷提高農業綜合效益和競爭力,加快發展現代農業。加強生態環境共保聯治,著力構筑生態安全屏障。支持淮河、漢江生態經濟帶上下游合作聯動發展。加快對外開放通道建設,高標準高水平建設內陸地區開放平臺。提升公共服務保障特別是應對公共衛生等重大突發事件能力。

第三節中部地區の興隆の新局面を切り開く

重要先進的製造業拠點の建設、樞要分野の自主イノベーション能力の向上、內陸地區の開放拠點の整備、生態グリーン発展の形の定著に力を入れ、中部地區の興隆を加速させる。先進的製造業を増大?増強し、長江、京広線、隴海線、京九線などの沿岸?沿線に一群のミドル?ハイエンド産業クラスターを建設し、新興産業の配置と移転を積極的に受け入れる。長江中流都市群協同発展を推し進め、武漢都市圏と長株潭(長沙?株洲?湘潭)都市圏の建設を急ぎ、國全體にとっての重要な成長極をつくる。食糧生産の基礎をうち固め、農業の総合生産性と競爭力を不斷に高め、現代農業の発展を加速させる。生態環境の共同保護?共同対策を強化し、生態系安全保障壁の構築に力を入れる?;春由鷳B経済ベルトと漢江生態経済ベルトの上流?下流協力?連動発展をサポートする。対外開放動脈の建設を加速させ、內陸地區の開放プラットフォームのハイスタンダードでハイレベルな建設を進める。公共サービスの保障能力、とくに公衆衛生などの重大な突発的事態への対応能力を高める。

第四節 鼓勵東部地區加快推進現代化

發揮創新要素集聚優勢,加快在創新引領上實現突破,推動東部地區率先實現高質量發展。加快培育世界級先進制造業集群,引領新興產業和現代服務業發展,提升要素產出效率,率先實現產業升級。更高層次參與國際經濟合作和競爭,打造對外開放新優勢,率先建立全方位開放型經濟體系。支持深圳建設中國特色社會主義先行示范區、浦東打造社會主義現代化建設引領區、浙江高質量發展建設共同富裕示范區。深入推進山東新舊動能轉換綜合試驗區建設。

第四節東部地區の現代化の加速度的進展を奨勵する

イノベーション要素集積の優位性を発揮させ、イノベーションによる牽引の下で突破を実現し、東部地區が他地區に先駆けて質の高い発展を実現できるようにする。世界レベルの先進的製造業クラスターの育成を急ぎ、新興産業と現代サービス業の発展をリードし、全要素生産性を高め、他地區に先駆けて産業の高度化を実現する。よりハイレベルで國際経済協力?競爭に參加し、対外開放の新たな優位性を築き、他地區に先駆けて全方位開放型経済體系を確立する。深圳市の中國の特色ある社會主義先行モデル區の建設、浦東新區の社會主義現代化建設牽引區の構築、浙江省の質の高い発展による共同富裕モデル區の建設をサポートする。山東省の新舊原動力転換総合試験區の建設を踏み込んで推し進める。

第五節 支持特殊類型地區發展

統籌推進革命老區振興,因地制宜發展特色產業,傳承弘揚紅色文化,支持贛閩粵原中央蘇區高質量發展示范,推進陜甘寧、大別山、左右江、川陜、沂蒙等革命老區綠色創新發展。推進生態退化地區綜合治理和生態脆弱地區保護修復,支持畢節試驗區建設。推動資源型地區可持續發展示范區和轉型創新試驗區建設,實施采煤沉陷區綜合治理和獨立工礦區改造提升工程。推進老工業基地制造業競爭優勢重構,建設產業轉型升級示范區。改善國有林場林區基礎設施。多措并舉解決高海拔地區群眾生產生活困難。推進興邊富民、穩邊固邊,大力改善邊境地區生產生活條件,完善沿邊城鎮體系,支持邊境口岸建設,加快抵邊村鎮和抵邊通道建設。推動邊境貿易創新發展。加大對重點邊境地區發展精準支持力度。

第五節特殊類型地區の発展をサポートする

舊革命根拠地の振興を統一的に推進し、特色ある産業を現地の実情に即して発展させ、紅色文化(革命文化)を伝承?発揚し、贛閩粵(江西?福建?広東)舊中央ソビエト區の質の高い発展のモデル事業をサポートし、陝甘寧(陝西?甘粛?寧夏)、大別山、左右江、川陝(四川?陝西)、沂蒙などの舊革命根拠地のグリーンな革新的発展を推し進める。生態系悪化地區の総合対策と生態脆弱地區の保護?復元を推進し、畢節試験區の建設をサポートする。資源依存型地區の持続可能な発展モデル區とパターン転換試験區の建設を後押しし、石炭採掘による地盤沈下地域の総合対策プロジェクトと孤立して存在する鉱物採掘?加工地域のリニューアル?改善プロジェクトを実施する。舊工業基地の製造業の競爭優位の再構築を推し進め、産業構造高度化モデル區を建設する。國有営林場?営林區のインフラを改善する。標高の高い地域の大衆の仕事と生活の困難をさまざまな措置を講じて解決する。辺境地區の振興?富?;?、安定確保を推進し、辺境地區の生産?生活條件を大いに改善し、國境沿いの都市部の體系を整え、國境稅関の整備をサポートし、國境に位置する村落?道路の整備を急ぐ。國境貿易の革新発展を促す。重點辺境地區の発展へのピンポイント支援を拡大する。


第六節 健全區域協調發展體制機制

建立健全區域戰略統籌、市場一體化發展、區域合作互助、區際利益補償等機制,更好促進發達地區和欠發達地區、東中西部和東北地區共同發展。提升區域合作層次和水平,支持省際交界地區探索建立統一規劃、統一管理、合作共建、利益共享的合作新機制。完善財政轉移支付支持欠發達地區的機制,逐步實現基本公共服務均等化,引導人才向西部和艱苦邊遠地區流動。完善區域合作與利益調節機制,支持流域上下游、糧食主產區主銷區、資源輸出地輸入地之間開展多種形式的利益補償,鼓勵探索共建園區、飛地經濟等利益共享模式。聚焦鑄牢中華民族共同體意識,加大對民族地區發展支持力度,全面深入持久開展民族團結進步宣傳教育和創建,促進各民族交往交流交融。

第六節地域間調和発展の體制?仕組みを整備する

地域戦略統合、市場一體化発展、地域間協力互助、地域間利益補償などの仕組みを確立して充実させ、発達地區と未発達地區、東部?中部?西部?東北地區の共同発展をよりよく促進する。地域間協力の次元?水準を高め、省境地區が統一的計畫、統一的管理、連攜?共同建設、利益共有の新たな協力の仕組みの確立を模索するのをサポートする。財政移転支出による未発達地區支援の仕組みを改善し、基本公共サービスの均等化を著実に実現し、西部地區や苦労の多い僻地への人材の流動を導く。地域間協力?利益調節の仕組みを整え、流域上流?下流、食糧主産地?主要販売地域、資源産出地?受入地の間のさまざまな形の利益補償をサポートし、共同建設型産業パークや飛び地経済など利益共有モデルの模索を奨勵する。中華民族共同體意識の確立にフォーカスして、民族地區の発展への支援を拡大し、民族の団結?進歩の宣伝?教育?創造を全面的?徹底的?永続的に展開し、各民族間の往來?交流?融和を促進する。

第三十三章 積極拓展海洋經濟發展空間

堅持陸海統籌、人海和諧、合作共贏,協同推進海洋生態保護、海洋經濟發展和海洋權益維護,加快建設海洋強國。

第三十三章 海洋経済の発展の余地を積極的に広げる

陸と海の統一的計畫、人と海の調和、協力?ウィンウィンを堅持し、海洋生態の保護、海洋経済の発展、海洋権益の擁護を調和させながら推進し、海洋強國の建設を加速させる。

第一節 建設現代海洋產業體系

圍繞海洋工程、海洋資源、海洋環境等領域突破一批關鍵核心技術。培育壯大海洋工程裝備、海洋生物醫藥產業,推進海水淡化和海洋能規?;?提高海洋文化旅游開發水平。優化近海綠色養殖布局,建設海洋牧場,發展可持續遠洋漁業。建設一批高質量海洋經濟發展示范區和特色化海洋產業集群,全面提高北部、東部、南部三大海洋經濟圈發展水平。以沿海經濟帶為支撐,深化與周邊國家涉海合作。

第一節現代的海洋産業體系を構築する

海洋プロジェクト、海洋資源、海洋環境といった分野を中心に一群の基幹核心技術のブレークスルーを実現する。海洋プロジェクト設備産業やマリンバイオ醫薬品産業を育成し、海水の淡水化利用と海洋エネルギーの大規模利用を推進し、海洋文化?観光の開発レベルを上げる。沿岸グリーン養殖の配置を改善し、海洋牧場を建設し、持続可能な遠洋漁業を発展させる。一群の質の高い海洋経済発展モデル區と特色化された海洋産業クラスターを建設し、北部?東部?南部の三大海洋経済圏の発展レベルを全面的に向上させる。沿海経済ベルトを支柱として、周辺諸國との海洋関連の協力を深める。

第二節 打造可持續海洋生態環境

探索建立沿海、流域、海域協同一體的綜合治理體系。嚴格圍填海管控,加強海岸帶綜合管理與濱海濕地保護。拓展入海污染物排放總量控制范圍,保障入海河流斷面水質。加快推進重點海域綜合治理,構建流域-河口-近岸海域污染防治聯動機制,推進美麗海灣保護與建設。防范海上溢油、危險化學品泄露等重大環境風險,提升應對海洋自然災害和突發環境事件能力。完善海岸線保護、海域和無居民海島有償使用制度,探索海岸建筑退縮線制度和海洋生態環境損害賠償制度,自然岸線保有率不低于35%。

第二節持続可能な海洋生態環境を築く

沿海?流域?海域協同一體の総合対策體系の確立を模索する。海の埋め立ての規制を厳格化し、海岸帯の総合管理と沿岸濕地の保護を強化する。海洋に排出される汚染物質の総量規制の対象を拡大し、海洋に流れ込む河川の斷面水質を保障する。重點海域の総合対策をどんどん推し進め、流域?河口?沿岸海域汚染対策連動メカニズムを構築し、「美しい海灣」の保護?建設を推進する。海洋における石油流出、危険化學品の漏洩など重大環境リスクを防止し、海洋における自然災害や突発的環境事故への対応能力を高める。海岸線の保護制度、海域や無人島の有償使用制度を整え、海岸建築制限ライン制度と海洋生態環境損害賠償制度を模索し、自然海岸の保有率を35%以上に保つ。

第三節 深度參與全球海洋治理

積極發展藍色伙伴關系,深度參與國際海洋治理機制和相關規則制定與實施,推動建設公正合理的國際海洋秩序,推動構建海洋命運共同體。深化與沿海國家在海洋環境監測和保護、科學研究和海上搜救等領域務實合作,加強深海戰略性資源和生物多樣性調查評價。參與北極務實合作,建設“冰上絲綢之路”。提高參與南極保護和利用能力。加強形勢研判、風險防范和法理斗爭,加強海事司法建設,堅決維護國家海洋權益。有序推進海洋基本法立法。

第三節グローバル海洋ガバナンスに深く參與する

ブルーパートナーシップを積極的に発展させ、國際海洋ガバナンスの仕組みと関連ルールの制定?実施に深く參與し、公正で合理的な國際海洋秩序の建設を促し、海洋運命共同體の構築を促す。海洋環境のモニタリング?保護、科學研究、海上捜索救助といった分野で沿岸諸國との実務協力を深め、深海の戦略的資源と生物多様性の調査?評価を強化する。北極の実務協力に參加し、「氷上のシルクロード」を建設する。南極の保護?利用に參與する能力を高める。情勢判斷、リスク防止、法理的闘爭を強化し、海事司法建設を強化し、國の海洋権益を斷固として守る。海洋基本法の立法を秩序立てて推し進める。

第十篇 發展社會主義先進文化 提升國家文化軟實力

堅持馬克思主義在意識形態領域的指導地位,堅定文化自信,堅持以社會主義核心價值觀引領文化建設,圍繞舉旗幟、聚民心、育新人、興文化、展形象的使命任務,促進滿足人民文化需求和增強人民精神力量相統一,推進社會主義文化強國建設。

第十篇 社會主義先進文化を発展させ、國の文化的ソフトパワーを高める

イデオロギー分野におけるマルクス主義の指導的地位を堅持し、文化に対する自信を固め、社會主義の核心的価値観による文化建設の牽引を堅持し、旗印の標榜、民心の結集、新人の育成、文化の振興、イメージの発信という使命?任務を中心に據え、人民の文化面のニーズの充足と人民の精神的力の増強の融合を促進し、社會主義文化強國建設を推し進める。

第三十四章 提高社會文明程度

加強社會主義精神文明建設,培育和踐行社會主義核心價值觀,推動形成適應新時代要求的思想觀念、精神面貌、文明風尚、行為規范。

第三十四章 社會の文明度を向上させる

社會主義精神文明建設を強化し、社會主義の核心的価値観を養成?実踐し、新時代の要請に適う思想観念、心構え、文明的気風、行動規範の形成を促進する。

第一節 推動理想信念教育常態化制度化

深入開展習近平新時代中國特色社會主義思想學習教育,健全用黨的創新理論武裝全黨、教育人民的工作體系。建立健全“不忘初心、牢記使命”的制度和長效機制,加強和改進思想政治工作,持續開展中國特色社會主義和中國夢宣傳教育,加強黨史、新中國史、改革開放史、社會主義發展史教育,加強愛國主義、集體主義、社會主義教育,加強革命文化研究闡釋和宣傳教育,弘揚黨和人民在各個歷史時期奮斗中形成的偉大精神。完善弘揚社會主義核心價值觀的法律政策體系,把社會主義核心價值觀要求融入法治建設和社會治理,體現到國民教育、精神文明創建、文化產品創作生產全過程。完善青少年理想信念教育齊抓共管機制。

第一節理想?信念教育の常態化?制度化を推し進める

習近平「新時代の中國の特色ある社會主義」思想の學習教育をしっかりと繰り広げ、黨の革新的理論による全黨の武裝、人民の教育の活動體系を整える?!赋跣膜蛲欷?、使命を胸に刻もう」を制度化?長期有効メカニズム化して充実させ、思想?政治工作を強化?改善し、中國の特色ある社會主義と中國の夢に関する宣伝?教育を持続的に展開し、黨史、新中國史、改革開放史、社會主義発展史の教育を強化し、愛國主義、集団主義、社會主義の教育を強化し、革命の文化の研究?解説と宣伝?教育を強化し、黨と人民が各歴史的時期の奮闘の中で形成した偉大な精神を発揚する。社會主義の核心的価値観の発揚のための法律?政策體系を整え、社會主義の核心的価値観の要請を法治建設と社會統治に融け込ませ、國民の教育、精神文明の創造、文化作品の創作?生産の全過程に反映させる。青少年の理想?信念教育にみなで取り組むための仕組みを整える。

第二節 發展中國特色哲學社會科學

加強對習近平新時代中國特色社會主義思想的整體性系統性研究、出版傳播、宣傳闡釋,推進馬克思主義中國化、時代化、大眾化。深入實施馬克思主義理論研究和建設工程,推進習近平新時代中國特色社會主義思想研究中心(院)、中國特色社會主義理論體系研究中心等建設,建好用好“學習強國”等學習平臺。構建中國特色哲學社會科學學科體系、學術體系和話語體系,深入實施哲學社會科學創新工程,加強中國特色新型智庫建設。

第二節中國の特色ある哲學?社會科學を発展させる

習近平「新時代の中國の特色ある社會主義」思想の全面的?系統的研究、出版?普及、宣伝?解説を強化し、マルクス主義の中國化?時代化?大衆化を推し進める。マルクス主義理論研究?建設プロジェクトを踏み込んで実施し、習近平「新時代の中國の特色ある社會主義」思想研究センター?研究所、中國の特色ある社會主義理論體系研究センターなどの建設を推し進め、「學習強國」などの學習プラットフォームを整備?活用する。中國の特色ある哲學?社會科學の學科體系?學術體系?言語體系を構築し、哲學?社會科學革新プロジェクトを踏み込んで実施し、中國の特色ある新型シンクタンクの建設を強化する。

第三節 傳承弘揚中華優秀傳統文化

深入實施中華優秀傳統文化傳承發展工程,強化重要文化和自然遺產、非物質文化遺產系統性保護,推動中華優秀傳統文化創造性轉化、創新性發展。加強文物科技創新,實施中華文明探源和考古中國工程,開展中華文化資源普查,加強文物和古籍保護研究利用,推進革命文物和紅色遺址保護,完善流失文物追索返還制度。建設長城、大運河、長征、黃河等國家文化公園,加強世界文化遺產、文物保護單位、考古遺址公園、歷史文化名城名鎮名村保護。健全非物質文化遺產保護傳承體系,加強各民族優秀傳統手工藝保護和傳承。

第三節中華の優れた伝統文化を伝承?発揚する

中華の優れた伝統文化の伝承?発展プロジェクトを踏み込んで実施し、重要文化と自然遺産?無形文化遺産の系統的保護を強化し、中華の優れた伝統文化の創造的転化、革新的発展を促す。文化財の保護?研究等のための科學技術イノベーションにいっそう力を入れ、中華文明起源探求?考古中國プロジェクトを実施し、中華文化資源の全面的調査を展開し、文化財?古文書の保護?研究?利用を強化し、革命文化財と紅色史跡の保護を推進し、流失文化財の捜索?返還制度を整える。長城、大運河、長征、黃河などの國立文化公園を建設し、世界文化遺産、文物保護単位、考古遺跡公園、歴史文化名城名鎮名村の保護を強化する。無形文化財の保護?伝承體系を整え、各民族の優れた伝統手工蕓の保護?伝承を強化する。

第四節 持續提升公民文明素養

推進公民道德建設,大力開展社會公德、職業道德、家庭美德、個人品德建設。開展國家勛章、國家榮譽稱號獲得者和時代楷模、道德模范、最美人物、身邊好人的宣傳學習。實施文明創建工程,拓展新時代文明實踐中心建設,科學規范做好文明城市、文明村鎮、文明單位、文明校園、文明家庭評選表彰,深化未成年人思想道德建設。完善市民公約、鄉規民約、學生守則、團體章程等社會規范,建立懲戒失德行為機制。弘揚誠信文化,建設誠信社會。廣泛開展志愿服務關愛行動。提倡艱苦奮斗、勤儉節約,開展以勞動創造幸福為主題的宣傳教育。加強網絡文明建設,發展積極健康的網絡文化。

第四節公民の文化的素養を持続的に向上させる

公民道徳建設を推進し、社會の公徳、職業モラル、家庭の美徳、個人の品性の涵養を大いに展開する。國家勲章?國家栄譽稱號受賞者と時代の鏡、道徳模範、立派な人物、身近な善人の宣伝?學習を展開する。文明創建プロジェクトを実施し、新時代文明実踐センターの建設を拡大し、文明都市、文明村鎮、文明単位(事業體)、文明キャンパス、文明家庭の選定?表彰を科學的?規範的にしっかりと行い、未成年者の思想道徳建設にいっそう取り組む。市民公約、村民規約、校規校則、団體定款など社會規範を整備し、反道徳的行為の懲罰の仕組みを確立する。信義誠実の文化を発揚し、信義誠実が重んじられる社會をつくる。ボランティア思いやり行動を幅広く展開する??炭鄪^闘?勤倹節約を提唱し、「労働が幸福を創造する」というテーマの宣伝?教育を展開する。インターネットモラルの構築を強化し、前向きで健全なインターネット文化を発展させる。

第三十五章 提升公共文化服務水平

堅持為人民服務、為社會主義服務的方向,堅持百花齊放、百家爭鳴的方針,加強公共文化服務體系建設和體制機制創新,強化中華文化傳播推廣和文明交流互鑒,更好保障人民文化權益。

第三十五章 公共文化サービスのレベルを高める

「人民に奉仕し、社會主義に奉仕する」という方向を堅持し、「百花斉放、百家爭鳴」という方針を堅持し、公共文化サービス體系の整備と體制?仕組みの革新にいっそう力を入れ、中華文化の発信?普及と文明間の交流?學び合いを強化し、人民の文化関連の権利?利益をよりよく保障する。

第一節 加強優秀文化作品創作生產傳播

把提高質量作為文藝作品的生命線,提高文藝原創能力。實施文藝作品質量提升工程,健全重大現實、重大革命、重大歷史題材創作規劃組織機制,加強農村、少兒等題材創作,不斷推出反映時代新氣象、謳歌人民新創造的文藝精品。建立健全文化產品創作生產、傳播引導、宣傳推廣的激勵機制和評價體系,推動形成健康清朗的文藝生態。加強文化隊伍建設,培養造就高水平創作人才和德藝雙馨的名家大師。

第一節優れた文化作品の創作?生産?発信を強化する

質の向上を文學?蕓術作品の生命線とし、文學?蕓術における獨創力を高める。文學?蕓術作品の質向上プロジェクトを実施し、重大な現実、重大な革命、重大な歴史を題材とした創作の計畫?統括の仕組みを整え、農村や子どもなどを題材とした創作にいっそう力を入れ、時代の新たな趨勢を反映し人民の新たな創造を讃える優れた文學?蕓術作品をどんどん生み出す。文化作品の創作?生産、発信?誘導、宣伝?普及のインセンティブメカニズムと評価體系を確立して充実させ、健全で清純な文學?蕓術生態の醸成を促す。文化を擔う人づくりを強化し、ハイレベルの創作人材や技量も人格も優れた巨匠を育成する。

第二節 完善公共文化服務體系

優化城鄉文化資源配置,推進城鄉公共文化服務體系一體建設。創新實施文化惠民工程,提升基層綜合性文化服務中心功能,廣泛開展群眾性文化活動。推進公共圖書館、文化館、美術館、博物館等公共文化場館免費開放和數字化發展。推進媒體深度融合,做強新型主流媒體。完善應急廣播體系,實施智慧廣電固邊工程和鄉村工程。發展檔案事業。深入推進全民閱讀,建設“書香中國”,推動農村電影放映優化升級。創新公共文化服務運行機制,鼓勵社會力量參與公共文化服務供給和設施建設運營。

第二節公共文化サービス體系を充実させる

都市?農村の文化資源の配分を改善し、都市?農村公共文化サービス體系一體建設を推進する。文化利民プロジェクトを創造的に実施し、末端の総合的文化サービスセンターの機能を高め、大衆的文化活動を幅広く展開する。公共図書館?文化館?美術館?博物館など公共文化施設の無料開放とデジタル化の発展を推し進める。メディアの高度な融合を推進し、新型主流メディアを強くする。緊急放送體系を整え、スマートラジオ?テレビ辺境地區普及プロジェクト?農村プロジェクトを実施する。公文書保存事業を発展させる。全國民読書キャンペーンをいっそう推し進め、「読書中國」を建設し、農村での映畫上映の改善?刷新をはかる。公共文化サービスの運営メカニズムを革新し、公共文化サービスの供給と施設の建設?運営への民間の參入を奨勵する。

第三節 提升中華文化影響力

加強對外文化交流和多層次文明對話,創新推進國際傳播,利用網上網下,講好中國故事,傳播好中國聲音,促進民心相通。開展“感知中國”、“走讀中國”、“視聽中國”活動,辦好中國文化年(節)、旅游年(節)。建設中文傳播平臺,構建中國語言文化全球傳播體系和國際中文教育標準體系。

第三節中華文化の影響力を高める

対外文化交流とさまざまなレベルの文明対話を強化し、対外発信を創造的に推進し、オンラインとオフラインをどちらも活用し、中國の物語をしっかりと伝え、中國の聲をしっかりと屆け、民心の相互疎通を促進する?!父兄袊?、「見學中國」、「視聴中國」イベントを展開し、中國文化年?文化フェスティバル、観光年?観光フェスティバルをしっかりと開催する。中國語伝播プラットフォームを建設し、中國語?中國文化世界伝播體系と國際中國語教育基準體系を構築する。

第三十六章 健全現代文化產業體系

堅持把社會效益放在首位、社會效益和經濟效益相統一,健全現代文化產業體系和市場體系。

第三十六章 現代的文化産業體系を整備する

社會的効果を最優先すること、社會的効果と経済的効果を結びつけることを堅持し、現代的文化産業體系?市場體系を整える。

第一節 擴大優質文化產品供給

實施文化產業數字化戰略,加快發展新型文化企業、文化業態、文化消費模式,壯大數字創意、網絡視聽、數字出版、數字娛樂、線上演播等產業。加快提升超高清電視節目制播能力,推進電視頻道高清化改造,推進沉浸式視頻、云轉播等應用。實施文化品牌戰略,打造一批有影響力、代表性的文化品牌。培育骨干文化企業,規范發展文化產業園區,推動區域文化產業帶建設。積極發展對外文化貿易,開拓海外文化市場,鼓勵優秀傳統文化產品和影視劇、游戲等數字文化產品“走出去”,加強國家文化出口基地建設。

第一節優れた文化作品の供給を拡大する

文化産業デジタル化戦略を実施し、新しいタイプの文化企業、文化業態、文化消費モデルをどんどん発展させ、デジタルクリエイティブ、ネット配信、デジタル出版、デジタルエンターテインメント、オンライン公演といった産業を成長させる。超高精細テレビ(UHDTV)番組の制作?放送能力の向上を急ぎ、テレビチャンネルの高精細化を推進し、沒入型映像やクラウド中継などの応用を推進する。文化ブランド戦略を実施し、一群の影響力のある代表的な文化ブランドをつくる。中核文化企業を育成し、文化産業エリアを規範的に発展させ、地域文化産業ベルトの建設を促進する。対外文化貿易を積極的に発展させ、海外における文化市場を開拓し、優れた伝統文化作品と映畫?テレビドラマ?ゲームなどデジタル文化作品の「走出去」を奨勵し、國家文化輸出基地の建設にいっそう力を入れる。

第二節 推動文化和旅游融合發展

堅持以文塑旅、以旅彰文,打造獨具魅力的中華文化旅游體驗。深入發展大眾旅游、智慧旅游,創新旅游產品體系,改善旅游消費體驗。加強區域旅游品牌和服務整合,建設一批富有文化底蘊的世界級旅游景區和度假區,打造一批文化特色鮮明的國家級旅游休閑城市和街區。推進紅色旅游、文化遺產旅游、旅游演藝等創新發展,提升度假休閑、鄉村旅游等服務品質,完善郵輪游艇、低空旅游等發展政策。健全旅游基礎設施和集散體系,推進旅游廁所革命,強化智慧景區建設。建立旅游服務質量評價體系,規范在線旅游經營服務。

第二節文化と観光の融合発展を促す

文化による観光の創出、観光による文化の再興を堅持し、獨特の魅力を備えた中華文化観光體験を生み出す。マスツーリズム、スマートツーリズムをいっそう発展させ、観光商品體系を革新し、観光消費體験をよりよいものにする。地域観光ブランドとサービスの統合を強化し、文化的背景の豊かな世界レベルの観光地?リゾート地を數多く整備し、文化的特色の鮮明な國家級の観光?レジャー都市?街區を數多くつくる。レッドツーリズム、文化遺産観光、観光振興蕓能などの革新発展を推し進め、行楽レジャーや農村観光などのサービスの質を高め、クルーズ客船?遊覧船、低空域観光(ゼネラル?アビエーションを活用した観光)などの発展政策を充実させる。観光インフラ?交通サービス體系を整え、観光地の「トイレ革命」を推進し、スマート観光地の建設を強化する。観光サービスの質の評価體系を確立し、オンラインの観光経営?観光サービスを規範化する。

第三節 深化文化體制改革

完善文化管理體制和生產經營機制,提升文化治理效能。完善國有文化資產管理體制機制,深化公益性文化事業單位改革,推進公共文化機構法人治理結構改革。深化國有文化企業分類改革,推進國有文藝院團改革和院線制改革。完善文化市場綜合執法體制,制定未成年人網絡保護、信息網絡傳播視聽等領域法律法規。

第三節文化體制改革を深化させる

文化管理體制と文化生産経営の仕組みを十全化し、文化のガバナンスの効果を高める。國有文化資産管理の體制?仕組みを十全化し、公益文化事業體の改革を深化させ、公共文化機関の企業統治構造の改革を推進する。國有文化企業分類改革を深化させ、國有演蕓機関改革と配給チェーン制改革を推進する。文化市場総合法執行體制を整え、インターネットにおける未成年者の保護や情報ネットワークにおける映像?音聲番組の配信などに関する法律?法規を制定する。


第十一篇 推動綠色發展 促進人與自然和諧共生

堅持綠水青山就是金山銀山理念,堅持尊重自然、順應自然、保護自然,堅持節約優先、保護優先、自然恢復為主,實施可持續發展戰略,完善生態文明領域統籌協調機制,構建生態文明體系,推動經濟社會發展全面綠色轉型,建設美麗中國。

第十一篇 グリーン発展を推進し、人と自然の調和的共生を促進する

緑の山河は金山?銀山にほかならないという理念を堅持し、自然の尊重、自然への順応、自然の保護を堅持し、節約優先、保護優先、自然復元中心を堅持し、持続可能な発展戦略を実施し、生態文明分野の統一的調整の仕組みを整え、生態文明體系を構築し、経済?社會発展の全面的グリーン化を促し、「美しい中國」を建設する。

第三十七章 提升生態系統質量和穩定性

堅持山水林田湖草系統治理,著力提高生態系統自我修復能力和穩定性,守住自然生態安全邊界,促進自然生態系統質量整體改善。

第三十七章 生態系の質と安定性を向上させる

山?川?林?田?湖?原の系統的保全を堅持し、生態系の自己修復能力と安定性の向上に力を入れ、自然生態系安全保障の境界線をしっかりと守り、自然生態系の質の全體的改善を促進する。

第一節 完善生態安全屏障體系

強化國土空間規劃和用途管控,劃定落實生態保護紅線、永久基本農田、城鎮開發邊界以及各類海域保護線。以國家重點生態功能區、生態保護紅線、國家級自然保護地等為重點,實施重要生態系統保護和修復重大工程,加快推進青藏高原生態屏障區、黃河重點生態區、長江重點生態區和東北森林帶、北方防沙帶、南方丘陵山地帶、海岸帶等生態屏障建設。加強長江、黃河等大江大河和重要湖泊濕地生態保護治理,加強重要生態廊道建設和保護。全面加強天然林和濕地保護,濕地保護率提高到55%??茖W推進水土流失和荒漠化、石漠化綜合治理,開展大規模國土綠化行動,推行林長制??茖W開展人工影響天氣活動。推行草原森林河流湖泊休養生息,健全耕地休耕輪作制度,鞏固退耕還林還草、退田還湖還濕、退圍還灘還海成果。

第一節 生態系安全保障壁體系を十全化する

國土空間の計畫?用途の管理を強化し、生態保護レッドライン、恒久基本農地、都市部開発境界および各種海域保護ラインを畫定して守る。國家重點生態機能區、生態保護レッドライン、國家級自然保護地などを重點に、重要生態系の保護?復元に向けた重大プロジェクトを実施し、チベット高原生態保障壁區、黃河重點生態區、長江重點生態區、それに東北森林帯、北方防砂(砂漠化防止)帯、南方丘陵山地帯、海岸帯などの生態保障壁の建設をどんどん推し進める。長江?黃河などの大河川と重要湖沼?濕地の生態保護?改善を強化し、重要な生態的回廊の建設?保護にいっそう力を入れる。天然林と濕地の保護を全面的に強化し、濕地保護率を55%に引き上げる。水土流出、砂漠化?石漠化総合対策を科學的に推進し、大規模な國土緑化キャンペーンを展開し、林長制を押し広める。気象制御活動を科學的に展開する。草原?森林?河川?湖沼の「休養生息(一時的に使用を停止し回復?復元をはかること)」を押し広め、耕地休耕輪作制度を整備し、農地の森林?草原への復元、水田の湖沼?濕地への復元、干拓地の浜?海への復元の成果を定著させる。

圖7 重要生態系統保護和修復重大工程布局示意圖

図7 重要生態系保護?復元重大プロジェクト配置見取図

北方防砂帯

東北森林帯

黃河重點生態區(黃土高原生態保障壁を含む)

海岸帯

長江重點生態區(川滇[四川?雲南]生態保障壁を含む)

南方丘陵山地帯

チベット高原生態保障壁區

凡例

重要生態ベルト

黃河重點生態區

長江重點生態區

チベット高原生態保障壁區

海岸帯

重點プロジェクト

第二節 構建自然保護地體系

科學劃定自然保護地保護范圍及功能分區,加快整合歸并優化各類保護地,構建以國家公園為主體、自然保護區為基礎、各類自然公園為補充的自然保護地體系。嚴格管控自然保護地范圍內非生態活動,穩妥推進核心區內居民、耕地、礦權有序退出。完善國家公園管理體制和運營機制,整合設立一批國家公園。實施生物多樣性保護重大工程,構筑生物多樣性保護網絡,加強國家重點保護和珍稀瀕危野生動植物及其棲息地的保護修復,加強外來物種管控。完善生態保護和修復用地用海等政策。完善自然保護地、生態保護紅線監管制度,開展生態系統保護成效監測評估。

第二節 自然保護地體系を構築する

自然保護地の保護範囲と機能分區を科學的に畫定し、各種保護地の整理?統合?合理化を急ぎ、國立公園を主體とし、自然保護區を基礎とし、各種自然公園を補足とする自然保護地體系を構築する。自然保護地の範囲內における環境に配慮しない活動を厳しく規制し、中核區內の住民?耕地?鉱業権の秩序立った移転を著実に推進する。國立公園の管理體制と運営の仕組みを充実させ、整理統合により一群の國立公園を設立する。生物多様性保護重大プロジェクトを実施し、生物多様性保護網を築き、國の重點保護野生動植物と希少絶滅危懼野生動植物およびその生息地の保護?増殖を強化し、外來種の管理?規制を強化する。生態系の保護?復元のための土地?海の使用などに関する政策を充実させる。自然保護地?生態保護レッドライン監督管理制度を整え、生態系保護の効果のモニタリング?評価を展開する。

第三節 健全生態保護補償機制

加大重點生態功能區、重要水系源頭地區、自然保護地轉移支付力度,鼓勵受益地區和保護地區、流域上下游通過資金補償、產業扶持等多種形式開展橫向生態補償。完善市場化多元化生態補償,鼓勵各類社會資本參與生態保護修復。完善森林、草原和濕地生態補償制度。推動長江、黃河等重要流域建立全流域生態補償機制。建立生態產品價值實現機制,在長江流域和三江源國家公園等開展試點。制定實施生態保護補償條例。

第二節 自然保護地體系を構築する

自然保護地の保護範囲と機能分區を科學的に畫定し、各種保護地の整理?統合?合理化を急ぎ、國立公園を主體とし、自然保護區を基礎とし、各種自然公園を補足とする自然保護地體系を構築する。自然保護地の範囲內における環境に配慮しない活動を厳しく規制し、中核區內の住民?耕地?鉱業権の秩序立った移転を著実に推進する。國立公園の管理體制と運営の仕組みを充実させ、整理統合により一群の國立公園を設立する。生物多様性保護重大プロジェクトを実施し、生物多様性保護網を築き、國の重點保護野生動植物と希少絶滅危懼野生動植物およびその生息地の保護?増殖を強化し、外來種の管理?規制を強化する。生態系の保護?復元のための土地?海の使用などに関する政策を充実させる。自然保護地?生態保護レッドライン監督管理制度を整え、生態系保護の効果のモニタリング?評価を展開する。


第三十八章 持續改善環境質量

深入打好污染防治攻堅戰,建立健全環境治理體系,推進精準、科學、依法、系統治污,協同推進減污降碳,不斷改善空氣、水環境質量,有效管控土壤污染風險。

第三十八章 環境の質を持続的に改善する

汚染対策の堅塁攻略戦にしっかりと取り組み、環境ガバナンス體系を確立して充実させ、的確で、科學的で、法に基づき、系統的な汚染対策を推し進め、汚染の削減と二酸化炭素の排出削減を相乗的に推進し、空気と水環境の質を不斷に改善し、土壌汚染リスクを効果的にコントロールする。

第一節 深入開展污染防治行動

堅持源頭防治、綜合施策,強化多污染物協同控制和區域協同治理。加強城市大氣質量達標管理,推進細顆粒物(PM2.5)和臭氧(O3)協同控制,地級及以上城市PM2.5濃度下降10%,有效遏制O3濃度增長趨勢,基本消除重污染天氣。持續改善京津冀及周邊地區、汾渭平原、長三角地區空氣質量,因地制宜推動北方地區清潔取暖、工業窯爐治理、非電行業超低排放改造,加快揮發性有機物排放綜合整治,氮氧化物和揮發性有機物排放總量分別下降10%以上。完善水污染防治流域協同機制,加強重點流域、重點湖泊、城市水體和近岸海域綜合治理,推進美麗河湖保護與建設,化學需氧量和氨氮排放總量分別下降8%,基本消除劣Ⅴ類國控斷面和城市黑臭水體。開展城市飲用水水源地規范化建設,推進重點流域重污染企業搬遷改造。推進受污染耕地和建設用地管控修復,實施水土環境風險協同防控。加強塑料污染全鏈條防治。加強環境噪聲污染治理。重視新污染物治理。

第一節 汚染対策行動を踏み込んで展開する

根源からの防止?解消、総合的施策を堅持し、多種汚染物質の統合的抑制と地域間の統合的対策を強化する。都市の大気質の基準達成管理にいっそう力を入れ、微小粒子狀物質(PM2.5)とオゾンの統合的抑制を推し進め、地級都市および地級より上の都市のPM2?5の濃度を10%低下させ、オゾンの濃度の上昇傾向を効果的に抑制し、重度汚染日が基本的になくなるようにする。京津冀とその周辺地區、汾渭平原、長江デルタ地區の空気の質を持続的に改善し、北方地區クリーン暖房、工業窯爐対策、非電力業界(石炭火力発電業以外の石炭使用業種)超低排出化を現地の実情に即して推し進め、揮発性有機化合物排出総合対策を急ぎ、窒素酸化物と揮発性有機化合物の総排出量をそれぞれ10%以上低下させる。水質汚染対策流域連攜の仕組みを整え、重點流域、重點湖沼、都市水系、沿岸海域の総合対策にいっそう力を入れ、美しい河川?湖沼の保護?整備を推進し、化學的酸素要求量とアンモニア性窒素排出量をそれぞれ8%低下させ、劣Ⅴ類國家規制斷面(使用できない程度まで汚染された水)と都市の「黒臭水」を基本的になくす。都市飲用水の水源地の規範化建設を展開し、重點流域の重度汚染排出企業の移転?改造を推し進める。汚染された耕地?建設用地の管理?規制と復元を推し進め、水土環境リスクの統合的対策を実施する。あらゆる段階でのプラスチック汚染の防止?解消にいっそう力を入れる。環境騒音対策を強化する。新たな汚染物質への対策を重視する。

第二節 全面提升環境基礎設施水平

構建集污水、垃圾、固廢、危廢、醫廢處理處置設施和監測監管能力于一體的環境基礎設施體系,形成由城市向建制鎮和鄉村延伸覆蓋的環境基礎設施網絡。推進城鎮污水管網全覆蓋,開展污水處理差別化精準提標,推廣污泥集中焚燒無害化處理,城市污泥無害化處置率達到90%,地級及以上缺水城市污水資源化利用率超過25%。建設分類投放、分類收集、分類運輸、分類處理的生活垃圾處理系統。以主要產業基地為重點布局危險廢棄物集中利用處置設施。加快建設地級及以上城市醫療廢棄物集中處理設施,健全縣城醫療廢棄物收集轉運處置體系。

第二節 環境インフラの水準を全面的に向上させる。

汚水?ゴミ?固形廃棄物?危険廃棄物?醫療廃棄物の処理?処分施設とモニタリング?監督管理能力が集中して一體になった環境インフラ體系を構築し、都市から伸びて建制鎮?農村まで行き渡る環境インフラ網をつくる。都市部の下水道の完全普及を推進し、汚水処理の差別化された的確な基準の引き上げを展開し、汚泥の集中焼卻無害化処理を押し広め、都市部の汚泥の無害化処理率を90%に到達させ、水不足の地級都市および地級より上の都市で汚水の資源化利用率を25%以上にする。分別出し、分別収集、分別運搬、分別処理の生活ゴミ処理システムを整える。主要産業拠點を重點に危険廃棄物の集中利用処理施設を配置する。地級都市および地級より上の都市で醫療廃棄物の集中処理施設の建設を急ぎ、県域の醫療廃棄物収集?運搬?処理體系を整える。

第三節 嚴密防控環境風險

建立健全重點風險源評估預警和應急處置機制。全面整治固體廢物非法堆存,提升危險廢棄物監管和風險防范能力。強化重點區域、重點行業重金屬污染監控預警。健全有毒有害化學物質環境風險管理體制,完成重點地區危險化學品生產企業搬遷改造。嚴格核與輻射安全監管,推進放射性污染防治。建立生態環境突發事件后評估機制和公眾健康影響評估制度。在高風險領域推行環境污染強制責任保險。

第三節 環境リスクを厳重に防止?抑制する

重點リスク源評価?早期警報?緊急対応メカニズムを確立して充実させる。危険廃棄物の不適正保管を全面的に取り締まり、危険廃棄物の監督管理?リスク防止能力を向上させる。重點地域?重點業種の重金屬汚染の監視?早期警報を強化する。有毒有害化學物質の環境リスク管理體制を整え、重點地區の危険化學品生産企業の移転?改造を完了させる。核?放射線セキュリティ監督管理を厳格化し、放射性汚染の防止?解消を推進する。生態環境の突発的事態の事後評価の仕組みと公衆の健康への影響の評価制度を確立する。ハイリスク分野で環境汚染強制責任保険を普及させる。

第四節 積極應對氣候變化

落實2030年應對氣候變化國家自主貢獻目標,制定2030年前碳排放達峰行動方案。完善能源消費總量和強度雙控制度,重點控制化石能源消費。實施以碳強度控制為主、碳排放總量控制為輔的制度,支持有條件的地方和重點行業、重點企業率先達到碳排放峰值。推動能源清潔低碳安全高效利用,深入推進工業、建筑、交通等領域低碳轉型。加大甲烷、氫氟碳化物、全氟化碳等其他溫室氣體控制力度。提升生態系統碳匯能力。錨定努力爭取2060年前實現碳中和,采取更加有力的政策和措施。加強全球氣候變暖對我國承受力脆弱地區影響的觀測和評估,提升城鄉建設、農業生產、基礎設施適應氣候變化能力。加強青藏高原綜合科學考察研究。堅持公平、共同但有區別的責任及各自能力原則,建設性參與和引領應對氣候變化國際合作,推動落實聯合國氣候變化框架公約及其巴黎協定,積極開展氣候變化南南合作。

第四節 気候変動に積極的に対応する

気候変動対策のわが國のINDC(國が決定する貢獻)――2030年の溫室効果ガス排出削減目標の達成に取り組み、2030年までの二酸化炭素排出量ピークアウト行動プランを策定する。エネルギー消費総量?原単位ダブル抑制制度を整え、化石エネルギーの消費を重點的に抑制する。二酸化炭素排出原単位の抑制を主とし、二酸化炭素総排出量の抑制を副とする制度を実施し、條件を満たす地方と重點業種?重點企業が率先して二酸化炭素の排出量をピークアウトさせるのをサポートする。エネルギーのクリーン?低炭素?安全?高効率な利用を促進し、工業?建築?交通といった分野の低炭素化を踏み込んで推し進める。メタン、ハイドロフルオロカーボン、パーフルオロカーボンなど他の溫室効果ガスの抑制にいっそう力を入れる。生態系の二酸化炭素吸収能力を高める。2060年までに何としてもカーボンニュートラルを実現することを見據えて、いっそう力強い政策と措置を講じる。地球溫暖化がわが國の耐性の弱い地域にもたらす影響の予測?評価を強化し、都市?農村建設、農業生産、インフラの気候変動への適応能力を向上させる。チベット高原総合科學調査研究にいっそう力を入れる。公平性の原則、共通だが差異ある責任の原則、各國の能力の原則を堅持し、気候変動対策の國際協力に建設的に參加してそれをリードし、「気候変動に関する國際連合枠組條約」とその「パリ協定」の履行を促し、気候変動南南協力を積極的に展開する。

第五節 健全現代環境治理體系

建立地上地下、陸海統籌的生態環境治理制度。全面實行排污許可制,實現所有固定污染源排污許可證核發,推動工業污染源限期達標排放,推進排污權、用能權、用水權、碳排放權市場化交易。完善環境保護、節能減排約束性指標管理。完善河湖管理保護機制,強化河長制、湖長制。加強領導干部自然資源資產離任審計。完善中央生態環境保護督察制度。完善省以下生態環境機構監測監察執法垂直管理制度,推進生態環境保護綜合執法改革,完善生態環境公益訴訟制度。加大環保信息公開力度,加強企業環境治理責任制度建設,完善公眾監督和舉報反饋機制,引導社會組織和公眾共同參與環境治理。(未完待續)

第五節 現代的環境ガバナンス體系を整える

地上?地下、陸?海の統一的な生態環境ガバナンス制度を確立する。汚染物質排出許可制を全面的に実施し、すべての固定汚染源への審査に基づく汚染物質排出許可証の発行を実現し、工業汚染源の期限內の排出基準達成を促し、汚染物質排出権、エネルギー使用権、用水権、二酸化炭素排出権の市場化取引を推進する。環境保護、省エネ?排出削減の拘束性指標による管理を充実させる。河川?湖沼の管理?保護の仕組みを整え、河長制?湖長制を強化する。指導幹部に対する自然資源資産の離任審査を強化する。中央生態環境保護監察制度を充実させる。省級以下の生態環境機関が省級の生態環境機関の直接指導の下でモニタリング?監察?法執行を行う垂直的管理制度を充実させ、生態環境保護総合法執行改革を推進し、生態環境公益訴訟制度を整備する。環境保護関連の情報公開を一段と進め、企業環境ガバナンス責任制度の整備を強化し、公衆からの監督と通報?フィードバックの仕組みを整え、社會組織と公衆が共同で環境ガバナンスに參加するよう導く。

第三十九章 加快發展方式綠色轉型

堅持生態優先、綠色發展,推進資源總量管理、科學配置、全面節約、循環利用,協同推進經濟高質量發展和生態環境高水平保護。

第三十九章 発展パターンのグリーン化を急ぐ

生態優先?グリーン発展を堅持し、資源の総量管理、科學的配分、全面的節約、循環利用を推進し、質の高い経済発展とハイレベルの生態環境保護を調和させながら推進する。

第一節 全面提高資源利用效率

堅持節能優先方針,深化工業、建筑、交通等領域和公共機構節能,推動5G、大數據中心等新興領域能效提升,強化重點用能單位節能管理,實施能量系統優化、節能技術改造等重點工程,加快能耗限額、產品設備能效強制性國家標準制修訂。實施國家節水行動,建立水資源剛性約束制度,強化農業節水增效、工業節水減排和城鎮節水降損,鼓勵再生水利用,單位GDP用水量下降16%左右。加強土地節約集約利用,加大批而未供和閑置土地處置力度,盤活城鎮低效用地,支持工礦廢棄土地恢復利用,完善土地復合利用、立體開發支持政策,新增建設用地規??刂圃?950萬畝以內,推動單位GDP建設用地使用面積穩步下降。提高礦產資源開發保護水平,發展綠色礦業,建設綠色礦山。

第一節 資源の利用効率を全面的に高める

省エネ優先の方針を堅持し、工業?建築?交通といった分野と公共機関の省エネをいっそう進め、5G、ビッグデータセンターなど新興分野のエネルギー効率を向上させ、エネルギー多消費型重點企業の省エネ管理を強化し、エネルギーシステム最適化、省エネ技術改良など重點プロジェクトを実施し、エネルギー消費の限度値、製品?設備のエネルギー効率の強制的國家基準の制定?改正を急ぐ。國家節水キャンペーンを実施し、水資源の厳格な規制制度を確立し、農業節水の効率化、工業節水の排出削減、都市部節水の配管漏水制御を強化し、再生水の利用を奨勵し、GDP一単位當たりの水使用量を16%前後減らす。土地の節約?集約利用を強化し、認可済みなのに未供給の土地や遊休土地の処置にいっそう力を入れ、都市部の利用効率の悪い建設用地を活性化し、工業生産?鉱物採掘荒廃地の回復利用をサポートし、土地の複合的利用、立體的開発の支援政策を充実させ、新規建設用地の規模を2950萬畝(約一九七萬ヘクタール)以內に抑え、GDP一単位當たりの建設用地使用面積を著実に減少させる。鉱産資源の開発?保護水準を高め、グリーン鉱業を発展させ、グリーン鉱山を建設する。

第二節 構建資源循環利用體系

全面推行循環經濟理念,構建多層次資源高效循環利用體系。深入推進園區循環化改造,補齊和延伸產業鏈,推進能源資源梯級利用、廢物循環利用和污染物集中處置。加強大宗固體廢棄物綜合利用,規范發展再制造產業。加快發展種養有機結合的循環農業。加強廢舊物品回收設施規劃建設,完善城市廢舊物品回收分揀體系。推行生產企業“逆向回收”等模式,建立健全線上線下融合、流向可控的資源回收體系。拓展生產者責任延伸制度覆蓋范圍。推進快遞包裝減量化、標準化、循環化。

第二節 資源の循環利用體系を構築する

循環型経済の理念を全面的に押し広め、資源の多層的?高効率な循環利用體系を構築する。産業パークの循環型化を踏み込んで推し進め、産業チェーンを補完?延長し、エネルギー?資源のカスケード利用、廃棄物の循環利用、汚染物質の集中処理を推進する。大量固形廃棄物の総合利用を強化し、リマニュファクチャリング産業を規範的に発展させる。栽培業と畜産?養殖業が有機的に結びついた循環型農業をどんどん発展させる。廃品回収施設の計畫?整備にいっそう力を入れ、都市の廃品回収の分別體系を整える。自社製品の回収といった方式を押し広め、オンラインとオフラインが融合した、流れの向きをコントロールできる資源回収體系を確立して充実させる。生産者責任拡大制度のカバー範囲を広げる。宅配便の梱包の減量化?標準化?リサイクル化を推進する。

第三節 大力發展綠色經濟

堅決遏制高耗能、高排放項目盲目發展,推動綠色轉型實現積極發展。壯大節能環保、清潔生產、清潔能源、生態環境、基礎設施綠色升級、綠色服務等產業,推廣合同能源管理、合同節水管理、環境污染第三方治理等服務模式。推動煤炭等化石能源清潔高效利用,推進鋼鐵、石化、建材等行業綠色化改造,加快大宗貨物和中長途貨物運輸“公轉鐵”、“公轉水”。推動城市公交和物流配送車輛電動化。構建市場導向的綠色技術創新體系,實施綠色技術創新攻關行動,開展重點行業和重點產品資源效率對標提升行動。建立統一的綠色產品標準、認證、標識體系,完善節能家電、高效照明產品、節水器具推廣機制。深入開展綠色生活創建行動。

第三節 グリーン経済を大いに発展させる

エネルギー多消費?二酸化炭素多排出型プロジェクトの盲目的発展を斷固として食い止め、グリーン化の積極的発展を促す。省エネ?環境保護産業、クリーン生産産業、クリーンエネルギー産業、生態環境産業、インフラグリーン化整備産業、グリーンサービス産業などを大いに発展させ、契約型エネルギー管理?節水管理(ESCO事業)や環境汚染処理の第三者への委託といったサービス形態を押し広める。石炭など化石エネルギーのクリーン?高効率利用を促し、鉄鋼、石油化學、建材といった業種のグリーン化を推進し、大口貨物?中長距離貨物輸送の「公転鉄(道路輸送から鉄道輸送への転換)」と「公転水(道路輸送から水運への転換)」を加速させる。都市の公共交通と物流配送の車両の電動化を推し進める。市場志向のグリーンイノベーション體系を構築し、グリーンイノベーションのブレークスルー行動を実施し、重點業種と重點製品の資源効率のベンチマーク引き上げ行動を展開する。グリーン製品の統一された基準?認証?識別表示體系を確立し、省エネ家電、高効率照明製品、節水器具の普及の仕組みを整える。グリーンライフ創造活動を踏み込んで展開する。

第四節 構建綠色發展政策體系

強化綠色發展的法律和政策保障。實施有利于節能環保和資源綜合利用的稅收政策。大力發展綠色金融。健全自然資源有償使用制度,創新完善自然資源、污水垃圾處理、用水用能等領域價格形成機制。推進固定資產投資項目節能審查、節能監察、重點用能單位管理制度改革。完善能效、水效“領跑者”制度。強化高耗水行業用水定額管理。深化生態文明試驗區建設。深入推進山西國家資源型經濟轉型綜合配套改革試驗區建設和能源革命綜合改革試點。

第四節 グリーン発展の政策體系を構築する

法律?政策によるグリーン発展の保障を強化する。省エネ?環境保護と資源総合利用に資する租稅政策を実施する。グリーン金融を大いに発展させる。自然資源有償使用制度を整え、自然資源、汚水?ゴミ処理、水?エネルギー使用といった分野の価格形成メカニズムを刷新?改善する。固定資産投資プロジェクトの省エネ審査、省エネ監察、エネルギー多消費型重點企業管理制度の改革を推し進める。省エネ?節水「トップランナー」制度を十全化する。水多消費業種の用水原単位管理を強化する。生態文明試験區の建設をいっそう進める。山西省國家資源型経済パターン転換包括的改革試験區の建設とエネルギー革命総合改革の試行を踏み込んで推進する。


第十二篇 實行高水平對外開放 開拓合作共贏新局面

堅持實施更大范圍、更寬領域、更深層次對外開放,依托我國超大規模市場優勢,促進國際合作,實現互利共贏,推動共建“一帶一路”行穩致遠,推動構建人類命運共同體。

第十二篇 ハイレベルの対外開放を実行し、協力?ウィンウィンの新局面を切り開く

より大きな範囲、より広い分野、より深い次元の対外開放の実施を堅持し、わが國の超大規模市場の優位性を拠り所とし、國際協力を促進し、互恵ウィンウィンを実現し、「一帯一路」共同建設の安定的?長期的発展を促し、人類運命共同體の構築を推し進める。

第四十章 建設更高水平開放型經濟新體制

全面提高對外開放水平,推進貿易和投資自由化便利化,持續深化商品和要素流動型開放,穩步拓展規則、規制、管理、標準等制度型開放。

第四十章 よりハイレベルの開放型経済の新體制を築く

対外開放のレベルを全面的に高め、貿易?投資の自由化?円滑化を推進し、商品?要素流動型開放を持続的に深化させ、規則?ルール?管理?基準などに基づく制度型開放を著実に広げる。

第一節 加快推進制度型開放

構建與國際通行規則相銜接的制度體系和監管模式。健全外商投資準入前國民待遇加負面清單管理制度,進一步縮減外資準入負面清單,落實準入后國民待遇,促進內外資企業公平競爭。建立健全跨境服務貿易負面清單管理制度,健全技術貿易促進體系。穩妥推進銀行、證券、保險、基金、期貨等金融領域開放,深化境內外資本市場互聯互通,健全合格境外投資者制度。穩慎推進人民幣國際化,堅持市場驅動和企業自主選擇,營造以人民幣自由使用為基礎的新型互利合作關系。完善出入境、海關、外匯、稅收等環節管理服務。

第一節 制度型開放をどんどん推し進める

國際的に普及しているルールとかみ合った制度體系?監督管理方式を構築する?!竻⑷肭皟葒翊?ネガティブリスト」管理制度を整え、外資參入ネガティブリストの項目をさらに減らし、參入後內國民待遇をきちんと実施し、內資企業と外資企業の公平な競爭を促進する。クロスボーダーサービス貿易ネガティブリスト管理制度を確立して充実させ、技術貿易促進體系を整える。銀行?証券?保険?基金?先物といった金融分野の開放を著実に推し進め、國內と國外の資本市場の相互連結を深め、適格外國機関投資家制度を整える。人民元の國際化を手堅く推進し、市場駆動と企業の自主的な選択を堅持し、人民元の自由利用に基づく新型互恵協力関係を築く。出入國、稅関、外貨、租稅などの段階の管理?サービスを十全化する。

第二節 提升對外開放平臺功能

統籌推進各類開放平臺建設,打造開放層次更高、營商環境更優、輻射作用更強的開放新高地。完善自由貿易試驗區布局,賦予其更大改革自主權,深化首創性、集成化、差別化改革探索,積極復制推廣制度創新成果。穩步推進海南自由貿易港建設,以貨物貿易“零關稅”、服務貿易“既準入又準營”為方向推進貿易自由化便利化,大幅放寬市場準入,全面推行“極簡審批”投資制度,開展跨境證券投融資改革試點和數據跨境傳輸安全管理試點,實施更加開放的人才、出入境、運輸等政策,制定出臺海南自由貿易港法,初步建立中國特色自由貿易港政策和制度體系。創新提升國家級新區和開發區,促進綜合保稅區高水平開放,完善沿邊重點開發開放試驗區、邊境經濟合作區、跨境經濟合作區功能,支持寧夏、貴州、江西建設內陸開放型經濟試驗區。

第二節 対外開放のプラットフォームの機能を高める

各種開放プラットフォームの整備を統一的に推進し、開放レベルがより高く、ビジネス環境がよりよく、波及効果がより強い開放の新拠點を築く。自由貿易試験區の配置を整え、より大きな改革自主権を與え、オリジナリティのある集積化?差別化された改革の模索をいっそう進め、制度の革新の成果を積極的に模範例として押し広める。海南自由貿易港の建設を著実に推し進め、物品貿易の「ゼロ関稅」、サービス貿易の「參入?営業許可」を方向性として貿易の自由化?円滑化を推進し、市場參入條件を大幅に緩和し、「最小限審査?認可」投資制度を全面的に押し広め、越境証券投融資改革の試行とデータ越境伝送安全管理の試行を展開し、より開放的な人材?出入國?運輸などの政策を実施し、海南自由貿易港法を制定?公布し、中國の特色ある自由貿易港政策?制度體系をある程度確立する。國家級新區?開発區を革新?高度化し、総合保稅區のハイレベルの開放を促進し、沿辺重點開発開放試験區、辺境経済協力區、越境経済協力區の機能を充実させ、寧夏回族自治區、貴州省、江西省が內陸開放型経済試験區を建設するのをサポートする。

第三節 優化區域開放布局

鼓勵各地立足比較優勢擴大開放,強化區域間開放聯動,構建陸海內外聯動、東西雙向互濟的開放格局。鞏固東部沿海地區和超大特大城市開放先導地位,率先推動全方位高水平開放。加快中西部和東北地區開放步伐,支持承接國內外產業轉移,培育全球重要加工制造基地和新增長極,研究在內陸地區增設國家一類口岸,助推內陸地區成為開放前沿。推動沿邊開發開放高質量發展,加快邊境貿易創新發展,更好發揮重點口岸和邊境城市內外聯通作用。支持廣西建設面向東盟的開放合作高地、云南建設面向南亞東南亞和環印度洋地區開放的輻射中心。

第三節 地域開放の配置を最適化する

各地が比較優位に立腳して開放を拡大することを奨勵し、地域間の開放連動を強化し、陸海內外連動?東西雙方向互助の開放の形を構築する。東部沿海地區と超巨大都市?特大都市の開放の先導的地位をうち固め、全方位?ハイレベルの開放を先頭に立って推し進める。中?西部地區と東北地區の開放のペースを加速させ、國內外からの産業移転の受け入れをサポートし、世界的に重要な加工製造拠點と新たな成長極を育て、內陸地區における國家一類口岸(稅関)の増設を検討し、內陸地區が開放の前線となるよう後押しする。國境沿いの開発?開放の質の高い発展を促し、國境貿易の革新発展を加速させ、重點口岸?國境都市の內外連結機能をよりよく発揮させる。広西チワン族自治區が東南アジア諸國連合(ASEAN)に向けた開放協力拠點を、雲南省が南アジア?東南アジアおよび環インド洋地域に向けて開放された波及センターを築くのをサポートする。

第四節 健全開放安全保障體系

構筑與更高水平開放相匹配的監管和風險防控體系。健全產業損害預警體系,豐富貿易調整援助、貿易救濟等政策工具,妥善應對經貿摩擦。健全外商投資國家安全審查、反壟斷審查和國家技術安全清單管理、不可靠實體清單等制度。建立重要資源和產品全球供應鏈風險預警系統,加強國際供應鏈保障合作。加強國際收支監測,保持國際收支基本平衡和外匯儲備基本穩定。加強對外資產負債監測,建立健全全口徑外債監管體系。完善境外投資分類分級監管體系。構建海外利益保護和風險預警防范體系。優化提升駐外外交機構基礎設施保障能力,完善領事保護工作體制機制,維護海外中國公民、機構安全和正當權益。

第四節 開放の安全保障體系を整える

よりハイレベルの開放に見合った監督管理、リスク防止?抑制體系を構築する。國內産業への損害の早期警報體系を整え、貿易調整支援や貿易救済といった政策手段を充実させ、経済?貿易摩擦に適切に対応する。外商投資に関する國家安全審査?反獨占審査、國家技術安全リスト管理、信頼できないエンティティリストなどの制度を整える。重要資源?製品のグローバル?サプライチェーンのリスク早期警報システムを確立し、國際サプライチェーン保障協力にいっそう力を入れる。國際収支のモニタリングを強化し、國際収支の基本的均衡と外貨準備高の基本的安定を保つ。対外資産負債のモニタリングを強化し、全口徑外債監督管理體系を確立して充実させる。境外投資類別?レベル別監督管理體系を十全化する。海外利益保護、リスク早期警報?防止體系を築く。在外外交機関のインフラ保障能力を充実?向上させ、領事保護業務の體制?仕組みを改善し、海外の中國公民?機関の安全と正當な権利?利益を守る。

第四十一章 推動共建“一帶一路”高質量發展

堅持共商共建共享原則,秉持綠色、開放、廉潔理念,深化務實合作,加強安全保障,促進共同發展。

第四十一章 「一帯一路」共同建設の質の高い発展を促す

共同協議?共同建設?共同享受の原則を堅持し、グリーン?開放?クリーンの理念を貫き、実務協力を深め、安全保障を強化し、共同発展を促進する。

第一節 加強發展戰略和政策對接

推進戰略、規劃、機制對接,加強政策、規則、標準聯通。創新對接方式,推進已簽文件落實見效,推動與更多國家商簽投資保護協定、避免雙重征稅協定等,加強海關、稅收、監管等合作,推動實施更高水平的通關一體化。拓展規則對接領域,加強融資、貿易、能源、數字信息、農業等領域規則對接合作。促進共建“一帶一路”倡議同區域和國際發展議程有效對接、協同增效。

第一節 発展戦略?政策のすり合わせを強化する

戦略?計畫?仕組みのすり合わせを推進し、政策?ルール?基準のつながりを強化する。すり合わせの方式を革新し、調印済みの文書が履行され効果を生むようにし、より多くの國々との投資保護協定や二重課稅回避協定などの交渉?締結をはかり、稅関、租稅、監督管理などの協力を強化し、より高いレベルの通関一元化の実施に努める。ルールのすり合わせをする分野を広げ、融資、貿易、エネルギー、デジタル情報、農業といった分野のルールのすり合わせ協力にいっそう力を入れる?!敢粠∫宦贰构餐ㄔOイニシアティブと地域?國際開発アジェンダの効果的なすり合わせ、連攜による相乗作用を促進する。

第二節 推進基礎設施互聯互通

推動陸海天網四位一體聯通,以“六廊六路多國多港”為基本框架,構建以新亞歐大陸橋等經濟走廊為引領,以中歐班列、陸海新通道等大通道和信息高速路為骨架,以鐵路、港口、管網等為依托的互聯互通網絡,打造國際陸海貿易新通道。聚焦關鍵通道和關鍵城市,有序推動重大合作項目建設,將高質量、可持續、抗風險、價格合理、包容可及目標融入項目建設全過程。提高中歐班列開行質量,推動國際陸運貿易規則制定。擴大“絲路海運”品牌影響。推進福建、新疆建設“一帶一路”核心區。推進“一帶一路”空間信息走廊建設。建設“空中絲綢之路”。

第二節 インフラの相互連結を推進する

陸?海?宇宙?サイバースペース「四位一體」連結を促し、「六廊六路多國多港(新ユーラシア?ランドブリッジ、中國?モンゴル?ロシア、中國?中央アジア?西アジア、中國?インドシナ半島、中國?パキスタン、バングラデシュ?中國?インド?ミャンマーの六大國際経済協力回廊、鉄道、道路、海上交通路、空路、パイプライン、情報ハイウェイの六大相互連結路網、協力諸國、協力諸港)」 を基本的枠組みとして、新ユーラシア?ランドブリッジなど経済回廊を先導役、中歐班列や陸海新ルートなど大動脈?情報ハイウェイを骨組み、鉄道?港灣?パイプラインなどを支點とする相互連結ネットワークを構築し、國際陸海貿易新ルートをつくる。カギとなるルートとカギとなる都市にフォーカスして、重大協力プロジェクトの建設を秩序立てて推し進め、質が高く、持続可能で、リスクに強く、価格が妥當で、包摂的?アクセシブルという目標をプロジェクトの建設の全過程に浸透させる。中歐班列の運行の質を向上させ、國際陸運貿易ルールの制定を促す?!弗伐毳愆`ド海運」ブランドの影響力を拡大する。福建省と新疆ウイグル自治區の「一帯一路」核心區建設を推進する?!敢粠∫宦贰箍臻g情報回廊の建設を推進する?!缚栅违伐毳愆`ド」を築く。

第三節 深化經貿投資務實合作

推動與共建“一帶一路”國家貿易投資合作優化升級,積極發展絲路電商。深化國際產能合作,拓展第三方市場合作,構筑互利共贏的產業鏈供應鏈合作體系,擴大雙向貿易和投資。堅持以企業為主體、市場為導向,遵循國際慣例和債務可持續原則,健全多元化投融資體系。創新融資合作框架,發揮共建“一帶一路”專項貸款、絲路基金等作用。建立健全“一帶一路”金融合作網絡,推動金融基礎設施互聯互通,支持多邊和各國金融機構共同參與投融資。完善“一帶一路”風險防控和安全保障體系,強化法律服務保障,有效防范化解各類風險。

第三節 経済?貿易?投資の実務協力を深める

「一帯一路」共同建設諸國との貿易?投資協力の深化?レベルアップを促し、シルクロードEコマースを積極的に発展させる。生産能力をめぐる國際協力を深め、第三國市場協力を拡大し、互恵ウィンウィンの産業チェーン?サプライチェーン協力體系を構築し、相互の貿易?投資を拡大する。企業を主體とし、市場を導きとすることを堅持し、國際慣行と債務持続可能性の原則を守り、多元的な投融資體系を整備する。融資協力の枠組みを革新し、「一帯一路」共同建設特別融資やシルクロード基金などの役割を発揮させる?!敢粠∫宦贰菇鹑趨f力ネットワークを確立して充実させ、金融インフラの相互連結を推し進め、投融資への多國間金融機関?各國金融機関の共同參加をサポートする?!敢粠∫宦贰工违辚攻乐?抑制體系、安全保障體系を十全化し、法律サービスの保障を強化し、さまざまなリスクを効果的に防止?解消する。

第四節 架設文明互學互鑒橋梁

深化公共衛生、數字經濟、綠色發展、科技教育、文化藝術等領域人文合作,加強議會、政黨、民間組織往來,密切婦女、青年、殘疾人等群體交流,形成多元互動的人文交流格局。推進實施共建“一帶一路”科技創新行動計劃,建設數字絲綢之路、創新絲綢之路。加強應對氣候變化、海洋合作、野生動物保護、荒漠化防治等交流合作,推動建設綠色絲綢之路。積極與共建“一帶一路”國家開展醫療衛生和傳染病防控合作,建設健康絲綢之路。

第四節 文明間の學び合いの橋を架ける

公衆衛生、デジタル経済、グリーン発展、科學技術?教育、文化蕓術などの分野での人的?文化的協力を深め、議會?政黨?民間組織の往來を強化し、女性?青年?障害者などの交流を緊密化し、多元的でインタラクティブな人的?文化的交流の形をつくる?!敢粠∫宦贰箍茖W技術イノベーション行動計畫の実施を推進し、デジタル?シルクロード、イノベーション?シルクロードを築く。気候変動対策、海洋協力、野生動物保護、砂漠化対策などの交流?協力にいっそう力を入れ、グリーンシルクロードの建設を推し進める?!敢粠∫宦贰构餐ㄔO諸國と醫療衛生?感染癥対策協力を積極的に展開し、健康シルクロードを築く。

第四十二章 積極參與全球治理體系改革和建設

高舉和平、發展、合作、共贏旗幟,堅持獨立自主的和平外交政策,推動構建新型國際關系,推動全球治理體系朝著更加公正合理的方向發展。

第四十二章 グローバル?ガバナンス體系の改革と整備に積極的に參與する

平和?発展?協力?ウィンウィンの旗印を高く掲げ、獨立自主の平和外交政策を堅持し、新型國際関係の構築を促し、グローバル?ガバナンス體系がより公正で合理的な方向に発展するよう促す。

第一節 維護和完善多邊經濟治理機制

維護多邊貿易體制,積極參與世界貿易組織改革,堅決維護發展中成員地位。推動二十國集團等發揮國際經濟合作功能,建設性參與亞太經合組織、金磚國家等機制經濟治理合作,提出更多中國倡議、中國方案。推動主要多邊金融機構深化治理改革,支持亞洲基礎設施投資銀行和新開發銀行更好發揮作用,提高參與國際金融治理能力。推動國際宏觀經濟政策溝通協調,搭建國際合作平臺,共同維護全球產業鏈供應鏈穩定暢通、全球金融市場穩定,合力促進世界經濟增長。推動新興領域經濟治理規則制定。

第一節 多國間経済ガバナンスメカニズムを擁護?改善する

多角的貿易體制を守り、世界貿易機関(WTO)改革に積極的に參與し、発展途上加盟國?地域の地位を斷固として守る。20ヵ國?地域(G20)などに國際経済協力の機能を発揮させ、アジア太平洋経済協力(APEC)やBRICSといった枠組みの経済ガバナンス協力に建設的に參加し、中國のイニシアティブ、中國の案をもっと多く提唱する。主要な多國間金融機関のガバナンス改革の深化を促し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)と新開発銀行がよりよく役割を果たせるようサポートし、國際金融ガバナンスへの參與能力を高める。國際間のマクロ経済政策面の意思疎通?協調を促し、國際協力のプラットフォームをつくり、グローバルな産業チェーンやサプライチェーンの安定と円滑性、グローバル金融市場の安定を守り、力を合わせて世界経済の成長を促進する。新興分野の経済ガバナンスルールの制定を促す。

第二節 構建高標準自由貿易區網絡

實施自由貿易區提升戰略,構建面向全球的高標準自由貿易區網絡。優化自由貿易區布局,推動區域全面經濟伙伴關系協定實施,加快中日韓自由貿易協定談判進程,穩步推進亞太自貿區建設。提升自由貿易區建設水平,積極考慮加入全面與進步跨太平洋伙伴關系協定,推動商簽更多高標準自由貿易協定和區域貿易協定。

第二節 ハイスタンダードな自由貿易地域(FTA)網を築く

FTAアップグレード戦略を実施し、グローバル志向のハイスタンダードなFTA網を築く。FTAの配置を最適化し、東アジア地域包括的経済連攜(RCEP)の実施を促し、中日韓FTA交渉のプロセスを加速させ、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)建設を著実に推進する。FTAの構築をレベルアップし、環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP)への加入を前向きに検討し、より多くのハイスタンダードなFTAと地域貿易協定(RTA)の交渉?締結を推し進める。

第三節 積極營造良好外部環境

積極發展全球伙伴關系,推進大國協調和合作,深化同周邊國家關系,加強同發展中國家團結合作。堅持多邊主義和共商共建共享原則,維護以聯合國為核心的國際體系和以國際法為基礎的國際秩序,共同應對全球性挑戰。積極參與重大傳染病防控國際合作,推動構建人類衛生健康共同體。深化對外援助體制機制改革,優化對外援助布局,向發展中國家特別是最不發達國家提供力所能及的幫助,加強醫療衛生、科技教育、綠色發展、減貧、人力資源開發、緊急人道主義等領域對外合作和援助。積極落實聯合國2030年可持續發展議程。

第三節 良好な外部環境を積極的に整える

グローバル?パートナーシップを積極的に発展させ、大國間の協調?協力を推し進め、周辺諸國との関係を深め、発展途上國との連帯?協力を強化する。多國間主義と共同協議?共同建設?共同享受の原則を堅持し、國連を核心とする國際體制と國際法を基礎とする國際秩序を守り、地球規模の課題に共同で対応する。重大感染癥対策のための國際協力に積極的に參加し、人類衛生健康共同體の構築を促進する。対外援助の體制?仕組みの改革を深化させ、対外援助の配置を最適化し、発展途上國、とくに後発開発途上國を力の及ぶ限り支援し、醫療衛生、科學技術?教育、グリーン発展、貧困削減、人的資源開発、緊急人道支援といった分野の対外協力?援助を強化する。國連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を積極的に実施する。

第十三篇 提升國民素質 促進人的全面發展

把提升國民素質放在突出重要位置,構建高質量的教育體系和全方位全周期的健康體系,優化人口結構,拓展人口質量紅利,提升人力資本水平和人的全面發展能力。

第十三篇 國民の資質を向上させ、個々人の全面的な発展を促進する

國民の資質の向上を優先的な重要課題として位置づけ、質の高い教育體系と全方位?全ライフサイクルのヘルスケア體系を構築し、人口構造を改善し、人口の質のボーナスを拡大し、人的資本の水準と個々人の全面的な発展能力を高める。

第四十三章 建設高質量教育體系

全面貫徹黨的教育方針,堅持優先發展教育事業,堅持立德樹人,增強學生文明素養、社會責任意識、實踐本領,培養德智體美勞全面發展的社會主義建設者和接班人。

第四十三章 質の高い教育體系を築く

黨の教育方針を全面的に貫徹し、教育事業の優先発展を堅持し、徳育を堅持し、児童?生徒?學生の文化的素養、社會的責任意識、実踐能力を高め、徳育?智育?體育?美育?労育のいずれの面でも発達した社會主義の建設者?後継者を育成する。

第一節 推進基本公共教育均等化

鞏固義務教育基本均衡成果,完善辦學標準,推動義務教育優質均衡發展和城鄉一體化。加快城鎮學校擴容增位,保障農業轉移人口隨遷子女平等享有基本公共教育服務。改善鄉村小規模學校和鄉鎮寄宿制學校條件,加強鄉村教師隊伍建設,提高鄉村教師素質能力,完善留守兒童關愛體系,鞏固義務教育控輟保學成果。鞏固提升高中階段教育普及水平,鼓勵高中階段學校多樣化發展,高中階段教育毛入學率提高到92%以上。規范校外培訓。完善普惠性學前教育和特殊教育、專門教育保障機制,學前教育毛入園率提高到90%以上。提高民族地區教育質量和水平,加大國家通用語言文字推廣力度。

第一節 基本的公共教育の均等化を推し進める

義務教育の基本的均衡の成果を定著させ、學校運営の基準を整え、義務教育の良質でバランスのとれた発展と都市?農村一體化を促す。都市部の學校の収容力拡大を急ぎ、農業からの移転人口の隨伴子女の基本的公共教育サービスの平等な享受を保障する。農村の小規模學校と郷鎮の寄宿學校の環境を改善し、農村の教師陣づくりを強化し、農村の教師の資質?能力を高め、「留守児童」のサポート?保護體系を整備し、義務教育中途退學抑制の成果を定著させる。後期中等教育の普及水準を定著?向上させ、後期中等教育學校の多様化発展を奨勵し、後期中等教育の粗就學率を92%以上まで引き上げる。學校外教育を規範化する。ユニバーサル就學前教育?特別支援教育、専門教育の保障の仕組みを整え、就學前教育の粗就學率を90%以上まで引き上げる。民族地區の教育の質と水準を高め、國の共通言語?文字の普及にいっそう力を入れる。

第二節 增強職業技術教育適應性

突出職業技術(技工)教育類型特色,深入推進改革創新,優化結構與布局,大力培養技術技能人才。完善職業技術教育國家標準,推行“學歷證書+職業技能等級證書”制度。創新辦學模式,深化產教融合、校企合作,鼓勵企業舉辦高質量職業技術教育,探索中國特色學徒制。實施現代職業技術教育質量提升計劃,建設一批高水平職業技術院校和專業,穩步發展職業本科教育。深化職普融通,實現職業技術教育與普通教育雙向互認、縱向流動。

第二節 職業技術教育の適応性を高める

職業技術(技能労働者)教育類型の特色を際立たせ、改革?革新を踏み込んで推し進め、構造と配置を改善し、技術?技能人材の育成に力を入れる。職業技術教育の國家基準を整え、「學歴証明書+職業技能等級証書」制度を押し広める。學校運営のあり方を革新し、産業と教育の融合、學校と企業の協力を深め、企業が質の高い職業技術教育を行うことを奨勵し、中國の特色あるインターンシップ制度を模索する?,F代職業技術教育質向上計畫を実施し、一群のハイレベルな職業技術大學?専攻をつくり、學部での職業教育を著実に発展させる。中等職業學校と普通高校の連攜を深め、職業技術教育と一般教育の雙方向相互認定、縦の流動を実現する。

第三節 提高高等教育質量

推進高等教育分類管理和高等學校綜合改革,構建更加多元的高等教育體系,高等教育毛入學率提高到60%。分類建設一流大學和一流學科,支持發展高水平研究型大學。建設高質量本科教育,推進部分普通本科高校向應用型轉變。建立學科專業動態調整機制和特色發展引導機制,增強高校學科設置針對性,推進基礎學科高層次人才培養模式改革,加快培養理工農醫類專業緊缺人才。加強研究生培養管理,提升研究生教育質量,穩步擴大專業學位研究生規模。優化區域高等教育資源布局,推進中西部地區高等教育振興。

第三節 高等教育の質を高める

高等教育の分類管理と高等教育機関の総合改革を推進し、いっそう多元的な高等教育體系を構築し、高等教育の粗就學率を60%まで引き上げる。一流大學?一流學科づくりを學類ごとに進め、ハイレベルの研究大學を支援して発展させる。質の高い學部教育を構築し、一部の普通本科大學の応用型への転換を推し進める。學科?専攻の動的調整の仕組みと特色ある発展の誘導の仕組みを確立し、大學の學科の設置の的確性を高め、基礎學科ハイレベル人材育成方式の改革を推進し、理工農醫學類専門の逼迫人材の育成を急ぐ。大學院生の育成管理を強化し、大學院教育の質を高め、専門職大學院生の規模を拡大する。地域の高等教育資源の配置を最適化し、中?西部地區の高等教育の振興を推し進める。

第四節 建設高素質專業化教師隊伍

建立高水平現代教師教育體系,加強師德師風建設,完善教師管理和發展政策體系,提升教師教書育人能力素質。重點建設一批師范教育基地,支持高水平綜合大學開展教師教育,健全師范生公費教育制度,推進教育類研究生和公費師范生免試認定教師資格改革。支持高水平工科大學舉辦職業技術師范專業,建立高等學校、職業學校與行業企業聯合培養“雙師型”教師機制。深化中小學、幼兒園教師管理綜合改革,統籌教師編制配置和跨區調整,推進義務教育教師“縣管校聘”管理改革,適當提高中高級教師崗位比例。

第四節 資質の高いプロフェッショナルな教師陣を揃える

ハイレベルの現代的教員養成體系を確立し、教師のモラルを向上させ、教師の管理?発展のための政策體系を整え、教師の教學?教育の能力?資質を向上させる。一群の師範教育拠點を重點的につくり、ハイレベルの総合大學が教員養成を展開するのをサポートし、師範生公費教育制度を整え、教育系大學院生と公費師範生の教員資格認定試験免除改革を推進する。ハイレベルの工科大學が職業技術師範専攻を運営するのをサポートし、高等教育機関?職業學校と業界企業が合同で「雙師型(指導員としての資格と技術者としての資格を持つ)」教師を育成する仕組みを確立する。小中學校教員?幼稚園教員管理総合改革を深化させ、教員の定數?配置と地區間調整を統一的に計畫し、義務教育學校教師の県級政府による統一的人事管理改革を推進し、中級?高級教師の割合を適度に増やす。

第五節 深化教育改革

深化新時代教育評價改革,建立健全教育評價制度和機制,發展素質教育,更加注重學生愛國情懷、創新精神和健康人格培養。堅持教育公益性原則,加大教育經費投入,改革完善經費使用管理制度,提高經費使用效益。落實和擴大學校辦學自主權,完善學校內部治理結構,有序引導社會參與學校治理。深化考試招生綜合改革。支持和規范民辦教育發展,開展高水平中外合作辦學。發揮在線教育優勢,完善終身學習體系,建設學習型社會。推進高水平大學開放教育資源,完善注冊學習和彈性學習制度,暢通不同類型學習成果的互認和轉換渠道。

第五節 教育改革を深化させる

新時代の教育評価改革を深化させ、教育評価制度?メカニズムを確立して充実させ、資質教育を発展させ、児童?生徒?學生の愛國心、革新の精神、健全な人格の育成をいっそう重視する。教育の公益性の原則を堅持し、教育経費投入を拡大し、経費使用管理制度を改革?改善し、経費使用効果を高める。學校の運営自主権を徹底?拡大し、學校の內部統制構造を改善し、社會が學校ガバナンスに參加するよう秩序立てて導く。入學試験総合改革を深化させる。民営教育の発展を支援?規範化し、外國とのハイレベルな協力による學校運営を展開する。オンライン教育の優位性を発揮させ、生涯學習體系を整え、學習型社會を築く。ハイレベル大學の教育資源の開放を推進し、聴講生制度とフレキシブルラーニング制度を整え、さまざまなタイプの學習成果の単位相互認定?交換の方途を円滑にする。



第四十四章 全面推進健康中國建設

把保障人民健康放在優先發展的戰略位置,堅持預防為主的方針,深入實施健康中國行動,完善國民健康促進政策,織牢國家公共衛生防護網,為人民提供全方位全生命期健康服務。

第四十四章 「健康中國」建設を全面的に推し進める

人民の健康の保障を優先発展の戦略的位置に據え、予防を主とする方針を堅持し、「健康中國」キャンペーンを踏み込んで実施し、國民健康促進政策を充実させ、國家公衆衛生防護網をしっかりと張り巡らせ、人民に全方位?全ライフサイクルのヘルスケアサービスを提供する。

第一節 構建強大公共衛生體系

改革疾病預防控制體系,強化監測預警、風險評估、流行病學調查、檢驗檢測、應急處置等職能。建立穩定的公共衛生事業投入機制,改善疾控基礎條件,強化基層公共衛生體系。落實醫療機構公共衛生責任,創新醫防協同機制。完善突發公共衛生事件監測預警處置機制,加強實驗室檢測網絡建設,健全醫療救治、科技支撐、物資保障體系,提高應對突發公共衛生事件能力。建立分級分層分流的傳染病救治網絡,建立健全統一的國家公共衛生應急物資儲備體系,大型公共建筑預設平疫結合改造接口。筑牢口岸防疫防線。加強公共衛生學院和人才隊伍建設。完善公共衛生服務項目,擴大國家免疫規劃,強化慢性病預防、早期篩查和綜合干預。完善心理健康和精神衛生服務體系。

第一節 強力な公衆衛生體系を構築する

疾病予防?抑制體系を改革し、モニタリング?早期警報、リスク評価、疫學調査、検査?測定、緊急対応などの職能を強化する。公衆衛生事業への安定的投入の仕組みを確立し、疾病抑制の基礎的條件を改善し、末端の公衆衛生體系を強化する。醫療機関に公衆衛生の責任を果たさせ、治療と予防の連攜の仕組みを革新する。公衆衛生上の突発的事態のモニタリング?早期警報?処置の仕組みを整え、実験室検測ネットワークの構築を強化し、醫療による治療、科學技術によるサポート、物資の保障の體系を整備し、公衆衛生上の突発的事態への対応能力を高める。級別?層別の分流式感染癥救急治療ネットワークを確立し、國の統一的な公衆衛生緊急物資備蓄體系を確立して充実させ、平時と感染癥流行時のどちらにも利用できるよう大型公共建築物の仕様を改造する。感染癥の水際対策を強化する。公衆衛生學部?人材陣づくりにいっそう力を入れる。公衆衛生サービスの內容を充実させ、國家免疫計畫を拡大し、慢性疾患予防、早期診斷、包括的介入を強化する。メンタルヘルス?精神衛生サービス體系を整備する。

第二節 深化醫藥衛生體制改革

堅持基本醫療衛生事業公益屬性,以提高醫療質量和效率為導向,以公立醫療機構為主體、非公立醫療機構為補充,擴大醫療服務資源供給。加強公立醫院建設,加快建立現代醫院管理制度,深入推進治理結構、人事薪酬、編制管理和績效考核改革。加快優質醫療資源擴容和區域均衡布局,建設國家醫學中心和區域醫療中心。加強基層醫療衛生隊伍建設,以城市社區和農村基層、邊境口岸城市、縣級醫院為重點,完善城鄉醫療服務網絡。加快建設分級診療體系,積極發展醫療聯合體。加強預防、治療、護理、康復有機銜接。推進國家組織藥品和耗材集中帶量采購使用改革,發展高端醫療設備。完善創新藥物、疫苗、醫療器械等快速審評審批機制,加快臨床急需和罕見病治療藥品、醫療器械審評審批,促進臨床急需境外已上市新藥和醫療器械盡快在境內上市。提升醫護人員培養質量與規模,擴大兒科、全科等短缺醫師規模,每千人口擁有注冊護士數提高到3.8人。實施醫師區域注冊,推動醫師多機構執業。穩步擴大城鄉家庭醫生簽約服務覆蓋范圍,提高簽約服務質量。支持社會辦醫,鼓勵有經驗的執業醫師開辦診所。

第二節 醫薬衛生體制改革を深化させる

基本醫療衛生事業の公益性を堅持し、醫療の質と効率の向上を方向性とし、公立醫療機関を主體、非公立醫療機関を補足として、醫療サービス資源の供給を拡大する。公立病院の整備にいっそう力を入れ、現代的病院管理制度の確立を急ぎ、ガバナンス構造、人事?報酬、定員管理、勤務評定の改革を踏み込んで推し進める。良質な醫療資源の拡充と地域間の均衡がとれた配置を急ぎ、國家醫學センターと地域醫療センターを建設する。末端の醫療衛生人材陣づくりを強化し、都市の社區と農村の末端、國境口岸都市、県級病院を重點に、都市?農村の醫療サービス網を整える。級別診療體系(重いものは上級、軽いものは下級醫療機関で治療する制度)の整備を急ぎ、醫療連合體を積極的に発展させる。予防?治療?看護?リハビリの有機的な結びつきを強化する。國による醫薬品?消耗品の集中的數量ベース調達?使用の改革を推進し、ハイエンド醫療設備を発展させる。革新的醫薬品、ワクチン、醫療機器などの迅速な審査?認可制度を整え、臨床に至急必要な醫薬品、希少疾患治療薬、醫療機器の審査?認可を急ぎ、臨床に至急必要で、境外ですでに発売されている新薬?醫療機器ができるだけ早く境內で発売されるようにする。醫師?看護師養成の質と規模を引き上げ、小児科醫や総合醫など不足している醫師の規模を拡大し、人口1000當たりの登録看護師數を3.8人まで増やす。醫師の地域登録を実施し、醫師の複數機関でのかけもち勤務を促す。都市?農村の家庭醫登録制醫療サービスのカバー範囲を著実に拡大し、登録制醫療サービスの質を高める。醫療機関の民間経営をサポートし、ベテランの勤務醫が診療所を開設することを奨勵する。

第三節 健全全民醫保制度

健全基本醫療保險穩定可持續籌資和待遇調整機制,完善醫保繳費參保政策,實行醫療保障待遇清單制度。做實基本醫療保險市級統籌,推動省級統籌。完善基本醫療保險門診共濟保障機制,健全重大疾病醫療保險和救助制度。完善醫保目錄動態調整機制。推行以按病種付費為主的多元復合式醫保支付方式。將符合條件的互聯網醫療服務納入醫保支付范圍,落實異地就醫結算。扎實推進醫保標準化、信息化建設,提升經辦服務水平。健全醫?;鸨O管機制。穩步建立長期護理保險制度。積極發展商業醫療保險。

第三節 國民皆保険制度を整える

基本醫療保険の安定的で持続可能な基金調達?給付調整の仕組みを整え、醫療保険料納付?保険加入の徹底のための政策を十全化し、醫療保障待遇リスト制度を実施する?;踞t療保険の市級統一管理を定著させ、省級統一管理を推進する?;踞t療保険の外來診療共済保障の仕組みを十全化し、重大疾患醫療保険?醫療救助制度を整備する。醫療保険適用醫薬品目録の動的調整の仕組みを改善する。病気の種類に応じた給付を主とした多元複合型の醫療保険給付方式を押し広める。條件に合致するインターネット醫療サービスを醫療保険給付対象に組み入れ、保険加入登記地以外での醫療保険給付をきちんと実施する。醫療保険の標準化?情報化建設を著実に推進し、事務処理サービスのレベルを高める。醫療保険基金の監督管理の仕組みを整える。長期介護保険制度を著実に確立する。商業醫療保険を積極的に発展させる。

第四節 推動中醫藥傳承創新

堅持中西醫并重和優勢互補,大力發展中醫藥事業。健全中醫藥服務體系,發揮中醫藥在疾病預防、治療、康復中的獨特優勢。加強中西醫結合,促進少數民族醫藥發展。加強古典醫籍精華的梳理和挖掘,建設中醫藥科技支撐平臺,改革完善中藥審評審批機制,促進中藥新藥研發保護和產業發展。強化中藥質量監管,促進中藥質量提升。強化中醫藥特色人才培養,加強中醫藥文化傳承與創新發展,推動中醫藥走向世界。

第四節 中國醫學?薬學の伝承?革新を後押しする

中國醫學と西洋醫學の両方の重視と優位性の相互補完を堅持し、中國醫學?薬學事業の発展に力を入れる。中國醫學?薬學サービス體系を整え、疾病の予防?治療?リハビリにおける中國醫學?薬學獨特の優位性を発揮させる。中國醫學と西洋醫學の融合にいっそう力を入れ、少數民族醫學?薬學の発展を促進する。古典醫書の優れた內容の整理?発掘にいっそう力を入れ、科學技術による中國醫學?薬學サポートプラットフォームをつくり、漢方薬の審査?認可の仕組みを改革?改善し、漢方新薬の研究開発保護と産業発展を促進する。漢方薬の質の監督管理を強化し、漢方薬の質の向上を促進する。中國醫學?薬學の特色ある人材の育成を強化し、中國醫學?薬學の文化の伝承と革新発展にいっそう力を入れ、中國醫學?薬學を世界に向かわせる。

第五節 建設體育強國

廣泛開展全民健身運動,增強人民體質。推動健康關口前移,深化體教融合、體衛融合、體旅融合。完善全民健身公共服務體系,推進社會體育場地設施建設和學校場館開放共享,提高健身步道等便民健身場所覆蓋面,因地制宜發展體育公園,支持在不妨礙防洪安全前提下利用河灘地等建設公共體育設施。保障學校體育課和課外鍛煉時間,以青少年為重點開展國民體質監測和干預。堅持文化教育和專業訓練并重,加強競技體育后備人才培養,提升重點項目競技水平,鞏固傳統項目優勢,探索中國特色足球籃球排球發展路徑,持續推進冰雪運動發展,發展具有世界影響力的職業體育賽事。擴大體育消費,發展健身休閑、戶外運動等體育產業。辦好北京冬奧會、冬殘奧會及杭州亞運會等。

第五節 スポーツ強國を建設する

全國民健康増進運動を幅広く展開し、國民の體力を増強する。早期からのヘルスケアを促し、スポーツと教育の融合、スポーツと衛生の融合、スポーツと観光の融合を深める。全國民の健康増進のための公共サービス體系を整え、公共スポーツ施設の建設と學校のスポーツ施設の開放?共有を推進し、ウォーキング?ジョギング?サイクリング専用ロードなど國民の健康増進に役立つ場所を広げ、現地の実情に即してスポーツ公園を発展させ、水防の安全の妨げにならない範囲で河川敷などに公共スポーツ施設を建設することを支持する。學校の體育の授業と課外スポーツの時間を保障し、青少年を重點として國民の體力に対するモニタリングと介入を行う。文化教育と専門的トレーニングの両方の重視を堅持し、競技スポーツの未來の擔い手たちの育成にいっそう力を入れ、重點種目の競技レベルを向上させ、伝統種目の優位性を強化し、中國の特色あるサッカー?バスケットボール?バレーボールの発展の道筋を模索し、ウィンタースポーツの発展を持続的に推進し、世界的影響力のあるプロスポーツイベントを発展させる。スポーツ消費を拡大し、レジャースポーツやアウトドアスポーツなどスポーツ産業を発展させる。北京冬季オリンピック?パラリンピックや杭州アジア競技大會などの開催を成功させる。

第六節 深入開展愛國衛生運動

豐富愛國衛生工作內涵,促進全民養成文明健康生活方式。加強公共衛生環境基礎設施建設,推進城鄉環境衛生整治,強化病媒生物防制。深入推進衛生城鎮創建。加強健康教育和健康知識普及,樹立良好飲食風尚,制止餐飲浪費行為,開展控煙限酒行動,堅決革除濫食野生動物等陋習,推廣分餐公筷、垃圾分類投放等生活習慣。

第六節 愛國衛生運動を踏み込んで展開する

愛國衛生活動の內容を充実させ、全國民の文明的?健康的な生活様式の定著を促す。公衆衛生環境インフラの整備にいっそう力を入れ、都市?農村の環境衛生対策を推進し、媒介生物の予防?抑制を強化する。衛生的都市部の創生を踏み込んで推進する。健康教育と健康知識の普及にいっそう力を入れ、よい飲食習慣を確立し、飲食の浪費行為を禁止し、節煙節酒キャンペーンを展開し、野生動物を何でも食べるといった悪習を斷固として根絶し、一人分ずつの配膳と取り箸の使用、ゴミの分別出しといった生活習慣を押し広める。


第四十五章 實施積極應對人口老齡化國家戰略

制定人口長期發展戰略,優化生育政策,以“一老一小”為重點完善人口服務體系,促進人口長期均衡發展。

第四十五章 人口の高齢化への積極的対応という國家戦略を実施する

人口長期発展戦略を策定し、出産政策を最適化し、「高齢者と子ども」を重點に人口サービス體系を充実させ、人口の長期にわたるバランスのとれた発展を促進する。

第一節 推動實現適度生育水平

增強生育政策包容性,推動生育政策與經濟社會政策配套銜接,減輕家庭生育、養育、教育負擔,釋放生育政策潛力。完善幼兒養育、青少年發展、老人贍養、病殘照料等政策和產假制度,探索實施父母育兒假。改善優生優育全程服務,加強孕前孕產期健康服務,提高出生人口質量。建立健全計劃生育特殊困難家庭全方位幫扶保障制度。改革完善人口統計和監測體系,密切監測生育形勢。深化人口發展戰略研究,健全人口與發展綜合決策機制。

第一節 適正な出生率の実現を促す

出産政策の包摂性を高め、出産政策と経済?社會政策がしっかりとかみ合うようにし、各世帯の出産?養育?教育の負擔を軽減し、出産政策の潛在力を引き出す。幼児の養育、青少年の成長、高齢者の扶養、病人?障害者のケアなどについての政策と産休制度を整え、パパ?ママ育休の実施を模索する。優生優育全過程サービスを改善し、妊娠前、妊娠?出産期の保健サービスにいっそう力を入れ、出生人口の質を向上させる。計畫出産特殊困難世帯(一人っ子が死亡したか事故などで障害を負った家庭)全方位サポート保障制度を確立して充実させる。人口統計?モニタリング體系を改革?改善し、出生動向をしっかりとモニタリングする。人口発展戦略の研究を深化させ、人口と発展の総合的な政策決定の仕組みを整える。

第二節 健全嬰幼兒發展政策

發展普惠托育服務體系,健全支持嬰幼兒照護服務和早期發展的政策體系。加強對家庭照護和社區服務的支持指導,增強家庭科學育兒能力。嚴格落實城鎮小區配套園政策,積極發展多種形式的嬰幼兒照護服務機構,鼓勵有條件的用人單位提供嬰幼兒照護服務,支持企事業單位和社會組織等社會力量提供普惠托育服務,鼓勵幼兒園發展托幼一體化服務。推進嬰幼兒照護服務專業化、規范化發展,提高保育保教質量和水平。

第二節 乳幼児発達政策を整える

ユニバーサル託児サービス體系を発展させ、乳幼児保育サービス?早期発達支援政策體系を整える。家庭保育とコミュニティサービスへの支援?指導にいっそう力を入れ、家庭での科學的育児の能力を高める。都市部住宅地付屬幼稚園政策を厳格に実行し、さまざまな形の乳幼児保育サービス機関を積極的に発展させ、條件を満たす雇用主が乳幼児保育サービスを提供することを奨勵し、企業?事業體や社會組織など社會の力がユニバーサル託児サービスを提供するのをサポートし、幼稚園が託児と幼児教育の融合したサービスを発展させることを奨勵する。乳幼児保育サービスの専門化?規範化発展を推進し、保育?教育の質と水準を高める。

第三節 完善養老服務體系

推動養老事業和養老產業協同發展,健全基本養老服務體系,大力發展普惠型養老服務,支持家庭承擔養老功能,構建居家社區機構相協調、醫養康養相結合的養老服務體系。完善社區居家養老服務網絡,推進公共設施適老化改造,推動專業機構服務向社區延伸,整合利用存量資源發展社區嵌入式養老。強化對失能、部分失能特困老年人的兜底保障,積極發展農村互助幸福院等互助性養老。深化公辦養老機構改革,提升服務能力和水平,完善公建民營管理機制,支持培訓療養資源轉型發展養老,加強對護理型民辦養老機構的政策扶持,開展普惠養老城企聯動專項行動。加強老年健康服務,深入推進醫養康養結合。加大養老護理型人才培養力度,擴大養老機構護理型床位供給,養老機構護理型床位占比提高到55%,更好滿足高齡失能失智老年人護理服務需求。逐步提升老年人福利水平,完善經濟困難高齡失能老年人補貼制度和特殊困難失能留守老年人探訪關愛制度。健全養老服務綜合監管制度。構建養老、孝老、敬老的社會環境,強化老年人權益保障。綜合考慮人均預期壽命提高、人口老齡化趨勢加快、受教育年限增加、勞動力結構變化等因素,按照小步調整、彈性實施、分類推進、統籌兼顧等原則,逐步延遲法定退休年齡,促進人力資源充分利用。發展銀發經濟,開發適老化技術和產品,培育智慧養老等新業態。

第三節 養老サービス體系を改善する

養老事業と養老産業の相乗発展を促し、基本養老サービス體系を整備し、ユニバーサル型養老サービスを大いに発展させ、家庭が養老機能を擔うのをサポートし、家庭?コミュニティ?機関が相互に連攜する、醫療と養老、ヘルスケアと養老が相互に結びついた養老サービス體系を構築する。コミュニティ在宅養老サービス網を整え、公共施設の高齢者向けバリアフリー化を推進し、専門機関のサービスがコミュニティまで屆くようにし、既存資源を統合?利用してコミュニティ組み込み型養老を発展させる。全面的な介助や部分的な介助が必要な特別困難高齢者の最低生活保障を強化し、農村互助幸福院など互助的養老を積極的に発展させる。公営養老機関の改革を深化させ、サービスの能力とレベルを高め、公設民営方式の管理の仕組みを十全化し、研修?療養資源の養老施設への転換をサポートし、介護型民営養老機関への政策支援を強化し、ユニバーサル養老都市?企業連動特別行動を展開する。高齢者へのヘルスケアサービスにいっそう力を入れ、ヘルスケアと養老の融合を踏み込んで推進する。介護人材の育成にいっそう力を入れ、養老機関の介護用ベッド數を増やし、養老機関の介護用ベッド數の割合を55%に引き上げ、寢たきりや認知癥の高齢者の介護サービスニーズをよりよく満たす。高齢者福祉の水準を著実に高め、経済的に困難な80歳以上の要介護高齢者への補助金制度と特殊困難要介護獨居老人の訪問?ケア制度を整える。養老サービス総合監督管理制度を整備する。養老?親孝行?敬老が重んじられる社會環境を築き、高齢者の権利?利益の保障を強化する。平均壽命の延伸、人口の高齢化の加速、就學年數の増加、労働力構造の変化といった要因を総合的に考慮し、漸進的な調整、柔軟な実施、類別の推進、全面的な配慮といった原則に則り、法定定年年齢を段階的に引き上げ、人的資源が十分に活かされるようにする。シルバーエコノミーを発展させ、高齢者向けバリアフリー技術?製品を開発し、スマート養老など新業態を育てる。


第十四篇 增進民生福祉 提升共建共治共享水平

堅持盡力而為、量力而行,健全基本公共服務體系,加強普惠性、基礎性、兜底性民生建設,完善共建共治共享的社會治理制度,制定促進共同富裕行動綱要,自覺主動縮小地區、城鄉和收入差距,讓發展成果更多更公平惠及全體人民,不斷增強人民群眾獲得感、幸福感、安全感。

第十四篇 民生福祉を増進し、共同建設?共同統治?共同享受のレベルを高める

できることを全力でしっかりと行うことを堅持し、基本公共サービス體系を整備し、包摂性?基礎性のある最低ライン保障型民生の建設を強化し、共同建設?共同統治?共同享受に基づく社會統治制度をより完全なものにし、共同富裕促進行動要綱を策定し、地域格差、都市?農村格差、所得格差を自覚的?主體的に縮小し、発展の成果の恩恵がより多く、より公平に全人民に行き渡るようにし、人民大衆の獲得感?幸福感?安心感を不斷に高める。

第四十六章 健全國家公共服務制度體系

加快補齊基本公共服務短板,著力增強非基本公共服務弱項,努力提升公共服務質量和水平。

第四十六章 國の公共サービスの制度體系を整える

基本公共サービスの不足部分の補充を急ぎ、非基本公共サービス(基本的需要より高次の公共的な需要を満たすためのサービス)のウィークポイントの強化に力を入れ、公共サービスの質とレベルの向上に努める。

第一節 提高基本公共服務均等化水平

推動城鄉區域基本公共服務制度統一、質量水平有效銜接。圍繞公共教育、就業創業、社會保險、醫療衛生、社會服務、住房保障、公共文化體育、優撫安置、殘疾人服務等領域,建立健全基本公共服務標準體系,明確國家標準并建立動態調整機制,推動標準水平城鄉區域間銜接平衡。按照常住人口規模和服務半徑統籌基本公共服務設施布局和共建共享,促進基本公共服務資源向基層延伸、向農村覆蓋、向邊遠地區和生活困難群眾傾斜。

第一節 基本公共サービスの均等化レベルを高める

都市?農村間、地域間の基本公共サービスの制度の統一、質?レベルの効果的すり合わせを推し進める。公共教育、就業?起業、社會保険、醫療衛生、社會サービス、住宅保障、公共文化?スポーツ、恩給援護?再配置、障害者向けサービスといった分野を中心に、基本公共サービス基準體系を確立して充実させ、國家基準の明確化と動的調整の仕組みの確立をはかり、都市?農村間、地域間の基準のレベルのすり合わせ?バランス調整を推し進める。常住人口の規模とサービス半徑に基づいて基本公共サービス施設の配置、共同建設?共同享受を統一的に計畫し、基本公共サービス資源が末端まで屆き、農村に行き渡り、僻地や生活困難層に注がれるようにする。

第二節 創新公共服務提供方式

區分基本與非基本,突出政府在基本公共服務供給保障中的主體地位,推動非基本公共服務提供主體多元化、提供方式多樣化。在育幼、養老等供需矛盾突出的服務領域,支持社會力量擴大普惠性規范性服務供給,保障提供普惠性規范性服務的各類機構平等享受優惠政策。鼓勵社會力量通過公建民營、政府購買服務、政府和社會資本合作等方式參與公共服務供給。深化公共服務領域事業單位改革,營造事業單位與社會力量公平競爭的市場環境。

第二節 公共サービスの提供方式を革新する

基本と非基本を區別し、基本公共サービスの供給の保障における主體としての政府の地位を際立たせ、非基本公共サービスの提供主體の多元化、提供方式の多様化を促す。保育や養老など需給矛盾が際立つサービス分野で、社會の力が包摂的で規範的なサービスの供給を拡大するのをサポートし、包摂的で規範的なサービスの提供主體である各種機関が優遇政策を平等に享受できるようにする。公設民営、公共サービスの外部委託、PPPといった方式を通じて公共サービスの供給に民間が參入することを奨勵する。公共サービス分野の事業體の改革を深化させ、事業體と社會の力が公平に競爭する市場環境を築く。

第三節 完善公共服務政策保障體系

優化財政支出結構,優先保障基本公共服務補短板。明確中央和地方在公共服務領域事權和支出責任,加大中央和省級財政對基層政府提供基本公共服務的財力支持。將更多公共服務項目納入政府購買服務指導性目錄,加大政府購買力度,完善財政、融資和土地等優惠政策。在資格準入、職稱評定、土地供給、財政支持、政府采購、監督管理等方面公平對待民辦與公辦機構。

第三節 公共サービス政策保障體系を十全化する

財政支出構造を改善し、基本公共サービスの脆弱部分の補強を優先的に保障する。中央と地方の公共サービス分野の権限と支出責任を明確にし、末端政府による公共サービスの提供への中央財政と省級財政からの財的支援を拡大する。より多くの公共サービス項目を外部委託のガイドライン目録に組み入れ、外部委託を拡大し、財政?融資?土地などの優遇政策を充実させる。資格認定、職階評定、土地供給、財政支援、外部委託、監督管理などの面で民営機関と公営機関を公平に扱う。

第四十七章 實施就業優先戰略

健全有利于更充分更高質量就業的促進機制,擴大就業容量,提升就業質量,緩解結構性就業矛盾。

第四十七章 雇用優先戦略を実施する

より十分でより質の高い雇用につながる促進メカニズムを整え、雇用吸収力を拡大し、雇用の質を高め、雇用の構造的矛盾を緩和する。

第一節 強化就業優先政策

堅持經濟發展就業導向,健全就業目標責任考核機制和就業影響評估機制。完善高校畢業生、退役軍人、農民工等重點群體就業支持體系。完善與就業容量掛鉤的產業政策,支持吸納就業能力強的服務業、中小微企業和勞動密集型企業發展,穩定拓展社區超市、便利店和社區服務崗位。促進平等就業,增加高質量就業,注重發展技能密集型產業,支持和規范發展新就業形態,擴大政府購買基層教育、醫療和專業化社會服務規模。建立促進創業帶動就業、多渠道靈活就業機制,全面清理各類限制性政策,增強勞動力市場包容性。統籌城鄉就業政策,積極引導農村勞動力就業。擴大公益性崗位安置,著力幫扶殘疾人、零就業家庭成員等困難人員就業。

第一節 雇用優先政策を強化する

経済発展における雇用の重視を堅持し、雇用目標責任考課の仕組みと雇用影響評価の仕組みを整える。大學新卒者、退役軍人、農民工など重點層の就業支援體系を充実させる。雇用吸収力と結びつけた産業政策を充実させ、雇用吸収力が高いサービス業、中小零細企業、労働集約型企業の発展をサポートし、コミュニティスーパー、コンビニエンスストア、コミュニティサービスでの雇用を安定的に拡大する。平等な雇用を促進し、質の高い雇用を増やし、技能集約型産業の発展を重視し、新たな就業形態の発展を支援?規範化し、末端の教育、醫療、専門的社會サービスの外部委託の規模を拡大する。起業による雇用の創出、さまざまな方途でのフレキシブル就業を促進するための仕組みを確立し、各種制限政策を全面的に整理し、労働市場の包摂性を高める。都市?農村の雇用政策を統一的に策定し、農村の労働力の就業を積極的に導く。公益的な仕事を増やし、障害者やゼロ就業世帯の成員など就業困難者の就業支援に力を入れる。

第二節 健全就業公共服務體系

健全覆蓋城鄉的就業公共服務體系,加強基層公共就業創業服務平臺建設,為勞動者和企業免費提供政策咨詢、職業介紹、用工指導等服務。構建常態化援企穩崗幫扶機制,統籌用好就業補助資金和失業保險基金。健全勞務輸入集中區域與勞務輸出省份對接協調機制,加強勞動力跨區域精準對接。加強勞動者權益保障,健全勞動合同制度和勞動關系協調機制,完善欠薪治理長效機制和勞動爭議調解仲裁制度,探索建立新業態從業人員勞動權益保障機制。健全就業需求調查和失業監測預警機制。

第二節 就業のための公共サービス體系を整える

都市?農村をカバーする就業のための公共サービス體系を整え、末端の公共就業?起業サービスプラットフォームの整備にいっそう力を入れ、労働者と企業に政策コンサルティング、職業紹介、雇用指導といったサービスを無償で提供する。恒常的な企業雇用安定助成の仕組みをつくり、雇用助成金と失業保険基金を統一的に活用する。労務受け入れ集中地域と労務送り出し省?自治區の連攜?協調メカニズムを整え、地域間の労働力の的確な調整にいっそう力を入れる。労働者の権利?利益の保障を強化し、労働契約制度と労働関係調整メカニズムを整え、賃金不払い撲滅長期有効メカニズムと労働爭議調停?仲裁制度を整備し、新業態従事者の労働権益保障メカニズムの確立を模索する。就業ニーズ調査と失業モニタリング?早期警報の仕組みを整える。

第三節 全面提升勞動者就業創業能力

健全終身技能培訓制度,持續大規模開展職業技能培訓。深入實施職業技能提升行動和重點群體專項培訓計劃,廣泛開展新業態新模式從業人員技能培訓,有效提高培訓質量。統籌各級各類職業技能培訓資金,創新使用方式,暢通培訓補貼直達企業和培訓者渠道。健全培訓經費稅前扣除政策,鼓勵企業開展崗位技能提升培訓。支持開展訂單式、套餐制培訓。建設一批公共實訓基地和產教融合基地,推動培訓資源共建共享。辦好全國職業技能大賽。

第三節 労働者の就業?起業能力を全面的に向上させる

生涯技能訓練制度を整え、職業技能訓練の大規模な実施を続ける。職業技能向上行動と重點層特別研修計畫を踏み込んで実施し、新業態?新モデル従事者の技能研修を幅広く展開し、研修の質を効果的に高める。各級各種の職業技能訓練資金を統一的に管理し、使用方式を革新し、企業と受講者への訓練補助金の直接給付の方途を円滑にする。研修経費稅前控除(所得控除)政策を整え、企業が職務技能向上研修を行うことを奨勵する。オーダー研修、パッケージ研修の実施をサポートする。一群の公共実習?訓練拠點と産業?教育融合拠點をつくり、研修資源の共同建設?共同享受を促す。全國職業技能大會をしっかりと開催する。

第四十八章 優化收入分配結構

堅持居民收入增長和經濟增長基本同步、勞動報酬提高和勞動生產率提高基本同步,持續提高低收入群體收入,擴大中等收入群體,更加積極有為地促進共同富裕。

第四十八章 所得分配構造を改善する

住民所得の伸び率と経済成長率の基本的一致、労働報酬の上昇率と労働生産性の上昇率の基本的一致を堅持し、低所得層の所得を持続的に向上させ、中間所得層を拡大し、いっそう意欲的に共同富裕を促進する。

第一節 拓展居民收入增長渠道

堅持按勞分配為主體、多種分配方式并存,提高勞動報酬在初次分配中的比重。健全工資決定、合理增長和支付保障機制,完善最低工資標準和工資指導線形成機制,積極推行工資集體協商制度。完善按要素分配政策制度,健全各類生產要素由市場決定報酬的機制,探索通過土地、資本等要素使用權、收益權增加中低收入群體要素收入。完善國有企業市場化薪酬分配機制,普遍實行全員績效管理。改革完善體現崗位績效和分級分類管理的事業單位薪酬制度。規范勞務派遣用工行為,保障勞動者同工同酬。多渠道增加城鄉居民財產性收入,提高農民土地增值收益分享比例,完善上市公司分紅制度,創新更多適應家庭財富管理需求的金融產品。完善國有資本收益上繳公共財政制度,加大公共財政支出用于民生保障力度。

第一節 住民所得の増加の方途を切り開く

労働に応じた分配を主體に多様な分配方式を並存させることを堅持し、一次分配における労働報酬の割合を引き上げる。賃金の決定、合理的向上、支払い保障の仕組みを整え、最低賃金基準と賃金ガイドラインの作成の仕組みを改善し、賃金団體交渉制度を積極的に押し広める。要素に応じた分配の政策?制度を整え、各種生産要素に対する報酬が市場によって決定される仕組みを整備し、土地や資本といった要素の使用権?収益権を通じた中間所得層?低所得層の要素所得の増大を模索する。國有企業の市場化された報酬分配メカニズムを整え、全員の業績管理を幅広く実施する。職務成績と級別?類別管理が反映される事業體の報酬制度を改革?改善する。労務派遣制雇用行為を規範化し、労働者の同一労働同一賃金を保障する。さまざまな方途で都市?農村住民の財産所得を増やし、土地の増分価値のうちの農民への配分割合を引き上げ、上場企業の配當制度を改善し、家計資産管理のニーズに合ったより多くの金融商品を新たにつくる。國有資本収益の公共財政への繰り入れ制度を充実させ、公共財政支出による民生保障を拡充する。

第二節 擴大中等收入群體

實施擴大中等收入群體行動計劃,以高校和職業院校畢業生、技能型勞動者、農民工等為重點,不斷提高中等收入群體比重。提高高校、職業院校畢業生就業匹配度和勞動參與率。拓寬技術工人上升通道,暢通非公有制經濟組織、社會組織、自由職業專業技術人員職稱申報和技能等級認定渠道,提高技能型人才待遇水平和社會地位。實施高素質農民培育計劃,運用農業農村資源和現代經營方式增加收入。完善小微創業者扶持政策,支持個體工商戶、靈活就業人員等群體勤勞致富。

第二節 中間所得層を拡大する。

中間所得層拡大行動計畫を実施し、大學と職業學校の卒業生、技能型労働者、農民工などを重點に、中間所得層の割合をどんどん高める。大學と職業學校の卒業生の求人倍率と労働參加率を引き上げる。技能労働者のキャリアアップの道を広げ、非公有制経済組織、社會組織、フリーランスの専門技術者の職階?資格申請や技能等級認定の方途を円滑にし、技能型人材の待遇水準と社會的地位を高める。資質の高い農民の育成計畫を実施し、農業?農村資源と現代的経営方式を活用して収入を増やす。小企業者?小規模企業者支援政策を充実させ、自営業者やフレキシブルワーカーといった層が勤勉に働いて豊かになるのをサポートする。

第三節 完善再分配機制

加大稅收、社會保障、轉移支付等調節力度和精準性,發揮慈善等第三次分配作用,改善收入和財富分配格局。健全直接稅體系,完善綜合與分類相結合的個人所得稅制度,加強對高收入者的稅收調節和監管。增強社會保障待遇和服務的公平性可及性,完善兜底保障標準動態調整機制。規范收入分配秩序,保護合法收入,合理調節過高收入,取締非法收入,遏制以壟斷和不正當競爭行為獲取收入。建立完善個人收入和財產信息系統。健全現代支付和收入監測體系。

第三節 再分配の仕組みを整える

租稅?社會保障?移転支出などの調節力?的確性を高め、慈善など三次分配の役割を発揮させ、所得?財産分配のあり方を改善する。直接稅體系を整備し、総合課稅と分離課稅が組み合わさった個人所得稅制度を整え、高所得者に対する稅の調節?監督管理を強化する。社會保障の待遇?サービスの公平性?アクセシビリティを高め、最低生活保障基準の動的調整の仕組みを改善する。所得分配の秩序を規範化し、合法的所得を保護し、法外な所得を合理的に調節し、違法所得を取り締まり、獨占?不正競爭行為による収入獲得を食い止める。個人所得?資産情報システムを確立して充実させる?,F代的支出?収入モニタリング體系を整える。

第四十九章 健全多層次社會保障體系

堅持應保盡保原則,按照兜底線、織密網、建機制的要求,加快健全覆蓋全民、統籌城鄉、公平統一、可持續的多層次社會保障體系。

第四十九章 多層的社會保障體系を整備する

最低生活保障をできるだけ対象者全員に行き渡らせる原則を堅持し、最低ラインの保障、セーフティネットの構築、仕組みの確立という要求に基づいて、全國民をカバーする、都市?農村統合型の、公平で統一ある、持続可能な多層的社會保障體系の整備を急ぐ。

第一節 改革完善社會保險制度

健全養老保險制度體系,促進基本養老保險基金長期平衡。實現基本養老保險全國統籌,放寬靈活就業人員參保條件,實現社會保險法定人群全覆蓋。完善劃轉國有資本充實社?;鹬贫?優化做強社會保障戰略儲備基金。完善城鎮職工基本養老金合理調整機制,逐步提高城鄉居民基礎養老金標準。發展多層次、多支柱養老保險體系,提高企業年金覆蓋率,規范發展第三支柱養老保險。推進失業保險、工傷保險向職業勞動者廣覆蓋,實現省級統籌。推進社保轉移接續,完善全國統一的社會保險公共服務平臺。

第一節 社會保険制度を改革?改善する

養老保険制度體系を整え、基本養老保険基金の長期的安定を促進する?;攫B老保険の全國統一管理を実現し、フレキシブルワーカーの保険加入條件を緩和し、社會保険の法定対象者完全普及を実現する。國有資本を社會保障基金に繰り入れて基金を充実させる制度を整え、社會保障戦略準備基金を改善?増強する。都市部職工(従業員)基本養老金の合理的調整の仕組みを整え、都市?農村住民基礎養老金の基準額を著実に引き上げる。多層的で多柱式の養老保険體系を発展させ、企業年金のカバー率を高め、養老保険の第三の柱としての個人商業養老保険を規範的に発展させる。失業保険?労災保険を専業労働者に幅広く行き渡らせるようにし、省級統一管理を実現する。社會保険のポータビリティを推進し、全國統一の社會保険公共サービスのプラットフォームを整える。

第二節 優化社會救助和慈善制度

以城鄉低保對象、特殊困難人員、低收入家庭為重點,健全分層分類的社會救助體系,構建綜合救助格局。健全基本生活救助制度和醫療、教育、住房、就業、受災人員等專項救助制度,完善救助標準和救助對象動態調整機制。健全臨時救助政策措施,強化急難社會救助功能。加強城鄉救助體系統籌,逐步實現常住地救助申領。積極發展服務類社會救助,推進政府購買社會救助服務。促進慈善事業發展,完善財稅等激勵政策。規范發展網絡慈善平臺,加強彩票和公益金管理。

第二節 社會救済制度と慈善制度をよりよいものにする                    

都市?農村の最低生活保障対象者、特殊困難者、低所得世帯を重點に、レベル分け?類別された社會救済體系を整え、総合的な救済の枠組みを築く?;镜纳罹葴g制度と醫療?教育?住宅?雇用?被災者などの特別救済制度を整え、救済基準と救済対象の動的調整の仕組みを改善する。臨時救済政策措置を整え、緊急時社會救済機能を強化する。都市?農村の救済體系の統一的管理を強化し、常住地での救済の申請?受領を著実に実現する。サービス類社會救済を積極的に発展させ、社會救済サービスの外部委託を推進する。慈善事業の発展を促進し、財政?租稅面などの奨勵政策を充実させる。インターネット慈善プラットフォームを規範的に発展させ、寶くじと公益金の管理を強化する。

第三節 健全退役軍人工作體系和保障制度

完善退役軍人事務組織管理體系、工作運行體系和政策制度體系,提升退役軍人服務保障水平。深化退役軍人安置制度改革,加大教育培訓和就業扶持力度,拓展就業領域,提升安置質量。建立健全新型待遇保障體系,完善和落實優撫政策,合理提高退役軍人和其他優撫對象待遇標準,做好隨調配偶子女工作安排、落戶和教育等工作。完善離退休軍人和傷病殘退役軍人移交安置、收治休養制度,加強退役軍人服務中心(站)建設,提升優撫醫院、光榮院、軍供站等建設服務水平。加強退役軍人保險制度銜接。大力弘揚英烈精神,加強烈士紀念設施建設和管護,建設軍人公墓。深入推動雙擁模范城(縣)創建。

第三節 退役軍人関連の業務體系と保障制度を整備する

退役軍人事務の組織管理體系、業務運営體系、政策制度體系を十全化し、退役軍人へのサービスの保障水準を向上させる。退役軍人再配置制度の改革を深化させ、教育?研修、就業支援にいっそう力を入れ、就業分野を拡大し、再配置の質を高める。新型待遇保障體系を確立して充実させ、恩給援護政策を整備して実行し、退役軍人とその他の恩給援護対象者の待遇基準を合理的に引き上げ、退役軍人の再配置に伴う配偶者?子女の勤め先の調整や転籍?転校などの業務をしっかりと行う?,F役定限年齢に達した軍人と傷病退役軍人の転職?再配置、収容治療?療養制度を整え、退役軍人サービスセンター?ステーションの整備にいっそう力を入れ、優撫病院?栄光院?軍供站(主に軍人?退役軍人とその家族のための病院?養老院?飲食宿泊施設)などの整備?サービスのレベルを高める。退役軍人保険制度のすり合わせにいっそう力を入れる。烈士精神を大いに発揚し、烈士記念施設の建設?維持管理にいっそう力を入れ、軍人公墓(軍人墓地)をつくる。雙擁(「擁軍優屬[軍隊を擁護し、軍人家族を優遇する]?擁政愛民[政府を擁護し、人民を愛護する]」)模範都市?県づくりをいっそう促す。

第五十章 保障婦女未成年人和殘疾人基本權益

堅持男女平等基本國策,堅持兒童優先發展,提升殘疾人關愛服務水平,切實保障婦女、未成年人、殘疾人等群體發展權利和機會。

第五十章 女性?未成年者および障害者の基本的権利?利益を保障する

男女平等の基本國策を堅持し、児童の優先発展を堅持し、障害者思いやりサービスのレベルを高め、女性?未成年者?障害者などの発展の権利と機會を確実に保障する。

第一節 促進男女平等和婦女全面發展

深入實施婦女發展綱要,持續改善婦女發展環境,促進婦女平等依法行使權利、參與經濟社會發展、共享發展成果。保障婦女享有衛生健康服務,完善宮頸癌、乳腺癌綜合防治體系和救助政策。保障婦女平等享有受教育權利,持續提高受教育年限和綜合能力素質。保障婦女平等享有經濟權益,消除就業性別歧視,依法享有產假和生育津貼,保障農村婦女土地權益。保障婦女平等享有政治權利,推動婦女廣泛參與社會事務和民主管理。落實法規政策性別平等評估機制,完善分性別統計制度。提高留守婦女關愛服務水平。嚴厲打擊侵害婦女和女童人身權利的違法犯罪行為。

第一節 男女平等と女性の全面的発展を促進する

女性発展要綱を踏み込んで実施し、女性の発展環境を持続的に改善し、女性が法に基づいて平等に権利を行使し、経済?社會発展に參加し、発展の成果を共有するよう促す。女性の衛生?ヘルスケアサービスの享受を保障し、子宮頚がん?乳がん総合対策體系?救済政策を充実させる。教育を受ける権利を女性が平等に享受することを保障し、女性の就學年數と総合的能力?資質を持続的に向上させる。経済的権利?利益を女性が平等に享受することを保障し、雇用における性差別をなくし、法に基づいて産休を取得し出産手當金を受給できるようにし、農村女性の土地権益を保障する。政治的権利を女性が平等に享受することを保障し、社會の事柄と民主的管理への女性の幅広い參加を促す。法規?政策におけるジェンダー平等の評価の仕組みをしっかりと機能させ、ジェンダー統計制度を整える?!噶羰嘏浴顾激い浃辚旦`ビスのレベルを高める。女性と女児の人身権を侵害する違法?犯罪行為を厳しく取り締まる。

第二節 提升未成年人關愛服務水平

深入實施兒童發展綱要,優化兒童發展環境,切實保障兒童生存權、發展權、受保護權和參與權。完善兒童健康服務體系,預防和控制兒童疾病,減少兒童死亡和嚴重出生缺陷發生,有效控制兒童肥胖和近視,實施學齡前兒童營養改善計劃。保障兒童公平受教育權利,加強兒童心理健康教育和服務。加強困境兒童分類保障,完善農村留守兒童關愛服務體系,健全孤兒和事實無人撫養兒童保障機制。完善落實未成年人監護制度,嚴厲打擊侵害未成年人權益的違法犯罪行為,完善未成年人綜合保護體系。深入實施青年發展規劃,促進青年全面發展,搭建青年成長成才和建功立業的平臺,激發青年創新創業活力。

第二節 未成年者思いやりサービスのレベルを高める

児童発展要綱を踏み込んで実施し、児童の発展環境を改善し、児童の生きる権利、発展の権利、守られる権利、參加する権利を確実に保障する。児童ヘルスケアサービス體系を整え、小児疾患を予防?抑制し、小児死亡と重度の先天異常の発生を減らし、小児の肥満?近視を効果的に抑制し、就學前児童の栄養改善計畫を実施する。児童の公平に教育を受ける権利を保障し、児童へのメンタルヘルス教育?サービスにいっそう力を入れる?!咐Ь硟雇?恵まれない境遇にある子ども)」の類別保障を強化し、農村「留守児童」思いやりサービス體系を充実させ、孤児と事実上扶養者のいない子どもの生活保障の仕組みを整える。未成年者の監督保護制度を改善して徹底し、未成年者の権利?利益を侵害する違法?犯罪行為を厳しく取り締まり、未成年者の総合保護體系を整える。青年発展計畫を踏み込んで実施し、青年の全面的発展を促進し、青年が有能な人材に成長して活躍するためのプラットフォームをつくり、青年の革新?起業の活力を引き出す。

第三節 加強家庭建設

以建設文明家庭、實施科學家教、傳承優良家風為重點,深入實施家家幸福安康工程。構建支持家庭發展的法律政策體系,推進家庭教育立法進程,加大反家庭暴力法實施力度,加強婚姻家庭輔導服務,預防和化解婚姻家庭矛盾糾紛。構建覆蓋城鄉的家庭教育指導服務體系,健全學校家庭社會協同育人機制。促進家庭服務多元化發展。充分發揮家庭家教家風在基層社會治理中的作用。

第三節 家庭づくりを強化する

文明的家庭の形成、科學的家庭教育の実施、よき家風の伝承を重點に、全世帯幸福安泰プロジェクトを踏み込んで実施する。家庭の発展をサポートする法律?政策體系を築き、家庭教育に関する立法プロセスを推し進め、反家庭內暴力法の実施にいっそう力を入れ、婚姻家庭相談サービスを強化し、婚姻家庭のもつれやトラブルを防止?解消する。都市?農村をカバーする家庭教育指導サービス體系を築き、學校?家庭?社會協同教育の仕組みを整備する。家庭サービスの多元化発展を促進する。末端の社會統治における家庭、家庭教育、家風の役割を十分に発揮させる。

第四節 提升殘疾人保障和發展能力

健全殘疾人幫扶制度,幫助殘疾人普遍參加基本醫療和基本養老保險,動態調整困難殘疾人生活補貼和重度殘疾人護理補貼標準。完善殘疾人就業支持體系,加強殘疾人勞動權益保障,優先為殘疾人提供職業技能培訓,扶持殘疾人自主創業。推進適齡殘疾兒童和少年教育全覆蓋,提升特殊教育質量。建成康復大學,促進康復服務市場化發展,提高康復輔助器具適配率,提升康復服務質量。開展重度殘疾人托養照護服務。加強殘疾人服務設施和綜合服務能力建設,完善無障礙環境建設和維護政策體系,支持困難殘疾人家庭無障礙設施改造。

第四節 障害者の保障と発展能力を向上させる

障害者支援制度を整え、障害者がもれなく基本醫療保険と基本養老保険に加入できるようサポートし、生活困難障害者向け生活補助金と重度障害者向け介護補助金の基準額を動的に調整する。障害者の就業支援體系を整え、障害者の労働権益保障を強化し、障害者に優先的に職業技能訓練を提供し、障害者の自主的な起業をサポートする。障害をもつ適齢児童?少年少女に教育を行き渡らせるようにし、特別支援教育の質を高める。リハビリ大學を完成させ、リハビリサービスの市場化発展を促進し、リハビリ補助具の適合性を高め、リハビリサービスの質を向上させる。重度障害者の入所療護サービスを展開する。障害者向けのサービス施設と総合サービス能力の構築にいっそう力を入れ、バリアフリー環境の整備?維持のための政策體系を整え、生活困難障害者のいる家庭のバリアフリー設備の更新をサポートする。


第五十一章 構建基層社會治理新格局

健全黨組織領導的自治、法治、德治相結合的城鄉基層社會治理體系,完善基層民主協商制度,建設人人有責、人人盡責、人人享有的社會治理共同體。

第五十一章 末端社會統治の新たな形を築く

黨組織の指導する自治?法治?徳治が相互に結びついた都市?農村末端社會統治體系を整備し、末端民主協商制度を整え、誰もが責任を有し、誰もが責務を果たし、誰もが利益を享受する社會統治共同體を築く。

第一節 夯實基層社會治理基礎

健全黨組織領導、村(居)委會主導、人民群眾為主體的基層社會治理框架。依法厘清基層政府與基層群眾性自治組織的權責邊界,制定縣(區)職能部門、鄉鎮(街道)在城鄉社區治理方面的權責清單制度,實行工作事項準入制度,減輕基層特別是村級組織負擔。加強基層群眾性自治組織規范化建設,合理確定其功能、規模和事務范圍。加強基層群眾自治機制建設,完善村(居)民議事會、理事會、監督委員會等自治載體,健全村(居)民參與社會治理的組織形式和制度化渠道。

第一節 末端社會統治の基礎をうち固める

黨組織が指導し、村民(居民)委員會が主導し、人民大衆が主體となる末端社會統治の枠組みを整える。末端政府と末端大衆自治組織の権限と責任の境界を法に基づいて明確にし、都市?農村のコミュニティ?ガバナンスにおける県(區)の職能部門と郷鎮(街道)の権限?責任リスト制度を定め、業務事項參入許可制度を実施し、末端、とくに村級組織の負擔を軽減する。末端大衆自治組織の規範化建設にいっそう力を入れ、組織の機能?規模?業務範囲を合理的に定める。末端大衆自治の仕組みづくりにいっそう力を入れ、村民(居民)議事會、理事會、監督委員會といった自治の媒體を充実させ、社會統治に村民(居民)が參加できる組織形態と制度化された道を整える。

第二節 健全社區管理和服務機制

推動社會治理和服務重心下移、資源下沉,提高城鄉社區精準化精細化服務管理能力。推進審批權限和公共服務事項向基層延伸,構建網格化管理、精細化服務、信息化支撐、開放共享的基層管理服務平臺,推動就業社保、養老托育、扶殘助殘、醫療衛生、家政服務、物流商超、治安執法、糾紛調處、心理援助等便民服務場景有機集成和精準對接。完善城市社區居委會職能,督促業委會和物業服務企業履行職責,改進社區物業服務管理。構建專職化、專業化的城鄉社區工作者隊伍。

第二節 コミュニティ管理?サービスの仕組みを整える

社會統治?社會サービスの重心と資源を末端にシフトさせ、都市?農村コミュニティの的確できめ細かいサービス?管理能力を向上させる。審査?認可権限と公共サービス事項が末端にも渡るようにし、網格化管理、きめ細かいサービス、情報化の支え、開放?共有に基づく末端管理サービスプラットフォームを築き、就業?社會保障、養老?託児、障害者支援、醫療衛生、家事代行サービス、物流?スーパー、治安?法執行、紛爭調停、メンタルサポートといった利民サービスの一つ一つが有機的に集まりぴたりとかみ合うようにする。都市の社區居民委員會の職能を充実させ、業主委員會(管理組合)と不動産管理サービス企業が職責を果たすよう促し、社區の不動産サービス?管理を改善する。専任?専門の都市?農村コミュニティワーカー陣を揃える。

第三節 積極引導社會力量參與基層治理

發揮群團組織和社會組織在社會治理中的作用,暢通和規范市場主體、新社會階層、社會工作者和志愿者等參與社會治理的途徑,全面激發基層社會治理活力。培育規范化行業協會商會、公益慈善組織、城鄉社區社會組織,加強財政補助、購買服務、稅收優惠、人才保障等政策支持和事中事后監管。支持和發展社會工作服務機構和志愿服務組織,壯大志愿者隊伍,搭建更多志愿服務平臺,健全志愿服務體系。

第三節 末端統治への社會の力の參加を積極的に導く

社會統治における大衆団體?組織および社會組織の役割を発揮させ、市場主體、新社會階層、ソーシャルワーカー、ボランティアなどの社會統治參加へのルートを円滑化?規範化し、末端社會統治の活力を全面的に引き出す。規範のある産業協會?商工會議所、公益慈善団體、都市?農村コミュニティ社會組織を育て、財政補助、サービス外部委託、稅制優遇、人材保障などの政策によるサポートと事中?事後の監督管理にいっそう力を入れる。ソーシャルワークセンターとボランティア団體をサポートして発展させ、ボランティア人材を増やし、ボランティアのプラットフォームをもっとつくり、ボランティアサービス體系を十全化する。

第十五篇 統籌發展和安全 建設更高水平的平安中國

堅持總體國家安全觀,實施國家安全戰略,維護和塑造國家安全,統籌傳統安全和非傳統安全,把安全發展貫穿國家發展各領域和全過程,防范和化解影響我國現代化進程的各種風險,筑牢國家安全屏障。

第十五篇 発展と安全を統一的に考慮し、より高水準の「平安中國」を建設する

総體的國家安全保障観を堅持し、國家安全保障戦略を実施し、國家の安全を維持?構築し、伝統的安全保障と非伝統的安全保障を総合的に勘案し、安全発展を國の発展の各分野?全過程で貫き、わが國の現代化のプロセスに影響を及ぼすさまざまなリスクを防止?解消し、國家安全保障壁をうち固める。

第五十二章 加強國家安全體系和能力建設

堅持政治安全、人民安全、國家利益至上有機統一,以人民安全為宗旨,以政治安全為根本,以經濟安全為基礎,以軍事、科技、文化、社會安全為保障,不斷增強國家安全能力。完善集中統一、高效權威的國家安全領導體制,健全國家安全法治體系、戰略體系、政策體系、人才體系和運行機制,完善重要領域國家安全立法、制度、政策。鞏固國家安全人民防線,加強國家安全宣傳教育,增強全民國家安全意識,建立健全國家安全風險研判、防控協同、防范化解機制。健全國家安全審查和監管制度,加強國家安全執法。堅定維護國家政權安全、制度安全、意識形態安全,全面加強網絡安全保障體系和能力建設,切實維護新型領域安全,嚴密防范和嚴厲打擊敵對勢力滲透、破壞、顛覆、分裂活動。

第五十二章 國家安全保障體系?能力の構築を強化する

政治の安全、人民の安全、國益ファーストの有機的統一を堅持し、人民の安全を目的とし、政治の安全を根本とし、経済の安全を基礎とし、軍事?科學技術?文化?社會の安全を保障とし、國家安全保障能力を不斷に増強する。集中的?統一的で、高効率で権威ある國家安全保障指導體制を整え、國家安全保障の法治體系、戦略體系、政策體系、人材體系および運営メカニズムを整備し、重要分野の國家安全に関する立法?制度?政策を整える。國家安全人民防衛線を強固にし、國家安全に関する宣伝?教育を強化し、全國民の國家安全意識を高め、國家安全保障上のリスクの分析?判斷、共同対策、防止?解消の仕組みを確立して充実させる。國家安全審査?監督管理制度を整備し、國家安全に関する法執行を強化する。國家の政権の安全、制度の安全、イデオロギーの安全を斷固として守り、サイバーセキュリティの體系?能力の構築を全面的に強化し、新たな領域の安全を確実に守り、敵対勢力による浸透?破壊?転覆?分裂活動を厳重に防止し、厳しく取り締まる。

第五十三章 強化國家經濟安全保障

強化經濟安全風險預警、防控機制和能力建設,實現重要產業、基礎設施、戰略資源、重大科技等關鍵領域安全可控,著力提升糧食、能源、金融等領域安全發展能力。

第五十三章 國の経済安全保障を強化する

経済安全保障上のリスク早期警報、防止?抑制の仕組み?能力の構築を強化し、重要産業、インフラ、戦略資源、重大科學技術など樞要分野の安全制御を実現し、食糧、エネルギー、金融といった分野の安全発展能力の向上に力を入れる。

第一節 實施糧食安全戰略

實施分品種保障策略,完善重要農產品供給保障體系和糧食產購儲加銷體系,確??诩Z絕對安全、谷物基本自給、重要農副產品供應充足。毫不放松抓好糧食生產,深入實施藏糧于地、藏糧于技戰略,開展種源“卡脖子”技術攻關,提高良種自主可控能力。嚴守耕地紅線和永久基本農田控制線,穩定并增加糧食播種面積和產量,合理布局區域性農產品應急保供基地。深化農產品收儲制度改革,加快培育多元市場購銷主體,改革完善中央儲備糧管理體制,提高糧食儲備調控能力。強化糧食安全省長責任制和“菜籃子”市長負責制,實行黨政同責。有效降低糧食生產、儲存、運輸、加工環節損耗,開展糧食節約行動。積極開展重要農產品國際合作,健全農產品進口管理機制,推動進口來源多元化,培育國際大糧商和農業企業集團。制定糧食安全保障法。

第一節 食糧安全保障戦略を実施する

品種別保障方策を実施し、重要農産物の供給保障體系と食糧の生産?買付?備蓄?加工?販売體系を整え、食糧の絶対的安全、穀物の基本的自給、重要農産物?副産物の十分な供給を確保する。決して手を緩めずに食料生産に努め、耕地の利用方式調整と技術の改良による食糧の安定確保戦略をしっかりと実施し、種子における「首根っこを押さえられる」技術のブレークスルーをはかり、優良品種の自主?制御可能の能力を高める。耕地レッドラインと恒久基本農地制御線を厳守し、食糧の作付面積と生産量を安定させつつ増加させ、緊急時の農産物供給確保のための地域的な拠點を合理的に配置する。農産物買付?備蓄制度の改革を深化させ、買付?販売の多元的な市場主體をどんどん育て、中央備蓄食糧管理體制を改革?改善し、食糧備蓄調節能力を高める。食糧安全保障省長責任制と「おかずカゴ(食糧以外の副食物の供給)」市長責任制を強化し、黨委員會と政府がともに責任を負うようにする。食糧の生産?貯蔵?輸送?加工段階のロスを効果的に減らし、食糧節約キャンペーンを展開する。重要農産物をめぐる國際協力を積極的に展開し、農産物の輸入管理の仕組みを整え、輸入元の多元化を促し、國際的な穀物メジャーや農業企業グループを育てる。食糧安全保障法を制定する。

第二節 實施能源資源安全戰略

堅持立足國內、補齊短板、多元保障、強化儲備,完善產供儲銷體系,增強能源持續穩定供應和風險管控能力,實現煤炭供應安全兜底、油氣核心需求依靠自保、電力供應穩定可靠。夯實國內產量基礎,保持原油和天然氣穩產增產,做好煤制油氣戰略基地規劃布局和管控。擴大油氣儲備規模,健全政府儲備和企業社會責任儲備有機結合、互為補充的油氣儲備體系。加強煤炭儲備能力建設。完善能源風險應急管控體系,加強重點城市和用戶電力供應保障,強化重要能源設施、能源網絡安全防護。多元拓展油氣進口來源,維護戰略通道和關鍵節點安全。培育以我為主的交易中心和定價機制,積極推進本幣結算。加強戰略性礦產資源規劃管控,提升儲備安全保障能力,實施新一輪找礦突破戰略行動。

第二節 エネルギー?資源安全保障戦略を実施する

國內への立腳、不足部分の補充、多元的な保障、備蓄の強化を堅持し、生産?供給?備蓄?販売體系を整え、エネルギーの持続的安定供給能力とリスク管理能力を高め、石炭供給の安全確保、石油?天然ガスの核心的需要の自己充足、電力供給の安定性?確実性を実現する。國內生産量の基礎をうち固め、石油?天然ガスの安定生産?増産を保ち、石炭液化?石炭ガス化戦略拠點計畫の配置と管理をしっかりと行う。石油?天然ガスの備蓄規模を拡大し、政府による備蓄と企業による社會的責任としての備蓄が有機的に結びついて互いに補い合う石油?天然ガス備蓄體系を整える。石炭備蓄能力の構築を強化する。エネルギーリスク緊急管理體系を整備し、重點都市?使用者への電力供給の保障にいっそう力を入れ、重要エネルギー施設?エネルギーネットワークのセキュリティ防護を強化する。石油?天然ガスの輸入元を多元的に開拓し、戦略ルートと樞要拠點の安全を守る。自國主體の取引センターと価格決定メカニズムを育成し、自國通貨建て決済を積極的に推進する。戦略的鉱産資源の計畫?管理にいっそう力を入れ、備蓄の安全保障能力を高め、新たな探鉱突破戦略行動を実施する。

第三節 實施金融安全戰略

健全金融風險預防、預警、處置、問責制度體系,落實監管責任和屬地責任,對違法違規行為零容忍,守住不發生系統性風險的底線。完善宏觀審慎管理體系,保持宏觀杠桿率以穩為主、穩中有降。加強系統重要性金融機構和金融控股公司監管,強化不良資產認定和處置,防范化解影子銀行風險,有序處置高風險金融機構,嚴厲打擊非法金融活動,健全互聯網金融監管長效機制。完善債務風險識別、評估預警和有效防控機制,健全債券市場違約處置機制,推動債券市場統一執法,穩妥化解地方政府隱性債務,嚴懲逃廢債行為。完善跨境資本流動管理框架,加強監管合作,提高開放條件下風險防控和應對能力。加強人民幣跨境支付系統建設,推進金融業信息化核心技術安全可控,維護金融基礎設施安全。

第三節 金融安全保障戦略を実施する

金融リスク防止?早期警報?処置?問責制度體系を整備し、監督管理責任と所屬地區責任を徹底させ、法律?規定違反行為に対して「ゼロ容認」を貫き、系統性(システミック)リスクを生じさせないという最低ラインを守り抜く。マクロプルーデンス管理體系を整え、債務総額対GDP比の安定の主流化、安定の中での低下を保つ。システム上重要な金融機関と金融持株會社の監督管理にいっそう力を入れ、不良資産の認定と処理を強化し、シャドーバンキングのリスクを防止?解消し、リスクの高い金融機関を秩序立てて処理し、違法な金融活動を厳しく取り締まり、インターネット金融の監督管理のための長期有効メカニズムを整える。債務リスクの識別?評価?早期警報と効果的防止?抑制の仕組みを充実させ、債券市場のデフォルト処理の仕組みを整え、債券市場の統一的法執行を推し進め、地方政府の隠れ債務を著実に解消し、債務不履行行為を厳重に処罰する。クロスボーダーの資本移動の管理の枠組みを整え、監督管理協力を強化し、開放の條件下でのリスク防止?抑制?対応能力を高める。人民元のクロスボーダー決済システムの構築にいっそう力を入れ、金融業の情報化核心技術の安全制御を可能にし、金融インフラの安全を守る。

第五十四章 全面提高公共安全保障能力

堅持人民至上、生命至上,健全公共安全體制機制,嚴格落實公共安全責任和管理制度,保障人民生命安全。

第五十四章 公共安全の保障能力を全面的に向上させる

人民至上?生命至上を堅持し、公共安全の體制?仕組みを整え、公共安全責任?管理制度を厳格に実施し、人民の生命の安全を保障する。

第一節 提高安全生產水平

完善和落實安全生產責任制,建立公共安全隱患排查和安全預防控制體系。建立企業全員安全生產責任制度,壓實企業安全生產主體責任。加強安全生產監測預警和監管監察執法,深入推進危險化學品、礦山、建筑施工、交通、消防、民爆、特種設備等重點領域安全整治,實行重大隱患治理逐級掛牌督辦和整改效果評價。推進企業安全生產標準化建設,加強工業園區等重點區域安全管理。加強礦山深部開采與重大災害防治等領域先進技術裝備創新應用,推進危險崗位機器人替代。在重點領域推進安全生產責任保險全覆蓋。

第一節 労働安全の水準を高める

労働安全責任制を改善?徹底し、公共安全リスク要因洗い出し?安全予防制御體系を確立する。企業全員労働安全責任制(企業が全従業員の労働安全の責任を負う制度)を確立し、企業に労働安全の主體責任をしっかりと果たさせる。労働安全のモニタリング?早期警報と監督管理?監察?法執行にいっそう力を入れ、危険化學品、鉱山、建築工事、交通、消防、民用爆発物、特種設備といった重點分野の安全対策をいっそう推し進め、重大リスク要因対策について深刻度を級別に公示して処理を督促したり、是正の効果を評価したりする。企業の労働安全の標準化整備を推し進め、工業団地など重點區域の安全管理にいっそう力を入れる。鉱山深部採掘や重大災害対策といった分野への先端技術?設備の革新的応用にいっそう力を入れ、危険な仕事をロボットにやらせるようにする。重點分野で労働安全責任保険の完全普及を推進する。

第二節 嚴格食品藥品安全監管

加強和改進食品藥品安全監管制度,完善食品藥品安全法律法規和標準體系,探索建立食品安全民事公益訴訟懲罰性賠償制度。深入實施食品安全戰略,加強食品全鏈條質量安全監管,推進食品安全放心工程建設攻堅行動,加大重點領域食品安全問題聯合整治力度。嚴防嚴控藥品安全風險,構建藥品和疫苗全生命周期管理機制,完善藥品電子追溯體系,實現重點類別藥品全過程來源可溯、去向可追。穩步推進醫療器械唯一標識制度。加強食品藥品安全風險監測、抽檢和監管執法,強化快速通報和快速反應。

第二節 食品?醫薬品安全の監督管理を厳格化する

食品?醫薬品安全監督管理制度を強化?改善し、食品?醫薬品安全に関する法律?法規と基準體系を整備し、食品安全民事公益訴訟懲罰的賠償制度の確立を模索する。食品安全戦略を踏み込んで実施し、あらゆる段階での食品の品質安全監督管理を強化し、食品安全安心プロジェクトの取り組みの難関攻略行動を推進し、重點分野食品安全問題合同対策にいっそう力を入れる。醫薬品安全のリスクを厳重に防止?抑制し、醫薬品とワクチンの全ライフサイクル管理の仕組みを構築し、醫薬品の電子トレーサビリティ體系を整備し、重點種類の醫薬品について全過程で出所と行き先を確認できるようにする。醫療機器固有識別子(UDI)制度を著実に推し進める。食品?醫薬品安全リスクのモニタリング?抜取検査?監督管理の法執行にいっそう力を入れ、迅速な通報と迅速な対応を強化する。

第三節 加強生物安全風險防控

建立健全生物安全風險防控和治理體系,全面提高國家生物安全治理能力。完善國家生物安全風險監測預警體系和防控應急預案制度,健全重大生物安全事件信息統一發布機制。加強動植物疫情和外來入侵物種口岸防控。統籌布局生物安全基礎設施,構建國家生物數據中心體系,加強高級別生物安全實驗室體系建設和運行管理。強化生物安全資源監管,制定完善人類遺傳資源和生物資源目錄,建立健全生物技術研究開發風險評估機制。推進生物安全法實施。加強生物安全領域國際合作,積極參與生物安全國際規則制定。

第三節 バイオセーフティのリスク防止?抑制にいっそう力を入れる

バイオセーフティのリスク防止?抑制?ガバナンス體系を確立し、國のバイオセーフティのガバナンス能力を全面的に向上させる。國家バイオセーフティリスクモニタリング?早期警報體系および防止?抑制緊急対応マニュアル制度を整備し、バイオセーフティに関する重大事態の情報の一元的公表のための仕組みを整える。動植物の伝染病と外來種?侵入種の水際対策を強化する。バイオセーフティインフラを統一的に配置し、國家バイオデータセンター體系を構築し、ハイレベルのバイオセーフティ実験室體系の整備と運営管理にいっそう力を入れる。バイオセーフティ資源の監督管理を強化し、ヒトの遺伝資源と生物資源の目録を策定して十全化し、バイオテクノロジー研究開発のリスク評価の仕組みを確立して充実させる。バイオセーフティ法の実施を推進する。バイオセーフティ分野の國際協力にいっそう力を入れ、バイオセーフティに関する國際ルールの制定に積極的に參與する。

第四節 完善國家應急管理體系

構建統一指揮、專常兼備、反應靈敏、上下聯動的應急管理體制,優化國家應急管理能力體系建設,提高防災減災抗災救災能力。堅持分級負責、屬地為主,健全中央與地方分級響應機制,強化跨區域、跨流域災害事故應急協同聯動。開展災害事故風險隱患排查治理,實施公共基礎設施安全加固和自然災害防治能力提升工程,提升洪澇干旱、森林草原火災、地質災害、氣象災害、地震等自然災害防御工程標準。加強國家綜合性消防救援隊伍建設,增強全災種救援能力。加強和完善航空應急救援體系與能力??茖W調整應急物資儲備品類、規模和結構,提高快速調配和緊急運輸能力。構建應急指揮信息和綜合監測預警網絡體系,加強極端條件應急救援通信保障能力建設。發展巨災保險。

第四節 國の緊急対応管理體系を整える

指揮が統一的で、専門隊?常設隊があり、対応が機敏で、上下が連動した緊急対応管理體制を構築し、國の緊急対応管理體系の整備を充実させ、防災?減災?災害対応?災害救助能力を高める。級別に責任を負い、所屬地區が主體となることを堅持し、中央と地方の級別対応の仕組みを整え、災害?事故緊急対応の地域間?流域間の協同?連動を強化する。災害?事故のリスクや潛在リスクの洗い出し?解消を進め、公共インフラの安全性強化?自然災害対応能向上プロジェクトを実施し、水害?干害、森林?草原火災、地質災害、気象災害、地震などの自然災害防止プロジェクトの基準を引き上げる。國家総合性消防救援隊の整備にいっそう力を入れ、あらゆる災害での救援能力を高める??栅椁尉o急救援の體系?能力を強化?改善する。緊急物資備蓄の品目?規模?構造を科學的に調整し、迅速な配給と緊急搬送の能力を高める。緊急時の指揮のための情報システムと総合モニタリング?早期警報ネットワーク體系を構築し、極限狀況での緊急救援の通信保障能力の整備にいっそう力を入れる。巨大災害保険を発展させる。

第五十五章 維護社會穩定和安全

正確處理新形勢下人民內部矛盾,加強社會治安防控,編織全方位、立體化、智能化社會安全網。

第五十五章 社會の安定と安全を維持する

新たな情勢下における人民內部の矛盾を正しく処理し、社會治安対策を強化し、全方位の、立體的で、スマート化された社會的セーフティネットを張り巡らせる。

第一節 健全社會矛盾綜合治理機制

堅持和發展新時代“楓橋經驗”,構建源頭防控、排查梳理、糾紛化解、應急處置的社會矛盾綜合治理機制。暢通和規范群眾訴求表達、利益協調、權益保障通道,完善人民調解、行政調解、司法調解聯動工作體系。健全矛盾糾紛多元化解機制,充分發揮調解、仲裁、行政裁決、行政復議、訴訟等防范化解社會矛盾的作用。完善和落實信訪制度,依法及時就地解決群眾合理訴求。健全社會矛盾風險防控協同機制。健全社會心理服務體系和危機干預機制。

第一節 社會矛盾総合対策の仕組みを整える

新時代の「楓橋経験」を堅持し発展させ、根源での防止?抑制、洗い出し?整理、紛爭の解消、緊急対応に基づく社會矛盾総合対策の仕組みを構築する。大衆の要望の表明、利益の調整、権利?利益の保障の方途を円滑化?規範化し、人民調停?行政調停?司法調停が連動する作業體系を充実させる。矛盾?紛爭の多元的な解消の仕組みを整え、調停、仲裁、行政裁決、行政不服審査、訴訟などの社會矛盾防止?解消の役割を十分に発揮させる。投書?陳情取り扱い制度を十全化して徹底し、大衆の合理的な訴えを法に基づいて迅速に現地で解決する。社會矛盾?リスクの防止?抑制における連攜の仕組みを整える。社會心理サービス體系と危機介入の仕組みを整備する。

第二節 推進社會治安防控體系現代化

堅持專群結合、群防群治,提高社會治安立體化、法治化、專業化、智能化水平,形成問題聯治、工作聯動、平安聯創的工作機制,健全社會治安防控體系。繼續開展好禁毒人民戰爭和反恐怖斗爭,推動掃黑除惡常態化,嚴厲打擊各類違法犯罪活動,提升打擊新型網絡犯罪和跨國跨區域犯罪能力。堅持打防結合、整體防控,強化社會治安重點地區排查整治,健全社會治安協調聯動機制。推進公安大數據智能化平臺建設。完善執法司法權力運行監督和制約機制,健全執法司法人員權益保障機制。建設國門安全防控體系。深化國際執法安全務實合作。

第二節 社會治安対策體系の現代化を推進する

公的機関と大衆の連攜、大衆による防止?取り締まりを堅持し、社會治安の立體化?法治化?専門化?スマート化レベルを向上させ、協働的な問題対策?作業展開?治安確保の活動メカニズムをつくり、社會治安対策體系を整える。麻薬撲滅人民戦爭と反テロリズム闘爭を引き続きしっかりと展開し、「掃黒除悪(黒社會を一掃し、悪を取り除く取り組み)」の常態化を推し進め、各種の違法犯罪活動を厳しく取り締まり、新型サイバー犯罪、國際犯罪?広域犯罪取締り能力を向上させる。取締りと防止の融合、総合的な対策を堅持し、社會治安重點地區の徹底調査?対策を強化し、社會治安協調?連動メカニズムを整える。公安ビッグデータスマート化プラットフォームの整備を推し進める。法執行?司法の権力運用の監督?制約の仕組みを十全化し、法執行?司法人員の権利?利益の保障の仕組みを整える。水際の安全対策體系を整備する。國際的な法執行?安全保障の実務協力を深める。

第十六篇 加快國防和軍隊現代化 實現富國和強軍相統一

貫徹習近平強軍思想,貫徹新時代軍事戰略方針,堅持黨對人民軍隊的絕對領導,堅持政治建軍、改革強軍、科技強軍、人才強軍、依法治軍,加快機械化信息化智能化融合發展,全面加強練兵備戰,提高捍衛國家主權、安全、發展利益的戰略能力,確保2027年實現建軍百年奮斗目標。

第十六篇 國防?軍隊の現代化を加速させ、富國と強軍の統一を実現する

習近平強軍思想を貫徹し、新時代の軍事戦略方針を貫徹し、人民軍隊に対する黨の絶対的指導を堅持し、政治主導の軍隊建設、改革による軍隊強化、科學技術による軍隊強化、人材による軍隊強化、法に基づく軍隊統治を堅持し、機械化?情報化?インテリジェント化の融合発展を加速させ、訓練?戦備を全面的に強化し、國家の主権?安全?発展の利益の堅守のための戦略能力を高め、2027年までに確実に建軍百周年の奮闘目標を達成する。

第五十六章 提高國防和軍隊現代化質量效益

加快軍事理論現代化,與時俱進創新戰爭和戰略指導,健全新時代軍事戰略體系,發展先進作戰理論。加快軍隊組織形態現代化,深化國防和軍隊改革,推進軍事管理革命,加快軍兵種和武警部隊轉型建設,壯大戰略力量和新域新質作戰力量,打造高水平戰略威懾和聯合作戰體系,加強軍事力量聯合訓練、聯合保障、聯合運用。加快軍事人員現代化,貫徹新時代軍事教育方針,完善三位一體新型軍事人才培養體系,鍛造高素質專業化新型軍事人才方陣。加快武器裝備現代化,聚力國防科技自主創新、原始創新,加速戰略性前沿性顛覆性技術發展,加速武器裝備升級換代和智能化武器裝備發展。

第五十六章 國防?軍隊の現代化の質と効率を高める

軍事理論の現代化を加速させ、戦爭指導?戦略指導を時代に合わせて革新し、新時代の軍事戦略體系を整備し、先進的作戦理論を発展させる。軍隊の組織形態の現代化を加速させ、國防?軍隊改革を深化させ、軍事管理革命を推進し、軍種?兵種、武裝警察部隊のモデル転換の取り組みを加速させ、戦略部隊と新領域?新性質の作戦部隊を増強し、ハイレベルな戦略的抑止力?統合作戦體系を築き、軍事力の統合訓練?統合保障?統合運用を強化する。軍事要員の現代化を加速させ、新時代の軍事教育方針を貫徹し、三位一體の新型軍事人材育成體系を整え、資質の高い専門的新型軍事人材陣を養成する。武器裝備の現代化を加速させ、國防科學技術の自主イノベーション、獨創的イノベーションに注力し、戦略的?先端的?破壊的技術の発展を急ぎ、武器裝備のグレードアップ?更新とインテリジェント化した武器裝備の発展を急ぐ。

第五十七章 促進國防實力和經濟實力同步提升

同國家現代化發展相協調,搞好戰略層面籌劃,深化資源要素共享,強化政策制度協調,完善組織管理、工作運行、政策制度、人才隊伍、風險防控體系,構建一體化國家戰略體系和能力。推動重點區域、重點領域、新興領域協調發展,集中力量實施國防領域重大工程。促進軍事建設布局與區域經濟發展布局有機結合,更好服務國家安全發展戰略需要。深化軍民科技協同創新,加強海洋、空天、網絡空間、生物、新能源、人工智能、量子科技等領域軍民統籌發展,推動軍地科研設施資源共享,推進軍地科研成果雙向轉化應用和重點產業發展。強化基礎設施共建共用,加強新型基礎設施統籌建設,加大經濟建設項目貫徹國防要求力度。加快建設現代軍事物流體系和資產管理體系。加強軍地人才聯合培養,健全軍地人才交流使用、資格認證等制度。優化國防科技工業布局,加快標準化通用化進程。推進武器裝備市場準入、空中交通管理等改革。完善國防動員體系,加強應急應戰協同,健全強邊固防機制,強化全民國防教育,鞏固軍政軍民團結。維護軍人軍屬合法權益,讓軍人成為全社會尊崇的職業。

第五十七章 國防力と経済力の同ペースの向上を促す

國の現代化の発展と調和させ、戦略レベルの準備をしっかりと行い、資源?要素の共有を深め、政策?制度の協調を強化し、組織管理、業務運営、政策制度、人材陣、リスク防止?抑制體系を十全化し、一體的國家戦略體系?能力を築く。重點區域、重點分野、新興分野の調和のとれた発展を推し進め、力を集中して國防分野の重大プロジェクトを実施する。軍事建設の配置を地域の経済発展の配置と有機的に結びつけ、國の安全発展戦略のニーズによりよく応える。軍民科學技術協同イノベーションを深化させ、海洋、宇宙、サイバースペース、生物、新エネルギー、AI、量子科學技術といった分野の軍民協働発展にいっそう力を入れ、軍隊と地方の科學研究施設?資源の共有を推し進め、軍隊と地方の科學研究成果の雙方向の転化?応用と重點産業の発展を推進する。インフラの共同建設?共同利用を強化し、新型インフラの統一的整備にいっそう力を入れ、経済建設プロジェクトによる國防上の要件の貫徹にいっそう盡力する?,F代的軍事物流體系?資産管理體系の構築を急ぐ。軍隊と地方の人材の合同育成にいっそう力を入れ、軍隊と地方の人材の交流?使用、資格証明などの制度を整える。國防科學技術工業の配置を合理化し、標準化?汎用化プロセスを加速させる。武器裝備市場參入、航空交通管理などの改革を推進する。國防動員體系を整え、緊急対応と有事対応の統合にいっそう力を入れ、國境?沿海防衛強化の仕組みを整備し、全人民國防教育を強化し、軍隊と政府、軍隊と人民の団結をうち固める。軍人とその家族の合法的な権利?利益を守り、軍人が社會全體から尊敬される職業になるようにする。

第十七篇 加強社會主義民主法治建設 健全黨和國家監督制度

堅持中國共產黨領導、人民當家作主、依法治國有機統一,推進中國特色社會主義政治制度自我完善和發展。

第十七篇 社會主義の民主?法治建設を強化し、黨と國家の監督制度を整える

中國共産黨の指導、人民主體、法に基づく國家統治の有機的統一を堅持し、中國の特色ある社會主義の政治制度の自己改善?自己発展を推進する。

第五十八章 發展社會主義民主

堅持和完善黨總攬全局、協調各方的領導制度體系,把黨的領導落實到國家發展各領域各方面各環節。堅持和完善人民代表大會制度,加強人大對“一府一委兩院”的監督,保障人民依法通過各種途徑和形式管理國家事務、管理經濟文化事業、管理社會事務。堅持和完善中國共產黨領導的多黨合作和政治協商制度,提高中國特色社會主義參政黨建設水平,加強人民政協專門協商機構建設,發揮社會主義協商民主獨特優勢,提高建言資政和凝聚共識水平。全面貫徹黨的民族政策,堅持和完善民族區域自治制度,鑄牢中華民族共同體意識,促進各民族共同團結奮斗、共同繁榮發展。全面貫徹黨的宗教工作基本方針,堅持我國宗教中國化方向,積極引導宗教與社會主義社會相適應。健全基層群眾自治制度,增強群眾自我管理、自我服務、自我教育、自我監督實效。發揮工會、共青團、婦聯等人民團體作用,把各自聯系的群眾緊緊凝聚在黨的周圍。完善大統戰工作格局,促進政黨關系、民族關系、宗教關系、階層關系、海內外同胞關系和諧,鞏固和發展大團結大聯合局面。全面貫徹黨的僑務政策,凝聚僑心、服務大局。

第五十八章 社會主義の民主を発展させる

黨が全局を統括し各方面を調和させる指導制度體系を堅持し充実させ、黨の指導を國の発展の各分野?各方面?各段階に徹底させる。人民代表大會制度を堅持し充実させ、「一府一委両院(人民政府、國家監察委員會、人民法院?人民検察院)」に対する人民代表大會の監督を強化し、人民が法に基づきさまざまなルートや形で國家の事柄、経済?文化事業、社會の事柄を管理できるよう保障する。中國共産黨の指導する多黨合作?政治協商制度を堅持し充実させ、中國の特色ある社會主義の參政黨建設の水準を向上させ、人民政治協商會議の専門的な協商機構としての機能を強化し、社會主義協商民主の獨特の優位性を発揮させ、國政運営への助言?協力、共通認識の形成の水準を高める。黨の民族政策を全面的に貫徹し、民族區域自治制度を堅持し充実させ、中華民族共同體意識をしっかりと確立し、各民族の共同団結奮闘?共同繁栄発展を促進する。黨の宗教関連業務の基本方針を全面的に貫徹し、わが國の宗教の中國化の方向を堅持し、宗教が社會主義社會に適応するよう積極的に導く。末端の大衆自治制度を整備し、大衆の自己管理?自己サービス?自己教育?自己監督の実効性を高める。労働組合?共産主義青年団?婦女連合會などの人民団體の役割を発揮させ、互いに結びついた大衆を黨の周りにしっかりと結集させる。大統一戦線工作の形を整え、政黨関係?民族関係?宗教関係?階層関係?國內外同胞関係の調和を促進し、大団結?大連合の局面をうち固めて発展させる。黨の華僑関連政策を全面的に貫徹し、華僑の心を結束させ、大局に奉仕させる。

第五十九章 全面推進依法治國

堅定不移走中國特色社會主義法治道路,堅持依法治國、依法執政、依法行政共同推進,一體建設法治國家、法治政府、法治社會,實施法治中國建設規劃。健全保障憲法全面實施的體制機制,加強憲法實施和監督,落實憲法解釋程序機制,推進合憲性審查。完善立法體制機制,加強重點領域、新興領域、涉外領域立法,立改廢釋纂并舉,完善以憲法為核心的中國特色社會主義法律體系。實施法治政府建設實施綱要,堅持和完善重大行政決策程序制度,深化行政執法體制改革,嚴格規范公正文明執法,規范執法自由裁量權,推進行政復議體制改革。深化司法體制綜合配套改革,完善審判制度、檢察制度、刑罰執行制度、律師制度,全面落實司法責任制,加強對司法活動監督,深化執行體制改革,促進司法公正。實施法治社會建設實施綱要,加強社會主義法治文化建設,深入開展法治宣傳教育,實施“八五”普法規劃,完善公共法律服務體系、法律援助和國家司法救助制度。全面加強人權司法保護,促進人權事業全面發展。加強涉外法治體系建設,加強涉外法律人才培養。

第五十九章 法に基づく國家統治を全面的に推進する

揺るぐことなく中國の特色ある社會主義法治の道を歩み、法に基づく國家統治、法に基づく執政、法に基づく行政の共同推進を堅持し、法治國家、法治政府、法治社會を一體的に建設し、「法治中國」建設計畫を実施する。憲法の全面的施行を保障する體制?仕組みを整え、憲法の施行と施行狀況の監督を強化し、憲法解釈の手続きと仕組みをしっかりと機能させ、合憲性審査を推進する。立法の體制?仕組みを十全化し、重點分野、新興分野、渉外分野の立法を強化し、法律の制定?改正?廃止?解釈?編纂の並行推進を堅持し、憲法を核心とする中國の特色ある社會主義法體系を充実させる。法治政府建設実施要綱を実施し、重大な行政上の意思決定の手続き制度を堅持し充実させ、行政法執行體制の改革を深化させ、厳格で規範化され公正かつ理性的な法執行を行い、法執行における自由裁量権を規範化し、行政不服審査體制の改革を推進する。司法體制の包括的改革を深化させ、裁判制度、検察制度、刑罰執行制度、弁護士制度を十全化し、司法責任制を全面的に徹底させ、司法活動への監督を強化し、執行體制の改革を深化させ、司法の公正を促進する。法治社會建設実施要綱を実施し、社會主義の法治文化づくりにいっそう力を入れ、法治の宣伝?教育をしっかりと展開し、「公民の間での法治の宣伝?教育に関する中央宣伝部?司法部の第8次5ヵ年計畫(2021~2025年)」を実施し、公共法律サービス體系、法律援助?國家司法救助制度を整備する。司法による人権保護を全面的に強化し、人権事業の全面的発展を促進する。渉外法治體系の整備を強化し、渉外法律人材の育成を強化する。

第六十章 完善黨和國家監督體系

健全黨統一領導、全面覆蓋、權威高效的監督體系,形成決策科學、執行堅決、監督有力的權力運行機制。落實全面從嚴治黨主體責任、監督責任,強化政治監督,深化政治巡視并強化整改落實。推進紀律監督、監察監督、派駐監督、巡視監督統籌銜接,以黨內監督為主導、推動各類監督貫通協調,形成常態長效的監督合力,使監督體系更好融入國家治理體系。深化紀檢監察體制改革,加強上級紀委監委對下級紀委監委的領導,推進紀檢監察工作規范化、法治化,發揮監督保障執行、促進完善發展作用。完善權力配置和運行制約機制,健全分事行權、分崗設權、分級授權、定期輪崗制度,完善黨務、政務、司法和各領域辦事公開制度,健全發現問題、糾正偏差、精準問責有效機制,構建全覆蓋的責任制度和監督制度。堅持無禁區、全覆蓋、零容忍,一體推進不敢腐、不能腐、不想腐,營造風清氣正的良好政治生態和發展環境。深化反腐敗國際合作。鍥而不舍落實中央八項規定精神,完善作風建設長效機制,持續糾治形式主義、官僚主義,切實防止享樂主義、奢靡之風反彈回潮,堅決整治群眾身邊的腐敗和不正之風。

第六十章 黨と國家の監督體系を十全化する

黨の統一的指揮に基づく、全面カバーの、権威ある効果的な監督體系を整え、意思決定が科學的で、執行がブレず、監督が力強い権力運用の仕組みをつくる。全面的な厳しい黨內統治の主體責任?監督責任を果たさせ、政治監督を強化し、政治巡視を深化させて巡視後の是正の徹底も強化する。規律監督、監察監督、派遣駐在監督、巡視監督の統一的連攜を推進し、黨內監督の主導により各種監督が連結?調和するようにし、監督の恒常的?長期的なシナジーを生み出し、監督體系が國家統治體系とよりよく融合するようにする。規律検査?監察體制の改革を深化させ、上級の規律検査委員會による下級の規律検査委員會への指導を強化し、規律検査?監察業務の規範化?法治化を推進し、監督による執行の保障の効果、改善?発展の促進の効果を発揮させる。権力の配置と権力運用の制約の仕組みを十全化し、分事行権(部門內の一人に集中している権限を事柄別に複數の者に分けて行使させること)、分崗設権(重點部署の権限を複數の部署に分けること)、分級授権(一つのレベルに集中している権限を複數のレベルに分けること)、定期的人事異動の制度を整え、黨務公開?政務公開?司法公開制度および各分野の事務処理の公開制度を十全化し、問題の発見、歪みの是正、的確な責任追及のための効果的な仕組みを整え、全面カバーの責任制度と監督制度を構築する?!嘎}域なし、全面カバー、ゼロ容認」を堅持し、汚職する勇気をくじくこと、汚職を不可能にすること、汚職する気を起こさないようにすることを一體的に推進し、清廉公正で良好な政治生態と発展環境を築く。反腐敗の國際協力を深める。中央の「八項目規定」の精神をたゆまず貫き、気風づくりの長期有効メカニズムを整備し、形式主義?官僚主義の取り締まりを継続し、享楽主義?贅沢浪費の再発?揺り戻しを確実に防止し、大衆の身近で発生している腐敗や不正を斷固として取り締まる。

第十八篇 堅持“一國兩制” 推進祖國統一

保持香港、澳門長期繁榮穩定,推進兩岸關系和平發展和祖國統一,共創中華民族偉大復興的美好未來。

第十八篇 「一國二制度」を堅持し、祖國統一を推し進める

香港?澳門の長期的な繁栄と安定を保ち、両岸関係の平和的発展と祖國統一を推し進め、中華民族の偉大な復興という明るい未來を共創する。

第六十一章 保持香港、澳門長期繁榮穩定

全面準確貫徹“一國兩制”、“港人治港”、“澳人治澳”、高度自治的方針,堅持依法治港治澳,維護憲法和基本法確定的特別行政區憲制秩序,落實中央對特別行政區全面管治權,落實特別行政區維護國家安全的法律制度和執行機制,維護國家主權、安全、發展利益和特別行政區社會大局穩定,堅決防范和遏制外部勢力干預港澳事務,支持港澳鞏固提升競爭優勢,更好融入國家發展大局。

第六十一章 香港?澳門の長期的な繁栄と安定を保つ

「一國二制度」、「香港住民による香港統治」、「澳門住民による澳門統治」、高度の自治という方針を全面的かつ正確に貫徹し、法に基づく香港統治?澳門統治を堅持し、憲法と基本法の定める特別行政區の憲制秩序を守り、特別行政區に対する中央の全面的な管轄統治権をしっかりと運用し、特別行政區の國家安全維持のための法律の制度と執行メカニズムをしっかりと運用し、國家の主権?安全?発展の利益と特別行政區の社會の大局の安定を守り、香港?澳門の事柄に対する外部勢力からの干渉を斷固として防ぎ、食い止め、香港?澳門が競爭優位を固めて高め、國の発展の大局によりよく融け込むのをサポートする。

第一節 支持港澳鞏固提升競爭優勢

支持香港提升國際金融、航運、貿易中心和國際航空樞紐地位,強化全球離岸人民幣業務樞紐、國際資產管理中心及風險管理中心功能。支持香港建設國際創新科技中心、亞太區國際法律及解決爭議服務中心、區域知識產權貿易中心,支持香港服務業向高端高增值方向發展,支持香港發展中外文化藝術交流中心。支持澳門豐富世界旅游休閑中心內涵,支持粵澳合作共建橫琴,擴展中國與葡語國家商貿合作服務平臺功能,打造以中華文化為主流、多元文化共存的交流合作基地,支持澳門發展中醫藥研發制造、特色金融、高新技術和會展商貿等產業,促進經濟適度多元發展。

第一節 香港?澳門が競爭優位を固めて高めるのをサポートする

香港が國際金融?海運?貿易センターおよび國際航空ハブとしての地位を高め、グローバルなオフショア人民元業務のハブ、國際資産管理センター?リスク管理センターとしての機能を強化するのをサポートする。香港が國際的なイノベーション?テクノロジーセンター、アジア太平洋の國際法律?紛爭解決サービスセンター、地域の知的財産権取引センターとなるのをサポートし、香港のサービス業がハイエンド化?高付加価値化するのをサポートし、香港が中外文化蕓術交流センターを発展させるのをサポートする。澳門が世界的な観光リゾートセンターとしての內容を充実させるのをサポートし、広東?澳門が協力して橫琴の共同建設を進めるのをサポートし、中國とポルトガル語圏諸國との商業?貿易協力のサービスプラットフォームとしての機能を拡大し、中華文化を中心に多文化が共存する交流協力拠點を築き、澳門が漢方薬の研究開発?製造、特色ある金融、ハイテク、見本市といった産業を発展させるのをサポートし、経済の適度に多元的な発展を促す。

第二節 支持港澳更好融入國家發展大局

完善港澳融入國家發展大局、同內地優勢互補、協同發展機制。支持港澳參與、助力國家全面開放和現代化經濟體系建設,打造共建“一帶一路”功能平臺。深化內地與港澳經貿、科創合作關系,深化并擴大內地與港澳金融市場互聯互通。高質量建設粵港澳大灣區,深化粵港澳合作、泛珠三角區域合作,推進深圳前海、珠海橫琴、廣州南沙、深港河套等粵港澳重大合作平臺建設。加強內地與港澳各領域交流合作,完善便利港澳居民在內地發展和生活居住的政策措施,加強憲法和基本法教育、國情教育,增強港澳同胞國家意識和愛國精神。支持港澳同各國各地區開展交流合作。

第二節 香港?澳門が國の発展の大局によりよく融け込むのをサポートする

香港?澳門が國の発展の大局に融け込み、大陸部と優位性を相互補完し、協同発展する仕組みを十全化する。香港?澳門が國の全面的開放と現代化経済體系の整備に參加?協力し、「一帯一路」共同建設ファンクションプラットフォームを築くのをサポートする。大陸部と香港?澳門の経済?交易、科學技術イノベーション協力関係を深め、大陸部と香港?澳門の金融市場の相互連結を深めて拡大する?;浉郯拇鬄硡^を質高く建設し、粵港澳協力、汎珠江デルタ地域協力を深め、深圳前海、珠海橫琴、広州南沙、深港河套など粵港澳重大協力プラットフォームの建設を推進する。各分野における大陸部と香港?澳門の交流?協力を強化し、香港?澳門住民の大陸部での活躍と生活?居住を円滑にする政策措置を整え、憲法?基本法教育、國情教育を強化し、香港?澳門の同胞の國家意識と愛國精神を高める。香港?澳門が各國?各地域と交流?協力を展開するのをサポートする。

第六十二章 推進兩岸關系和平發展和祖國統一

堅持一個中國原則和“九二共識”,以兩岸同胞福祉為依歸,推動兩岸關系和平發展、融合發展,高度警惕和堅決遏制“臺獨”分裂活動。

第六十二章 両岸関係の平和的発展と祖國統一を推し進める

一つの中國の原則と「九二年コンセンサス」を堅持し、両岸同胞の福祉に立腳し、両岸関係の平和的発展、融合発展を促進し、「臺灣獨立」分裂活動を厳重に警戒し、斷固として食い止める。

第一節 深化兩岸融合發展

完善保障臺灣同胞福祉和在大陸享受同等待遇的制度和政策,持續出臺實施惠臺利民政策措施,讓臺灣同胞分享發展機遇,參與大陸經濟社會發展進程。支持臺商臺企參與“一帶一路”建設和國家區域協調發展戰略。推進兩岸金融合作,支持符合條件的臺資企業在大陸上市。推進海峽兩岸產業合作區、平潭綜合實驗區、昆山深化兩岸產業合作試驗區等兩岸合作平臺建設。支持福建探索海峽兩岸融合發展新路,加快兩岸融合發展示范區建設。加強兩岸產業合作,打造兩岸共同市場,壯大中華民族經濟。

第一節 両岸の融合発展を深化させる

臺灣同胞の福祉と大陸部での同等の待遇の享受を保障する制度?政策を整え、臺灣と臺灣住民に利益をもたらす政策措置を継続的にうち出して実施し、臺灣同胞が発展のチャンスを共有し、大陸部の経済?社會発展のプロセスに加われるようにする。臺灣の業者や企業が「一帯一路」建設や國の地域間調和発展戦略に參加するのをサポートする。両岸の金融協力を推進し、條件に合致する臺灣系企業が大陸部で上場するのをサポートする。海峽両岸産業協力區、平潭総合実験區、昆山両岸産業協力深化試験區など両岸協力のプラットフォームの建設を推進する。福建省が海峽両岸融合発展の新たな道を模索し、両岸融合発展モデル區の建設を加速させるのをサポートする。両岸の産業協力を強化し、両岸共同市場をつくり、中華民族経済を大きく成長させる。

第二節 加強兩岸人文交流

積極促進兩岸交流合作和人員往來,加深相互理解,增進互信認同。推動兩岸文化教育、醫療衛生等領域交流合作,促進社會保障和公共資源共享,支持兩岸鄰近或條件相當地區基本公共服務均等化、普惠化、便捷化,促進兩岸同胞共同傳承和創新發展中華優秀傳統文化。加強兩岸基層和青少年交流,鼓勵臺灣青年來大陸追夢、筑夢、圓夢。團結廣大臺灣同胞共同反對“臺獨”分裂活動,維護和推動兩岸關系和平發展,致力中華民族偉大復興。

第二節 両岸の人的?文化的交流を強化する

両岸の交流?協力と人的往來を積極的に推進し、相互理解を深め、相互信頼や共感を増進する。両岸の文化?教育、醫療衛生といった分野の交流?協力を推し進め、社會保障と公共資源の共有を促進し、両岸の近接地區や條件がほぼ同じ地區の基本公共サービスの均等化?包摂化?利便化をサポートし、両岸同胞が中華の優れた伝統文化の伝承と革新発展に共同で取り組むよう促す。両岸の草の根や青少年の交流を強化し、臺灣の若者が大陸部で夢を追い、築き、かなえることを奨勵する。広範な臺灣同胞と団結して共同で「臺灣獨立」分裂活動に反対し、両岸関係の平和的発展を維持?促進し、中華民族の偉大な復興に力を注ぐ。

第十九篇 加強規劃實施保障

堅持黨的全面領導,健全規劃實施保障機制,更好履行政府職責,最大程度激發各類主體的活力和創造力,形成全面建設社會主義現代化國家的強大合力。

第十九篇 計畫実施の保障を強化する

黨の全面的指導を堅持し、計畫実施の保障の仕組みを整え、政府の職責をよりよく果たし、各種主體の活力と創造力を最大限引き出し、社會主義現代化國家の全面的建設に向けた強大な力を結集する。

第六十三章 加強黨中央集中統一領導

貫徹黨把方向、謀大局、定政策、促改革的要求,深入學習貫徹習近平新時代中國特色社會主義思想,增強“四個意識”、堅定“四個自信”、做到“兩個維護”,不斷提高政治判斷力、政治領悟力、政治執行力,把黨的領導貫穿到規劃實施的各領域和全過程,確保黨中央重大決策部署貫徹落實。充分發揮全面從嚴治黨引領保障作用,把完善黨和國家監督體系融入規劃實施之中。完善上下貫通、執行有力的組織體系,提高各級領導班子和干部適應新時代新要求抓改革、促發展、保穩定的政治能力和專業化水平。

激發全社會參與規劃實施的積極性,注重發揮工會、共青團、婦聯等作用,充分發揮民主黨派、工商聯和無黨派人士作用,最大限度凝聚全社會共識和力量。構建適應高質量發展要求的內生激勵機制,健全激勵導向的績效評價考核機制和盡職免責機制,調動廣大干部特別是基層干部的積極性、主動性、創造性。

第六十三章 黨中央の集中的?統一的指導を強化する

黨が方向をとらえ、大局を考え、政策を定め、改革を促すという要求を貫徹し、習近平「新時代の中國の特色ある社會主義」思想を深く學習?貫徹し、「四つの意識(政治意識?大局意識?核心意識?一致意識)」を強め、「四つの自信(中國の特色ある社會主義の道?理論?制度?文化への自信)」を固め、「二つの擁護」を徹底し、政治的判斷力、政治的理解力、政治的執行力を不斷に高め、黨の指導を計畫実施の各分野?全過程で徹底させ、黨中央の重大な決定?配置が確実に貫徹?実施されるようにする。全面的な厳しい黨內統治に先導的?保障的役割を十分に発揮させ、黨と國家の監督體系の十全化を計畫実施の過程に組み込む。上級と下級の意思が疎通し、指示がしっかりと実行される組織體系を整え、各級の指導グループ?幹部が新時代の新要請に応えて改革に取り組み、発展を促進し、安定を保つことができるよう彼らの政治的能力と専門的水準を向上させる。

社會全體から計畫実施への參加の積極性を引き出し、労働組合?共産主義青年団?婦女連合會などの役割をしっかりと発揮させ、民主諸黨派?工商業連合會?無黨派人士の役割を十分に発揮させ、社會全體の共通認識と力を最大限結集する。質の高い発展の要請に見合った內生的インセンティブメカニズムを構築し、インセンティブにつながる業績評価?考課の仕組みと職務の忠実な遂行の結果としての失敗の責任が問われない仕組みを整え、広範な幹部、とくに末端の幹部の積極性?主體性?創造性を引き出す。

第六十四章 健全統一規劃體系

加快建立健全以國家發展規劃為統領,以空間規劃為基礎,以專項規劃、區域規劃為支撐,由國家、省、市縣級規劃共同組成,定位準確、邊界清晰、功能互補、統一銜接的國家規劃體系。

第六十四章 統一的な計畫體系を整える

國の発展計畫を道標とし、空間計畫を基礎とし、特別計畫?地域計畫を支柱とし、國家級、省級、市?県級の計畫が組み合わさり、位置づけが正確で、境界が明確で、機能が補完し合い、統一的に結びついた國家計畫體系の確立?十全化を急ぐ。

第一節 強化國家發展規劃的統領作用

更好發揮國家發展規劃戰略導向作用,強化空間規劃、專項規劃、區域規劃對本規劃實施的支撐。按照本規劃確定的國土空間開發保護要求和重點任務,制定實施國家級空間規劃,為重大戰略任務落地提供空間保障。聚焦本規劃確定的戰略重點和主要任務,在科技創新、數字經濟、綠色生態、民生保障等領域,制定實施一批國家級重點專項規劃,明確細化落實發展任務的時間表和路線圖。根據本規劃確定的區域發展戰略任務,制定實施一批國家級區域規劃實施方案。加強地方規劃對本規劃提出的發展戰略、主要目標、重點任務、重大工程項目的貫徹落實。

第一節 國の発展計畫の道標としての役割を強化する

國の発展計畫に戦略的方向づけの役割をよりよく発揮させ、本計畫の実施に対する空間計畫?特別計畫?地域計畫の支えを強化する。本計畫に定められている國土空間の開発?保護の要請と重點任務に照らして、國家級空間計畫を策定?実施し、重大な戦略的任務がきちんと進められるよう必要な空間を保障する。本計畫に定められている戦略的重點と主要任務にフォーカスして、科學技術イノベーション、デジタル経済、エコロジー、民生保障といった分野で、一連の國家級重點特別計畫を策定?実施し、発展の任務の遂行のタイムテーブルとロードマップを明確化?細分化する。本計畫に定められている地域発展の戦略的任務に基づいて、一連の國家級地域計畫実施プランを策定?実施する。本計畫に示されている発展戦略、主要目標、重點任務、重大プロジェクトが地方の計畫によって貫徹?実施されるよういっそう力を入れる。

第二節 加強規劃銜接協調

健全目錄清單、編制備案、銜接協調等規劃管理制度,制定“十四五”國家級專項規劃等目錄清單,依托國家規劃綜合管理信息平臺推進規劃備案,將各類規劃納入統一管理。建立健全規劃銜接協調機制,報請黨中央、國務院批準的規劃及省級發展規劃報批前須與本規劃進行銜接,確保國家級空間規劃、專項規劃、區域規劃等各級各類規劃與本規劃在主要目標、發展方向、總體布局、重大政策、重大工程、風險防控等方面協調一致。

第二節 計畫のすり合わせ?調整を強化する

目録?リスト、編成?登録、すり合わせ?調整といった計畫管理制度を整え、第14次5ヵ年計畫期の國家級特別計畫などの目録?リストを策定し、國家計畫総合管理情報プラットフォームを拠り所として計畫の登録を推進し、各種計畫の管理を一元化する。計畫のすり合わせ?調整の仕組みを確立して充実させ、黨中央?國務院に承認申請する計畫と省級発展計畫については申請前に必ず本計畫とのすり合わせをすることとし、國家級空間計畫?特別計畫?地域計畫など各級の各種計畫が主要目標、発展方向、総體的配置、重大政策、重大プロジェクト、リスク防止?抑制などの面で本計畫と確実に調和?一致するようにする。

第六十五章 完善規劃實施機制

加強對本規劃實施的組織、協調和督導,建立健全規劃實施監測評估、政策保障、考核監督機制。

第六十五章 計畫実施の仕組みを整備する

本計畫の実施の組織?調整?監督指導にいっそう力を入れ、計畫実施のモニタリング?評価、政策保障、考課?監督の仕組みを確立して充実させる。

第一節 落實規劃實施責任

各地區、各部門要根據職責分工,制定本規劃涉及本地區、本部門的主要目標任務實施方案。本規劃確定的約束性指標、重大工程項目和公共服務、生態環保、安全保障等領域任務,要明確責任主體和進度要求,合理配置公共資源,引導調控社會資源,確保如期完成。本規劃提出的預期性指標和產業發展、結構調整等領域任務,主要依靠發揮市場主體作用實現,各級政府要創造良好的政策環境、體制環境和法治環境。年度計劃要貫徹本規劃提出的發展目標和重點任務,將本規劃確定的主要指標分解納入年度計劃指標體系,設置年度目標并做好年度間綜合平衡,合理確定年度工作重點。

第一節 計畫実施の責任を徹底する

各地區?各部門は、職責區分に基づいて、本計畫のうち自地區?自部門にかかわる主要目標?任務の実施プランを策定しなければならない。本計畫に定められている拘束性指標と重要プロジェクト、そして公共サービス?生態環境保護?安全保障といった分野の任務は、責任主體とスケジュール要求を明確にし、公共資源を合理的に配分し、社會資源を誘導?調整し、期限通りの達成を確保しなければならない。本計畫に示されている所期性指標と産業発展?構造調整といった分野の任務は、主として市場主體の力に依拠して達成しなければならず、各級政府は良好な政策環境?體制環境?法治環境を築かなければならない。年度計畫は、本計畫に示されている発展目標と重點任務を貫徹し、本計畫に定められている主要指標を年度分に分けて年度計畫指標體系に組み入れ、年度目標を設定して年度間の総合的なバランスをとり、年度活動の重點を合理的に決めなければならない。

第二節 加強規劃實施監測評估

開展規劃實施情況動態監測、中期評估和總結評估,中期評估和總結評估情況按程序提請中央政治局常委會審議,并依法向全國人民代表大會常務委員會報告規劃實施情況,自覺接受人大監督。發揮國家監察機關和審計機關對推進規劃實施的監督作用。規劃實施情況納入各有關部門、地方領導班子和干部評價體系,作為改進政府工作的重要依據。需要對本規劃進行調整時,由國務院提出調整方案,報全國人民代表大會常務委員會批準。

第二節 計畫実施のモニタリング?評価を強化する

計畫実施狀況の動的モニタリングと中間評価?最終評価を行い、中間評価?最終評価の狀況を手続き通りに中央政治局常務委員會に報告して審議を求めるとともに、法に基づいて全國人民代表大會常務委員會に計畫実施狀況を報告し、全國人民代表大會による監督を自覚的に受ける。計畫実施の推進に対する國の監察機関と會計検査機関の監督機能を発揮させる。計畫実施狀況を関係部門と地方の指導グループ?幹部の評価體系に組み入れ、政府活動の改善のための重要な拠り所とする。本計畫に調整が必要な場合は、國務院が調整案を提出し、全國人民代表大會常務委員會の承認を受ける。

第三節 強化政策協同保障

堅持規劃定方向、財政作保障、金融為支撐、其他政策相協調,著力構建規劃與宏觀政策協調聯動機制。按照本規劃目標任務、結合經濟發展形勢,合理確定宏觀政策取向。堅持公共財政服從和服務于公共政策,增強國家重大戰略任務財力保障,加強中期財政規劃和年度預算、政府投資計劃與本規劃實施的銜接協調,中央財政性資金優先投向本規劃確定的重大任務和重大工程項目。堅持項目跟著規劃走、資金和要素跟著項目走,依據本規劃制定重大工程項目清單,對清單內工程項目簡化審批核準程序,優先保障規劃選址、土地供應和資金需求,單體重大工程項目用地需求由國家統一保障。

第三節 政策との連攜の保障を強化する

計畫で方向を定め、財政で保障し、金融で支え、その他の政策をかみ合わせることを堅持し、計畫とマクロ政策の協調?連動メカニズムの構築に力を入れる。本計畫の目標?任務に照らし、経済発展の狀況とにらみ合わせて、マクロ政策の方向性を合理的に決める。公共財政を公共政策に奉仕?貢獻させることを堅持し、國の重大な戦略的任務の財源保障を増強し、中期財政計畫?年度予算?政府投資計畫と本計畫の実施のすり合わせ?調整を強化し、本計畫に定められている重大任務と重大プロジェクトに中央財政資金を優先的に充てる。プロジェクトを計畫に従わせ、資金と要素をプロジェクトに従わせることを堅持し、本計畫に基づいて重大プロジェクトリストを策定し、リスト內のプロジェクトについては審査?認可の手続きを簡素化し、計畫のための場所の選定、土地供給、資金調達を優先的に保障し、ひとまとまりの重大プロジェクトに必要な用地を國が一元的に保障する。

第四節 加快發展規劃立法

堅持依法制定規劃、依法實施規劃的原則,將黨中央、國務院關于統一規劃體系建設和國家發展規劃的規定、要求和行之有效的經驗做法以法律形式固定下來,加快出臺發展規劃法,強化規劃編制實施的法治保障。

第四節 発展計畫に関する立法を急ぐ

法に基づいて計畫を策定し、法に基づいて計畫を実施するという原則を堅持し、統一的な計畫體系の構築と國の発展計畫に関する黨中央?國務院の規定?要求およびベストプラクティスを法律として定め、発展計畫法の公布を急ぎ、計畫の編成?実施に対する法的保障を強化する。


免费黄色A级片